« 現代の名工・海老名さんのこと | トップページ | 河童のくぅと夏休み  »

地雷の除去 山梨日立建機さんの事

 日本は平和な国だと言われる。太平洋戦争が終わってから、国として

何十年も戦火に遭っていない。ただし日本の繁栄、豊かさの陰には多く

の血が今もなお流れていると言うのは事実であろう。

 今日、テレビで『山梨日立建機』と言う会社が地雷除去に自社の技術

を使って社会貢献をしていると言う番組を見た。カンボジアの女性の多く

が片足を、また腕を失っており、老婆になぜかと問うたところ、『地雷』だ

と言う回答を得た。戦争は大分前に終わったが、今もなお、犠牲になる

人が後を絶たない。助けて欲しい、と言う声に背中を押されて、技術者

魂に火がついた。戦車さえやられてしまう危険な作業だ。オペレーター

の命が消えたら、社長が一生後悔するので、社長自ら、経営者として正に

命をかけて作業をする。15年前に墓の土地は買った。事業として軌道に

載せても、蔵は建てるな。人件費と開発費位を回収できたらそれでいい。

 泣けた。社会貢献とはなんぞや。今、会社を創ることとは・・・。色んな事

を考えた。不動産の世界では、日本の国も自慢できたものではなく、アー

バンだフジだと人をだますまさに『テロ行為』が行われている。

 私も不動産業者として、身体を張って、そういう『テロリスト』から顧客を

守りたい。社長自ら陣頭指揮を執る。蔵は建てず、人件費程度の利潤は

あげながら、精一杯社会貢献をしたい。

 『家』は暮らしの根幹であり、安全、命を守る大切なものである。

 家は非常に高価でもあり、何十年に渡る労働に裏打ちされたモノである。

ある人たちはローンを利用するが、それは将来に渡る『安全な日々の営み』

を金利も含めて購入するのだ。それを『食いもの』にする行為を『テロ』と呼ば

ずなんと呼ぶのだろうか。それに加担する社員たちもテロリストだと思う。

 ワイドショーでは、フジやアーバン社長宅には人も居ませんとやっているが

もっと凶弾されてしかるべきだ。こういった被害の被害者は、将来に渡って

傷を受ける。正に地雷の被害者達と同じだと思う。

 山梨日立建機の社長に敬意を払うのと同時に、自分もそれにあやかりた

いと強く思った次第である。社会貢献とは、技術者とは、経営者とは・・・。

色んな事について考えさせられた。業を起こして直ぐにこの番組と出会えた

ことが必然となる様に将来の指針を執りたいと思った。

 私の知人にベトナムをよく知る人物がいるのだが、彼などはこの番組を

どう見るのだろうか。社会貢献といいながら蔵ばかり見ては決していい仕事

はできないだろうに。まして自分が命をかけて、貢献するなど考えられない

事なのだろう。経営者とは、社会貢献とは・・・。大切なことだと思うのだが。

|

« 現代の名工・海老名さんのこと | トップページ | 河童のくぅと夏休み  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 現代の名工・海老名さんのこと | トップページ | 河童のくぅと夏休み  »