« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

御用納め

  昨日が御用納めだったから実質昨日までで営業終了と言う所が多かったのでしょうか。

 私も現預金の移動の為に銀行に行ってきましたが物凄い混雑でした。現金封筒を

持ったまま路上に並ぶなどと言う経験はした事がなかったのでドキドキしました。

日本は治安がいいから駅前の雑踏の中でお金を持ったまま並ぶ事ができるのだなぁ

と感心した次第です。銀行さんはもっと努力しましょうですね。事件事故が起こって

からでは遅いと思います。創意工夫が必要ですね。

 また交差点に警官が立ったり、あちらこちらでパトカーを見かけました。防犯の為、

おまわりさんはご尽力されている様です。これはいい事ですね。今までも年末にこれ

だけおまわりさんが回っていてくれたのかどうか知りませんが、昨日はパトカーと随分

すれ違いました。何か事件があったのかな~と思った程です。仕事の関係で午前0時

頃打ち合わせの帰りにパトランプが物凄い数前方にクルクル。消防・救急も出動して

いたので何事かと思いきや・・・火災が発生して道が通行止めに。迂回して下さいと

婦人警官さんから指さされた方に走らせたものの帰り道が分からずに迷子になって

しまいました。

 年末年始は穏やかに過ごしたいものです。防犯・防災に務めてどうぞ皆さま良いお年

をお迎え下さいませ。私も気をつけていい年の終わりとしたいと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政権交代・財政にモノ申す

 今年は政権交代がありました。現在は不況の真っただ中ですがこれからどうなるのか

気になるところですね。今までの自公政権では皆目ダメでしたね。これだけ巨額の国債

を発行してきた政権に民主の国債発行額がどうこうは言われたくはない。自身の不始末

を改めて貰っているのに与党を批判するなどとんでもない事だ。マニュフェストの実行に

厚労省の山ノ井審議官がやりたくてもやれない財政の壁に会議の場で絶句し涙している

姿が政治番組で流れていましたが、あれだけの事をした議員が自公政権に居たのだろう

か。自公は少なくとも予算の国債発行等に関しては発言権はないと思う。言えば言う程、

自身の血を流す事に繋がるだろう。恥を知れと言いたいものです。政党名を変えようと

した自民党にガソリンの暫定税率維持はサギだなどとよく言えたものだ。呆れてしまう。

 どこまで変えられるのか分からないけれど、とりあえずやろうとしている事は世論調査

を見ると皆が支持をしている様なので今しばらくは精一杯頑張って欲しい。応援していま

す。それでももしダメならばその時は政界再編でもなんでもやって再度、志のある者達

が集まってこの世の中を建て直していただきたい。私が思うに、国家予算を分かり易い

単位に帰ると1千万分の1を掛けちゃえばいいのですよね。(間違ってるかな)そうすると

340万円~370万円位の年収になるんですね。それで440万円借金をして既に8900万円

位の借金(国債)があると騒いでいるのですよね。それをワイドショー当たりはこれを見せ

て街頭で大変だ。破産だ・・・と言わせて世間を煽っている。例えばですよ、それが大地主

でその土地の使い方が下手な人の家計がたまたまそうだったとしたら・・・世間は何て

言いますか。そんなに大騒ぎはしないでしょ・・・。今の日本はそんなモノじゃないんです

普通の家ではなかなか埋蔵金は出てこないですよね。 めちゃくちゃ日本の国に

は埋蔵金があるらしいですよ。それだけでもおかしいなぁ・・・ですよね。日本さん家(チ)

は人がいいから自分の土地を石潰しの公団やらなんやらにいい様に貸して公団はどん

どん貯金までしているんですって・・・。てな状況じゃないのかな。大地主の『日本さん家』

はいざとなったら資産を処分したら債務は減るでしょ。それを考えたらいいんじゃないの

かな。なぜいつも単年度の損益計算だけを見て大騒ぎをするんでしょうか。貸借対照表

部分をいじろうとするのが民主党だと言うのならちょっと待ってもう一度よく相談して

誰にやってもらうかしっかり決めてからやりましょうと言いたくはなりますけれども、

少なくとも今まで散々人のいい『日本さん家』を食物にした自公+官僚連合チームには

お引き取りいただいてもう少しいい方向に舳先を向けていただいた後、よくよく話し合い

をしていただいて誰が一番適任かを見定めて選挙したうえで、資産の切り売りをしなけ

ればならない様な感じですね。大地主だと思いますので、バッサリやってしまえばいいん

ですよ。中か小地主になっても仕方がないよ。その規模に応じたお金の切り盛りをそ

れ以降はしっかりしたらいいんですよ。もう二度と石潰しに財布は任さなければいいんで

す。石潰しが自公と言う名前だった事はきっと家族は今後忘れる事はないと思いますよ。

ねぇ皆さん。いかがですか。谷垣さんはその御覚悟でテレビなどに出て発言すべきなの

ですが・・・ご自身の立場が良く分かっていない様で・・・。麻生さんももっともらしい顔で

与党批判をしていましたが、麻生さんを支持する人は泥棒に追い銭。オレオレサギに

ATMです。もうそろそろ気がつきましょう。身体が自民党の意見を聞いたらアカン

拒絶する様に皆さんなって来たようですよね。自民党に対して免疫が出来て来たかな。

 政治批判はしたらアカンと言われますし、私もその通りだと思っています。ただ今回

は声に出さねばダメだと思います。今年の政権交代は日本の近現代史に大きな変換

点だったと将来記される時がくるのではないですか。その時の自公政権の評価は石

潰し的な寄生虫政党でこれが日本をダメにしていたんだねって書かれるぞ

 それが嫌なら、もっともっと反省して今までをキチンと総括して反省しなさいよ。頭を

丸めた位では許さんぞって、国民が怒っているのにKYだから何の反省もしないで

チーム世直しの批判をしているんだよね。もちろんチーム世直しの民主党だって100点

じゃないよ。失敗したら引きずり降ろされるよね。ただだからと言って反省もしない自民

になんぞ財布は渡すまいぞ。そんなにアホじゃないんだな。日本さん家はね。人が

いいのは事実だけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スワンベーカリー 北浦和店

 http://www.swanbakery.jp/shop/kitaurawa.html?shop=kitaurawa

 スワンベーカリー北浦和店に行って参りました。北浦和駅から歩いて3分程のところ

にありました。色んなパンを1200円分買って帰って食べました。

 テレビで赤字で困っている・・・身障者にも健常者と同等の賃金を支払って身障者が

自身で自活できる仕組みをクロネコヤマトの小倉オーナーが作ろうとして、ご自身が

最後の仕事として選んだビジネスモデルがこのパン屋さんなんだ・・・と紹介されたモノ

ですから、この発想は素晴らしいと思い北浦和店に買いに出かけました。

 身障者さんに指示をしなければならないのだと思いますがスタッフはあまり広くない

店舗にたくさんいらっしゃいました。○○の数を数えて・・・と店内から声がしました。

無料でどうぞ・・・とコーヒーの抽出機もあり、お店の外にはオープンカフェになっていま

した。

 こちらのお店に北浦和駅から行きますと、途中に2店舗焼き立てパンのお店がありま

した。経営的にはこのライバルがあるから厳しいのかな・・・と思いつつ購入したパンを

持って駅に向かい電車で3駅帰ってきてパンを食べました。

 う~ん。お値段は普通の焼き立てパンと同等。味は・・・とりたてて普通。私は電車に

乗って行きましたので、まさしくう~ん・・・です。このビジネスモデルで頑張って欲しいの

ですが、行きつくところパン屋さんなのでやはり味が前面に来なければダメだと思うので

す。厳しい様ですが『身障者さんにも働いて自活できる環境を・・・』と言う趣旨には賛同

しますし、電車に乗ってでも買いに行きたいと思うのですが、またお値段もちょっと高い

位ならば行きたいと思うのですが、パン屋さんなのだからパンはおいしいモノを作って

欲しいんです。運送屋さんが福祉を別部門でやった・・・言わば素人集団・・・としてパン

屋さんをやってしまった・・・と言う残念な感じを私は持ってしまいました。店内にもあれだ

けスタッフが居たら高コスト体質にはなってしまうだろうとも思います。身障者さんと健常

者が混在してしかも賃金は健常者並みの・・・と言う事はおそらく普通のお店よりもやや

高コストの収益構造は必然的になってしまうのでしょう。それならば売上をより上げる方

向に経営を持っていかなければならない訳ですが、このお店の『売り』が何なのだろ

う・・・と考えてしまいました。一企業の理念としては崇高なのですが、その前に資本主義

社会の一員として存在できるだけの『売り』がなければ、競争には打ち勝てない。他者

の善意にすがる事を前提にした経営では成り立たないのだと思います。そういう意味で

はクロネコの小倉さんは極めて中途半端なモノを造られたのだなと失望しました。事実

関西のお店はスワンベーカリーの看板を外して、別業態でやはり身障者さんと活動して

いると『ガイアの夜明け』でやっておりましたが、当然の帰結だろうと思います。当初は

満員の店内もその内これでは流行らなくなります。更に元々の高収益体質です・・・。

 これはクロネコの小倉オーナーの企画者責任だなぁと感じました。多くの方を巻き込ん

だ結果、『味』の追求が欠如しているのです。ハンデキャップを持たれた方のハンデを

克服する為のオペレーションが如何こうじゃない。それはどの会社にだって大なり小なり

持っている経営の悩みであってそれを購入する側に押し付けてはダメです。まずはパン

屋さんなのだからもっと企画部門で味を追求しないと・・・。材料の素材は他者よりもよい

モノを使っていますか。その配合はどうですか・・・。焼き加減は管理されていますか・・・。

焼き立てパンですから、商品の補充状況はどうですか・・・。その全てに渡って『?』が

頭に浮かびます。北浦和店のオーナーさんは元埼玉県庁の福祉関連部門に居た方が

『スワンベーカリーの企業理念』に賛同して早期退職されたとテレビでは紹介されていま

した。ただ赤字が続いてもう個人の努力のレベルを超えているとボヤイていました。これ

を見て私は自分の周りにそんな企業理念の店があるなら潰しちゃダメだから、買いに

行こうと思い立って購入しました。その結果ちょっと悲しくなりました。これは『スワン』さ

ん本体が悪いんじゃないか。もっと良いモノを作る努力を怠っているのでは・・・と感じま

す。おいしいモノ、より良いモノなら20~30円高くても電車に乗って買いに行きます。

クリームパンが130円でしたから、160円だとすると中々の値段ですワ。だけどおいしい

と感じられたら買いますよ。今の130円のクリームパンはどうですか。スーパーのパン

と比較してもどっちがどっちか分かりません。値段はスワンさんの方が高いですよね。

これでは『善意にすがる』売り方と言われても仕方がないです。私もこんな事を言うのが

本意ではありません。それならばわざわざ電車に乗ってパンを買いに行きません。なぜ

クロネコの小倉さんがパン屋さんを選んだのか。それが『簡単そうだから・・・』

 運送屋さんが部門外を選んだ理由があるはずだし、それであの『クロネコ』が福祉

を変えようと思って始めたモノがこの味では、『クロネコ』も大したことないな・・・と言う

のがスワンベーカリーからの客離れの主因ではないのでしょうか。パン屋さんならば

クロネコが企画者として本当においしいモノを提案しなければダメです。そういう意味

において『スワンベーカリー本部』がとても残念です。北浦和店のオーナーさんも気の毒

だなぁ・・・と思います。(ただ北浦和店のオーナーさんもこの味についてはどう感じている

のだろう・・・と聞いてみたいものです。疑問を持たないのならばパン屋さんの資格がない

と思いますよ。県庁職員さんだった頃からあまりパンを食べた事がないのかな・・・。)

