« 刺激・刺激のH2O会 | トップページ | ムッシュ »

ルビコンとHさん

  昨日テレビ東京のルビコンを見ておりました。マグロの養殖技術のお話しです。

近大で完全養殖に成功したいきさつの紹介でしたが、実に30年を超す年月を要し

何代もの人が支えてきた技術だった事に感銘を受けました。

 おりしも昨日はHさんとの面談がありましたから、更に感銘を覚えたのかも知れ

ません。Hさんとの面談の時に感じた心地よさがルビコンの画面からも伝わりまし

た。さてそこで考えました。この心地よさの源は何かなと。

 まず双方に共通するものを考えます。『情熱』・・・マグロの養殖に30年以上、代

を繋いでの研究に『情熱』がない訳がないですね。一方のHさん・・・組織を大きく

しながらオーナー社長の想いを実現すべく、何千人もの人を束ねて目標達成に

向けて努力しておられる。この原動力に『情熱』を感じます。それからそれぞれ

『自身』の為でない『利他』の精神がある。双方ともご自身の事を顧みず、『情熱』

のままに突き進む姿があります。更には『リーダーシップ』があります。皆の幸せ

の実現の為にトップが『熟考』『決断』をする。その根幹が利他であり、情熱なの

です。これはかっこいいですよね。憧れます。今では数少なくなったそういう人達

と一緒の時を過ごす事で大いにその気概を吸収したいと感じます。ルビコンを見て

も『マグロ』の養殖をしたいと感じて欲しいのでなく、その道を極める楽しさを描いて

いるのでしょうからね。道を極める為には上記の資質が全てではないかも知れませ

んが、複数項目なければ出来ないと思います。しかもおそらくはそこに『運』や『縁』

と言う不確定要素が作用する。実際にはゴマンと言う研究者たちが居て、ゴールに

たどりつく人は数名です。そこにたどり着く為の『資質』が上記のモノなのでしょう。

 さてさて私も小さいながら大海原に漕ぎ出した身であります。幸いいろんな『ご縁』

に助けられ、目指すべき方向を見つけられた様に感じます。これから『ご縁』を活かし

ながら、より多くの『足跡』を残して行きたいと思います。それにはまだまだ経験が不足

しておりますし、更なる精進を積まなければならないとは思っています。その中で常に

『情熱』を持って、また『やりがい』を持って仕事をして行きたい。(自己の利益がやりがい

ではなく、関わった皆さまの利益の追求。三方よしの精神です。)ひとつひとつはそんな

に難しい事ではないのかも知れませんが、常に上昇思考のポジティブシンキングで

楽しく仕事がしていたいと思います。

 今回もまとまりのない記述になってしまいましたが、昨日のHさんとの面談の中で

のHさんとの会話の中で感銘を受けた言葉を紹介して結びといたします。

 『安売り競争の先にあるものは疲弊だ。そうではなくそこからいかにして違う次元に

昇華させるのか。これを組織で考えなければならない。』

 『幸い当社には商品を売る為に投下してきたコストから出来た文化がある。それを

活用してこの難局に挑みたい』

 

|

« 刺激・刺激のH2O会 | トップページ | ムッシュ »

不動産投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルビコンとHさん:

« 刺激・刺激のH2O会 | トップページ | ムッシュ »