« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

イタリア食食堂・SOMETHING-TRE

 おいしいお店の紹介です。

 場所は与野駅そばのイタリア食堂・サムシング-トレさん。浦和区上木崎

1-9-19 です。

 お客さんにお連れいただいたのですが、何を食べてもおいしいですヨ。

それにボリュームも大。イタリア料理を大皿で食べましょう・・・というコンセ

プトなのでしょう。ウチのスタッフとお客様と一緒にいただいたので色んな

料理を食べる事ができました。まず最初にいただいたサラダがおいしい。

ドレッシングがものすごく美味。大きなボウルに野菜と魚介がドーン・・・と

言う感じなのですが、ドレッシングがおいしくてどんどんなくなります。

 そのあと、真夜中のスパゲッテイ、カルボナーラ、エスカルゴ、石鍋のリ

ゾット・・・ティラミス、バニラのデザート3種盛り。どれもおいしい、おいしい。

 ボリュームも大なので、↑凄い量でしょ、これ。随分小食になりかけて

いました私の理性が食欲に負けて本能全開そしたら入る事、入る事。

 帰路の車の中では、ベルトとファスナーを緩めないとシートに座れず、往生

しました。スター君は大量にワインを呼ばれておりましたが、ワインもおい

しかったので、今度は奥さんと子供を連れて行くんだとほろ酔い気分で語って

おりました。

 おいしいお酒とおいしい食事。そこに楽しいお客さんとの語らいが・・・。

 とっても幸福なひと時を過ごすことができました。

 Aさんに、そしてイタリア食堂・サムシングさんに感謝いたします。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

打ち水効果

 今年は梅雨前線が日本上空に居座り、冷夏になりそうだと言う。

 事実日照不足から、じゃがいもやにんじんの収穫量が1~2割ほど減少傾向

にあるのだと言う。

 さいたま市緑区には緑が多く、他の市町村ほどではないだろうと思いますが、

打ち水をしています。コンクリは蒸発しやすいのか、すぐ乾いてしまいますが、

事務所内は常に冷房を入れてしまっていますから、せめてそれぐらいは環境

に優しく・・・ですよね。(どれだけの効果があるのか又ないのか分かりません

が・・・ )

  温暖化・・・なのに冷夏と言うのも不思議な感じですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

反省

 昨日、今日とこれまで『積読・つんどく』だった本を4冊読んだ。

田原総一郎氏の本3冊と樋口廣太郎さんの本だ。

 田原さん、樋口さん、それぞれ言い方は違えども、言わんとするところは

一緒だった気がする。それは『変えよう』とする力をきちんと貯めて、動かす

こと。樋口さんのチャンスは貯金できない・・・だからチャンスを取りに行け

ともに、己の内に働きかける言葉である。

 大学生の頃、NHKの磯村尚徳氏の特別講義を聞いた事があり、その際、

東西冷戦が多くの人命を奪った・・・これはウソ。分かったような気になるが、

冷戦と言う概念では人は殺戮できない。実行犯が必ずいる。それを掴まねば

分かった事にならない。ニュースに騙されない頭を持とうと言う内容だったのだ

が、ここしばらくの私はまさしくその典型であった。

 政治が悪い(確かにそうだがボヤくだけでは世の中は変わらず。)とか、景気

低迷が悪い、自然破壊が悪いと連発していたが、それでは私の周りは変わら

ない。できる事から、どんな小さなことでもいいので変えていこう。そこにビジネ

スチャンスが生まれ、良くない事が変わっていくきっかけが生じる。

 きっかけができれば、世の中の不平不満がレバレッジをかけて変わるのでは

ないか。きっかけを常に考え、行動する。藤巻幸夫さんが言うKKD(経験・勘・度

胸)もその精神の下で活かせるのだと。

 これから仲介業、不動産業と言った分野で、大いに疑問を持ち、流れに棹さし

ながら今までと違うところに己の力を信じて漕ぎだしてみたいと思った。

 この二日間はいい充電といい本に出会えた。

 これまでは湾内をグルグル廻っていたが、これからワンピース目指して出航

ダ。いろんな人との出会いや冒険活劇があるだろうと思うとワクワクする。

 どこにワンピースがあるのか、またそれに辿り着くのか、それは神のみぞ知る

だ。ワンピース流であれば、その神をもぶんなぐって自分で道を探し出せ・・・か。

最初は一人で漕ぎだしたけど、既に仲間は何人もいる。人との出会いの楽しい

事、素晴らしいこと。

 守りに入らず、常に変革を目指し、よりよいものにし続けるパワーを失いたく

ない。

 田原さん、樋口さんに感謝だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

館林の竜巻

 昨日、埼玉県のお隣、群馬県館林で竜巻が発生した。

さいたまに住む私にとってはなじみのあるスーパーベルクの駐車場に

駐車していた車が、横転したり、風圧で動いて他の車にぶつかったり

もうめちゃくちゃな惨状です。

 買い物帰りの主婦でこの被害に巻き込まれた女性へのインタビュー

で、後部シートに子供を乗せていたが、前に駐車している車がクルクル

回って、そうかと思うと、自分の車のガラスが全面割れた。後部シートの

子供にしゃがんでいなさいと言ったが、もう命はないなと思ったと語って

いたのが印象的でした。竜巻のパワーも凄いですが、梅雨が明けたの

にこの天候。山口県や福岡の豪雨被害。ゲリラ豪雨の多発に日本は、

亜熱帯化してきていると警告する学者さんもいる。

 環境問題と言われて久しいが、確たる解決策もないままに環境変化が

起こってしまっているのではないか。

 環境に合った変化を進化と言うのであれば、このまま被害・犠牲になる

モノ達を踏み台にして、ヒトも更なる進化をするのであろうか。

 アニメに出てくるような地中暮らしや、他の天体に移住しようなどと将来

の子孫が真剣に考える事のない環境を後世に伝えたいものです。

 昨日のベルクの駐車場で被害にあった車はもう廃車にするしかない位

メチャクチャでしたが、あれは自己責任なんでしょうねぇ。お気の毒ですよ

ね。被害者の怒りの拳を落とすところがないですものね。もっとも地震や

この豪雨被害で被災したお家の方々も同様の想いでしょう。

 なんとかならないものでしょうか。鳩山さん、麻生さん。無駄な箱モノ造り

に精を出すのであれば、その救済をしてあげてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東浦和中央公園(第八公園)