 パン屋さんなのだから、まずは競争に勝てるパンを作りましょう。その上で世の中に

問いましょう。それが世の中の順番だと、厳しい様ですが言いたいと思います。

 企業理念が素晴らしいだけに、応援したいのです。その為にはスワン本部がもっと

頑張らなければダメ。起死回生の一策が店頭でのパン焼きなんて言っていましたが

お話しになりませんよ。もっとメスを入れる所があるでしょう。よく考えてスワンさん。

多くの善意をまとめ様とした訳だから・・・、当然にその責任も重いですよ。こんな中途

半端な事はしなさんな。小倉さんが途中で亡くなったからもうどうでもいいのかな。そん

な事ではクロネコの看板が泣きますよ。一度やったのなら、きちんと責任ある仕事、

いい仕事だなと感じられる仕事をして貰いたいものです。

 ※福祉の思想を持っているからこそエールを送っている訳で、やたらめったら非難

している訳ではありません。クロネコヤマトさんがパン屋さんをするとしたらこの程度

なのか・・・と言う必死さが伝わらない所に頑張れと申し上げている次第です。

 福祉・・・身障者さんに働く楽しさを知って貰い、自分の稼いだお金で生活が出来る

んだ・・・と言うならば、それ相応の仕組み(味を極める事も含めた)をきちんと作る

事が大人の責任、まして一部上場のオーナーで『小倉さん』の責任である様に思い

ます。亡くなられたのならばその意思はきちんとその後継が引き継がなければ情け

ないでしょう。その趣旨に賛同して自己の資金を投入してスワンの旗の元に集まって

来てくれた同朋の志士に申し訳が立たないでしょ、と私は思っています。きっと小倉

さんは泣いているな。自分が早く死んじゃった事を後悔してるな。あの世でね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大掃除

 今日は暖かいですね。東浦和中央公園には来園者がたくさんいます。

 今日は水槽の清掃をして金魚にも気持ちよく新年を迎えて貰おうと思っています。

今日はこれから大掃除です・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末のご挨拶

  今日で今年の営業は終了いたします。ちょっと早めの年内終了ですが悪しからず

ご了承くださいませ。無事年内の業務が終了しました事、そしてオープン以来、いろ

いろな方とのご縁に恵まれ順調に来れました事を感謝いたしております。どうもあり

がとうございました。2010年は寅年だそうですが寅の様に孤高な気持ちでしっかり腰

を据えて皆さまのお役に立てる仕事にまい進したいと思っております。

 『近江商人』のてんびん棒の映画を母親から何度か見せられて育ちました。おそら

くそれが記憶に残って商売かくあるべし・・・と思っているのだろうと思います。三方よ

しの精神はしっかり心に刻み込んで、いかに社会貢献をして行くのかを考えながら

業務活動をして行きます。業務=社会貢献です。お客様に喜んでいただき、そのお

喜びに対して報酬を少しいただく。その報酬でもって社会貢献をする。企業の理念

であり、設立の意義はそこにあると考えております。

 来年は景気が反発の年となれば嬉しいですし、その景気の僅かかもしれませんが

一翼は当社でも担って参りたいと考えておりますから、しっかりモノを動かして行きた

いと考えております。土地建物が涙を流さない様に、しっかりと有効活用を心掛けて

参りたいと思っております。頭と身体をフルに活動させて、脳みそが汗をかく位の仕事

を常にして参る所存ですので皆さま、ご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げ

ます。

 どうぞ皆さま、良いお年をお迎え下さいませ。

                             リバースター株式会社

                             代表取締役 細川 悟志

※明日から年明けまでは、私人としてブログの執筆は続けますので、引き続きご閲覧

下さいませ。極力毎日書こうと努力していますからね。(書く事がない・・・なんて日々を

過ごさない様に寝正月は禁止の気持ちでいるのですが、毎年正月明けはスラックス

のホックが留まらないんですよね・・・最近アジャスターなんてモノもなくなりましたし。皆

さんどうしてるんでしょうね。テレビで正月に皆さん5~6キロは太るんだなんて番組を見

た事がありまして、自分だけじゃないんだなぁと感心も得心もしていたんですがねぇ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無題

  今日はクリスマス・イブ。いつメリークリスマスと言うのかよく知りませんけれど、

さっき一番欲しい人から『メリークリスマス』と言う携帯メールがありました。

 41歳の冬ですが常に青春時代な私です。

 ヤッホー

 明日はならなければいいですね・・・。クリスマス気分をちょっとでも長引かせ

る為に・・・鶏はお正月まで食べないでおこう。この努力、分かるかな。分かんな

いだろうな~。きっと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

就職難

  景気が一向に良くならないとニュースで騒いでいます。新卒の就職率も大学によっては

8割止まり。まして高卒者にはとても厳しい春になりそうだ・・・との事だそうです。就労意欲

はあるものの働く所がない。これでは学生諸子は浮かばれない。そもそも学生の大半は

具体的なイメージを持たずに就職し、就職してから企業に育てられて社会人になって行く。

肝心の受け皿がないのだから社会人になれない学校卒業者がどんどん産まれてしまうと

言う事になってしまいます。これは大変困った事です。日本は少子化社会と言われて久し

く、ただでさえ少ない若者が高齢者を支える仕組み(年金等)になっているはずなのに、そ

の支えるべき若者が仕事を持たなければ支えられる人口にカウントされない。一部の

若者が未就労の同世代と高齢者を支えなければならないと言う社会構造になってしま

います。これはとてもゆゆしき問題ですよね。じゃあどうするんだ・・・と言われても具体

的な施策はない。経済が上昇傾向を示さねば解決策がないのでしょう。経済は波だ

と言われます。今は100年に1度の引き潮だから・・・と言うことなのでしょうが、通常は

極端な引き潮は津波が来るんだと思うんだけれど果たしてそうなるものかどうか・・・。

 寅年は景気が反転するきっかけとなる場合が多く、それまでの不況の打開を求める

為に坂本龍馬さんのブームが来るそうです。一度閉塞社会になると遊びの部分がなく

なって社会が内向き志向になる場合が多い。経営においても間違いなくそうで1円の

削減に血眼になったり、売上を上げろとの名目でむやみやたらに営業をかけまくると

言った体力をより消耗させるだけの命令がなされる事が往々にしてあります。これで

は業績が良くならないんです。従来型の経営ではどうにもならないからは破天荒タイ

プの龍馬さんが求められる時代となります。龍馬さんでなくとも本当は会心の一撃が

1つあると社内にはいい刺激が産まれます。そうすると回復の糸口が見つかり、会社

がぐっと締まっていい方向に舵がきれるのだと思います。良くも悪くも経済は波。だか

ら待てば海路の日和あり・・・。ここで言う日和を持つ時にどうやって待ちますか・・・と

言うのが案外経営者の力量の様な気がしますがいかがなものでしょうか。

 1つ1つの企業が集まった集合体が景気・経済なのですから、こんな時こそ自己中心

的な考えは辞めて今何をすべきかを考えて行きたいものです。もちろん学生諸子には

そんな悠長な事を言われても・・・と思うかもしれません。ただ世間の90%は中小企業。

そんな中小企業への就職には見向きもしないのも学生でしょう。相手の不備ばかりを

責め立てるのではなく、それこそ各人ができる僅かな事の積み重ねで経済を変えてい

くしかないんですよ。さぁ、今日も世の中、ヒトの為に何が出来るかしっかり考えて、

今日も一日頑張ろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お天道様

 我が家は南向き2階のRCマンションです。日中であれば日当たりが良いので暖房

は不要です。一方の事務所は北向きなので暖房を入れないでいると日中でも12~13

度位で結構寒いんです。広い事も一因なのでしょうが冬の陽射しって大切ですね。

 事務所には大きいエアコンを入れてありますので、24度に室温設定をしていて実際

の室温計の表示は22度、加湿器も稼働させておりまして湿度は50%前後で推移してい

ると言った所です。太陽の力って偉大ですよね。

 昨日テレビを見ていましたら、2012年のマヤ暦では太陽が悪さをして地球がメチャメ

チャになると言っていましたけれど・・・ね。太陽光をどううまく利用するかって事はこれ

からますます大切になりそうですね。エコと言う観点で見ると大きなエネルギーですか

ら。

 さて太陽の事をお天道様とも表現します。こうなると太陽は神格化されます。日本は

八百万の神ですから絶対神と言う性格は持ちませんが、万時あまねくみていらっしゃ

る・・・『お天道様は見てるから・・・』とか『お天道様に誓って・・・』などと表現される機会

が多いんですかね。私はこのお天道様と言う考え方が好きです。自身を戒めてより高

みに自分を持っていこう・・・とする発想が日本を良い国にしていると思います。最近は

お天道様って言葉も聞かなくなってきていますが、もっとこういう風習は残した方がいい。

クリスマスを祝うよりもプライオリティはお天道様の方が高い様に思うナ。自己中心的な

考えがまん延している中では『お天道様』は異端ですから。個を重視するのもいいで

すが、それ以上に組織・・・街・国と言った単位の中の自分・・・を大切だと感じる心根を

育てて貰いたいものです。人の役に立つ喜びって言うのがかけがえのない大切な部分

なんだなと感じて欲しい。それぞれにそう言う気持ちは大なり小なり持っていると思うの

だけれど。『性善説』の方が楽しく生きられるように思うし、『性善説』の根幹にはお天道

様の発想がある様に思うのです。

 今日はリビングで陽射しの暖かさを感じながら、太陽⇒お天道様・・・から上記の様な

事を感じながら小三治師匠の落語をDVDで拝見しておりました。とてもいい一日でした

よ。

 昨日のガイアの夜明けで、北浦和駅のスワンなる焼き立てパンのお店のお話しがでて

おりました。ハンデキャップを持った方々にも健常者と同じだけの賃金を払いながら暮ら

しを立てて貰いたいと、クロネコヤマトの創業者小倉さんの理念を受けて地道に頑張っ

ているお店があるんですって。そしてやれどもやれども赤字で困っているって埼玉県庁

を退職して小倉さんの趣旨に感銘を受けて起業したオーナーさんがボヤイておりました。

知りませんでした。そんなお店がある事を。北浦和周辺にお住まいの皆さん。このお店

は潰したらアカン。皆無理したらアカンけど、ちょっとお店の前を通る事があったなら、

ちょこっと店のパンを買いましょう。1日の売上で6万円ならOKってオーナーさんが笑っ

てた。オーナーさんの娘さんもハンデを持っている人が店頭で焼いたパンが完売した

時に上手にお店を盛り上げておられました。業績が悪くなるとどうしても雰囲気は悪く

なる。そんな時にどうするかがそのお店の力量です。いいお店だと感じました。幸い

私の会社で管理させていただいている物件が北浦和にあるもんで、北浦和に行く際に

は寄せていただこうと思いました。心ある皆さまへ。このお店を潰したら、さいたま市の

良心が疑われる様に思います。末永くご贔屓にして行こうじゃないですか。私も食べた

事がないので偉そうな事が言えませんが、『スワンベーカリー北浦和店』頑張って

 おいしいモノをどんどんと出さなければお財布のヒモは緩まりません。他店に負け

ない様な味を追求しながら、不景気に負けずに頑張って下さい。この不景気には

負けて欲しくないので精進してネ。私もこれから買わせて貰います。その味はここで

報告しようと思います。 ここのオーナーさんへ。きっとお天道様は見ていますから

毎日の赤字の累積に負けることなく頑張って下さい。ささやかではありますが応援

して行きます                 東浦和の店主より。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスハウス

  クリスマスのピカピカハウスがきれいですね。発光ダイオード仕様だから熱くならずに

電気代も安いんだそうですね。東浦和周辺でもあちらこちらでお見かけします。

 あれならサンタさんも迷わずに到着できそうだな~、と言うお宅から、これだと目立ち

過ぎてサンタさんが次行ってみようと言っちゃいそうな所まで様々です。

 通行する人に笑顔や、きれいだな・・・と言う気持ちを持ってもらおうとする趣向だから

いい事だなぁと思います。

 相変わらず我が家の裏のバカ犬は救急車のサイレンに遠吠えをしてうるさくて仕方が

ないです。仲間と違うって一人で突っ込んでいる私にはサンタも来ないでしょう・・・。

寂しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M-1に思う

 M-1の決勝戦が昨日あった。バンクブーブーと言う2名がM-1チャンピオンになった。

 私個人としては『笑い飯』は今までも知っているし、昨日のネタの部分でもイケタかな

と思ったから、ちょっと残念だった。ノン スタイルが敗者復活で上がって来た時には、

2年連続かなとも思ったけれど、上位3位の中でのネタの出来では確実に3番目。1・2

位についてはどうかな・・・と思いましたがねぇ。今年は該当なしでもいいのかな・・・と

思える程、突出感がなかった様にも思います。M-1そのものに飽きた感が出て来たの

かな・・・。お笑い界、殊にタレント部分・・・エンタ部分と言いましょうか・・・は新鮮さだけ

のTV業界の使い捨てが激しくてなんとなく嫌な感じが私にはあります。ギャラの安い内

だけの使い捨てとでも言いましょうかね。長く見ていても飽きの来ない芸人さん達が登

場してくれるといいのでしょうけれど・・・。リンカーンにレギュラー出演している芸人さん

達だけが残って行くのでしょうかね。それ以外だとウッチャンナンチャン、オセロ位かな。

 バラエティ枠はこれから縮小していくのでしょうね。

 一方、落語界は活躍目覚ましい。いい噺家さん達が出て来ました。鶴瓶・志の輔・談春

昇太師匠達がいいですね。またこれに続く人達も頑張っています。最近、落語会のチラシ

などもよく見かける様になって来ましたしね。若手と言われる人達の努力もあります。

笑点メンバーの落語は(昇太さんは除く)、あまり面白いと思った事がありません。楽して

テレビに出て苦労の後がないからでしょうね。総じて立川流にいい噺家が出ているのは

その表れではないでしょうか。舞台を自分で勝ち取らねばならなかったから、話術が

磨かれた。ただそれだけ。これが今のエンタの若手にも表れていて、一人前になる前に

ちょっとだけ売れても、その後が続かない。一発屋になってしまう・・・と言う現象になって

いる。最近殊にいい芸を見せる様になったのは鶴瓶さんだと思います。落語・映画は

元よりバラエティでもしっかり下調べをして出て来ます。スジナシなどもいいですね。

芸の幅をつける。鶴瓶噺は人情話がいいと昔から言われていましたが、最近ではチ

ケットがとれない噺家さんになってしまいました。上方落語協会副会長・・・なかなか

やりまんな。若手の方々も鶴瓶師匠を見習って欲しいモノです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の一字は・・・

 漢字検定さんがどうのこうのと言うお話しもあって、また色んな方々が好き勝手に

今年の一字を発表しておりまして、なんだか収集がつかなくなっている気がします。

どさくさに紛れて私も今年の一字をやってしまおう・・・と急きょ考えた訳でございま

す。さて今年の新規オープンですから、『新』が・・・これはありきたりで詰まんないで

すよね・・・えっ本物が『新』・・・そんな事はどうでもいいんです。私の一字は『楽』(らく

ではなく楽しい)・・・これもあるかなと思いきや・・・『嬉』(うれしい)に決めました。

新規開業した事や、いろんな方との出会いがあった事に対して『嬉』です。

 この『嬉』の一字が来年はどうなります事やら・・・。今年の2月までは前職残務整理

でどうのこうのは控えますが、3月から5月までの準備期間、スター君が合流してから

どんどんと事務所が出来て、その過程でいい方との出会いがありました。これまで

当社を支えていただいた皆様方に感謝・感謝でございます。このご恩は果たさねば

なりませんので、引き続き末永いお付合いをよろしくお願いいたします。

 経営・経営と難しく考えるのではなく、楽しく、そして皆さまに利益を享受していただ

きながら、共存共栄・ win-win ・三方よしの精神で事業を明るくやっていきたいと思い

ます。また経営をオープンにしておりますので、皆さまからのご指導・ご鞭撻について

も引き続きよろしくお願いいたします。不動産投資のサークルとして『リバースター』を

ご愛顧いただければと思う次第です。

 と言うわけで今年のリバーの一字は『嬉』とさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つれづれなるままに

 残すところ今年も11日となってしまいました。来年は寅年だそうです。別にだから

と言ってここで寅のお話しをする訳でもないのですが・・・干支を気にする1年1度の

作業・・・そうです。年賀状です。まだ準備をしておらず、あっと言う間に20日なって

年賀状をどうしようとウロタエテいる今日この頃なのであります。

 師走はあわただしい・・・は事実ですね。年末年始のお休みが入ってしまいますの

で仕方がないのでしょうが・・・。バタバタとしております。ちなみに当社のお休みは

12月26日~1月6日までと少し長めのお休みとさせていただく事といたしました。

 週休2日といい零細企業の分際で・・・とお叱りを受ける事もありますが、しっかり

充電をしてより良い仕事が出来るように備える為でございますのでご勘弁下さい。

 Hさん推薦の本『フォーカル・ポイント』にも自身の仕分けが大切だとありましたの

で実践の意味でも、残り数日の密度を上げる事に注力している次第です。1日24

時間を36時間にする方法の書です。面白いので皆さまもご一読されたらいかが

でしょうか。

 もう始業の時間ですので、この辺で失礼いたしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛丼に見る300円の壁

  モノの値段って何回かここでも書いていますが難しいですよね。購入する側として

はより安い方がいいのは分かりますが、価格を設定する側としては難しい。

 牛丼の価格戦争が始まるとかなんとか言っておりますが、それに加担している

のはゼンショーの『すき家』さんと『松屋』さんだけで、今のところ『吉野家』さんは動か

ない。牛丼に関しては『吉野家』さんだけが上昇思考で、まずはおいしいモノをゆっ

くりと食べていただきたいと言うスタイルのお店にリニューアルしてますし、やっぱり

380円のお値段の中にもこだわりが見えます。これは商人の道としては正しいスタイル

の様に思います。すき家さんと松屋さんはやはり低グレードの肉を使ってそこそこの

モノをそこそこの価格で・・・と見えなくもない。290円、280円で出来るものを今まで

300円取っていたんでしょと言う気分になってしまいます。浮利(フリ)を取る仕事を

する事は暖簾(ノレン)に傷をつける事。ゼンショーさんの経営スタイルはどうも強引

でハンバーガーチェーンの切り捨てなどもかっこよくない。全勝を気取ってゼンショー

と名付けたらしいですが、全焼にならない様に切にお祈りいたします。M&Aで拡大

するのは良いのだけれど、その後、どう企業文化を作って行くのか・・・と言う事に

真剣でないのが、牛丼から見えるゼンショーさんの経営スタイルです。お客さんをも

手玉に取って、テキトーにあしらっていれば280円位ならばお金を落とすと思っている

様に見えてしまうのは私だけ・・・。パサパサの牛丼を280円で売るのもいいですが

すき家さんのこだわりのテイストをしっかりと提示してほしいものです。

 こんな時代になってしまったのだから、最も得意とする分野にしっかりと経営資源を

集中させてよりよいモノを(高付加価値なモノを)これが『当社だ』と旗を高々とあげ

なければならない時代になったのだと思います。値段の中にその企業努力が見える

をしっかりと打ち出して貰いたいものです。デフレの寵児『牛丼』の低価格

戦争と言われている現状から、吉野家さんは『戦争』での勝ち負けではなく、330円

の商品を磨く努力でこの時代を乗り切ろうとしている事に『経営者として素晴らしい』

と思いますので、敢えて記事をアップしました。

 本家か元祖か知りませんが、やはりナンバーワンは堂々としていて自身を磨く事

で自信をお持ちなのでしょう。それに比して2番手、3番手がこうフワフワしていては

戦う前から勝負あったと言えなくもありません。こんな時こそ下位のモノが追い越

すチャンスはあるのです。それが価格戦争では芸がないと思われても仕方がないで

すね。吉野家さんも松屋さんも前年対比の売上は落ちているそうです。その事実を

どういう手法で乗り越え様としているのか。すき家さんは吉野家さんから50円の価格

差で顧客を取り込む事を狙っているのでしょうがなかなかに顧客にも拘りはあるよう

に思います。店舗数ではすき家さんが牛丼界ではトップになったらしいですが店舗内

のオペレーションを含めてとても管理状況は悪いと感じます。臭い、衛生面・・・トイレ

などはヒドイです。280円だから仕方ないか・・・と言うレベルです。飲食店ですから、

そういう質は上げて頑張ってほしいものですが・・・。本家・元祖の吉野家さんと2・3

番手の方々の動向についてしばらく注目していたいと思います。(とても勉強になる

と思いますので、皆さんもウオッチしてみましょう。たまにはお店に入って食べてみて

みたら・・・本当は食べ比べるのが一番いいんですけれどね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K社長

