« 新年会 | トップページ | 金融政策 »

Hさんのブログに対応して・・・期限の利益

 ローンの契約を結んだ場合、毎月○○円を支払って下さい・・・と言う返済予定表が

きます。銀行は借り手に対して、返済期限の到来した○○円だけしか返済を求める事

が出来ません。これを期限の利益といいます。ローン契約によって銀行が返済に関す

る期限の利益を借り手に与えたと考えられます。これはローン契約書又は銀行取引

約定書によって定められています。

 それは『期限の利益の喪失』に該当する事項として掲載されているのかな。こんな事

をしたら借り手に与えた期限の利益を剥奪して、全額返済を求めますよ・・・と言う記載

になっています。上記の『こんな事をしたら』⇒紳士的なお付合いをしなければ・・・と言う

意味合いになっている事が多いですね。破産だとか銀行取引停止処分などもそうです

が、分かり易く言うと『紳士的』が最も適切かと思います。毎月○○円の返済で資金繰り

をしていたものが、さぁ1億円返しなさい・・・と迫られては通常は事業の継続は困難に

なってしまいます。紳士的に銀行とお付き合いしなければダメなのです。

 何度かここにも記載していますが、事業の不振によって返済が厳しくなった時には、

黙って返済を滞らせてはダメで、きちんと資料を持って説明に行く。そのうえでどうやって

返済をしていこうかと協議をする事が大切です。そうすればリスケジュール(リスケ)に

応じてくれることもあります。(毎月の返済をしばらく猶予してもらう事=リスケ)ただ日航

みたいに債権放棄にはならずに、予定していたものは時期が遅れてもしっかり返しなさ

いと言う事になります。またそれが『信用』なのです。

 期限の利益の喪失・・・についてはご自身のローン契約書や銀行取引約定書にかなら

ず記載がありますので、一度ご覧になった方がいい項目だと思います。

|

« 新年会 | トップページ | 金融政策 »

不動産投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Hさんのブログに対応して・・・期限の利益:

« 新年会 | トップページ | 金融政策 »