 東浦和中央公園はとても大きな公園で、平日の日中には保育園の子供達が

訪れ、土日にはお弁当を広げる家族連れが来る事もあります。

 今日も朝からお年寄りたちはゲートボールの猛練習に励んでいました。

 そんな中、雨の日もまた猛暑の日も懸命にリハビリの為にウォーキングに

来られている男性が居ます。つまずいたりすることはないのですが、土の大地

が足に優しいのでしょうか、動きにくくなった足を引きずるように毎日歩いてこ

られています。この方のお人柄でしょう。ゲートボールを終えて帰るお年寄りか

ら声がかかります。大きなケヤキが人を集め、癒す力を持っているのかなぁ。

キャッチボールをしている親子(ドラマ以外でなかなか見ません。)が居たり、

白い昆虫網を振り回している子供とその後をゆっくり歩くジーンズ姿のお父さ

ん。モニュメントの石の上に仁王立ちになってうっかり事務所から目があって

しまい、思わず私が事務所内から頭を下げる・・・なんてこともよくあります。

子供の頃にすっかり戻ったお父さんなのか、ハタマタ百獣の王になった気分

なのでしょうか。これだけ木々が生い茂った広い公園だと、大人も子供に帰る

んでしょうね。そうそう平日はドッグラン(本当はダメなんでしょうが)みたいに

なっている時もあります。草が茂る丘がありますから犬も嬉しいんでしょうね。

 夜になると今は花火と爆竹を鳴らす子供たちがいます。子供の頃、私もよく

爆竹を鳴らして、近所のおじさんやおばさんから火遊びをすると寝小便を

するぞと訳のわからない怒られ方をよくしたものです。

 バンバンと鳴らす子供に郷愁を覚えます。

 公園のご近所さん達も、怒る事もなく温かく見守っておられます。

 ♪のびやかに、健やかに、育てよ 子供♪の気分です。

 法人として、企業経営者として、社会貢献・奉仕がしたい・・・ワクワク

しますね。地域を、お客様を、従業員の力になりたい今日この頃でござい

ます。

ささやかながらではありますが、『公園の前』と言う事もあり、『子供・女性

110番の店』活動に参加しました。マニュアルもいただいております。出来る

事から、地域貢献をして行きたいと考える毎日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越谷の花火大会

Photo 昨日は物件を見に行ったところ、越谷の花火大会に遭遇。

お客様からも越谷は平坦だから花火がきれいに見えます

よね・・・とのお話し。陸橋を渡るとすぐそこに花火の大輪

が広がっている錯覚を覚えました。

 今般の景気低迷で花火大会が中止されたところもあると

聞いていますが、やはり日本の夏には花火が合いますね。

 越谷の花火は22~23万人を動員するらしいので、実のところお仕事上は

渋滞で大変でしたが、これで市民の方々が元気になるのであれば、全然問

題はないと思います。これからさいたま市周辺の市町村は元より、さいたま

市内でも花火大会がありますよね。

 景気よく、タマヤ~♪と行きたい今日この頃でございます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回リバースター杯 道祖土園巨大魚釣り大会開催告知

 2009年8月初旬、第1回リバースター杯巨大魚釣り大会がさいたま市緑区

で開催される予定です。参加資格はリバースター内大会事務局までお問合

わせ下さい。種目は①数釣り、②巨大さを競う長寸の2部門。

 名人クラスが出場予定ですので、我こそはと思われる太公望はふるって

ご参加くださいませ。

 副賞として、次回開催まで『師匠』の称号が与えられます。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 私の銀行時代の上司に伊藤輝雄支店長と言う方が居る。とても面白い

人物で、この人からはいろんなことを教わった。人との接し方に始まり、

普段の考え方、サービス業とはなんぞや・・・等々。

 今でも実践しているものに『五省』があり、柳生家家訓がある(事実か

どうか知りません。普段柳生家家訓と伊藤さんがよく言っていたものです。)

『小人は縁に出会って縁に気づかず。中人は縁に出会って縁を活かせず。

大人は袖すりあう縁をも活かす。』と言うもの。これに抑揚をつけて話してい

たのがとてもリズムとしても楽しくて、知らず知らずの内に、頭に刻み付けら

れてしまいました。

 ただこれはとても有りがたかったことで、これがもとで『縁』というものを強く

意識し、私自身も縁に活かされてこれまで暮らして来たと思っています。

 銀行を退職して不動産業に就いたのもそうであれば、不動産業で数々の

いいご縁のおかげで生計も立っている次第です。最近は宗教じみてきます

が、『縁』が五感で感じられる様になってきているのでは・・・と思う時すらあり

ます。そのご縁の方とお話しさせていただいている時は、本当に心が躍りま

す。私が銀行員時代のお客様とも個人的にお付き合いさせていただいてい

る方々が多くいらっしゃいますし、不動産業に来てからのお付き合いの方々

とも多くのお付き合いをさせていただいております。2業種ともに、その場限り

のお仕事ではなく、縁が活かせるお仕事であったという意味では双方ともに

私の天職であったのかも知れません。業種こそ違えども、現在の私の職務を

考えると、どちらも経験していないと出来ない事だと思いますから・・・。

 昨日お会いした方などは本人同士は不動産を介してお近づきになれたので

すが、地縁、知人、お仕事上・・・いろんな繋がりがある事が分かって、しかも

これから将来に渡ってのステージアップの基礎をご提供いただいている私から

すると福の神みたいな方とのご縁でありました。

 先日お会いした方も、ご夫婦で私を、そしてまだまだ卵のカラをくっつけて歩く

ヒヨコの様なリバースターを愛していただいており、とても感謝しております。

 今、こうしてリバースターと言う会社を営むにあたり、たくさんの縁に支えられ

ていることをとても嬉しく思いますし、感謝しております。またその縁の方々と

接している瞬間がとても楽しいんです。縁に活かされる瞬間は楽しい・・・人間の

本能なのでしょうかね。よく分かりませんが、本当にそう感じます。

 残念ながら失ってしまった縁もありますが、極力そういうことのない様に、数多

くの方々といいご縁で結ばれたいと思います。そしてそれらの方々とwin-winの

関係を構築して、何重もの円、又は大きな円を作りたい。縁が円になり、円が輪

になる。輪は和になって心が満たされる。日常生活、業務が『癒し』になればいい

ですよね。本文の最初に戻って、伊藤輝雄さんと接していると『癒し』を感じまし

た。私もそういった人・仕事が出来る様な人物になる様に日々研鑽いたします。

 せっかくいただいた縁・ご恩は一方通行では悲しいので、お返し出来る様に

頑張ります。それまでどうか慈愛の眼で見守っていて下さい。

 昨日ご来店いただきましたHさんへ。

 近々ご都合がよろしければ、『暑気払い』と言うことで、ビアガーデン・・・で

ジョッキを傾けませんかとスター君が申しております。夏場のストーブみたい

になって申し訳ありませんが、私も同席させていただければ幸いです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全英シニアオープンゴルフ  再びトム ワトソンさん

