« 泉谷しげるさんからの声援 | トップページ | 猛暑 かな »

キリンとサントリーの統合話し

 上半期のビール売上で、アサヒを抜き返してキリンが首位に出た

と言うニュースを見たと思ったら、今回の統合話し。

 日本のビール売り上げ全体は縮小傾向にある中での、世界的な

アルコール飲料の動向も視野に入れつつ、サントリー側から動いた

気配。今後も草食系男子が増える中で、若者のアルコール離れが

加速すると、上位2社しか生き残れないと言う長期的な展望から、

過去最高益を出した今、統合話を仕掛けた由。

 すごい会社だなと感心をした。アルコールと同様、自動車も若者

が関心を示さなくなってきていると言われているが、自動車業界も

同様の動きが広がって行くのであろうか。

 中国ではビールのシェアナンバーワンがサントリーなのだそうだ。

 文具のコクヨもベトナムで大きな売り上げを上げているとの事。

 世界の中で、確たる地位を築きながら、日本の企業は生き残りの

道を模索している。

 そんな中で、この国の政治は危機感も共有せずに、お粗末さまで

ございます、という感が大だ。

 政治にはこの経済危機だとか暮らしの危機が届かないのだろうか。

 コップの中の嵐に無力感を覚える。

 今回の都議会議員選挙は、あくまで東京都のお話し。この国のかたち

を変える大きなウネリを作ってほしい。

 サントリーさんキリンさん。リスクを見通して、先行して手を打つ姿勢が

格好いいと思います。今日はウーロン茶と生茶を飲んで、2社を讃えたい

と思います。大きくなっても頑張っておいしい飲料を作り続けて下さいネ。

 

|

« 泉谷しげるさんからの声援 | トップページ | 猛暑 かな »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キリンとサントリーの統合話し:

« 泉谷しげるさんからの声援 | トップページ | 猛暑 かな »