  昨日はH社のK社長とのご面談がありました。K社長とは十数年のお付合いで、

リバースター立ち上げの所からご助言いただいている良き先輩です。昨日は年末

のご挨拶でご訪問させていただいた次第ですが、いろんなお話しを聞かせていただ

きました。やはり持つべきものは『信頼できる友(友と言うより良き先輩です。)』ですね。

 大いに参考になりました。K社長がこのブログを読んでるよ・・・と言っていただいたの

は嬉しかったのですが、ブログが重いんだよ・・・あの電車の写真が悪いんじゃない・・・

とのご指摘で一時的に(これが原因ならば永遠に)削除してみました。なんだかブログが

スカスカになった様で、往来を裸で歩いている様な気分です。はじらくはこのままで

鉄分を減らし気味でブログをアップして行きましょう。貧血になったら鉄分をまた注入

します。

 さて現段階では企画段階なのですが、一度当社のお客様とグルメツアーに出かけよ

うと思っておりまして、そのお話しもK社長にしてみますと面白いから一度やってみよう

と言う事に・・・。まだまだ発表できませんが、来年の春ごろまでには一度試験的にや

ってみたいなぁと思っております。 伊勢神宮日帰りツアーは肉体的に無理になった

と感じましたので、それよりも短い距離にしま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京浪漫劇場

 昨日はKさんとのご面談。いつもながらKさんのご見識には感服いたします。経営

に関しては言うに及ばず、身の周りの出来事に関しても私の考えが及ばない点を、

ポンと指摘されて、ここはこうした方がいいなぁとご指導いただいております。これま

での経験に裏打ちされているので、的確でとても助かる助言をいただいて参りました。

 昨日のご面談の際、お嬢様がいらして、とある男性とご結婚されたとの事。灯台もと

暗しとはまさにこの事・・・こんなに近くに妙齢の方がいらっしゃったとは・・・。残念です。

そしてその妙齢の女性が『東京浪漫劇場』という下記ブログをやられているなんて・・・   

  http://www.tokyo-roman-theater.net/ 幸いにしてご両親様とはご懇意にさせて

いただいているので、お嬢さんを私に下さい・・・なんて言いたかったなと思いました。

 冗談でなく『東京浪漫劇場』は凄いですね。文もいいけれど、写真が凄いな。これ

だけで手を入れずとも、ひとつの作品になっている所が凄いですね。こんな写真と

文を書く人ですから粋な方なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グーグー餃子さん

 おいしいお店を見つけたのでご報告いたします。GG餃子さんと言うお店で、

与野本町の駅のそばです。(中央区下落合7-7-6)中国の方がやられている

お店の様です。昨日はランチタイムだったので、スター君は五目チャーハン

セットを、リバーはマーボー丼セットを注文。それぞれ680円、650円とリーズ

ナブルで餃子も1枚(550円とこちらは高め)頼みました。セットはサラダとスー

プが付きます。サラダ・スープともにおいしかったですよ。私のマーポーは

辛かったけれどおいしかったです。リバー君はチャーハンそのものは東浦和

の香蘭に軍配ですけれど、お値段が半分位ですからね・・・。☆2.5との事。

餃子は変わった羽餃子で、食べた事のない餡です。高級感はあるのですが

ムムムで評価不能です。お値段が全体的にお安い様に思いますし、奥さん

は気さくな方です。本場中国の味を食べたい時は行かれたらいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首相ガンバレ

 最近鳩山首相に眼力がなくなってきましたね。バッシングの対象になっているので

仕方がないのかも知れませんが、前政権にはもう勘弁してほしてとお引き取りいただ

いた形で鳩山さんが引き継いだ訳で・・・、献金問題やら沖縄問題も大切ですが、もっ

とやって欲しい事があるのだから、首相が交代するのはOKだから、テキパキとやる

ことをやっていただきたいと思っています。河村たかし名古屋市長の方が覇気があって

いいぞと思います。長妻大臣や前原大臣達もどうも打たれ弱い気がします。官僚の反発

やらマスコミのバッシングやらいろいろあるのでしょうが、眼力を持って、覇気を出しなが

ら頑張ってくれないと応援する方も頼りなくなってくるがね。自民は未だに野党にさえ

なり切れていないで、頼りになりませんからね。ゆっくり腰を落ち着けて頑張ればいい

んだから・・・。今みたいなフワフワ政権では行かんよ。やる時にはやって貰わねば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社会貢献

 今日のブログが『ごあいさつ』みたいなもので終わるのも何なので、もう一話。(ボーナス

トラックですね)

 経営について少し思うところをお話ししましょう。法人・個人を問わず、『経営者』には

社会的な役割があると思っています。それは『世の中の役に立つ』と言う事です。役に

立つとは、例えば『雇用』もそうですし『納税』と言う事でも世の中の役に立つと言う事が

あってもいいですね。これは法人・個人が世の中に存する以上、最低限果たさねばなら

ない義務でもあります。更に一歩踏み込んで『地域貢献』が出来ないかな・・・と思ってい

ます。経営のモチベーションを維持・拡大するにはいろいろな方法があると思います。

個人の金銭欲を満たしたいと言う思いもあれば、お客様からの支持拡大と言う場合も

あるでしょう。ただ常に上昇思考を維持・拡大するのに経営者の一念で居ると言う

のは大変です。今般の景気低迷等の外的要因もありますから、どうしても単発エンジ

ンでは限界があります。双発エンジンを積むのに『地域貢献』を使ってはどうでしょうか。

『近江商人』の知恵に三方よしと言う考えがあります。商売の双方+地域の三方を意識

したお商売をしようと言う発想ですが、これを逆から見て、地域貢献を旗印にして会社の

士気を上げて行きたいと言う発想が出来ないものでしょうかね。幸いわが社は不動産

業ですから『地域貢献』が比較的し易い立場にあります。今までないモノ・無かったモノ

を提供する事も一つでしょうし、町おこしみたいなモノもそのひとつですよね。経営の規模

に応じた努力で構わないと思います。内的なモノでなく、外的な働きかけ=地域貢献を

経営の使命の一つに据えて『世の中の役に立つ努力』を心掛けませんか。それはきっと

キレイ事ではなく、企業の命・半永久的に存在して行く為の原動力になりますよ、と言う

お話しでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒いですね

 寒いですね。今事務所の暖房を入れたところですが12度です。毎日ウォーキング

出勤ですから事務所に入りたての時は身体が温かくなっているので問題ないですが

やはり足元から冷えて来ますね。今年は暖冬傾向にあったものが、一挙に平年を下

回る気温になったので風邪など身体を壊すもとになっているのでしょう。先日K君が

リバースター事務所に遊びに来てくれた際にも子供がインフルエンザでダウンしたと

お話ししていましたが、昨日はOさんの子供の内、二人が40度の熱で入院したとの

連絡がありました。今年も残りわずかになって参りましたが、お身体に気をつけてい

ただいて無事に新年を迎えましょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Aさん・・・餃子

  昨日はAさんとのご面談のアポがある中で、その前にS銀行担当さんとのご面談。

S銀行さんとのご面談が面白くて、1時間程度のつもりでいたら既に2時間経過

失態です。すっかりAさんとのご面談に遅刻してしまいました。時間厳守は私の

仕事のモットーですから、とてもショック。それ以上にAさんにご迷惑をかけてしま

いました。大変申し訳ございませんでした。

 お食事の後でいろいろなお話しをしました。話題があちこちに及び、最後に私ども

の仕事である不動産投資分野にまでお話しが行ってしまいますと気が付いたら

もう夕方の6時30分。Aさん、お仕事大丈夫だったでしょうか・・・。反省・反省です。

遅刻はする・・・しゃべりまくってAさんの時間を大量に奪ってしまいました。

お近くに事務所があるのでもっとひんぱんに行き来をしておかなきゃ・・・ですね。

Aさんのおかげで今のリバースターの舵取りがあるようなモノですから。流れに逆ら

わず、それでいてしっかり仕事はするですよね。

 昨日はとても楽しい一日だったなぁ~。

ジャ~ンリバーのお料理講座~聞きかじり編

 餃子の焼き方です。餃子ってなんであんなにおいしいんでしょうか。

 準備いただくものは・・・生餃子です。(チルドのボヨボヨのヤツはダメですよ)

 さて、フライパンに餃子を乗せまして焼きます。これはちょっとだけで、次に

フライパンにお湯を入れます。水じゃダメ。お湯です。お湯餃子は豚肉と

野菜が半分ずつ位の割合なので、豚肉に火を通している訳です。火が通った

ら・・・お湯は惜しげもなく捨てます。そしてここからが仕上げ。ごま油を糸状に

かけて、皮をパリッと焼き上げるんです。ここからは熟練の作業です。全体を

パリッとしたければちょい長めに、ゴールデン餃子は焼き目はきつね色でパリ

包んであるところはモチでしょう。ここは練習ですよ。

 この焼き方はAさんから教えていただきました。お昼に餃子をいただいたので

すが、実験したくて夜も餃子になってしまいました。たぶん今晩も餃子でしょう

感動の味がお手軽に売っているヤツで出来ますからね。年末年始は餃子づけに

なりそうな今日この頃です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒松のうどん

013_2 所沢の行政道路沿いにあるさぬきうどん『黒松』に10年ぶりに

行ってきました。久しぶりに食べに行こうと言うFさんのリクエス

トに応えての所沢紀行です。夕方は道路が混んでいて大変で

クタクタになりながら、ようよう到着。午後7時。店頭に看板が出ておりまして、

お薦めメニューかなと思いきや、うどんがなくなったので『終了』の文字が・・・。

ちらっと店内をのぞくと、お年は取られましたが勝手知ったる峠の我が家・・・

女将さん・・・もうダメと聞くとアラっ、久しぶり・・・どうぞどうぞ・・・とお通しいた

だきました。まだ少しならの声に支えられ、私は肉汁うどん大を注文です。

 懐かしメニューのごぼうのから揚げ等のサブメニューも充実させての注文。

 ごぼうのから揚げ180円也。うまい。めっちゃおいしい。その他のメニューも

抜群です。どんどん食が進む中、写真の肉汁が登場です。あんまりおいしくて

サラダを食べた所で、写真を撮らなきゃとあわてて撮影しました。(汚くてゴメン

なさい。) うまい。うますぎる・・・は十万石饅頭ですが、声が出ません。スター

君の子供2歳が、あまりのおいしさにおじいさんみたいな声を出して唸ってい

ます。その後の笑顔も凄い。2歳の子供にも分かる味。うまい。もちつるの

うどんで肉汁って食べたことないでしょ。合いますよ。うまいです。ゴワゴワの

武蔵野うどんに多い味だけど、これもいけます。むしろこっちがいいかも知れ

ない。子供がF君の皿にあるゴボウのから揚げを寄こせとアーアーいいなが

ら指さすので、それを食べさせるとキャッキャッと喜びます。びぼうの味が分か

る2歳ではなく、味がおいしいんですね。

 まぁ皆さん食べてみなさい。

 売り切れにはご用心ですよ。

 場所は・・・教えません。調べてみてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 フォーク世代の記事が続いたので、方向性を変えて・・・。

『捨てる神あれば、拾う神あり』とか『神は助けるべき人の中からのみ助ける人を選ぶ』

後ろの方は私の創作かな・・・。私の神さんは八百万ですから(神道・仏教等の区別は

あまりなく・・・多数の日本人的思考と同一)、あなたを助けますぞってな具合にはなか

なかなりません。神さんは気まぐれなのです。お賽銭の多寡でも区別はしません。その

気持ちに応えるのです。だけどズボラだったり、努力しない人達は助けようとしない。

 ちゃんと努力して精進したモノだけにご褒美をくれる事があるのです。(金メダル)

営業極意として私が教わった『神さま論』です。営業マンとして立派だったかどうかは

分かりませんが、常に心において営業活動はしておりました。

 そういえば先日の田原総一朗さんのブログにお金儲けは悪ではないって言うのが

ありましたね。田原さんは滋賀県のご出身ですから、近江商人の事を言われているの

かなと思います。お金儲けをした『後の』ことを言っているのです。どう使うのか・・・、で

す。三方よし。今で言う win-win 思考です。この思考に『縁』や『運』が絡まりますと・・・

私の頭の中の『商売』が立体的にイメージされている・・・。ここに日本人的な『土地』を

大切にする思考が付加されると、リバースターの事業展開が・・・とても分かりにくいで

すかね・・・。私は今の商売をこう捉えております。いいご縁やいい運に出会える為に

も日々の精進は欠かすことなく勤めます。いいご縁や運がなくても誰に責任があるじ

ゃなし。更なる精進の中で明日、明後日のいいご縁を待とう・・・と言うもの。ただ『待ち』

の意識は全くないです。ポジティプシンキングは不可欠です。営業脳からポジティブシン

キングを取り除いてしまうと何も残らない様に思います。ここら辺が文化系のいい所で

肝心な部分がファジーなんですね。 おかげ様でこう思うに至ったのですが、だいた

いOKでこれがお商売の『王道』かなぁと思います。もちろん細かいローカルルール的な

モノが私なりにあり『判断』はしております。『経営』って感覚的なお話しをしますと、細い

平均台みたいな『王道』がありまして、そこを歩くみたいなもの。目線が下を向き過ぎる

と怖くなって歩けなくなるし、奢って上ばかり見ても足を踏み外してしまう。これを天性の

直観でやれる人も居るでしょうが、座右の銘・普段の心理を持って事に当たらねばなら

ない程にいろんな事が起こるものでして・・・。きっとそんなトコではないかなと思いま

す。なんでこんなお話しをしたのかと申しますと、Kさんから営業マンのIさんに会ってあ

げて・・・とお話しされ、こちらが意図したわけではないですが、営業極意のお話しをする

機会があり、初心に戻ると言うか、私自身が『営業』とは『経営』とは・・・と言うモノを考え

た次第です。これが今の私の『経営論』です。これに『縁』論で言いますと、尊敬している

O社長の『来る縁は拒まず、去る縁は追わず』が入ると完ぺきかな。皆さまのお役に

立つものではないかもしれませんが、これが商売の神様『石田梅岩』ならぬ『細川悟志』

の・・・『商人道』かぁなんて事になればいいのになぁ。

 貸借対照表・損益計算書・収支計算・・・資金繰り表までいろいろと経営を示す資料は

あります。それを分析し、かつマーケット等の調査もしながら舵を取るのですが、その

前提がこんなお話し・・・。

 あれ~、これならフォークのお話しの方が・・・なんて言わないで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加藤和彦さん フォーエバー

  昨日はテレビ東京で加藤和彦さんの追悼番組をやっていましたね。

 やはり加藤さんは偉大な方だなぁと思いました。また番組に出てきた方々も

ビックな方々がたくさんいましたが、やはりお歳を召された感は否めない訳で・・・

創作意欲だとか、燃え尽きた・・・と言う想いにビッグな方であればある程なる事も

理解できます。スポーツ選手は『引退』で解説者などに回ればいいですが、アーティ

ストにはなかなかそれが許されないですものね。見事にこうした天才は上岡龍太郎

さん位かなと思います。私個人的には。

 ほぼ毎日、拓郎さんの今夏のラストコンサート『18時開演』のCDを聞いているので

すが、こちらの気分なのか、あれここが苦しそうだな・・・とか、いいなぁ、よく声が

出ているなぁと感じたりします。ファンの心理って不思議ですよね。

 伊勢正三さんや杉田二郎さん、山本コウタローさん達は、声が出なくなったな・・・

やっぱりお年だなぁ・・・と感じたり、こうせつさんや陽水さん、小田和正さんはよく声

が出ているなぁ・・・と感じたり。元々そんな歌い方だったのかも知れませんが、ファ

ンは勝手ですもんね。

 美空ひばりさんが東京ドームコンサートのラスト、煙の中に消えていくシーンでは

もうあれ以上動けなかった・・・なんてお話しを聞くと、プロ中のプロ、さすが女王だ

なぁと感じるし・・・。皆、私が子供の頃からのスターですから当然に彼らも年を取る

んですよね。そうするとガタは来ますよね。ムッシュなんか70歳ですよ。ギター持っ

てステージに上がるだけでも凄いってなもんですね。拓郎さんも年齢から来る衰え

を感じているんでしょう。それを悟られずにいいままでファンの心の中に居たい・・・

と言う思いもあるのかなぁ。美空ひばりさんはお亡くなりになられたから、未だにテレ

ビには出るもののずっと上手なまま・女王のままですもんね。高石ともやさんや岡林

さんは『カリスマ』から降りたくて降りた。観衆があの頃は怖かったから・・・。虚像が

自分を越えて行くのが・・・と書いてありましたね。う~ん。なんとなくわかるなぁ。

 加藤さんは燃え尽きたのでしょうね。昨日の番組の車遍歴が面白かったな。

最初にロールスロイスを買って、ベントレー、ジャガー・・・。60歳になって赤のフェラー

リーを買った。また街乗り用に買ったスマートもマーク、ホイール全てフェラーリーに

カスタマイズして・・・加藤さんらしい逸話だったな。

 昨日も書きましたが、ビッグなスター達へ。燃え尽きないで下さい。くすぶった不完全

燃焼でもファンはOKですよ居るだけでいい。ムッシュ化してくれたらいいんだけどな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムッシュ!