 先週全英オープンゴルフでトム ワトソンさんのプレーに感動したところ

なのに、今週、全英シニアオープンでまたトム ワトソンさんが活躍してい

る。大会本部も粋で、去年の全英で活躍したグレッグ ノーマンさんとトム

ワトソンさんを同組でラウンドさせている。そしてその二人が発奮してまだ

初日ではあるがいいスコアで回っている。

 全英の時にタイガー ウッズがトム ワトソンさんを冗談で 『90歳のお

じいさんが頑張っている』と言ったんだそうな。それを聞いて石川 遼君

がトム ワトソンさんの年齢等の知識を得たんだと。遼君も先週は感動

して泣きそうになった。トムさんは日頃のトレーニングをしているからあの

年齢であのショットが打てたんだと語っている。

 若い遼君に感動を与え、日本ツアーでも中嶋常幸さんも発奮をしている

ので、とても素晴らしいことだと思う。

 往年の名選手たちが全英シニアでまだまだ頑張っています。

 クラッシックカーのレース見たいに参加することに意義がある・・・みたい

なところでなく、かといってギラギラでもなく、セピア色の戦いがとても楽しい。

来週は全英女子オープンゴルフとメジャー大会が続くが、アメリカの戦いと

違って、深夜眠たいのを我慢すればいい訳なので、イギリスの大会の方が

どちらかと言えばいいですよね。

 今晩も多分、トム ワトソン、グレッグ ノーマン両氏が中心のTVになると

思いますが、眠れない夜が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住宅新報 7/21号 仲介業に進化を・・・を読んで

 勤労者世帯の平均可処分所得が97年の598万円をピークに08年度は

528万円まで下がり、09年度見込みは483万円まで落ち込むという。

 そんな中で、中古マンションと戸建て合計成約件数が右肩上がりで推移

している。なぜか。所得が低下する中で、生活防衛の手段として価格に手が

届きやすい中古物件に需要がシフトしているというのだ。

 そうなると個人間の売買を取り持つ『仲介業』が大切な使命を帯びてくるが

耐震補強や、リフォームの完成保証、2年間の瑕疵保証等の業務を付加した

仲介業務(進化系の仲介業務)が必要であり、それはユーザーの利益をもたら

すであろうという論旨である。

 的を得ており、わが意を得たりと言う心境である。仲介業はユーザーの利益

に忠実であらねばならず、それがサービス業の対価としての報酬にならねば

ならない。

 ただ、それは当業界だけで対処できるものではなく、ユーザーの理解や銀行

等の金融機関のローン支援等にも支えられなければできない事だろうと思う。

 国交省サイドにおいてもフラット35の拡充だけでなく、不動産業務全般におけ

る業務の見直しならびに、宅建業務(主任者制度そのものに対する見直しも含

め)の見直しをされたらいかがだろうか。政権交代がなされるのであれば、食の

安全と同時に住の安全についても今一度再考していただきたいと思う。

 (無資格者の業務の制限や、業者、主任者の責任の強化を図ってもらい、それ

こそ主任者の上位資格を作って、何名以上の上位資格者がいなければ・・・として

もらいたい。・・・地場で昔からやっておられるオジサンからお爺さんになられた業

者さんでいい仕事をされる方もたくさんいらっしゃるのです・・・一部の拝金主義

者が淘汰されれば不動産=コワイ会社ではなくなるのだろうと思うのです・・・。)

 同業者の質を貶めない業務の確立がなされる事が真の進化なのだろうと思う

今日この頃である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道祖土園・・・釣り堀レポート

 緑区内の道祖土園をご存知だろうか。

 ヘラブナ釣りでは結構有名な古くからの釣り堀なんだそうだが、私は

ヘラブナ釣りはやりませんので、少なくなって来た鯉の釣り堀として、近場

のレジャースポットとして行ってみました。

http://herafisher.syoutikubai.com/saidoen.html 詳細は左記をクリックして

もらえれば分かると思います。

011

013_2 ←こちらが鯉の池です。

←こちらがヘラブナの池で、土日はヘラは

結構混雑していました。鯉はガラガラです。

今日は午後1時頃まで仕事をしましたが、休業日なので気分転換に、2時

間程度、運動不足の解消も兼ねて、スター君と鯉釣り勝負に行きました。

 思ったより池は小ぶり。釣り具屋さんで買い求めた金魚竿で釣り開始。

 池は小ぶりながら歴史があるのか、最初の1匹目は60センチのやや大物。

 次にかかったのはもっと大物で、堪える間もなく金魚竿がへし折られた。

 急きょ、持参していた鯉竿に変更して再度釣り開始。

 その後は鯉が顔も見せずに、ハリスが切れたり(2号)、バラしたりで全然

鯉の顔が見えない。その後はハリがスッポ抜けたりなんなりで鯉の顔を見

れずに、ラスト30分。知人のF司法書士が様子を見学に来た。この時点で

リバー対スターは1対1の同点。師匠・名人の位をかけた戦いながら、焦り

もあってハリがかりはするが、取り込みまではできない・・・というケースばか

りが目立ち、スター君がF司法書士の助けも借りて、立て続けに2匹を前後し

て釣り上げたところでタイムアウト。ギリギリで私も70センチ台の大型を1匹

取り返したもののスター君に惨敗であった。

009 本日の大物賞で、この写真では小さく見えるが70センチ

オーバーの鯉ですワ。

2時間の釣りだったけれど、手首が痛くなるほどのヒキを

経験できるし、写真の通り安全かつ近場のレジャースポットと言えるので

はないでしょうか。

 料金は最初の1時間は600円/人。その後は500円/1時間となります。

 関東の鯉の釣り堀は30~40センチ台が主流で、あまり面白くないの

ですが、ここはベースになっている魚が大きいので、十分大人でも堪能

できると思いますよ。60~70センチの鯉であれば十分釣れるでしょうし、

店の方がおっしゃるにはもっと大きな鯉も入っているらしいので、金魚

竿なんかじゃなく、しっかりした鯉用の仕掛けを作っていった方が楽し

めますよ。(切れたり竿が折れたりしますので。)

 さいたま市内在住の方はぜひ一度行ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンブリア宮殿 大和ハウス工業 樋口会長編

 企業は永久の命でもっと社会貢献をし続けなければならぬ。

 これは私が銀行員時代から言われていた言葉だが、なかなか実践され

ていない言葉でもある。また人材論については、人罪、人在、人材、人財。

材又は財を作っていくのが企業だ、ともお話しになられていた。まさしく同感。

人を作るのが企業であり、常に三方よし又はwin-winの関係を作り続けて

いくのが企業だと思う。熱湯経営と言う言葉がいいかどうかは判らないが、

上司になっていくに連れて責任も伴って行かねば困る。アホな上司は偉ぶる

ばかりで、責任には向きあわない。越谷支店長がレイクタウンの開発地で、

自ら部下に同席して云々の下りは私には当たり前の事にしか映らなかった

が、大企業や勘違いした零細企業も世の中にはあるのかなぁと思った。(

何社かそういう企業があるのは知っていますが。)

 その後の支店長の中の選抜チームを経営者として育てるプロジェクトには

いい会社だなと率直に感じた。

 不動産や建築関連の企業は人の移動が多く、渡り歩く輩が多い。企業もそ

れを見越して教育にお金と時間をかけない傾向にある。フルコミッション営業

はその最たるもので、エンドユーザーさんは間違ってもそんな輩から不動産を

買うべきではない。責任を一切取らないからだ。不祥事があるとまた渡り歩け

ばいいと考えているのだから。それを肯定する企業とも付き合わない方がいい。

そういえば先日、売ってくださいとある不動産屋さんに頼んだのだが、時々お客

さんは連れて来るものの、その後なんの連絡もなく、不動産屋さんとそういうモノ

なんですかと聞かれた事があったが、そういった会社も同類なのだろうと思う。

 お客様からの信頼がなくて、手数料をくださいなどとどうして言えるのだろうか。

 その神経が私には分からない。

 閑話休題。

 ついつい近い業種のお話しなので脱線してしまいました。

 win-winの関係であり続けられていれば、企業は永久に存続すると思います

し、その為には、日々研鑽をつまねばならない。その当たり前なことを続けら

れるか否かが、経営全般の大きなテーマであり、それを個別にどう戦術に落と

していくのかを学ぶための大きなヒントがカンブリア宮殿なのだと思う。

 樋口会長はいい経営者だと思います。大和さんに負けないいい会社を作ろう

と改めて思った次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴルフ 全英オープン 2009

 今年のゴルフメジャー第3戦、全英オープンが終了した。

日本勢は石川遼君を筆頭に残念な結果に終わった。関西の久保谷選手は

3日目まで飄々とした姿勢で善戦したが、4日目に我慢が続かなくなって失速

してしまったと言う感じか。日本にはあれだけの天候とラフがないので、自然

の力に組み伏されてしまうという感じなのでしょうか。

 今年の全英はなんと言っても トム ワトソンさんでしょう。59歳であれだけの

戦いによく耐え抜きました。最終日、殊にプレーオフの姿は痛々しかった。

 翌日の18ホールでの戦いにしてあげたかったですね。ラウンドレポーターの

青木さんが途中からトム ワトソンさんを全身全霊で応援しておられた。

 プレーオフ後のコメント時には泣いておられましたよね。オリンピックの女子

ソフトの前監督さんの優勝の時の叫びと同じくらい、否、今回は敗北かつ同じ

時代を戦った老兵が現役で戦う戦友に慈愛と尊敬、そして祝意で声にならな

かったその姿に日本のオジサン達が共感をし、涙したのではないでしょうか。

 道具と体力が飛躍的に進歩していく中で、還暦目前のオジサンがこれだけ

いい戦いをしたこと。そしてターンベーリに観戦に来ていた全観客がトム ワト

ソンさんに勝てなかったが善戦を称える姿が美しかった。

 若かりし頃と違い、首のまわりと顔に、大きな大きなシワを刻み、覇気はそれ

ほど感じられず、ひょうひょうとした中でスーパーショットの連続。ロングロング

パットをポンポン放り込んで行く姿は実に格好良かった。

 おそらくは全世界の人がトム ワトソンさんを称えたに違いない。

 そして優勝したシンクさんもパットの際にはトムさんに敬意を払い、緩める事

なく実にいい勝ち方をした。きっとこの様な勝ち方をする選手は、今後いいゴル

フ選手生命を送れるだろうと感じた。勝利の女神はプレーオフの二人に微笑ん

だのだと思う。現実には優勝者は1名のみであるからシンクさんに優勝カップは

渡されたが、女神は二人に微笑んだ。それをゴルフ殿堂にいる青木さんは感覚

で感じとられたのであろうと思う。その女神の優しさに青木さんは涙し、トム ワト

ソンさんは満面の笑顔を作ることができたのだと思いたい。

 プレーオフを戦った二人と青木さんにはこれからもきっと勝利の女神は微笑み

続けるのだろうと思った。

 実に爽快な4日間の大団円だった。

 ここで戦った全選手と報道関係者の皆さん。そして素敵な語り部に徹しておら

れた青木さんと羽川さんに敬意を表し、素敵な気持ちにさせていただいたお礼

を申し上げたいと思います。

 どうもありがとうございました。Have A Nice Day !!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼肉 若松

 行田市と言えば・・・忍城。のぼうの城の舞台ですね。それに古代蓮。

ちょっと足を延ばせば・・・むさしの村まである・・・とてもいい所です。

 観光としても楽しめる地域なのですが、案外グルメスポットとしても

定評のあるところなのです。

 今回は『若松』を取り上げました。

 東行田駅から徒歩数分の立地。幹線道路からひょいと入って寂し

い感じがした所がお店でした。

 周囲は畑ばかりで若干肥のかぐわしい匂いがしておりました。

 ススッと店員さんに案内されて席に着いた。ビールはジョッキ380円

とリーズナブル。3000円の大皿と上カルビ、大ライスを注文。

 店員さんが七輪に炭を入れる。

 10分程度で大皿到着。大きい。こんなにいっぱい入って3000円なの

と言う悲鳴にも似た歓喜の声を上げ、焼きに入る。

 今回は鍋奉行ならぬ焼き奉行と焼き関白が同行していたので彼らに

作業は任せ、専ら食べる係に就任。こってり味とあっさり味のタレがあ

ったが、私にはこってり味がおいしく感じた。

 写真撮影等は全く忘れてしまって、大ライスと大皿を食べ終ったころに

カメラの存在に気づきパチリ。2_2 Photo 右の写真の奥の大皿はもう完食状態。

七輪もいい風情を醸し出しています。

手前が上カルビですが、ちょっと焼くと

ファィアーになるのでササッと炙る程度で食べると、溶け

ましたね。男3人で行ったのに、もう大皿を頼む勇気はなく、この後は、

ハラミ等小皿だけを頼むのみに。草食系と言われる所以だね。

 肉・タレともにグッドでかつ料金も8,000円ちょい。これはお値打ちです。

 焼き奉行君が、今度は熊谷の水よし本店にも行こうよとの提案に、

全員ガッテンをしたグルメツアーでした。もう満腹だったのですが・・・

グルメツアーをなめたらアカンゼヨで・・・塩ラーメンを食べに行ったの

ですが、店名はラーメン翔というお店。極細麺と透明スープがおいしか

ったですね。ラーメンの点数はとても辛い私ですが、塩ラーメンとしては

グッドでした。75点です。

 さてさて、埼玉県には安○亭さんや牛○さんといった安く焼肉を食べさ

せるお店がありますが、お味もそれなりですよね。それであればさいたま

市内からは小一時間ですから、ぜひ行田に行った方がいいですよ。バイ

パスが完成していますから、案外近いです。ガソリンもさいたま市内より

リッター10円程度安いですから、お得がお得を呼んで来る町ですよ。

『若松』はぜひ一度訪れてほしいお店です。

お値段が◎、味も◎。量も◎です。

 また友人とぜひ行きたいと思っています。

 レジャースポットが何かひとつあれば行きやすいんですけどね~。

 秩父鉄道の3両編成に乗りに行く・・・だけじゃあネ。

 目蒲線ステンレス君とか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北・上越新幹線

2 東北新幹線の試験車両です。

反対側は違った顔つきになっています。(もっとロングノーズ)

東海道新幹線とどんどん違った形で進化していくJR東日本の

新幹線もまた楽しいですね。そういえば東海道新幹線はあまり塗装も変更を

しないので代り映えしないですが、東北・上越新幹線は外観が個性的な車両

が多いので見ていて飽きません。

 昨日は高速道路ばあちこちで大渋滞だった様ですが、JRや旅客船も創意

工夫で1000円高速に対抗しましょう。佐渡汽船も往復チケットで片道1000円

になるらしいですね。佐渡に行きたいなぁと思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地ラーメン 埼玉 焦がし醤油

 うどん・そばのうまい場所にはいいラーメンが育たない。

 麺喰い連中の通説である。

 埼玉県は加須うどん、武蔵野うどんがあり、また蕎麦の産地でもあるので

なかなかうまいラーメンは育ちにくいのだろう。

 ネットの記事を見ては武蔵野線沿線を中心に新規開拓を続けているが、

ブログの投稿者がおかしいのでは・・・ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…と思う

ことがよくあります。もう1か月近くになりますが、これはオススメと言う店舗

にはまだ出くわさないので、必然的にここにも出せない・・・となります。

 埼玉県内のラーメン店では、埼玉県はいい醤油の産地でもあるので、

『焦がしラーメン』で売り出し、既に40店舗近い数のお店が『地ラーメン』

活動に参加しているらしい。

 先日、とある一軒に入ってみたが、なかなか難しい味であった。

 ダシ感はなく、焦がし醤油の苦味が漂う味でした。枯れ木も山の賑わい

と言うことなればそれでいいのだが、やはりうまくないと支持者は広がらぬ。

調理人たちの更なる努力と、懸命な消費者たちの熱い思いが、地ラーメン

を育てるのだと思います。

 小さな情報発信力しかありませんが、私もこの小さなブログと大きな胃袋

で地ラーメン活動の応援をしますので、ぜひぜひラーメン屋諸兄も頑張って

おいしいものを創る努力をお願いします。

 この読者さんも『焦がしラーメン』のメニューを見つけたら、怖い気持ちを

抑えて『焦がしラーメン』と言いましょう。

 ガンバレ。地ラーメン。がんばれ埼玉。がんばれ『焦がしラーメン』。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物理学者 がんを見つめる 戸塚洋二 最後の挑戦を見て

 ニュートリノの研究者で、次期ノーベル賞候補と言われた戸塚洋二さん。

自らのガンを客観的に分析し、ブログにつづり続けた。宇宙の誕生と死を

自らの命と重ね合わせた男の物語・・・NHK HPより とある。

 さすがNHKだ。いい番組を作る。

 ガンに立ち向かう姿と、自らの死を科学者がどう向き合うのか。ものすごい

テーマの番組だ。戸塚さんがお坊さん(花園大学教授)と死生観、無について

お話しをするシーンは淡々とした中に、自らのガン・死を分析しようとする科学

者として、死を『怖くないもの』として皆に知らせたい。死に行く私が死を分かっ

たのにそれを伝える術がないのが残念だと笑顔で話しておられた。

 庭の植物を素敵だと語る姿。脳にガンが転移して、意識がなくなり、具体的な

姿を絵にして、一つ目の葉っぱの妖精が見えたと語る科学者。ガン患者からの

死と向き合う相談をブログにつづる姿。2階の書斎に自力で登れなくなったもの

の奥さんに2階に上がる行為そのものに意味があると語る姿。病院に行くと即入

院となったもののペンを執る力がもはや残っておらず、家族にこれからの自分を

科学者としてしっかり記録に取る様に託した戸塚さんとそれをしっかり守った奥さ

ん達。力尽きて、その事を本人のブログに家族よりとした上で亡くなった事を報告

するご長男さんの姿。生前、苗をご購入され、庭にまだ鉢植えのままのバラを枯ら

せないものですからと微笑む奥さんの姿。

 どれも死について考えさせられる番組であった。

 『男はつらいよ』で寅さんが、なぜ死ななきゃ行けないのかと言うマドンナの問い

に日本は狭いから、誰かが死なないと満員になっちゃう。はじっこの慌て者が海に

ハマっちゃう。そうならない様に人は死んじゃう・・・確かこんな感じだった・・・こう言

ったシーンがあって、それは私の死生観に大きな影響を及ぼしているが、この番組

も同じように私に重く響いたものとなった。

 40歳を超え、体重も100キロを優に越え、血圧も140を下回らない私は体力の衰え

を最近感じる様になった。月に1回は医師に診てもらうように心がけているのだが、

これからすべきことに対して、どこまでこの心と体がついてくるのか、そんな心配を

してもせんないことは分かっているが、新しく会社を興した以上、この会社に半永久

の命を吹き込んでやらねばならぬ。これから来るだろう従業員やお客様方を守らね

ばならぬ。西遊記に出てくる悟空とお釈迦様の手のひらの様な状況をはやく作りた

い・・・。

 閑話休題。

 とてもいい90分を過ごせるので、興味のある方は一度ご覧になられたらいいと

思う。

 葉っぱの妖精を見たと言う戸塚さんの言葉がとても印象に残っている。

 2008年にお亡くなりになられたとの事ですが、謹んでご冥福をお祈りします。

 またご家族の方もとてもいい愛され方をそのまま画面で表現されておられ、

力をいただきました。ありがとうございます。戸塚さん亡き後も日々の生活を

素敵に営んでおられる奥さまにも夫婦愛を感じました。あのお庭があのまま

成長を続けられる事を切に祈っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思わず笑ってしまいました

 今日、車で浦和周辺を走っているときに、思わず笑ってしまいました。

 何で笑ったかと言うと、トラックのステッカーです。その車は平ボデーで

建築足場を満載しているトラックでした。

 そのステッカーには子供の頃よく見ていた、『八時だよ ! 全員集合』の

ステッカー・・・かと思いきや。

 さぁ何と書いてあったでしょうか・・・(笑)。( ^ω^ )

 『全員集合』はそのままでした。

 この暑い時期だから余計におかしかったのかなぁ。

 正解は、『手積みだよ ! 全員集合』でした。

 私は学生時代、日通で引越・美術品センターのアルバイトをしていま

したから、この時期、建築資材を満載し、ロープで固定しているトラック

と、このトラックに満載するまでの間、運転手さんが一人で積み込み作

業をしていたのか、それこそ現場全員が集合して積み込み作業をした

のか知りませんが、運転手さんの気持ちがありありと出ているステッカー

だったので、思わず笑ってしまった次第です。

 ステッカーにはパンチの効いた面白いものが多くありますが、この一品

は初めての出会いでしたので、声をあげて笑ってしまいました。

 この運転手さんに、『思わず笑ってしまったで賞』を差し上げたいと思い

ます。(そのあと、煽られてしまったので副賞はあげません\(*`∧´)/

けれど。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛暑 かな

 梅雨明けと同時に暑さがやって来た。

 今年は例年並みの暑さダと聞いていたので、この暑さに思わずひるんで

しまった。梅雨の湿気取りのための除湿が冷房か・・・で電気代がどっちが

高いなどと言うニュースもあったが、さすがにここまで暑いと冷房オンリーに

しなければ体が持ちません。

 一昨日電車に乗って感じたのは、案外風邪っぴきが多いなぁと言うこと。

 新型インフルも下火になった訳ではなく、秋口以降の大流行に向けてヴィー

ルスが変化をしながら季節の移行を待っているんでしょう。

 中央区の小学校では、七月に学校閉鎖になったそうだ。

 今日は埼玉県庁に行ったが、手をアルコール消毒してから入室してくださ

いとポンプ式の消毒液が置いてあった。ワンプッシュしたら思いのほか液が

出てきて往生してしまったが、こういった対策は心がけておきたいものですね。

 わが事務所には、湿度を上げる努力として、観葉植物、水槽、空気清浄機

を既設しているが、これで対策が十分なのだろうか。

 年齢とともに、一発の風邪で体調がとても悪くなりがちなので、この夏をうま

く乗り切り、かつ風邪を引かない健康体造りに精進しなければ・・・と思う今日

この頃だ。

 帰宅と同時に水風呂に入ってクールダウンをしているが、これは健康にとて

もいいのだろうと思うのだが・・・。最近気持ち良すぎて、風呂の中で寝てしまう

ことがあるので注意しなきゃ・・・。この間は、トイレで寝てしまって、ガクッとなっ

て目が覚めた。暑さのせいなのか、賽の河原が近づいて来ているのか・・・。

 用心して暮らして行かなきゃなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリンとサントリーの統合話し

 上半期のビール売上で、アサヒを抜き返してキリンが首位に出た

と言うニュースを見たと思ったら、今回の統合話し。

 日本のビール売り上げ全体は縮小傾向にある中での、世界的な

アルコール飲料の動向も視野に入れつつ、サントリー側から動いた

気配。今後も草食系男子が増える中で、若者のアルコール離れが

加速すると、上位2社しか生き残れないと言う長期的な展望から、

過去最高益を出した今、統合話を仕掛けた由。

 すごい会社だなと感心をした。アルコールと同様、自動車も若者

が関心を示さなくなってきていると言われているが、自動車業界も

同様の動きが広がって行くのであろうか。

 中国ではビールのシェアナンバーワンがサントリーなのだそうだ。

 文具のコクヨもベトナムで大きな売り上げを上げているとの事。

 世界の中で、確たる地位を築きながら、日本の企業は生き残りの

道を模索している。

 そんな中で、この国の政治は危機感も共有せずに、お粗末さまで

ございます、という感が大だ。

 政治にはこの経済危機だとか暮らしの危機が届かないのだろうか。

 コップの中の嵐に無力感を覚える。

 今回の都議会議員選挙は、あくまで東京都のお話し。この国のかたち

を変える大きなウネリを作ってほしい。

 サントリーさんキリンさん。リスクを見通して、先行して手を打つ姿勢が

格好いいと思います。今日はウーロン茶と生茶を飲んで、2社を讃えたい

と思います。大きくなっても頑張っておいしい飲料を作り続けて下さいネ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泉谷しげるさんからの声援

  拓郎さんに対する泉谷しげるさんのコメント。

http://ameblo.jp/shigeru-izumiya/entry-10297534016.html

 泉谷しげるさん、ありがとうございます。

 そして、泉谷さんに上記ブログに、お礼を書いておられるファンの

方々、どうもありがとうございます。

 今日は、10年ぶりのお客さん達にご面談に行ってきました。

 10年という月日は長く、既に亡くなっている方もおられました。

 ただ、10年という年月の経過も、ご面談と同時に消えてしまい、

10年前の時の様な会話を何組もの方々とさせていただきました。

 楽しい時間をありがとうございます。

 拓郎さんも、泉谷さん達と40年の時の経過を吹っ飛ばして、つま

恋ではじけちゃってください。

 泉谷さんの優しさに心打たれ、その泉谷さんにありがとうと言うフ

ァンの方々に泣かされてしまいました。

 ガンバラナクてもいいので、本当に永く一緒の時を過ごさせて下さい。

YOU TUBEにも拓郎さんの動画がたくさん出ており、改めていろいろ

拝見しました。ファンは待ちます。泉谷さんのお話しの様に仮病だった

ったらいいですよね。天の邪鬼ですもんね。国際フォーラムでも自身で

そう言っておられたです。皆の期待値が大きくなりすぎたから、当分、

真夏の冬眠を決め込んじゃって下さいよ。

 全然それでも結構ですヨ。

 まだあと20年は生きなきゃならないので、その分の楽しみを大阪や

名古屋、神戸の人たちに与えてあげたんだヨ。その代り、落陽も春

だったねも両方演ってあげるからネ~♪でいいんだから。

 『つま恋』は今回のコンサートがいい出来なので、DVDにしたい気持

ちもあるのでしょうが・・・それだって無くてもいいんじゃないですか。

 今、私の家では、『午前中に』を中心に、コンサート曲をCDから探して

流しています。今まで気づいていなかった曲の多さに改めて感心してい

ます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガサガサ

 子供の頃、よくガサガサをした。

ガサガサ・・・池や小川で葦原などに網を持って行き、ガサガサとやって

小魚を掴まえるのだ。もちろんキャッチアンドリリースなどと言う高尚な

概念はなく、ただ掴まえるのを楽しむ。子供の時分からタナゴやモロコ

に混じってブルーギルは居た。

 水槽で飼っても、タナゴやモロコと違ってあまり泳がず、じっとしている

ので、飼ってもつまらない魚なので、必然的に、ガサガサ池のアヒルの

餌になる。ザリガニなども時々獲れた。ただガサガサで網に入るザリガ

ニは小ぶりのものが多く、これもアヒルにあげた。ザリガニは巣に手を

突っ込むのが最も確実で、しかも大きいのが獲れた。

 このガサガサ。環境汚染からもう無理なのかと思いきや、ふじみ野に

住む友人が、子供と一緒にガサガサをしに行っている、との嬉しい便り

があった。メダカやゲンゴロウが獲れるのだそうだ。そして子供よりもお

父さんが夢中になってるとも・・・。そのメダカをビオトープを作って飼いた

いとホームセンターにチョコチョコと出向いて、鉢なども買いそろえている

そうだ。

 ガサガサは楽しい。狩猟本能が前面に出て来る。そしてそれを上手に

育てられたら、子供にもいい教育材料になると思う。

 環境が良くなり始め、小川や池に小魚が増えてきたことはいいことだと

思います。さいたま市内でもホタルが・・・なんて言う景色も近いうちに復活

するといいですね。

 ボーナスが減ってがっかりしているお父さん。子供を連れて池に行こう。

 ガサガサは楽しいですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法定講習会

 昨日は保証協会の支部別法定講習会があった。

テーマは①弁済業務関係(法務)、②土地・建物税制一般について(税務)、

③旭道山さんの特別講演『私の相撲人生』(なぜ、不動産業者の法定講習

に旭道山さんが来られるのか分かりませんが・・・楽しかったです。)

  ①は弁済業務保証金の支払い関係について、苦情対応等も含めた協会

さんの弁護士さんが弁士で説明をされました・・・が業者向けのお話しなので

ここでは割愛させていただきます。

 ②は税制改正のポイントを国税の資産税課の方が説明になられました。

 ポイントは土地・建物等を譲渡した場合の特例で・・・

 長期譲渡所得の特別控除の創設、土地等の先行取得した場合の課税の

特例の創設、事業用資産の買い替え特例の期間延長、等々です。

 1つ1つを説明するのは大変なので、『www.nta.go.jp』でご確認ください。

 住宅を取得する際の贈与に関しても変更点があり、22年12月31日までの間

で直系尊属からの居住用家屋の所得等に充てるために金銭の贈与を受けた

場合で一定の要件を満たすた時はには、当該期間を通じて500万円まで贈与

税を課さないこととされました。(措法70の2)

 基礎控除又は特別控除にあわせて適用が可能とされています。

 つまり・・・基礎控除として利用すると、110万円→610万円、相続時精算課税

の場合、3500万円→4000万円(住宅特例含む)となります。今般の税制改正で

の変更点で、今後通達等が出来て来るとのお話しでした。

 ③の旭道山さんの講演は・・・面白かったですが、ネタバレ禁止ですので、お

話しはNGです。

 蒸し暑い中の大変疲れた講習会でした。

♪追伸♪

 会場そばの川をジッと眺めていたら、食用ガエルの大きなオタマジャクシが

ウジャウジャいました。これも空から降ってこないかな・・・と思った次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

拓郎さん ゆっくり治して・・・

 拓郎さんがまたダウンした。

 先日の東京国際フォーラムの際には元気そうだったのでびっくりした

が、大きな病気をした後なので、また肺がんの後の呼吸器系の不具合

だから、ツアーで一人舞台をこなしていく事はとても大変なのだろう。

 ちょうどコンサートのMCでも話していたが、大阪・広島・福岡・神戸の

ファンには借りということで、これから、ツアーでなく、1年1都市コンサー

トと言っておられたので、順次開催していくからね・・・でいいんじゃない

ですか。(ファンの方々も今回は残念だけど、つま恋のDVDは出るみた

いだし、今回はそれで我慢して・・・で納得されるんじゃないでしょうか。)

2年前のツアーで体調不良による中止で関係者の方々にも随分迷惑を

かけたから・・・とも話しておられたから、今回の事は、とても気にされて

おられるはずですよ。ファンも元気な拓郎さんに再開できるのが一番の

楽しみ。Have A Nice Day が、2009コンサートツアーのタイトルでした。

 また元気で再開しましょう。病気のことゆえ分かりませんが、無理せず

もし快方に向かっているのでしたら、つま恋は成功させて下さい。

 でも頑張らなくてもいいからね~・・・ですよね。

|

エコ考

 新型冷蔵庫やエアコンにはエコポイントが付くと、買換需要の掘り起こし

に、量販店は躍起になっている。確かに、年間で1万円弱程度の電気代

の節約にはなるそうだ。

 全家庭とまではいかなくてもかなりの家庭で買換えが進めば、電気使用

総量は減少するので、エコなのかも知れない。

 ただ新規に一台の冷蔵庫を作ることが、本当にエコなのかと言う点と、

二酸化炭素そのものを分解するには植物が必要であり、その植物の育成

にどれだけ貢献するのかと言った視点も論じられなければならないと思う。

 一方でアマゾンの森林を伐採し、その横でいくら二酸化炭素の削減を叫

んでも説得力がない。花粉症対策で何万本の杉の伐採計画があると聞くが

そういった観点からは全く論じられていない気がする。

 環境保護の名の下の環境破壊が往々に実行される国なのだ。もっと様々な

視点から、学者やマスコミの方々はもちろん議員さんたちもお話しいただき、

今何をすべきなのかを決めてもらいたい。

 来年は税収より、国の支出が多くなる事が、既に分かっているらしい。

 これを聞くと、『何をやってもダメ』と言う諦めの念が湧くが、それこそがダメ

の源だ。支出の源からの出の精査をしっかりしていただき、どうしてもやむを

得ないものについては、潔く対応しましょう。その見極めをしっかりやってほし

い。麻生さんがやるのか、別の方がやるのか分からないけど、このむなしさ

だけを放置しないで、前向きに行きましょう。

 意識次第で、ずいぶん5年後、10年後は違うところに行きますよ。

 エコと言う言葉に惑わされないで・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Have A Nice Day

  昨日、吉田拓郎さんのラストツアー『Have A Nice Day』の東京国際

フォーラムAに参加して来た。

 ネタバレになるといけないので、コンサートの曲目については一切

触れませんが、拓郎さんは元気でした。

 MCも絶好調で、会場が何度も笑いの渦に巻き込まれ、ミュージシャ

ンの方々の笑い声もマイクが拾って、とても和やかないいコンサートで

した。観客層は拓郎さん世代の方も多くいらっしゃいましたが、幾分若い

方々が増えてきたのでは・・・と言う感じがしました。

 ツアーグッズでは、『フォト&ロングインタビュー集』。これはファンは必ず

買うべきです。田家さんが聞き手になって、本当にしっかりとインタビュー

をしてくれています。拓郎さんも応えてくれています。ラストツアーは悲しい

けれど、拓郎さんにとってはこれがいい形なんだと思えますよ。

 私は拓郎さん世代とは20年下です。大学生の頃に拓郎さんのCDを買い

はじめ、クラブマハロ(ファンクラブ)に入会。その頃からツアーには毎回参加

して来ました。今回のツアーで感じたのは、拓郎さんと一緒の時を過ごせた

のは幸せだったと言うことです。コンサートが始まってしばらくして。そして最

後の曲の時、自然に涙が出ていました。

 アンコールの拍手の中、涙を拭いて、私も拍手に合わせて懸命に手をたた

きました。そしてアンコールの最後の曲。また涙が。私だけではなく、MCで大

きな声で笑っていた隣のオバチャンもハンカチで目頭を押さえていました。

 拓郎さんはこれからも音楽活動はすると断言しています。

 このコンサートを支えているミュージシャンの方々も拓郎さんガンバレの想い

は強いと思います。エルトンさんや島村さん、そして瀬尾さんが拓郎さんが舞台

から下がった最後の最後で・・・。

 とってもいいコンサートでした。このコンサートに参加できて光栄に思います。

 今後も拓郎さんはいい曲を作ってください。そしてツアーでなくてもいいので、

コンサートは必ずやってくださいネ。どこでだろうと私は行きます。これからは

私の街に来てくれた時にコンサートに参加するのではなく、拓郎さんのコンサー

トをする街に私がツアーで出かけるのです。それはそれで楽しいものになるに

違いないと思います。

 カメラの持ち込みは厳禁なので、コンサート中は撮影できませんでした(撮って

いる間がありませんでした。その瞬間を網膜に焼き付けよう、記憶に焼き付け

様の想いが強くて。)が、コンサートが終わり、しばらく立てませんでしたので、

観客が帰った後のコンサート会場です。

019_2 020 024 025私の感覚では、終了後随分時間が経ってから撮影した

のですが、

まだ興奮

冷めやらぬ感が写真だと出ていますね(笑)。

 そして観客の方々もやはり高齢者層だな・・・。

 花を撮影しようと携帯を掲げている図など、ご位牌を・・・合掌。

 と言う図にも見える・・・。

012_2 入場前の国際フォーラムの写真も添付しておき

ましょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100円ローソン恐るべし

 東浦和のミニストップ撤退の跡地を『100円ローソン』が活用して、しかも

いい客の入りをキープしている。

 どこででも勝てる形態ではないのだろうが、(99円ショップもスクラップアン

ドビルドを繰り返していますものね。)少なくとも東浦和の土地柄には合って

いるのだろう。

 店内に入ると上手い商品構成だなと思いますし、私の頭の中に、『ローソ

ン』だと言う先入観があるからだろうか、とても安い、得した感を持ってお買

いものが出来る気がする。本来的には、その得した感で商売をするのでは

なく、日常品の買い忘れ品であったり、単身者等スーパーでは量が多すぎ

る人たち向けのニッチを狙った店舗なのでしょうが、少なくとも開店早々の

現状では、物珍しさと、あのローソンの100円ショップと言う利用者の認識な

のでしょうね。

 ローソンさんは、青果を強めにしたり、いろんな工夫をやっておられます。

 それは消費者に還元される努力だから、消費者にとってありがたいこと

だし、ファミリーマートさん、セブンイレブンさんとの棲み分けにもつながって

来る事なのでしょう。夜間の営業に対する批判もありますが、お手洗い等の

利用も含めて、コンビニさんにはお世話になっていますので、より快適な生

活が出来るようなサービスの開発や追及は大歓迎です。

 ここでは、ミニストップさんの撤退店舗を上手に利用したと言うことも含め、

よく頑張ったで賞をローソンさんに捧げたいと思います。

 100円ローソンの開発責任者の方がこの前テレビに出ていました。結構

年配のオジサンでした。よく頑張ってこの形態に漕ぎつけて、社長さんから

褒められてもおりましたが・・・。各商品の容量の見直し等、ものすごい努力

を実はされているんですよね・・・。ローソンさんとあのオジサンのW受賞です

よね。今回は。このブログをご覧になられた方は、パチパチパチと3回拍手

をしてその努力を讃えましょう。(書く方も、見る方も、参加型のブログですね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨

 梅雨の終盤は集中豪雨になりがちだ。

 九州ではがけ崩れがほうぼうで発生している。

 この大雨も関東に近づくおそれがあるとの事だ。

 ゲリラ豪雨というのもある。

 昨年、東京駅を横浜方面に、京浜東北線の電車に乗っていたら、

高層ビルが海からの風の壁になり、あっという間に真っ暗になった。

みるみる大雨が降り始め、窓にたたきつける雨音が、ビンビンと爆

音になった。降水量は尋常ではない。ものの5分で、電車の連結の

幌の部分から大量の雨漏りです。京浜東北線で雨漏りの経験がなか

ったから、とても驚きました。京浜東北線もダッシュで逃げて蒲田まで

行くと雨はすっかり止んでいました。

 さいたまではシトシト雨が今年は多いのかな。それほどビショビショに

まだなっていませんが、なるべくなら『被害』が出る様なものでなく、農作

物に恵みをもたらす雨にとどめておいてほしいものです。

 今年はそれほどの猛暑にもならないみたいなので、『温暖化』が気にな

らない年になればいいですね。人間がむちゃくちゃなことをしても、自然の

大きな力で、この地球を浄化してきたんだと思います。もちろん人間の努

力もあると思うが、海や川はずいぶんキレイになってきた。

 『温暖化』にもそろそろ地球にも免疫ができてきて、『温暖化』に強くなっ

てきたのかな・・・と思ったりするのですが。そんな事ができるのはインフル

エンザ位なのかな。  これって新しい科学のテーマじゃないですか。

 『地球の耐性』。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »