トップページ | 現代の名工・海老名さんのこと »

ブログ再参戦 

 99話を書いたところで、独立に至りました。

したがって『再参戦』と言うことになります。

 今度は不動産会社『リバースター株式会社』と言う商号を命名しました。

 リバースターは2名の名前の英語で、私は『リバー』の方となります。

 今までも雑多なテーマでエッセイ風に書いて参りましたが、ここでも

徒然なるままに書いていきたいと思っております。なるべく肩のこらない

テーマを選んで行こうと思っています。

 昨今、商道徳が乱れて来ている様に感じます。本来は逸脱した商人を

責めなければならないのですが、今の世の中は『だまされた人が悪い』と

言う風潮が強くあります。『フジハウス』や『アーバンエステート』と言った会

社と取引したが為に、数千万円が消滅し、先日のニュースで被害者の方が

『世間体が悪い・・・』と怒っておられました。

 安住の為に『家だけは安心できるものを・・・』と考えられる方がたくさんいら

っしゃる。一千万円以上の大金が動くのですから、そうそうノウハウがない中で

リーズナブルでかつ安心なもの・・・と言う相反する事をやらねばならない。

 大半の方は 安心>リーズナブル なのです。それは悪徳業者さんはよく知っ

ています。知ってるからこそ『こうすれば安心で更にリーズナブルに』と仕掛けて

くるのです。

 私は都市銀行で十数年、最後は渉外課長と言う立場で色々な社長さん達と

お付き合いをさせていただき、銀行を離れてもう5年経過するものの今もって

ご指導いただいている社長さんたちがたくさんおります。銀行を離れて5年間

は不動産会社を立ち上げ、役員として経営に携わるとともに不動産営業の

最前線で仕事をして参りました。そこで培ったモノがこんな時代には役に立ち

ます。私のお客様には『被害者』は一人も出て欲しくない訳で、いかに『お客様

の幸せを守るか』が大切になります。

 業者さんの選定や、個別具体的なお住まいの、例えば不具合があった場合

の交渉がとても大切になります。もちろん不具合はないに越したことはありま

せんが、職人が手作業でやる仕事故に、大小の不具合がおこる場合がどうし

てもあります。もちろんここの対応いかんでは、どんどん『マイホーム』への愛着

がなくなって行く。だけどローンは払い続ける・・・。こんな状況は不動産業者と

して見たくありません。まさに『お客様を守る眼』が必要になる。金額と相応ある

いはそれ以上の安心・安全をお買いいただいた上で、快適で笑顔で暮らせる

家をご斡旋したい。

 その為にはご面倒でも、しっかりとご要望を担当者にお伝えいただきたい。

私も含めた担当者は感度良く、ご要望を賜り、それを活かしたお家を探すお

手伝いをいたします。少し時間がかかるかも知れませんが、我々もリスクは

取りたくないので、しっかりご提案をいたします。ここの作業は大変な手間かも

知れません。ですが、ここの作業があるからこそ『ご満足』があると信じており

ます。前職から、また不動産業者としての前勤務先から多くのお客様にご支持

をいただいているのもそのおかげと自負しておりますし、そこには妥協をしたく

ないから、こんな風潮の時代に『リバースター』を立ち上げました。

 お客様の喜びに対しての報酬です。決して安くないお金をいただく訳ですが、

皆様から未だにご支持をいただいているのもそこを認めていただいているから

だと思っております。古臭いかも知れませんが、カンブリア宮殿やガイアの夜明

け、プロフェッショナルを見て感じるのは、案外『当り前の事』を粛々とやることの

難しさなのではないかと思っている次第です。

 ここで、見たこと感じたこと等々を書いて行きます。旅や敬愛なる吉田拓郎さん

の事なども書いて行きたい。ひとりでも多くの方に、金銭的だけでなく精神的にも

『豊かな暮らし』をしていただくお役に立てたら嬉しいと思っている今日この頃です。

 『再参戦』にあたり、少し難しい内容、照れくさい内容から書き始めましたが、これ

から一日でも長く、また一話でも多くの記事を書くことを切に希望してご挨拶に変え

たいと思います。

 『リバースター』の設立に尽力していただいた、mさんや川口でお商売をされてい

る中込税理士、また福島司法書士さんには心より感謝しております。この感謝の

気持は、今後一人一人のお客様にお返しさせていただくことが、これまでお世話

になった方々への感謝に報いる唯一の方法と信じ、今後努力して行きます。

 熱苦しいご挨拶になりましたが、ご期待には必ず応えますので、楽しみに、弊社

へのお声掛けをしていただけたらと思っております。

|

トップページ | 現代の名工・海老名さんのこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トップページ | 現代の名工・海老名さんのこと »