« マイケル ジャクソンさんの死  | トップページ | 梅雨 »

農業

 食物自給率が下がっている(40%程度ですよね)昨今、農業には大きな

未来がある様に思います。

 私はトマトが好きなので、よく買うのですが、トマトの種類だけでも多い

こと多いこと・・・。農家の皆さんが創意工夫をして出荷しているのだと

思いますが、まさに、その創意工夫で、きちんと商売として成立するもの

なんだろうと思います。田中義剛さんの花畑牧場のように、収穫物を加工

して更に付加価値をつけて売るのも1つの方法だと思いますし、場所は忘れ

ましたが、農協さんでやっている産直販売物産館でも、良いものだけを

棚だしする様に、他農家さんがチェックした上に、更に物産館所長さんが

チェックして悪いものは排除し、農家さんにもなぜ排除したのかしっかり説明

した上で、悪いものは置いちゃダメと叱っていた。良いものしか置かない物産

館。これは流行るでしょ。おいしいラーメン屋さんと一緒で、行列もできていた

し、一人当たりの客単価も何千円だったですよね。

 埼玉県内にも農協はたくさんありますよね。産直販売もやっているのだけど

それだけのこだわりを持って運営していない所が多いように思います。(さいた

ま市内の幾つかのJAさんの施設でお買い物をした経験の上で書いています。)

値段が高くてもおいしければいい。スーパーで買えないものを獲れたてとして

売ってもいいと思うし、先日テレビで島田紳助さんが言っていましたが、『超大

盛』や『値段が極端に安いと合格の基準が下がる』んですよ。そのどちらを志向

するかが、あいまいではダメなんです。都市部の農家を補助金で守る政策のお

手伝いとしてでなく、自給率等も見越した、本来の農業を取り戻しましょうよ。

農薬を減らしたり、又は無農薬にすると言うのも一考でしょう。田んぼの雑草取

りを、毎日腰をかがめながら(激務ですよね)せっせとご夫婦二人でやっておられ

る稲作農家さんがテレビに出ていた。もうその田でできる米は売約済みなんだと

言う。びっくりする様な価格で(スーパーの3倍位の値段だった)売れており、購入

者もここのお米を一度食べると、他の米を買えないと喜んでいた。付加価値を

農家さん達が産んだ訳だ。安心・安全にお金を払う時代が来たのだから、今こ

そ農業なんだと思う。

 自民党の今までの政策はデタラメだったと思うが、石破農水大臣は農業を変

えようと少なくとも努力している。珍しい農水大臣だ。減反政策にも再考をする

様な動きをしている。防衛大臣の軍事オタクかと思ったが、案外いい。

 自民党内では、これまでの農水族議員からコテンパンにやられているらしい

が、それこそ問題であって、その事実を公表すればいいのにね。自民党でも

民主党でも、『このままではダメだ』とする勢力に頑張ってもらいたい。

 ダメな方には選挙で落ちてもらえばいい。今は有権者が敏感になっている

のだから。有権者を信じて、志しあるものは、この国を変える努力をして下さ

い。私個人も、不動産業者として、誠意ある態度で、この国の不動産の世界

を変えるべく行動しています。身近な事から、この国のカタチを変えて行きま

せんか。

 石破さんは、もっともっと頑張ってください。

|

« マイケル ジャクソンさんの死  | トップページ | 梅雨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事