Photo  ウチのオカンと似ていると言うだけで、紹介したのでは気の毒なので・・・。

『ムッシュ』読み終わりました。今年は清志郎さんが亡くなった

り、加藤和彦さんが亡くなったりで音楽界を引っ張って来られた

方々の訃報が続きました。もっと多くを語ってから、あちらに逝か

れても良い様に思いますが、なかなかに難しい様で。加藤和彦さ

んみたいに、順番抜かしをしてまで逝かれてしまうと・・・。

 さてムッシュです。いい人生を送られてきた方だなあと思います。いろんな出会い

があり、70歳になった今も若い方々とセッションをしている・・・しかもそれが楽しい

と感じる・・・いい事ですよね。やはりムッシュも天才なのでしょう。そういえば今年

は私は拓郎さんにもコンサートで会えたし、泉谷さんにもミニコンサートで会った。

彼らにはオーラがありました。 拓郎さんのオールナイトニッポンゴールドは聞く

機会があればこれからも聞いて行きたい。拓郎さんやムッシュ、泉谷さん達は、今

の音楽シーンの土台を作って来た人達なんですよね。山本コータローさん著の『誰

も知らなかった吉田拓郎』が文庫化したのでこれも購入、こちらも読んでいますが、

原著が古くて、山本コータローさんが前に出過ぎるので、あまり面白い読み物では

ないなぁと感じていますが(コータローさんごめんなさい。)、当時の出来事、雰囲気

が伝わる書として読んでいます。拓郎・泉谷・ムッシュ・陽水・加藤和彦・清志郎さん

達は皆、何もない所から創り出す大きな力があった、パワーがあった様に思います。

もちろん今もってパワーは健在なのですが、それって実に凄い事で、皆、お話しも

うまいですよね。もっともっといろんな事をお話ししておいてほしいと思います。ス

ーパーバンドみたいな形で皆で演奏するのもいいなぁ。さだまさし・小田和正・こう

せつ・千春さん達が好き勝手にトークだけしてもいい。朝まで生つるべを拡大し

てトークだけしてもいいんじゃないですかね。あっ。鶴瓶師匠がMCで『朝つる』の

枠をはみ出して、12時間位の枠でトーク番組作ったらいいんですよ。紅白よりも

その方が面白いなぁ。その会では音楽はなしで。そしたらせっかくこうして・・・か

ら後日、スーパーバンドが出来るんじゃないかな。拓郎さんも元気だけれど、体調

に不安もあるし、今じゃなきゃ出来ない様な気がするので・・・。この世代の方々って

我がままだからもういいやってすぐに辞めちゃったりするから・・・自分からあっちに

逝っちゃう人がまた出たら困るし・・・。またやりたいなと思う位のステージの楽しさ、

爆発を感じさせなきゃダメなんじゃない・・・。こんな事を枠を作ってさぁどうぞって言う

とまたまたそれに参加しないかな。やんちゃん泉谷さんあたりがまた音頭とってやって

くれないかなぁ・・・。しげGのブログを見るとコンサート三昧で自分はスパークしちゃって

るからそんな活動しないのかなぁ。ムッシュが言ってもいいんだけどな。

 まぁ・・・60前後のこうしたオヤジ達よ。ガンバレ拓郎さんはガンバラナクテモイイ

ですから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵比寿の夜

  昨日はAさんの恵比寿の隠れ家をご紹介いただきました。恵比寿のビストロを

居酒屋感覚で使っているんですよ・・・。かっこいいですよね。食へのこだわりは

私も強い方ですから(こだわり過ぎて、現在120キロオーバーです)あちらこちら

おいしいと聞けば行く方ですが、恵比寿のビストロっていいですよね。隠れ家なの

でおしえちゃダメかなとお料理の写真なんかもご遠慮していたのですが、まぁいい

ですとAさんがOKしてくれましたので、店名と住所だけお知らせいたしましょう。

恵比寿1-24-10 ℡03-3444-4518 日曜定休で、11時30分~13時30分ラストオー

ダーと18時~23時ラストオーダーとなっていました。先に告知しときますね。

 さてお食事です・・・とその前に赤ワインで乾杯です。私はあいにくお酒がダメ

なのでよく分かりませんが、いいワインも入っているそうです。(後から来たお客さ

んがお隣のテーブルでそういいながら女性を口説いておりました。なんか大人の

お店ですよ。) さてお食事です。シェフにお任せ・・・と言う方式で、こちらがお腹

いっぱいです、と言わない限りどんどん出てくる方式なんですって。小皿で出てきた

オードブルがまたおいしくてね・・・なんと言うお料理か説明してくれるのですが普段

飲みなれないワインで記憶がところどころ抜けてしまっています。オードブルも

おいしかったんですよね。次は何が出てくるかな・・・って期待させるほどに。

 記憶が残っているのは、レバーペーストと手作りパン。これはおいしかった

ちょこっとの量ですが絶品でした。それからスモークサーモンをタタいてネギトロ

みたいにしたお料理(なんと表現のマズイ事。サーモンは苦手な私が完食してお

代わりしたかったのに。)、そしてもうひとつ魚介系のドレッシング添えが出ました。

これまたお魚嫌いな私が完食。恵比寿が私を変えたのか、ビストロのシェフが

変えたのか。魚介系がどんどん胃に収まります。 次がまたおいしかった

大間のマグロを焼いたヤツ。焼いたヤツってどんなんやってお叱りを受けそ

うですが、骨がところどころにありましてね。それをこそいで食べるヤツです。これ

はおいしかったな。その後はイノシシの赤ワイン煮込みです。これまた絶品

 肉はホロホロになっていて、赤ワインのお味も感じられました。これもおいしい

もうここいらで普通の人はお腹いっぱいになるんです。Aさんもお腹いっぱいって

言われました。ただ私はおいしいお料理の場合は、きちんと胃に収納される仕組み

なので、もう一皿・・・。さて次は白い大きなお皿にスープが入ってお米と玉子が・・・

お雑炊でした。鍋もしないのに、いいお出汁がでてましてね。このお雑炊がシメに

は丁度いい。これまたおいしくて。恵比寿大好きです。あっ、先の告知。肝心の

店名がありませんでしたね。『Ebitei』さんです。樽が目印なんでとAさんがお話しされ

ておりましたから、恵比寿で樽を探しましょう。スパークリングワインもおいしいそうで

す。それから更にデザートまでいただきました。すっかり食べすぎ。しかもおいしいもの

の食べすぎですから。とても素敵な時間でした。恵比寿の夜は更けて行きます。

 さてその後・・・。新宿のゲイバーなる所にもご案内いただきまして・・・。こちらも

ディープな世界でした。先のビストロのワインとゲイの方々の大きなドスの効いた

声が頭をグラングラン揺さぶりまして。またトークの回転の速いことったら

 こちらの方は食当たり気味でした。私は・・・。

 すっかり東京の夜を満喫し、埼玉に帰って来たのはもう日付が変わろうとしており

まして・・・。東浦和の駅に帰って参りますと、何事もなかった様に静かな街の寝息が

聞こえて来ました。ただ星がきれいで、高い空の上の方ではゴウと風が吠えており

ました。風がビュッと吹きつけて、襟を立てて家路を急ぎます。頭の中ではゲイの

オジサン達の大きな声がまだ響いておりました・・・ 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青ヶ島

 昨日はおもしろいお話しを聞いてまいりましたのでここで紹介したいと思います。

 昨日ご面談いたしましたご子息さんが東京都青ヶ島に嫁いでおり・・・さて皆さん

東京都青ヶ島ってご存知ですか・・・。

Photo 八丈島から更に離れた絶海の孤島です。人口200人ほどの島で

台風銀座です。突風で洗濯機が飛んで行ってしまう気候の中で、

ご家族が暮らされているそうです。

ご子息さんのブログが⇒ http://aogashimaauralife.seesaa.net/

です。

Photo_2  島の写真です。カルデラが2つあるとても地形としては特殊な

形状だそうです。なかなか写真では見にくいかもしれませんが、

この島は岩です。海からいきなり数十メートルの崖です。だから浜もなく海上輸

送もなかなか困難なのだそうです。また青ヶ島から最も近い島が八丈島なのだ

そうですが、近くて遠い・・・黒潮の海流がキツクなかなかにこの航路が大変なの

だそうです。大揺れに揺れたり欠航なんてこともしょっちゅうなのだそうです。

いきなりのドン深ですから、釣りにはもってこい。大物もたくさん釣れるのだそう

です。

 それに焼酎。お塩が名産です。

 一生のうちに一度は行ってみたいところです。

 上記のブログ、とても素敵な景色がいっぱいです。ぜひのぞいて見て下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムッシュ

 文庫本を購入しました。『ムッシュ』・・・かまやつひろしさんが書かれた本です。

 ムッシュ氏は前々回の拓郎さんのコンサートでゲスト出演しましたから見覚えが

あります。これまでの音楽人生の事を綴っているそうですがまだ読んでいませんの

で内容は書けません。

 ならば、なんで書いたのと思うでしょ。ハハハ。なんとなんと私のオカンに似て

Photo おりました。仕草まで似ていると言うか。こんな事しそうなオカン

←なのです。ついこの間まで、脳は別として立花隆さんに似ている

と思っていたのですが・・・。人間も年を取って来ると、男女の壁も

なくなり、同じ顔になってくるのでしょうかね・・・。

 実家に帰った時に、髪の毛が紫になっていた時依頼の衝撃をこの本のジャケット

で覚えてしまいましたので・・・、皆さまにもお裾わけです。ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルビコンとHさん

  昨日テレビ東京のルビコンを見ておりました。マグロの養殖技術のお話しです。

近大で完全養殖に成功したいきさつの紹介でしたが、実に30年を超す年月を要し

何代もの人が支えてきた技術だった事に感銘を受けました。

 おりしも昨日はHさんとの面談がありましたから、更に感銘を覚えたのかも知れ

ません。Hさんとの面談の時に感じた心地よさがルビコンの画面からも伝わりまし

た。さてそこで考えました。この心地よさの源は何かなと。

 まず双方に共通するものを考えます。『情熱』・・・マグロの養殖に30年以上、代

を繋いでの研究に『情熱』がない訳がないですね。一方のHさん・・・組織を大きく

しながらオーナー社長の想いを実現すべく、何千人もの人を束ねて目標達成に

向けて努力しておられる。この原動力に『情熱』を感じます。それからそれぞれ

『自身』の為でない『利他』の精神がある。双方ともご自身の事を顧みず、『情熱』

のままに突き進む姿があります。更には『リーダーシップ』があります。皆の幸せ

の実現の為にトップが『熟考』『決断』をする。その根幹が利他であり、情熱なの

です。これはかっこいいですよね。憧れます。今では数少なくなったそういう人達

と一緒の時を過ごす事で大いにその気概を吸収したいと感じます。ルビコンを見て

も『マグロ』の養殖をしたいと感じて欲しいのでなく、その道を極める楽しさを描いて

いるのでしょうからね。道を極める為には上記の資質が全てではないかも知れませ

んが、複数項目なければ出来ないと思います。しかもおそらくはそこに『運』や『縁』

と言う不確定要素が作用する。実際にはゴマンと言う研究者たちが居て、ゴールに

たどりつく人は数名です。そこにたどり着く為の『資質』が上記のモノなのでしょう。

 さてさて私も小さいながら大海原に漕ぎ出した身であります。幸いいろんな『ご縁』

に助けられ、目指すべき方向を見つけられた様に感じます。これから『ご縁』を活かし

ながら、より多くの『足跡』を残して行きたいと思います。それにはまだまだ経験が不足

しておりますし、更なる精進を積まなければならないとは思っています。その中で常に

『情熱』を持って、また『やりがい』を持って仕事をして行きたい。(自己の利益がやりがい

ではなく、関わった皆さまの利益の追求。三方よしの精神です。)ひとつひとつはそんな

に難しい事ではないのかも知れませんが、常に上昇思考のポジティブシンキングで

楽しく仕事がしていたいと思います。

 今回もまとまりのない記述になってしまいましたが、昨日のHさんとの面談の中で

のHさんとの会話の中で感銘を受けた言葉を紹介して結びといたします。

 『安売り競争の先にあるものは疲弊だ。そうではなくそこからいかにして違う次元に

昇華させるのか。これを組織で考えなければならない。』

 『幸い当社には商品を売る為に投下してきたコストから出来た文化がある。それを

活用してこの難局に挑みたい』

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刺激・刺激のH2O会

  今日はHさん、Oさんとの打ち合わせに出かけました。Hさんの会社はスタッフ

が数千人いらっしゃいます。店舗関連のお話から人材育成まで興味津津です。

 ご苦労も多いのだと思いますが『管理面』でのご努力は皆さまにここで披露した

い程のお話しでした。事務所に帰ってきてバババッと記憶にある限り書き出して

私もOさんの歩みの後ろを歩かなきゃです。(残念ながらウチは2名のスタッフで

すが・・・志は大きく持たなきゃ会社も縮んでしまうというモノ) 戦略要員には

それ相応の志を持ってもらわねばですし、あれだけの顧客数を捌こうと思うと

大変なご苦労があろうと思います。人を束ねるのは大変ですが、賃金を含めた

処遇面が縦軸であれば、横軸で『やりがい』・『モチベーション』が必要なのでし

ょうね。ただ横軸面は人の数と同じだけのモノがあります。『学校ではない』とは

いえ、その組織化がご苦労の種なのでしょう。戦術論も興味深かったですが、

ここでは割愛します。

 昨日はチームH2Oの初会合でしたが、経営者としてHさんから熱いエールを

送られたのだと思います。リバースターでこのエールに応えられなきゃ恥ずかしい

です。スター君は早速にいろいろ行動を起こしておりますが、私もしっかり汗をかき

たいと思います。このチームは私に大いなる刺激と経験・経営者としての器を

大きくしてくれるチームだなと解釈しています。

 末永くいいご縁であり続けたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 今日はをご辞退してしまってとても残念でした。Hさんと一緒に居ると楽しいん

ですが、今日はこの会を開くことに意義を見出しておりましたので、後ろ髪惹かれ

る思いで事務所に帰ってきてしまいました。ウチのスタッフからあれ、今日はご一緒

しなかったんですか・・・したかったんだけどネ~。と言いながらこのブログを書いて

おります。またH2O会をお願いいたします。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散髪

  散髪屋さんが好きです。残念ながら我が母親は私をキムタクとか福山さんみたいな

男前に産まなかったので、あの散髪屋の鏡を凝視しながら、そこをこう切ってなどと言う

大胆な発言をしないで済む事になった。ただあの母親では逆立ちして産んでもキムタクは

産まれないだろうと思うし、メンデルが正しいと思う位、キャノンかリコーかと言う位に

精巧にコピーされた顔に41歳にもなるとなって来た。男も40歳になったら自分の顔に

責任持てってこれオカンやんけと思ってしまいます。我が母親の女系3姉妹は見事

に『姉妹ッ』と言う顔をしていますが、我がいとこを何人か集めてもフルハウスか4カー

ド位の実力派です。配偶者がいるはずですが、母方の血が濃すぎるのか、コピーが上手

すぎるのか・・・困ったもんです。

 あれ、散髪屋さんの話なのになんで遺伝のお話しをしているのでしょうか。

 散髪屋さんは気持ちがいいですね。頭をいじって貰うのってなんであんなに気持ちいい

んでしょうか。私が行っているお店は2つの特徴があり、1つ目はカルテがあるのです。

だいたい男は『前と同じで・・・』と言うでしょ。だから記録してくれているのです。揉み上げ

の形とか前髪は・・・など。これいいでしょ。それとマッサージが異常に長いんです。舌みた

いな形の椅子でベロの部分がビブラートするんです。これが気持ちいい上に、頭はもと

より手と肩までマッサージしてくれます。これが気持ちいいんです。だから散髪屋さん

に行くと私は寡黙になります。ほとんど話さない。別人になってしまいます。普段の私を

知る人が散髪屋さんでの行動を見たらビックリされるのではないでしょうか。話さない

と死んでしまうが如くにお話しをする普段の私とは全くの別人。これでいかがですか・・・

と鏡を開けて見せてくれますが、ほとんど見ずに、ハイ。イイデスヨ。と言ってしまう気の

弱さがありますからね。

 散髪屋さんで嫌いなのは①洗髪、②顔剃りです。洗髪は苦痛です。前かがみがキツイ

からと美容室に一度だけ行ったのですが、サイズが合わないから全体重が首一点にか

かり三途の川の護岸が見えた事があります。顔剃りはもっと苦役です。あれ、こしょばい

でしょ。ククッと笑ってしまうのです。ジッとしてられません。社会人1年目の散髪屋さん

で思わず動いてザックリ切られ、血がドクドク流れている気配がして、ウワッと言う

オヤジの声と、メンタムの匂いがして一向に椅子を元に戻されない私がおりました。

 白のタオルが真っ赤に染まっているのを見た時に、足がガクガクしてフヒャふひやと

笑ってしまった事があります。剃刀を顔にあてられるのは今も嫌いですね。

 まぁ、年の瀬で散髪屋さんも混んでいて、来年もヨロシクと言う挨拶を耳にしますと

もう今年も終わりか~とセンチな気分になってしまいます。

 と言うような今日この頃でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオ

 吉田拓郎さんとアルフィーの坂崎さんとでMCをするオールナイトニッポンゴールドと

言う番組があると言うことを知らされましたので、遂にラジオを購入いたしました。

単1×3本と言うなかなかなラジオです。(ラジオ本体と電池代がどっこいどっこいでした。)

デフレかな・・・と思いながら、さてラジオです。午後10時を待ってスイッチオンするも

拓郎さんや坂崎さんの声が入らない。とても大きな周波数帯を独占しているとてもクリア

な音が入る局があり、このはるか向こうで拓郎さんの声が聞こえました。んんん。拓郎さん

遠いやんけ~。聞こえへん~。ラジオを持って徳川埋蔵金を探すダウジングよろしく、

アンテナを伸ばして、家の中をウロウロ。どうもRC造と言う建物の構造が良くないようで

す。関係あるかどうか分かりませんが、窓の側でも電波が入るかどうかトライします。

と、これが最もいい感度です。だけど寒い・・・。そして拓郎さんと坂崎さんの後ろで

相変わらず強電波でくだらない事をしゃべっているタレントの声が聞こえる。これが実に

くだらないので、腹立って、腹立って・・・。ラジオは1時間30分で辞めました。

 その内45分くらいはダウジングタイム。残りはヒアリングタイムでしたけれど、案外

単1×3本が重いのです。だんだん手がプルプルして来ました。

 なんでもニッポン放送は千葉から電波を飛ばすので埼玉県では電波が拾いにくい

のだそうな。災害の際にはニッポン放送じゃなく、あのアホな放送をしている局の電波

で助かろう・・・と思った今日この頃でした。

 とりあえず拓郎さんは元気でしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モラトリアム法案

 中小零細企業が困っているからモラトリアム法案で救済するんだ。これが亀井大臣

の当初の発言でした。だけどニュースでは大田区の中小企業の社長が『石にかじり

ついてでも返済猶予は言えない。言わない。』と悲しそうに発言しておりました。これは

リスケジュール(返済猶予)がF分類に仕分けされ、結果新たな借入ができなくなる事を

社長さん方は知っている事を意味します。モラルハザードは死刑宣告の壁に阻まれ生

じないのです。

 ただ個人は違います。個人には新たな借入がほとんどない訳ですから新規貸出に

拘る必要がない訳で・・・。銀行に相談に行きやすいですよね。ところが・・・返済が滞

るとただでさえ融資係の敷居が高い上に、更に行きにくくなってしまう方がどうも多い

ようです。銀行も預金者からお金を預かって運用している立場がありますから、誠実

な対応を求めています。お金が返せなくなったらまずはこういう理由で返せなくなった。

どういう方法で今後返済をして行くかと言う協議を銀行にしに行くのが、借りた側の誠

実さ、信義則だと思います。これができていない方には、同情の余地がないですよね。

貸した側の身になってご覧なさい、と思います。ただしっかりと相談をして、返済履行

の努力をしている方は気の毒です。ここには大きな違いがありますから、きちんとした

線引きがなされるべきでありましょう。相談に行き、返済努力をする人は守られる余

地が増えた事はいい事だと思いますよ。そもそも銀行も前回の金融危機の際には

税金で助けて貰った訳ですし、この不況も国策レベルでの経済運営のミスと言う側面

もあると思います。官僚さん達が失敗した責任も取らずに更に天下り先を作ることに

一生懸命になっている姿はどうみてもダメですよね。彼らの仕事に納得していない訳

ですからね。高給を取ること自体が許し難いです。信賞必罰で責任者はやってもらい

たいのですが首相でさえお金の件で揉めている・・・。悲しい事ですよね。

 大上段でお話しをするのはこれくらいでやめにして、個の話しをいたしましょう。

 ご自身の財産はご自身で守る努力をしなければならない。その為には『情報』と

『知識』を持って、『誠実』に行動をしましょう。『何もしない』は実は貸した側に対して

信義則違反をしている事に他ならず、大変な罪を犯しています。これでは競売にな

ったとて文句は言えませんよ。財産を・・・家庭・家族を守る努力は家長の責任です

。時代の責任にしても何も決着しませんから、ご自身でできる事を粛々とされる

べきですよ。ローンアドバイザーなる職業の方々もいる事ですしね。じっと嵐の去る

のを待とう・・・じゃ駄目ですよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不動産投資は個(パーソナル)です。だから・・・

 不動産投資は良くも悪くも個(パーソナル)です。社会人経験のある方は、多かれ

少なかれ組織の煩わしさを感じた事があると思います。不動産投資にはその煩わ

しさはありません。一方で組織の中では感じられないかも知れませんが、経営者達

は『孤独』であると言われます。国内には何万と言う企業がありますが、ピラミッド型

の組織図を持つ会社はたくさんありますが、実態が伴っていない事が大半であり実際

は文ちん型企業がほとんどだと言われます。文ちん型とは社長だけが真ん中でポツン

と出っ張っていて残りの従業員は経営参画に関しては一切関与せず横並びである企

業の事を指します。社長だけが出っ張った存在なので必然的に『孤独』になります。

 組織があろうがなかろうがトップには『孤独』が付きまといます。それだけ責任が大き

いと言えましょう。

 さて不動産投資です。不動産投資はそれぞれの専門家にアウトソーシグをしながら

経営が出来ると言う意味では見事なほど分業が成立する分野です。うまくアウトソーシ

ングをする先を見つける事が出来れば、60パーセント位は成功が約束されている様に

感じます。(これは私の主観です。) 残り40%は外部要因(経済環境その他)ですが、そ

こ+アウトソーシング先の管理をご自身でやられるのはなかなかにご苦労だと思いま

す。これが苦役に感じられるかも知れません。ご自身の本業も同じだと思いますが、

苦労するのも仕事であれば、楽しんでするのも仕事です。それならば『楽しんでやった

方がいい。』と思います。さてそれには・・・仲間を持つ事です。リフォームや清掃、電気

工事・・・その都度いろいろな事態に対処する必要に遭遇します。案外これがやっかい

であり、金額の妥当性からはじまって信用力、施工後のチェック等、本業を持っている

人にはなかなかのご苦労です。そう。ここで仲間の登場です。同じ仲間で既に同様の事

を経験している人から紹介して貰えればその負担はグンと減ります。しかも『仲間』です

から『組織』の様な強制的な人組ではなく、個(パーソナル)なので自由に気の合う仲間

を集えばいい。これって楽しいでしょう。『仲間』でご苦労話もビールの泡と一緒に

吹き飛ばしてもいいし、傷は慰め合う事もあっていい。自由です。しかも『経営』が疑似

体験できますから、そういう意味では個ではなくなります。個が束になれば、それぞれ

の個は折れにくくなるのです。個が束になるのを不動産業者は嫌がるかも知れません

が、(個の方が与し易いから)それは不動産業者が勝手に思うだけであって、不動産投

資家さん同志で徒党を組んだ方が経営もしやすくなるし、経営そのものも楽しくなると

思います。眉間にしわを寄せて難しい顔をしながら経営するより、アハアハ笑って

不動産経営をした方がいいですよ。そうするとよりよい考えだとか、仲間とかが自然と

集まるのでは・・・と思います。本業だけでも大変なのに、更に不動産投資(経営)で苦労

を背負うなんて嫌ですと言う方が案外多いです。それもある面では事実だと思います。

だけども不動産投資は苦労を背負う事もある半面、面白さ、楽しさも与えてくれるもの

だと思いますし、それが本業の方に良い影響を与えている方々も大勢いらっしゃいます。

苦労<楽しさ・・・になれば、それに付随して収入アップまで測れるならば、不動産投資

をしてもいいかな・・・と思われるのではないでしょうか。そしたら・・・『楽しさ』を見出す

方法は⇒いい仲間を見つける事が最短ルートだと思うのです。ネット上でもいろいろ

なサークルがありますからそれを活用するのもいいと思います。楽しく『経営』をする

努力をした方が、眉間にシワを寄せながら難しい判断をご自身でなさる努力よりも

楽しいと思いませんか。 をいただきながら、楽しく会話をして不況

の大波を乗り切りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腱鞘炎(けんしょうえん)

  41歳の秋だから・・・なのかどうか知りませんが、日曜大工でドライバーをちょこちょこ

っと使ったら・・・もういけません。腱鞘炎です。手首がちょこっと回ったらギーギーと鳴り

ます。クレ526をシューとしたくなる程にあきません。油を注さない自転車みたいな感じに

なります。透明なグルコサミンかな、あのCMを見たら購入意欲が湧いてくるなんて、オヤ

ジを通り越してジジイみたいな状況になってしまっています。ダメですと思っていたら、

F司法書士君から朗報がありました。それならアリナミンとかエスファイトとか、眼・肩・腰

に効くってヤツを飲めば治るよ、との事。え~っあれで手首に油が注せるの・・・。一時

しのぎの痛みをマヒさせるヤツなのかな~と聞くと、中から傷んだ神経細胞を修復する

と、司法書士から漢方医に転職した見たいな事を言います。まあ騙されたと思って飲む

となんとなんと眼・肩・腰には変化はありませんが、錠剤3錠が全部手首に効いたかの

如くにスムーズに動きます。トントントンと階段を登ってくるっと振り返り、ホラこの通り・・・

とCMが出来そうな位の効果です。元気薬は疲れた時しか飲んだらダメと思っていたの

で、購入以降あまり使っていませんでしたが、これなら時々利用しようと思った今日この

頃でございます。

 追伸

 私より3歳下のF君が、こんな効能を知っているってどういう事・・・と思ったりもしていま

す。皆ジジイになっていくんだネ。と言う事なのかな。F君は朽ちてきているからなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通訳

 ここ数日間で不動産投資をされている方々と、そしてメガ・地銀・信金の行員さん達

とお会いする機会がありました。投資家さんチームは借りたいんですよね・・・とお話し

されています。一方の銀行員さんチームは借りてもらいたいんですよね・・・とお話しし

に来店されます。ですよね・・・と私が申し上げて、双方の手と手をガッチリ握手して

いただく事ができるはずなのですが、なかなかにこれが難しい。

 さてそれはなぜなのでしょうか。私は元都市銀行で渉外課長をしておりましたので、

銀行の思考回路も分かりますし、不動産分野にも6年おりますから投資家さんチーム

の考えも理解できます。貸したい・借りたいは同方向のベクトルなのに、投資家さん

チームからは『敵対勢力』みたいな扱いをうける『銀行員さんチーム』を気の毒にも

思います。銀行員さんチームは悪くない・・・と言うとちょっと違います。雲行きが

怪しくなってきますね。説明・表現の仕方が上手じゃないのです。先の金融不安・

公的資金投入後、金融庁は銀行経営に大きな影を落としています。何か銀行が発言

しようにもダメですと影に日向に発言し、銀行員さん達は十字架を背負わされて

仕事をしています。銀行員さん達は総じて器用で理解力がいい。だから金融庁言語

の日本語でお話しをするのが上手になってしまいました。そこに誤解を産む原因が

あります。だろ~、だから銀行はダメなんだよと言う投資家さん達もちょっと違いま

す。投資家さん達は個である事が多い。個は悪い事ではありませんが、相対的なご

自信の経営についての理解や、それを表現するのに慣れておられない方が多く、それ

故に理解されないケースが散見されます。ここで理解されない場合、すぐそれを『抵抗

勢力』として、ご自身の努力を辞めてしまう場合が多いのです。これはこれで問題です。

こう理解しますと、弊社の仕事は双方の『通訳』と言えるのかも知れません。本来は

投資本(殊に金融対策に重きをおいた本)はこの通訳を念頭に書かれなければならない

のでしょうが・・・恨みつらみや偶然の産物をオーバーに書いたりしているものがたくさん

ありますね・・・。困ったもんです。

 アパート経営は、①取得まで、②不動産経営、③出口戦略が大きく分類するとあると

思います。(この他承継などもありますが) ここでは①にスポットを当てましたが、②、③

についても当社はお役に立たねばならないと考えております。その全てにおいてオンリー

ワンにならなければ会社を設立した意味がないですからね。

 ②についてはこれまで色々とここでも書いて来ておりますので、本稿では省略しますが

また日を改めて書いてみたいと思います。本日はこの辺で・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スター君讃歌

 法人設立からこれまで順風満帆な経営が出来ている事について伊勢神宮にお礼参り

に行ったのは先日ご報告した通りですが、昨日吉報がまた1つ届きました。

 スター君の宅建試験合格通知です。私が仕事に関して厳しい事を言う合間に、影に

日向に勉強についても社長命令でさせて来た訳ですが、もちろん本人の努力なくして

は合格しませんので、まずは1つスター君もハードルを越えたのかなと感無量でござい

ます。資格の有無もさることながら、いろんなご縁にも恵まれて大きな仕事に携わる形

が出来つつあることは喜ばしい限りです。ご縁がご縁を呼んできていただけるおかげで

スター君も随分たくましくなりました。

 本日はリバースターを代表して売上数百億円の企業様との同行に都内に出かけて

おります。ひとえにこれもお客様からのご厚情に尽きると感謝の念でいっぱいです。

 ただご厚情におんぶにだっこでは格好が悪い、粋ではないと思います。ご厚情に

報いてこそよりご縁が活きる。パイプが太くなる。設立当初掲げました豆の木が幸い

にしてあちらこちらで、それこそ当初私が意図していなかった所でしっかりと根を張り

芽が出てツルがどんどんと伸びている様に感じます。大きな大きな豆の木がトトロの

森の如くになると言う夢が少しずつ形になりかけて来たのかなと思っております。

 スター君がハードルを越えたのはとても社長として嬉しい事です。これから越えて

行って貰いたい山がたくさんありますし、どうせなら埼玉一位の山にはトライしたい

と思っています。スター君が持っている力(潜在的かな)は大きいですし、私にな

いモノをたくさん持っていますからそれを活かして頑張ってほしい。デザイン力など

はなかなかに優秀だと思います。好きな事をどんどん伸ばせばいいんだから、自信

をもって大いに自分に投資をして行って下さい。若い頃の自己への投資は何倍にも

なって帰ってくるからね。

 やりたい事は全部やらせてやるし、大きな舞台で仕事ができる様に私も頑張るか

ら、トトロの森の様な豆の木の森で活躍してほしい。まずはおめでとう

| | コメント (1) | トラックバック (0)

固い話

 ここしばらく真面目なお話しが続いていましたので、ちょっと砕けたお話しを・・・。

 最近、多忙で食生活のリズムが乱れがちです。そうなりますと普段朝にあります

お通じがなかったりします。ないのかな・・・と思って事務所までのウォーキングをし

ておりますと、急激に差し込んで来たりします。なかなかに始末が悪いんです。

 ところが一昨日、完全休養日にしたおかげで昨日はお通じがありませんでした。

まあこれはこれで出たくないモノは仕方がない・・・自由放任主義でおりました所、

なんと夜に飲みなれないコーヒーを飲んだところが、そこからしばらくして格闘に。

なかなかに手ごわい。お笑いコンビのザブングル加藤君よろしく『カッチカチやで』

と自己主張。痛い・イタイザブングルフザケルナ。格闘の末、まずは鹿か兎

系のお出ましで、あとはご想像にお任せ・・・(ご想像しないで下さい)。往生しまっ

せ。ここ数日のブログは不動産投資や経営全般と言ったどちらかと言うと固いテー

マが多かったので、どちらかと言うと柔らかめのお話しで・・・。ん。タイトルは固い

話となっている・・・。それはお通じの事でございます。

追伸

 一行目に砕けた話し・・・とありますが、私の門も砕けた話しで・・・これはちょっと

やりすぎでしたか~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無題・・・徒然なるままに

  今日は寒い雨の朝でしたね。なかなか布団から出られずに往生しました。

 昨日も銀行の方や、F司法書士とそれぞれお話しをする機会がありましたが、総じて

①経済環境がより悪化の傾向をたどり、それぞれの分野でのパイが減少傾向にある。

②その中で分捕り合戦をやっている所と、お商売を廃業してしまう所などが散見される。

③司法書士や不動産業などの『報酬ビジネス』において『報酬』をどの様に考えるかが

 この経済環境を乗り切る鍵ではないか。

④顧客に付加価値を認めてもらう方法を考える。

⑤従業員のモチベーションの維持・向上を図らなければならず、その方法について。

等々をお話しいたしました。①は環境分析でこれを否定する人は少ないでしょう。②

についてはその内分捕り合いでは収集が付かなくなる事態が起こるだろう、その時

に本業を大切にしていない所は潰れるだろう。本業を大切にすると口で言うのは簡単

だけれど、信用・信頼をお金に換えている様な会社もたくさんあり、そこはまず持たない

だろうと言うお話しでした。これも納得です。③と④は密接に関連しています。報酬とは

サービスに対する対価ですから、当然きちっとしたサービスの提供を心掛けなければ

なりません。これは出来て当たり前(なのだけれどここを蔑にしている会社も多くありま

す。)で、それ以上に、顧客に満足度を与えるサービスを提供する事を心掛けなけれ

ばなりません。これは色んなシチュエーションで違ってくると思いますが、感度良く仕事

をする事と常識を厳守する事は最低限やらねばならない事でしょう。プラスアルファを

考えながら行動する・・・なかなか難しい事ですが、ここでのしのぎのけずり方で、真の

競争をする・・・と言うのは楽しい事でもあります。⑤は勉強する機会が減少する可能

性があり、その中で顧客に対する感度をいかにレベルアップするか、洞察力を磨いて

行くかと言う事です。『痒いところに手が届く』には何をすべきなのか・・・従業員全員が

この気持ちを持って仕事をするのはなかなか容易ではありません。『マナー』が出来て

いない所などは論外です。

 この他いろいろ論ずる点はあると思いますが、経済環境が悪化の一途をたどるなか

で、まずは環境分析とそれに対する対策をいかに練るのか。これが経営者に求められ

る課題だと思います。ただ従業員に『やれ』と言うだけの無能な経営者は⑤が維持

されなくなり、やはり淘汰の対象になるでしょう。ここはじっくりと腰を据えて、世の中の

ニーズを探りながら真面目にお客様の為の仕事をする事を心掛ける事なのだと思い

ます。ご自身の足元を見つめ、より高い付加価値を産み出す努力を各人がしなけれ

ばならなくなった、これってとてもいい時代が来る事なのではありませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

投資家さん達とのお話し②

 お客さま方との出会い・ご縁から、当初リバースターが思い描いておりました経営の

方向性とは大きく変更がありましたが、『第1回 不動産投資タウンミーティング イン

リバースター』をさせていただいてから『思い』が『確信』に変わりました。今のリバー

スターは言うなれば『幼虫』か『さなぎ』の様な状態です。この方向性の延長線上で、

更にやって行かなければならない事が山の様にあると思っています。

 まずは『投資家さん達』とお話しさせていただいて感じた事ですが、こちらも更にお

客様本位でお仕事をして行かなければならないと言う経営スタンスの再確認です。

 リフォームの方法について、①投資家さんのコスト意識と②入居者さんの満足感

の利害関係の調整(ここには努力の余地があると思いますし、満室大家さんへの

最短ルートが隠れている様に思っています。)をしっかりと双方の眼に見える形でや

らなければと言う信念が出来ました。

 購入・ローンについても最新情報をしっかりと入手しつつ、いろんな方とのご縁を

活かしていければ、どこにも負けない『オンリー1』の不動産投資家向けの不動産

会社ができるなと思っています。(コンサルではなく、『不動産屋』に拘りたいのです。

これもお客様志向の裏返しだと自負しています。)

 投資家さん達との出会いは大いに刺激を受けますし、とても楽しい時間です。

この出会いに私が今まで出会って参りました『ご縁』を活用させていただければ、そ

れぞれに相乗効果が期待できるだろうと思っております。これは私の仕事が無限大

に広がりを持って拡大していける事だと思っておりますし、当方は『win-win』の軸は

何があっても変更するつもりはありませんから、お喜びの輪がどんどん大きくなって

行く事に他ならないと思います。

 管理部門は目下トライアルですが、しっかりと方向性を導き出して行きたいと思って

おります。

 兼業大家さんの為の『専業不動産会社』として、初心を忘れず、皆さまに導いていた

だきながらぜひとも埼玉発の『win-win』の輪を拡大させて行きたいと思っております。

これってとても楽しい事です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

投資家さんとのお話し

 昨日ご面談された方は複数の物件をお持ちになり、かつ管理もご自身でやられて

いる方です。きっちりとデーターをお持ちで入居率アップの為のご努力をされており

さすがだなと感じました。ご自身のアピール、資産背景と債務のバランス等に関して

もきっちり把握されており、かつアウトプットもお上手です。5行からの融資を受けてい

るとの事でしたので、そういう経験もしっかりご自身の糧となっている様に感じました。

 皆さまがこういう風に交渉できる様な『素地』を作る事も私の仕事だなと改めて感じ

た次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »