« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

ドラマ 歓喜の歌

 立川志の輔さんの落語が映画になった・・・と言う『歓喜の歌』ですが、2008年に

テレ朝のドラマになったものがCSのテレ朝チャンネルで再放送されてました。私は

てっきり映画版だと思ってみたのですが、大泉洋主演でネ。映画版は小林薫さんで

映画の方が落語に近い仕立てになっているみたいです。私が見たのはドラマ版です

が、俳優陣は大泉洋さん・田中裕子さん・あき竹城さん・大滝秀治さん等々が出てい

ます。『水曜どうでしょう』のスタッフが作ったって言う触れ込みです。

 このドラマ。70分ですがもう面白くて面白くて、泣けて泣けて、面白くてネ。

 落語とは仕立てが随分違いましたが、だからこそ面白くて。ユーチューブには出て

いないのが残念ですが、中国のヤツに出ていました。(笑) 笑いのツボが同じなのか

な。涙のツボも同じかな。とても嬉しい事です。ハイ。

 大泉洋さんがいい味を出し、大滝秀治さんと田中裕子さんも最高でした。

 これなら映画も見ようかな~。歓喜の歌三昧だな~。それもなかなかいいな~と思う

ぐらいにいいドラマでした。これも落語がいいからでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フットマッサージャー

 先日の街歩き以降、脚のケアが気にかかり健康ランド武蔵野のコインマッサージ(脚版)

を利用したりして工夫をして来ました。足つぼの棒を買ったりしましたが足が楽にならずに

手と腰が痛くなったりしまして・・・。

 足のケアにはやはりマシンかなと・・・フットマッサージャーを買ってしまいました。機械

ですから私は足が大きいのに通常サイズの肩と同じペースでウギギギと締め付けます。

機械がゴゴゴといいながらローラーが廻りようやくゴロンと回転。そしてすぐにゴゴゴ・・・。

この繰り返しで15分。私も足が痛いので時折場所を変えながら・・・。エアで締め付ける

タイプの方が気持ちはいいんです。痛くないからネ。だけど値段もはります。いろいろ

迷った挙句というか大半はサイズが合わなかったのでNGになってしまい(ブーツタイプ

は全滅でした。)、平置き君を購入したのですがいいですね。フットマッサージは皆さん

やった方がいいですヨ。殊に40歳以降のオジサン・オバサンは。何がいいって私はメタ

ボなので今までは寒さ知らずでしたが、最近は足先が冷たくなって来ましてね。血流が

悪くなって来てるんでしょう。これをフットマッサージャーは文句も言わずにゴロゴロゴゴ

ゴと揉みほぐすので足の血行が良くなるんでしょう。足の冷えと言うものがなくなります。

それと連動するのかどうか知りませんが、夜、寝ている時にお手洗いに行く回数も減り

ますね。これは思っていなかった効果でした。寝覚めが良くなるんですよね。足は第二

の心臓と言いますが、これもケアの効果なんでしょうネ。10万円近いモノもありますが、

足は金額はどうでもいいみたいです。モミモミされたらどんなモノでもOKの様な気が

しますよ。だったら安くて痛気持ちいいタイプがいいんじゃないですか。1万円~2万円

位のモノで充分今のところ効果が出ています。その内エアタイプじゃないと効果がなくな

る・・・なんて事になると困りますが。マッサージにも最近は多忙で行けないですから、

仕事しながらゴゴゴゴロゴロでいい感じの日々ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マロニーちゃん

001 先日の『ケンミンショー』でやってた大阪人の鍋に入れるモノと言えば

・・・。マロニーちゃん。郷に入っては郷に従えとばかり糸こんにゃくじゃ

なくてシラタキを鍋に入れていましたが、なんか違うな~と思い続けて

関東暮らしをしておりましたが。そうか。マロニーちゃんなんだよね。鍋にはいろいろ

種類があれども、主役はマロニーちゃんだったんだ。牛や豚肉、豆乳鍋にコラーゲン

やチゲ・・・スープを変えたり、野菜を変えたり、豆腐⇒厚揚げにしてみたり・・・、いろいろ

変えたけどどうもピンと来なかったんです。何かが違うと思いながら自炊をはじめて7年

間。牛スジのとろとろ煮~おでんに走ったり、紆余曲折がありましたが、たぶんこれで

落ち着くでしょう。結果はマロニーちゃん。鍋の主役はマロニーちゃんて『秘密の大阪』

で大阪人が言っていました。東浦和のスーパーにもちゃんと売っていました。しかも

通常版と太麺タイプまで。マロニーちゃんとの出会いに感謝して、昨日は神棚にマロニ

ーちゃんを祀らせていただいて今日は私の胃袋に入っていただこうと思っています。

 独り鍋ですから寂しさが募りますがまぁそれはそれ、7年間のモヤモヤがカラッと晴れ

ますかどうですか。こんな時は豚バラですね。お肉は豚バラで行きたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外食苦戦の決算状況

 外食について本日は統計記事が出ていました。独身者を除く家庭における外食支出

額が前年対比で下回ったと言う記事です。外食についてはこれだけ不景気と言われ続

けているので当然だと思いますが、その中でもより価格の安い方、しかもただ安いだけ

でなく、安い+価格以上の価値・・・と言う方向に動いているそうです。

 サイゼリアや王将と言った外食チェーンがそれを牽引しているとの事ですからなるほど

なっとくと言うところでしょうか。この2社は価格が安いのでコアなファンがいて稼働率が

落ちていないのでしょう。周りが悪化する中で価格に釣られて他に周っていた顧客まで

取り込んで行くので結果として一部外食だけが前年増の数値を残している。平均値とし

ては前年割れと言う事は、ダブルで客離れが進んでいる外食が多いと言う事なので

しょう。外食2極化論と言うものがありまして、アッパーな顧客、又は年数回しか行けな

い様な外食はあまりこの不況の波は受けていないそうです。年数回の贅沢は自身への

ご褒美と言う事もあるのでしょう、この回数が減っていない。(限界点まで既に減らして

いるのかな) 真ん中の外食が総じてダメで、最安値圏の外食は良好。トリドールの

丸亀製麺なども良好だそうです。最安値圏=ワンコイン(500円)と言うところでしょうか。

私は大阪出身なので王将と言わずも近所に中華料理屋さんと称してラーメンとかチャー

ハンとかワンコインで食べさせる店がポツポツとあってそこから出前を取ったりしました

が、関東で20年近く生活する中で埼玉県内はあまりそういうお店がありませんね。

 王将に行かずともあんなお店が大阪にはほうぼうにあるんですよね。うどん屋さんも

そうできつねうどんなら400円程度で食べられるんですよね。玉子丼や親子丼、他人丼

当たりと組み合わせて食べたりね。『きつね』に対して『たぬき』はこちらで言う『きつね

そば』。こちらの『たぬき』はてんぷらのタネぬき⇒てんかすが乗ったうどん・そばなんで

すよね。親子丼が玉子+かしわ(鶏肉)で親子ならば、他人丼は玉子+牛肉⇒牛玉子と

じ丼となります。あれ、なんで『めしや』のメニューのお話しになったんでしょうかね。・・・

そうそう大阪と言わず名古屋にもありますが、『めしや』と言うのがあるんですよね。

小皿にアジフライとか玉子焼き、すき焼き風なんかもありますね。それを好きなモノを

取って最後にお会計して食べる方式のヤツです。地域名食堂としてチェーン展開して

いる所がありますよね。あんな感じのお店がほうぼうにあってそこでお腹を安く満たせ

るんですよね。それが関東圏にはなかなかない。○○食堂も苦戦している様ですから

こちらの人のごはんに対する感覚が違うのかな~。こちらの方はファミレスみたいな

方がいいのでしょうかね。○○食堂はおかずが冷たいからアカンのかな。食器の返却

は丸亀製麺もいっしょだけど丸亀は受け入れられています。丸亀はおいしいですが、

○○食堂はイマイチですか・・・ね。仕組みじゃないのか・・・。ただ安価に食事を提供

しようとするには仕組みが必要であり、それを丸亀はうまくやった・・・セルフですから

人件費の節約は二重丸でしょ。仕組みに関しては地方には面白い仕組みがまだまだ

あるでしょうからそれを導入して、プラスおいしさ(安くて)が提供できれば、流行る余地

はまだまだあるんでしょうね。むしろ飽きやすいからどこかが押し出されるのかな。

食事は娯楽と結びつく傾向が関東人の方が濃いんだと思います。大阪では王将は

ブームになり得ないです。それは生活と結びついていますから当たり前なのです。

私は個人的に子供の時分から餡を包む職人さんの姿(上手にリズムをとってチャッチャ

と木の箱にしまう姿が面白くてずっと眺めていましたけれど、あんまりそんな人はおりま

せん。関東だから王将が食のテーマパークになって、符号で呼び合う珍しさまでが王将

語で楽しい~となるんでしょうね。

 閑話休題。食における流行を造る事は大変なご苦労が必要だと思います。更には

その予算が小さくなっているのでただおいしいものだけを出せばいいと言うのでないか

ら余計に難しい。おいしいモン+仕組み・仕掛けですね。これがないとダメなんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100均考

 ここ数日で3件100円均一のお店に行きました。ちょっと買いの品物を探しにです。

爆発的に広がった100均も今は頭打ちですね。『えっ、これも100円』と言う感動が

だんだんなくなり、プラスチック品なら100均で揃えたら・・・的なお買い物になります。

こうすると衝動買いはなくなり、プラスアルファ的なお買い物はなくなってしまいます。

1000円均一や3000円均一的なお店もありましたが、今は潰れてしまいました。

 それだけ消費者の眼が肥えて来たと言う事も出来ますね。100均より安く買える品

物があったりしますからね。お客様の品物の価値を見る眼が出来て来たと言えるの

かも知れませんね。

 確かに昨日買って来た金属製品もきちっと水平が取れていませんでしたので、机に

置くとガタガタしちゃいます。うわっ失敗した と思いますが、どうせ100均だから仕方

ないナーとも思ってしまいますよね。ここら辺の商品管理の悪さも『所詮100均』と言う

ところなのでしょう。100均が頭打ちになっている今、これから伸びる流通・小売分野っ

てなんでしょうね。

 お商売の基本は何度も言いますが win-win です。うわっ、損したとお客様が思う

様な事をしたらダメですね。しばらくは持つかもしれませんが、いずれ信用はなくなり

ます。信用がなくなると言う事はマーケットからの退場勧告です。その一方で常に、lose

では今度は商売が立ちいかなくなる。ここいら辺の兼ね合いが商売の肝なのだと思い

ます。ネットによる情報の氾濫が消費者の知識レベルを上げたとよく言われます。だか

ら商売がやり難くなったと。これは今まで顧客を『騙して』いたと言うお話しなんですよね。

きっちり仕事をして『のれん』を守って来られた企業さんにとっては賢くなった消費者と

言うのはより仕事がし易くなった welcom の環境なんだと思います。今まで楽して(顧客

を騙して)経営をして来た企業さんは、経営体質が変えられませんから潰れて行きます。

一度甘い汁を吸った企業・社員さんはどこまで行っても本質は変われません。マルチで

金儲けをした人達は逮捕されてもまた手を変えてマルチをするんです。人の為に汗を

かけなくなるんですよね。拝金主義になっちゃうと言うのでしょうか。

 人の為に汗をかいて『喜んでいただく事を尊ぶ会社』を作るのはまず社員教育が肝要

です。上記マルチはダメな事と言う事を知らしめるのは、最初にそう教えられたら問題

ないものの、一度マルチに染まった社員を再教育するのは大変です。恥ずかしいお話し

ですが、不動産屋さんにしかなれない社員さんが転々とあちこちの不動産屋さんを廻る

ケースがよくありますが、それは上記のマルチに染まっている事を示すいい例なのかも

知れませんね。イオンが葬儀ビジネスに参入して価格の明確化をやって顧客を集めて

いるそうですが、これなどは上記の価格の信ぴょう性を筋を通したビジネスにしたから

こそのお話しでしょう。忌み嫌われるお商売ですからそれを改善しようとする姿勢も評価

されているのかも知れませんが、価格の明確化と言うものもビジネスの主軸になり得る

要素です。

 100均から大きくお話しがズレて来ましたが、自由になんでもかける所がブログのいい

所でもありますので、どんどん違う事を書いちゃえばいいと思っています。『お買い物』

ってストレスの発散にもなり得るし、感動できるモノでもあるんです。100均の『うわ

』と感動、確かに最初の頃にはありましたよね。あれを100円と言う価格で今後も

創り続けて行くのはやはり至難の業です。今はダイソーは感動を広げる事をアジアと

言う枠組みでやられているそうです。ただ感動が続けられなくなった時が企業の寿命

と考えると大変ですね。

 当社も感動を売る会社です。今日も午前中に来客があり楽しくビジネスのお話しが

ありました。スター君のお仕事に対して、これだけ頑張ってくれているのだから、きち

んとお金は取って下さいと言う嬉しいお話しがありました。お帰りになられてから

スター君は『そう言っていただけた事が嬉しい 』と喜んでいました。まさしく win-win

の関係です。スター君は現在、店舗レイアウト~リノベイション~デザインに興味を持っ

て仕事をしていますが、その仕事に対して対価を感じていただけたと言う純粋な喜びな

のでしょう。本件はとてもいい社員教育になります。お客様の発言自体も私自身の喜び

でしたけれど、それを喜ぶスター君の態度も嬉しかったですね。

 もっともっといろんなお客様から嬉しいお話しをいただける様にしっかりと地道に商売

にまい進しなきゃいけないなと感じた今日この頃でございます。

 商売にはしっかりとした『道』があります。この道に沿う『お金儲け』は立派だと感じて

います。金儲けそのものは悪い事ではない。ただ『騙して』金を巻き上げる式な金儲け

をしてはならんのです。『商人道』に徹した経営を着実にして行きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

企業売上30億円説

 期間で言う企業の寿命30年説と同様に、売上30億円の壁と言うものもあります。

 売上30億円の壁と言うのは特に外食産業が該当するのでしょうが、優秀な社長

が丹精込めて指導して『有能な部下』が5・6人作られます。彼らが店長をして、言わ

ば、5~6店舗程度のネットワークが出来、それを社長が束ねると売上で30億円程度

までは作れますよ・・・と言われています。

 ただそれを超えると社長の眼が届かなくなり、外食であれば同一の調理・サービス

が維持出来なくなり、結束が緩んで来ます。そうするとお店の評判は下落し、売上も

下がって信用は落ちます。飲食の場合のブームが来て、やがて人気が衰えて行くの

にはこの30億円の壁が厳然とあり、それを大半が越えられないのだろうと思います。

半年~2年程度で大半はダメになって行きます。

 飲食で言うと今は『王将』ブームだそうですが、王将は過去倒産の危機にあったもの

が今の大東社長になって建て直したものです。現場任せだったオペレーションを再度

統一させたのだそうです。こうなると規模があるだけに強いですね。王将はブームに

終わらず、ずっとこのまま行くよと大東社長が笑いながらテレビのインタビューに答え

ていた姿を見てなるほどそうかもなと思いました。奢れる平氏になるかそれとも天下

統一か・・・『王将』は私も時々行きますので楽しみに見ておきましょう。

 さて、一般論に戻りまして、売上30億円の壁をしっかり把握されておりますと、その

30億円の手前でじっと我慢の子と言うよりも、そこで充分・・・と考えるのも一考だと思

います。社内体制などをこれまでのままでよし、として社長が全体を掌握していられる

大きさなのだからです。それ以上にしようとする場合、信用失墜をさせない為には、まず

組織再編をして、社長の監視体制を実際見れる範囲に限定して、それ以外の部分は

権限委譲をしなければなりません。それにはそれだけの優秀なスタッフが揃っていなけ

ればならず、今までの経営になかったストレスを背負い込む事になります。売上30億円

と言えば相応に自由になるお金と時間も出来るはずですから、その壁の手前で甘んじ

ている事は案外パラダイスなのかも知れませんヨ

 この次は上場の壁ですかね。だんだんと社長から自由がなくなって行きます。

 さて会社は生き物です。会社の頭は社長自身です。社長がどう考えるのか・・・。

難しい判断が続きますね。また前回書きました企業30年説で申しますと、二代目・

三代目が優秀であれば、そこからヒトヤマ、フタヤマ越えると言う事もあり得ます。

中興の祖と言うヤツですね。そう考えますと京都の創業400年以上の企業の凄さ

が分かりますネ。ただし時代の流れはドンドン早くなっています。この時代の波に

乗っている企業の社長サン達は立派だなと思いますネ。

 パチパチ拍手です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

サービス業に迫る荒波・・・西武・有楽町店閉鎖

 西武百貨店の有楽町店が閉店になるそうです。

 後発のダサイ(埼玉県)イメージがあった西武が流行発信基地になったのが1980年代

なのだそうです。企業の寿命は60年サイクル説がありましたが、時代の進歩が速くなり

昨今では30年サイクル説が主流となっていますから、まさにそれを地で行くお話しです。

百貨店の売買高とインターネット上の売買高が肩を並べており6兆円なのだそうです。

 都心の一等地に店を構えて、かつ建物のリニューアル等の経費が莫大な百貨店ビジ

ネス(人件費も当然かかります。)とネットの経費率は雲泥です。これでは戦いにならない

でしょう。そういう意味において『流通部門』での権力争いは①百貨店⇒②スーパー⇒

③コンビニ⇒④ネット・・・と進化しているのでしょうか。既に百貨店のビジネスモデルは

破綻している事をこのブログ上で書いた事がありますが、それが時代の流れなのでし

ょう。

 サービス業に分類される所は付加価値を新たに産出さない産業故に、上記の様な

覇権の進化が起こりえます。同様に『銀行』と言うビジネスモデルも破綻の予兆が見ら

れます。それは個人の金融資産における銀行の位置づけの変遷を見てもそう言える

し、間接金融の在り方についても変遷が見られます。まず個人の金融資産について

は従来銀行預金が大半でしたが、投資信託、株、FX等の運用手段が多様化され、

預金者自身がリスクを取って自身で運用すると言う預金者⇒投資家への進化が見られ

ると言う現象が現れている事です。優秀な投資家さん達は自身の能力で、本業に準ず

る程の収益力を身につけておられます。一方の融資部門でも2000年頃からの貸し渋り

で(金融庁の引き締め)、銀行が本来持っていた融資審査能力が失われつつあります。

それは申込があった案件そのものをもっともらしく『貸さない』と言う回答で(この場合、

『総合的な判断に基づいて』と言う枕詞が付加されます・・・)乗り切ればいいと言う先輩

諸氏の態度を後輩が真似るのです。銀行審査と言うものは1990年代は徒弟制の様に

口伝で引き継がれて来た『技』でした。もちろんそれを補完するために取引先係が現場

を見て、工場を見て、最後は社長・従業員の働きぶりを見て融資が判断されました。

 今は現地を見るのもほどほどに『貸さな言い訳』を考えている行員さんが大半の様な

気がします。どれだけ『相手』を見たのでしょうか。名前こそ『支店長』ですが、それだけ

の眼力・胆力がおありになる方はとても少なくなって来ました。この後の世代が突然変異

の様に産まれ変われば別ですが、やはり産業として『銀行』も衰退の一途を辿る気がして

なりません。ビジネスモデルとして成り立たなくなる時代が来るのではないでしょうか。(た

だ、銀行は本来、普通に営業していたら確実に儲かるいいビジネスなんですけれどネ

官僚に潰された産業と言えるものなのかも知れません。そう意味においては日航と言い

銀行と言い、官僚諸君は経営センスがないですから、彼らが介入すればするほど潰れる

可能性が増大すると言えるのでしょうネ。日本の国そのものを潰しても天下り先だけは

残そうと言う寄生虫ですからね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

となりの町のお嬢さん

 吉田拓郎さんの名曲の1つ『となりの町のお嬢さん』の歌詞です。

 ♪となりの町のお嬢さんに ぼくは心もささげたい

  忘れる事はできないよ 白い胸で眠りたい

  好きになっちまったんだヨ

  いつかは帰ると 知ってるさ 切符を2枚買っちまえばいい

  二人で恋の汽車ポッポ

  となりの町のお嬢さんは 僕を残して行っちゃった

  約束よりも早い汽車で 何も言わずに帰ったヨ

  となりの町の風に乗って そんな噂を耳にした

  お嫁に行ってしまったんだね 娘心と秋の空

  浜辺の町は夏の終わりと すっぱい恋でミカン色に

  知らんふりして暮れて行く

  となりの町のお嬢さんは 今年の夏の忘れ物 ♪

  拓郎さんの歌詞はいいです。

  まさしくこんな気持ちで今日、ひとりの女性を見送らねばなりません・・・。

  新年早々恋が終わります。

  何個壊れればいいんでしょうね。運命の赤い糸が未だ見つからず奮闘努力の

  日々なのです。あなたの周りに赤い糸が切れて落ちていたらご連絡下さい。

  とりあえず手繰ってみようと思います。ドラマや漫画だと赤い糸は10センチか

  20センチ位なのですが、高度経済成長の中で産まれた私の赤い糸は3000キロ

  はありそうです。 マケドモ マケドモ イトハキレテ ツギニ イク 宮沢賢治風

  で書きたくなる程、雨にも負けずなんですけれどね。

  お幸せに。僕の所にいつでも帰ってきていいからね

  合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

投資家サロン

 昨日はHさん主催のリフォーム勉強会で、当社も共催(?)と言う立場で、不動産

投資家の面々とフリーディスカッションでした。投資家さん達は想像力豊かでご一緒

すると楽しいですね。私も大いに勉強になりました。主催者のHさんもまた想像力が

豊かで常に面白い発案をされますので一緒に居ると楽しくて仕方がない・・・と言う

状況です。ウチの会社の顧問としてお招きしたいと常々思っておりますが、実質的

にはパートナーとして奥さんの次に『占有』してしまっているな~と思っている次第

です。(今度は奥さん+子供さんにもご一緒いただいて『のなか』でお食事会でも・・・

と思っています。窓に西陽が~・・・の気持ちです。注)奥様へ・・・ご主人とはやや

こしい仲ではございませんので。ハイ。)

 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

209系ラストラン・・・京浜東北線

 京浜東北線の一時代を築いた209系が今日でラストランなのだそうです。

 今日当社にご来店されたお客様は209系を追っかけて浦和でパシャ東北線で

追っかけパシャとやって来たそうです。今日はお天気もいいので鉄女(かなり年齢

も高めのお方)がたくさんいらっしゃったそうですよ。貧血ギミのご婦人にはベストな趣味

ですよね。(鉄分違いですか。)

 外はしんしんと降り積もる雪の中、半減された照明で本を片手にうつらうつらとする女性

・・・荷物は小さなカバン一つでカンカンと踏切の音が流れます。時折車輪が巻き上げる

雪煙りに視界を奪われながら・・・頬に一筋の涙がつつーっと流れる。お嬢さんとハンケ

チを差し出すと軽く会釈をして涙を拭いて、ふっとほほ笑む・・・。どうしたんだい・・・は寅

さんチックだから、『一人旅ですか・・・』と私が話しかける・・・。こんな出会いが夜行列車

にはあるんですよね・・・。ないですか。急行能登はガラガラでこっちが一人旅で泣いて

しまいましたけれど、ムーンライト越後当たりだと結構人も乗っているし、料金の影響も

あるのだと思いますが、若い女性も乗車していますよ。

 もう5年以上前になりますが、上記の様なシーン(涙はなかったけれども)に出くわしまし

たが緊張して話せませんでした。まわりにもびっちりお客さんがいましたしね。ガラガラ

目の方がこんな出会いを待っている鉄男さんには都合がいいです。やっぱり急行能登

がいいな。ボンちゃん(ボンネット特急)でちょっと古めのシートが合うね。茶のスェード調

のちょっとへたった電車の椅子がいいなぁ。ボンちゃんも3月でラストランですから、早め

に旅に出る様ですね。私は贅沢は申しません。年の頃なら35歳くらいまでのややスレン

ダーな笑顔の可愛い女性であれば、バツは何個あっても構いません。最近は女性も

DVの方が多いらしいので、そういう方にはご辞退いただいて・・・そうですね。お料理は

今は上手じゃなくてもいいですが、努力して上手になっていただければいいかな~。

子供は好きなので、2・3人は産んでいただいて・・・あれ、結構贅沢者ですかね。こんな

鉄女さんはすぐにみどりの窓口に行って能登のきっぷを買いましょう。買ったら、ここの

コメントにいつのチケットを買いましたよと連絡をいただけると嬉しいですね。公開です

から9号車まで満席になったりして・・・。JRさんも気を利かして3日に一度位の割合で

そんな電車を走らせたらいいのに・・・。喜んでチケット取るなぁ。それならば

 あれ、何の話からこんな恋愛談議をしていましたっけ・・・。そうそう209系ですよ。

お疲れさまでした。外房・内房用の電車として4両編成で頑張るらしいですね。トイレ

なども新設されたニュー209系として頑張るそうです。ガンバレー209系

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康ランド武蔵野

 昨日は仕事が立て込んで夜の11時になってしまいました。

 最近この重い身体を支えている足が悲鳴を上げている感があったので、割引チケット

を持って『健康ランド武蔵野』に・・・。1995円⇒890円にしてくれるチケットを利用しました。

土曜日とは言え夜の11時と言う事もあり空いているのかな・・・と思って行きましたが温泉

パワーは絶大ですね。お手軽な癒しスポットですからまだまだ混んでいました。

小学校の体育館程の広さの男湯に大小10個弱のお風呂があり、薬湯からサウナ、岩盤

浴等々いろいろありました。なかなかに気持ち良くて、指の先から疲労成分がじわ~っと

お風呂に流れ出しているみたいにちょっとずつ疲労が取れて行きます

 気持ちよくて深夜1時頃まで各お風呂をぐるぐる回りました。お風呂を出てから腰に手を

あて牛乳のイッキ飲み・・・などのベタな事はせず、富士山ウォーターを買って、100円の

足揉みマシーンを数種トライしました。足がデカイのでおそるおそる足を入れ100円投入。

それと同時にムギュ~ッと足を揉んで来ます。痛気持ちいい・・・のがクセになります。

100円で5分とか10分なので痛気持ちいいから『痛』が取れかけて来たころに終わりよる

んですよね。健康ランドの快感商法と言うのでしょうかね。『もうどうにでもして・・・』と言う

理性が無くなりかけた頃にチャント100円を追加して下さい・・・とお金を要求してくるん

ですよね。時間が時間ですから宴会コーナーは閉店していましたのでドンチャンしていま

せんでしたが、シアタールームや仮眠室は満員御礼でした。

 当社から5分くらいの所にこんなに素晴らしいレジャースポットがあるんだ。今度は

もう少し早めに仕事を終えて会社で来たらええなぁ・・・と思った次第です。

 年2回まで社内旅行は許されるそうです(税務署的に)。ウチ1回はココでもいいなぁ~と

ひらめいた今日イチニチでした。零細企業は辛いのだ~

追伸~

 フットマッサージャー、気持ちがいいので買おうかな~と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街歩き

 昨日はK社のOさんと物件情報収集をするスター君に同行して私も街歩きです。

都内の某駅3カ所を中心に徘徊しました。案外不動産情報は街に落ちているものです。

いろいろな方のところに飛び込み訪問をさせていただいたりしながらこちらの要望に

合致するものを探しました。

 今年はチームビッグスターで大きな成果を出す事を、K社でも、当社でも期待しており

ます。そのテコ入れとしてまずは私が同行訪問した次第です。

 まじめに取り組む姿勢やよし継続によって必ずや成果も出るでしょう

情報収集による側面支援はこちらでも精一杯して行くので、カタチをまずは作りましょ

う。真面目に仕事をしていれば必ず成果は出ると思います。ライバルの動きがない訳で

はないので密度を上げる事も肝要になります。3月までに進むべき道を確定させて、それ

以降は継続による成果を出す期間かな。今後も随時同行はして行きます。情報収集に

よるサプライズもあると思うので、地道な努力を続けて行って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本来あるべきモノ

 政治とカネの問題はあまり気持ちのいいテーマではありません。

 しかも国家財政からしたら実に細かいお話しです。

 矮小化した議論でお茶を濁すのでなく、きっちりとこの国のお金の使い方について

真正面からぶつかって欲しいモノです。少なくとも事業仕分けで国民の眼はそういう

方向に向いていますので、この時を大切にしてほしいと思います。

 自民は賞味期限切れとしてもはや受け皿になり得ません。参院選の公認問題を見て

いてもそう思いますし、谷垣さんにも迫力は全く感じません。若手と称される方々が機を

見て離党して新派を作ると言う形になるでしょう。それが支持を受けるには時間が足り

ないので今夏の参院選は受け皿がないと言う事で民主の不戦勝になりそうですね。

 国民としては何億も使ってやる選挙で不戦勝になるなんてつまらないお話しは無い訳

で・・・。危機的状況なら危機的状況らしい対応を取って欲しいのですけれど・・・。駒が

ないから・・・総理の贈与と、小沢さんの政治献金でお茶を濁しているのかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治とカネのお話し・・・私見ですが

 国会議員さんは公私のお金のケジメをしっかりつけていただきたいと思います。

 その上で法律によりルールを設けているのであればそれは順守しなければなりませ

んね。鳩山首相や小沢幹事長のお金の件については疑われる事項があったのであれ

ば、それは身の潔白はご自身でなされなければなりません。(PL法の様に作った側の

立証責任・・・の様な感覚で、言いがかりなのだから地検が勝手にやればいいと言う事

ではダメで、任意の聴衆には速やかに応じる位の器量があっていいと思います。)

 ただ当事者は地検と小沢さんサイドしかない関係の中で、捜査関係者からの情報と

言うのがどんどんと無尽蔵に出てくるのは合点が行きません。一方的に世論を操作

していると批判されても仕方がない。心象の悪化に対して小沢さんは記者会見をしな

ければならない立場に追いやられているのに地検の特捜部長は『ほっかむり』ではフ

ェアじゃないですよね。小沢さんは『悪者』とか『陰の実力者』などと揶揄される土俵を

地検がせっとと作っているのはアンフェアですよね。今朝のテレビでも地検OBが笑い

ながら最近のマスコミは上手になったからなぁ・・・と語っていましたが、その神経が異

常です。地検=正義と地検OBは奢っていますがまだ事実は解明途上です。その中で

笑ってリークを認める感覚がOBにあると言う事は、現役の方々も罪の意識はないの

ではないでしょうか。法律に携わる者には『法の下の平等』とそのバランス感覚を求め

られている様に思います。

 もしかすると今回の政権交代は、今、我々が思う以上に歴史的に大きな出来事なの

かも知れません。官僚からの脱却と言うのは、不適切なお金の流れを変える重要な

役割を持ち、それが日本の赤字体質からの脱却の始まりになるかも知れない⇒と国

民は期待しているのです。そういう意味においては、明治維新の新撰組の役割を地検

が果たしているのかも知れません。江戸幕藩体制を守る為に平気で維新の志士を切

り殺す感覚・・・それを正義と信じているから始末が悪いですね・・・。

 小沢さんにもダメな点があるのは先にも書きましたが、地検も行き過ぎがある様に

思えてなりません。最も日本にとっていけない事は、『政権交代をしても同じだと諦めて

しまう事』であり、せっかく政治に向いた国民の眼が諦めと言う名の元に無関心に戻っ

てしまう事でありましょう。政治とカネのお話しは早々に終えていただいて、この国のカタ

チをしっかりと国会で論じて貰いたいものです。今みたいな政治とカネの議論で国会を

無駄にするのは本末転倒であり、その先棒を担ぐのが地検だと言われかねませんよ。

どうしようもない所まで来ていると言う実感があるからこそ、つまらない事に国民の眼を

向けるかの如きリークはやめにしてもらって、もし捜査をするならばもっと腰を据えて情

報合戦みたいな事をしないで粛々と悪事に敵対して貰いたいと思います。

 小沢さんと4億円みたいな小さなお話しでなく、92兆円の予算と200兆の特別会計の

中身をもっと考えなきゃならんのです。自民党はそっちに関心が向くとまた非難を受け

るから『4億円』に拘りたいのでしょう。2兆円のJALの問題も自公政治の結果です。たま

たま政権交代があったから前原国交省が必死で対応しているけれども、自公はお詫び

もなければ反省もない。前原さんや菅さんを批判しようとします。それはやっぱりおかし

いんですよね。地検と自公はもう少し反省をして、本来向かうべきところをしっかりと見

据えて欲しいモノです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信金さんとの面談

 昨日は暖かかったですね。梅が咲き、セミが羽化した所もあるんですって。そそっか

しい木や虫も居るんですね。昨日が暖かかったのもそうなんでしょうが、その前が寒す

ぎたとも言えるんじゃないですかネ。ホドホドに均してもらわないと健康管理ができませ

ん・・・と言いたい気分ですね。

 さて昨日はとある信金さんとご面談の機会を得、いろいろなお話しをさせていただき

ました。『担保至上主義・不動産融資』からの脱却と言う言葉が担当さんから出て、オッ

と思いましたが、同時に中小貸しの増加と言うテーマへの取り組み姿勢はどうなんだろ

う・・・とも思いました。小口融資への取り組みは強めたいと言っておられましたが、世間

にそれだけの需要があるのかな・・・。残高の維持と言うのはストック商売に避けて通れ

ぬ道であり、そこからの撤退と言うのならば、新たなビジネスモデルが必要なのでは・・・

とも感じました。

 ただこの担当さんはとても聡明な方ですから、こちらの質問に対する回答も的確で

なかなかのやり手だな~とも思います。ここの会話から推し量って・・・と言う案件その

ものへの意見具申をされていたのでしょう。

 さてさて二番底への警戒がちらほらと聞こえてくる今日この頃ですが、銀行の立ち回

りひとつで随分と景況感は変動しますが今のままでいいのかな~。この舟は大きいか

ら一度切った舵はなかなか効かないし、向きが変わったら行くところまで行ってしまう

と言う傾向があります。(バブル期の土地値の抑制策がいい例) 金融担当者さん、よく

考えて下さいナ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物件がチラホラ

 さて新年を迎え、日航の更生法等の大きな問題もありますが、既定路線として

無事船出した感がありますね。

 2番底が来るか来ないか、政治の混迷も相まって馬の背を行く経済感と言った

所でしょうか。こちらもそれに合わせた活動が必要になって来ますから、よく見定

める必要はあるのでしょうね。

 物件はそろりそろりと出て来た感がありますね。埼玉地区はまだ少ないですが

千葉・神奈川では面白いなぁというものも見受けられます。

 金融機関がなかなかついて来ていないので、そちらの方とも連携を取りながら

そろりそろりと歩きだしたかなと言う今日この頃でございます。

(なんとも微妙な書き方でございます。バーンと行って、ドーンとぶつかったか

ら、グググッと角を曲がってシューっと行ったら・・・なんて景気のいい報告がした

いものですね。)

  おかげ様でトライアルの面白いお仕事をいくつかいただいているので、汗をかき

かきモノにしようと努力の最中です。こちらも主軸に育てたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勉強会

 昨日は物件のご案内&勉強会でした。Aさんご夫妻、お疲れさまでした。

 都内も含めて3物件、まさにいろいろな物件があり、とても面白いご案内でした。

 その後の勉強会でも作業後のご質問をいろいろといただきとても楽しい勉強会

となりました。

 ゲストのOさんもいろいろなお話しをされて同行の行程も楽しく、また経営の勉強

にもなりました。

 異業種交流会としても充分成果があったかなと思います。

 引き続きこちらとしても今回の様な交流会(勉強会)を企画、実施して参りたいと

思います。ぜひ皆様方も奮ってご参加くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保育士・始末記

 昨日は無事保育士が務まりました。

 しっかり公園で遊ばせて、寝かしつけようとしたら鼻をつまんでくちゃいくちゃい・・・

ハハ~ン。ウンチのおむつの交換か・・・。見よう見まねでちゃんとおむつを交換して

寝かしつける所までできました。その後、パパスター君が帰って来て無事保育士卒業

が出来ました。

 練習でコンビニまでおにぎりを買いに行った時に、子供がちょっと道路に出そうにな

った時があり、慌ててコラッダメだよ・・・とやったら急に泣きだし、パパ~、パパ~

と大騒ぎした時は、誘拐犯と思われないかと冷や冷やでした。

 逆におむつを交換して、寝かしつけた時には・・・俺って凄いなとちよっと笑顔

になりました。

 まぁしかし子育ては大変ですね。世の中の若きお母さんたち~。頑張ってネ。

 子育て支援はどんな形であれ、私は賛成しますから

 (人口減少の源と言う自覚の元でネ・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

震災から明日で15年が経過します

  明日で阪神大震災が発生してから15年なのだそうです。大阪の我が実家も激震

地区に指定されたエリアに建っていましたので瓦が落ちるし、建物内はメチャクチャ

だし・・・と言う状態でした。3か月経過して実家に帰ったのですが、家の周りはブルー

シートの家だらけ・・・瓦が落ちてしまったのです。それまで大阪は地震がない所との

認識が強かったので、地震よりも台風の備えとして瓦を積むお宅が多かったのです。

 それが被害を大きくしたと言う傾向はあるでしょうね。家の倒壊を助長しました。

先日実験番組をしていましたが本棚が脚に倒れた場合で瞬時の骨にかかる圧力は

4トンなんだそうです。90%以上の割合で骨折する。建物の倒壊などが同時に起こる

と圧死または焼死するケースが増えたのでしょう。

 震災3カ月目で入った大阪・神戸は惨憺たる状況でした。鉄道は寸断され、3カ月

経過していたのに、ビルとビルが途中で折れて互いを支え合っていました。埃とカビ

の臭いが充満していたのを記憶しています。地震は常にいつかどこかで起こるモノ

ですから、免震・耐震と言う技で被害をくいとめてほしいですね。阪神大震災では、

6千人以上の方々が命を落としたそうです。ご遺族の人生も大きく変わったでしょう

し、復興途上で街並みやお仕事をされていた方々の人生も大きく変わったんだと思

います。これは誰も、どうしようもないモノ、運命的なモノなのかもしれませんが、今の

神戸の街を見るときにぜひそういった方々の想いも汲んでいたいものです。

 ただこの震災からボランティアの世界は大きく変わったそうです。困った方々に、

手を差し伸べる事が普通の感覚になって来ました。ボランティアは特別な方々の

ものでなく、もっと身近な所に近付いてきました。これは震災がもたらしたプラスの

効果ですね。大きな苦難にぶつかると日本の国民性として一致協力してそれを乗り

越えようとする強さがある。素晴らしい事じゃないですか。

 敗戦の時などはその良い例です。モノがないのも笑いに変えてたくましく復興をし

て来たのです。失われた10年・・・とその次の10年がここで終わりを迎えます。不景

気にも毅然として立ち向かって、この壁を乗り越えたいものです。

 フレー・フレー・ミ・ン・ナ~ ソレ~ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保育園

 今日はリバースター保育園です。

 これからスターパパは一人でお客様の所にご訪問です。

うまくお留守番ができるかどうか・・・。

園長先生はとても不安ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社会人としての心得

 社会人としての在り方。難しいテーマですね。昨日は我が友人が『心得』を持って

事務所に遊びに来てくれました。

 内容は当たり前の事柄から、できそうで出来ない事までいろいろな事柄が記載さ

れています。この心得を体得して日々精進の毎日を送る事で、社会人の芽が育ち

そうです。仕事は『ヒト』を育てます。最近の若者はリスクを取る事を極端に怖れ、

無気力人間に見える事がままあります。銀行や大手と言われる会社ほどその傾向

が強いのではないでしょうかね。日本のゆとり教育が育てた子供たちなのでしょうか。

まずはトライアルで何事にも全力でぶつかって行く失敗してもその過程で得るモノ

があるし、失敗した時の対応を学ぶ機会でもある。大いに失敗したらいいのに・・・。

失敗を恐れては何もできない。漫然と仕事をしない為にも、目的意識を持って業務

にまい進して貰いたいものだ。

 全国の若者たちよ。この閉塞感のある日本の現状を打ち破れ・・・

 41歳のオジサンではありますが、私も全力で頑張りますよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金融政策

 初詣も終わり順調に2010年がスタートしました。

 今年の市況がどうなるか予断を許さない状況で、景況感次第では更なる銀行の

態度が硬化するかも知れません。金融機関の態度ほど宛にならないものはないっ

て感じですかね。もうここ10年位貸さない為の審査をやってきていますから、どうして

も貸さない方へ、貸さない方へ傾きがちになります。審査技法も先輩からの口伝が

主ですから、企業文化として『貸さない審査』が主流になって来ているのではないで

しょうか。何も大売り出しみたいな事をしなさいとは求めませんが、良いモノには

お金を出す、そうでないモノには出さないと言う審査態度を鮮明にしてほしいモノで

す。

 あれもダメ、これもダメではお金も動かず、モノも動かないですからね。景気が良く

なる糸口がなくなります。景気の波に打ち勝てなかった企業(日航もそうだと思います。)

にはご退場いただき、その跡地も含めて残った企業が上手に使わなければ景気が

上向きませんよ。世の中が変わったナと思えるような金融政策に期待したいですね。

 亀井花火もどうやら不発だったですしね。もっとも亀井さんは金融庁のルール改正

に努力しているらしいので、その成果に期待したいとは思っていますが・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Hさんのブログに対応して・・・期限の利益

 ローンの契約を結んだ場合、毎月○○円を支払って下さい・・・と言う返済予定表が

きます。銀行は借り手に対して、返済期限の到来した○○円だけしか返済を求める事

が出来ません。これを期限の利益といいます。ローン契約によって銀行が返済に関す

る期限の利益を借り手に与えたと考えられます。これはローン契約書又は銀行取引

約定書によって定められています。

 それは『期限の利益の喪失』に該当する事項として掲載されているのかな。こんな事

をしたら借り手に与えた期限の利益を剥奪して、全額返済を求めますよ・・・と言う記載

になっています。上記の『こんな事をしたら』⇒紳士的なお付合いをしなければ・・・と言う

意味合いになっている事が多いですね。破産だとか銀行取引停止処分などもそうです

が、分かり易く言うと『紳士的』が最も適切かと思います。毎月○○円の返済で資金繰り

をしていたものが、さぁ1億円返しなさい・・・と迫られては通常は事業の継続は困難に

なってしまいます。紳士的に銀行とお付き合いしなければダメなのです。

 何度かここにも記載していますが、事業の不振によって返済が厳しくなった時には、

黙って返済を滞らせてはダメで、きちんと資料を持って説明に行く。そのうえでどうやって

返済をしていこうかと協議をする事が大切です。そうすればリスケジュール(リスケ)に

応じてくれることもあります。(毎月の返済をしばらく猶予してもらう事=リスケ)ただ日航

みたいに債権放棄にはならずに、予定していたものは時期が遅れてもしっかり返しなさ

いと言う事になります。またそれが『信用』なのです。

 期限の利益の喪失・・・についてはご自身のローン契約書や銀行取引約定書にかなら

ず記載がありますので、一度ご覧になった方がいい項目だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年会

 昨日は新年会でした。

 行きつけの『のなか』さんでコースメニュー+1品。混雑していたので玉子焼きを食べられ

なかったのは残念ですが、最後のおそばまで無事全員辿り着く事が出来てホッとしました。

 けっこうなボリュームがあります。お蕎麦はセイロもう一枚追加したかったかな~。

 ご参加いただいた方々がご満足いただいた様だったのでとても嬉しい新年会でした。

 2次会はカラオケ屋さんでしたが、なんともハチャメチャなO君の暴走でとても楽しい二次

会に・・・。最後はO君がエールまで披露。今年一年、皆さまにきっと良い事があるで

しょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働きがい 生きがい

  今はインターネットで色んな事が調べられる。とても情報が豊かな時代・・・と言える

のでしょう。情報が豊かになる事で私たちは物質的にも精神的にも満たされたのかと

言うと決してそうではないのだと思います。私のまわりにも心の病気に向き合っている

仲間が何人かいます。その原因が情報が豊かだからだとは必ずしも思わないけれど

これだけ情報が溢れていなければ考えなかった事まで、考え・判断を求められる事が

遠因なのではないかなと思う事は少なくない。働きがい・・・と言う言葉が言われ始めた

のなんてつい最近のお話しでしょう。3丁目の夕日の頃なんかはどこも、誰でもがむしゃ

らに働いたのだと思います。そこに『働きがい』なんて価値観はあまりなかったんじゃな

いですか。皆が豊かになる事を目指し高度経済成長を実現させた。自身の生活も徐々

に良くなった。されにより心が満たされたのだと思います。

 さて、既に豊かになってしまった私たちは何を目指せばいいのでしょう。働きがい・・・

ですか?そもそも人の為に役に立つ事は楽しい事であり、仕事=役に立つ事なのだか

ら、どんな仕事だって楽しいはずじゃないですか?向き不向きはあると思いますが、そ

れだってある程度は克服できる問題で、自身の仕事が天職だと思っている人の割合は

1割程だと言うアンケート結果を見た事があります。

 ここで言いたいのは『情報が豊かな社会』≠物質・精神が豊かになる事ではなく、情報

が溢れる社会は、その情報を消化するだけの強い精神力・判断力を否が応でも求めら

る社会なんだと言う事なのでしょう。それには『教育』も変わらなければならないのでしょう

ね。強い精神力・判断力の根幹には『道徳』が必要だと思います。道徳ってとても大切で

『働きがい』なども含めた『人の為に役に立つのは素晴らしい事』と言った個人と組織・社

会の繋がり方なんだと思います。個<組織・社会と言う日本の美意識・道徳観がここに

来て履き違えた自由感によって、個>組織・社会と言う人達をたくさん世の中に出してし

まっている様に思います。ここは正さなきゃダメですね。教育は学校だけのものではなく

最小レベルは家庭です。そして道徳は大半『家庭』でやるものだと思います。

 自信を持って我が道を突き進んでいく人を育てるのはまずは『道徳』です。仕事が楽し

いと思える人材・人財をそれぞれの家庭でしっかりと作って行きましょう。もちろん職場

も『人を育てる道場』であり、仕事によって人はどんどん成長できるのだと私は信じてお

ります。伊藤忠商事の丹羽宇一朗さんの文庫本に『汗出せ・知恵出せ・もっと働け』と言

う言葉がありましたが、我が意を得たりの心境です。それは『お金大好き』と言う事じゃ

なく、仕事によって人はより磨かれるのだから、もっともっと努力して自身を高みに昇華

させる事を最大の喜び・働きがい・生きがいにしなさい・・・と言う事になるのだと思って

います。

 私の仲間で心の病と闘っている人達には、まずはゆっくりと、しっかりとその病と向き

合って貰って、完治した後は、また『仕事』と言う自身を研磨するのに最良のツールで

もって、楽しみながら昇華させる道筋を見つけてもらいたいと思っています。

 何もそんな大げさな事じゃなく、仕事が楽しいと感じ、ヒトの為に役立つ事で、喜んだ人

からエルルギーを貰う。これの繰り返しが自身の研磨ですよね。役職がつけばその役職

がまたその人を作るとも言われます。私も銀行時代にその経験をしました。肩書って実は

人を作る『チカラ』があります。より研磨されますし、仕事の幅も出来ます。

 勝間本なるブームがある様ですが、あれは副産物をさも目的の様に書いているハウツ

ー本だと思っています。努力を履き違えると、それはまた人を不幸にします。心の病を

誘発する元にもなってしまいます。丹羽さんの文庫本はとても面白いと思いますので、

ぜひご一読してみて下さい。文春文庫から出ています。『成功の秘訣は頭より心 ド根性

だ』と言うタイトルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史

 キングサイズの靴屋さんがこの景気の波に勝つ事が出来ずに閉店してしまった事

は昨日のブログにも書きましたが、北与野駅前のクイーンズ伊勢丹さんも閉店する

旨が書楽のエレベーターに掲示されていました。これまで地域経済を支えて来た企業

と言えども、何年・何十年に一度と言う景気の大波に負けてしまう時期が来るのですね。

栄枯盛衰、奢れるものも久しからず・・・と言うところでしょうか。日航などもこの類のお話

しなのかも知れません。

 私は大学で経営学を学んだのですが、『企業』は社会的な役割を果たしながら半永久

的に存続し続けなければならない・・・と学んだのですが、なかなか『半永久的』に存続

できないモノなのでしょう。昨年産まれた『リバースター』も半永久的に存続してもらい

たいものです。 きっと『半永久』にスポットを当てるのではなく、その前文『社会的

役割を果たす』事ができ続ければ、当然の如く、その企業は生きながらえる訳であり、

常に社会奉仕の精神で経営をし続ける事が、実はとても難しい事なのだ・・・と言う事

なのだと思います。お金はそれこそ無尽蔵に蓄える事が出来ます。ただそれを社会

に活かさなければそれは『死金』、腐敗してどんどんガスが貯まり最期はボムと言

う末路になります。貯めないで活かす事です。その妨げになるのが人間の『欲』です。

どうしてもピンハネをしたくなるのでしょう。官僚さん然り、議員さん然り、企業経営者

然り。自分のお金じゃないのにたくさんのお金の中に居ると、感覚がマヒしてくるので

しょうね。そうすると本来果たすべき社会的役割を全うしなくなり、それがちょっとずつ

腐敗が始まります。最後はボムですよね。栄枯盛衰って言葉はこの一連を四字熟語

に収めきった所に素晴らしさがあるのでしょう。

 天下の三菱グループだって坂本龍馬さんの亀山社中から数えても150年かそこいら

です。巨木と言えども社会的な役割を果たさなくなったら動脈硬化を起こして枯れてしま

うのが自然の摂理です。連鎖の中の一員ですから誰も例外を認められていないのです。

京都には400年や500年続いている企業がたくさんにあります。凄い事だなぁと思います

が、先代たちがこのルールを分かりやすい言葉で『家訓』として伝えてきているからこそ

の営みなのだと思います。自然の時間軸の中では400年や500年は大した長さではない

かも知れませんが、人工物としての『企業』と言う尺度では大変な長さです。リバースター

が500年後にどうなっているのか・・・なんて事を考えたら・・・うへぇ~ってなります。 

 今私には子供はありませんから少なくとも世襲ではない訳で、優秀なスタッフがきっと

未来に向かってバトンを繋いで行く事でありましょう・・・。優秀なる未来の仲間に乾杯

・・・ってな所ですかね。まぁ、500年先を考えるより、まずは私が経営者として力を

発揮せねばならない今年一年をしっかりと見据えて、良い経営をしなければなりません

ね。 ハハハ  。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  私は身体がメタボです。これは見たままで今更なのですが、実は足も大きいんです。

28.5センチの6Eと言うのがおそらくぴったりなんです。最近の子供さんは身体が大きくな

って来ているので、近隣の靴屋さんでも『大きいサイズ』コーナーが出来ているので、ウォ

ーキング出勤を続けている為に靴の痛みも出て来た事もありちょっと寄ってみました。

 28センチまではデザイン性もよく、またお値段もこなれた価格になっています。オッ

充実しているなぁ~と思い、29センチ台のモノをいくつか試着。入らないなぜ

店員さんにこれより大きいサイズはないですか・・・もうこれ以上のモノはありません

まぁ想定の範囲内ですから、お世話様ですと言い残して店外へ。やはり大変・・・、ネット

でいろいろと情報を調べました。いろんなものがありますが靴はやはり試着しないと買え

ないことに実は1つネット購入してから気がつきました。あれ、29センチの4Eだけど履けな

ければどうしょうと言う事に。う~ん、やはり買いに出かけよう。近隣をネットで調べると

どうやら上野アメ横に『キング』と言うお店がある。大きい靴の品揃えとあるのでよし、ココ

に行こうと電車に乗って上野に出かけました。アメ横は年末年始のお買い物中継が有

名ですが、平日なのに結構混雑していました。海産物等には目もくれず一路『キング』へ

と地図を片手に歩きます。ここのカドを曲がって ン・・・10坪程のお店で並べている靴

も普通サイズ。その片隅に数足大きい靴があるだけ・・・。『キング』はキングサイズ用の

お店ではなく、単なる店名~。ワザワザ出かけて来た事もあり、上野のABCマートに

も行きましたが、たくさん陳列しているものの大きいサイズと思われるもの(29~30センチ)

を持って来てもらうもNGです。やはり大きいサイズの専門店に行かなければダメか・・・

と勝手知ったる東横線綱島へ行こうと上野⇒池袋に電車で移動して、埼京線に乗り換

えるべくホームを移動です。ちょっと嫌な予感がしましたので予め調べておいた電話番号

にコールしました。『現在使われておりません・・・』と事務的なあの女性の声がします。

えっ、ここは社会人になって以来、時々靴を買いに来ているお店なのに・・・不安的中で

どうしていいか分からずに、F君に事情を話して調べて貰うと、ナント去年の7月で閉店

している事が判明しました。えっ・・・大きいサイズの靴と言うニッチ分野でも不況には

勝てないの と経済の厳しさを改めて実感しましたが・・・私はどうしたらいいのでしょ

う~。再度F君に電話しますと、五反田に『ビッグ b』と言うお店があるよと教えられ、

またまたそちらに電車移動。駅から3分と言う距離で目的地はすぐ分かりました。

 ズラッとならぶ大きい靴達37センチなんて言う人間の足とは思えないサイズまで

品揃えがあります。ここでの最少は28センチ。いいなぁ、色んなデザインがあるじゃない

。思わず嬉しくなります。値札もまだ1万円以下のモノもチラホラとあります。試着しよ

うとするとホンジャマカの石塚さんみたいな親しみの持てる体系のお兄さんが靴を準備

してくれてコンシェルジュの様です。28センチのお洒落靴は全滅で、となりの29センチコー

ナーへ。スニカーだけでもざっと50足はあります。石チャンは29センチの6Eを指さしました

が、そんなブサイクなのでなくもっと洗練されたモノでいきましょう。こんだけあるんだから

・・・。お値段もまだまだ安いし。デザインが優れているモノ=シャープな靴≠幅広・甲

高の足じゃない事をマジマジと実感しました。仕方がないので30センチコーナーへ。

まだまだ上がありますし、こちらにも45足位の品物があります。こちらのお洒落靴を試着

しようとするも、甲が邪魔して入りません。石チャン、この上って32センチ。3センチ

位先が余る計算だけどそれでもいいの・・・と聞きますと、平然と足の横で支えられれ

ば大丈夫と人ゴトの様な発言です。嘘やん、そんなん聞いたことないと32センチの値

札を見ると2万円オーバー。スニーカーのくせに2万円は高すぎない・・・と15,000円位

までと思っていた事もあり・・・元の29センチ・6E君に戻って試着。これは入るけど

ブサイクなデザイン。何、これコッペパンやん。もっとロングパンみたいなシュッとした

デザインが無いの・・・石チャン笑顔で無いですねぇと一言仕方がないから買いましょ

うと思って値札を見ると、13,800円也エッ。コッペパンのくせに・・・。ここにはグッド・

デザインで1万円以下のものがこんなにあるのに・・・、このブサイクが13,800円。それ

しか入らないの・・・。石チャン笑顔でいかがします・・・買いますよ。これ。と言うしかない

ですよね。せっかく来たのでカジュアルなヤツ・・・これはギリギリ1万円でありました。サン

ダルも欲しいな・・・と言うと石チャンが本イチのグッドデザインを持って来てくれました

やっぱりいいのがアルジャンと嬉しくなって履くとピッタリ。これも下さい・・・ン、14.800円。

サンダルやで。14,800円って合っているのと聞くと、石チャン、これはしっかりしています

からねぇとのご発言。予算的に・・・どうしよう・・・買うか買うまいか悩みどころ・・・で、サン

ダルを購入し、カジュアルはリタイアする事に。石チャン、サンダルで充分カジュアルシュ

ーズの役割を果たしますと、本気か冗談か分からない発言を笑顔でされました。この他

自宅様のサンダル(こちらは2,500円と良心的なお値段)を購入してしまいました。3万円

の予算に対してちょっとオーバーでしたが、まずまずのお買い物をしたのかな・・・

と言う今日この頃でございました。

 大きい靴の専門店ってそれほど売れないけれども必ず需要もあるので・・・いい商売

だろうなと思っていましたが、やはりこの不況では小売はどこも厳しいのですね。

五反田のお店には、『メタボ用の衣類』のお店には必ずと言っていいほどある、『石チャ

ン』のサイン色紙の他にも柔道の石井さんやその他知らない人の色紙がいっぱい貼って

ありました。皆、困ってここに行きつくのでしょうね。そういえば私がこのお店に行った時

50歳オーバーの猪木アゴのオジサンがゴルフシューズを買っておりました。店長さんらし

き人がこれでゴルフをされたら、スコアも5つ6つ縮まりますよ~といい加減なセリフを言っ

ておりましたが、猪木アゴのオジサンはご機嫌でお店を後にしておりました。身体がおお

きい方って猪木アゴの比率が高いですね~。何のコッチャ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

無題

氏神様へのご挨拶も終え、ようやくリバースターの神様3体が揃い、これから本格始動

です。なんやかんやと年末年始があわただしかったので・・・。

 10日は新年会を身内だけで企画しておりますので、10日からちょっと遅めのスタート

ダッシュかな~。なんとなく毎日こんな記事ばかりですが、仕事はしっかりさせていただ

いておりまして、年頭に祈念した事の実現に向けての確かな手応えは感じております。

 複数のお客様のご案件が同時に複数進行しているので脳はフルパワーで活動して

おります・・・。スター君が早く立派に成長してくれるといいなぁと期待しつつ、全件が

いい着地となります様に、もうひと汗もふた汗もかかねばなりませんね。

 こんな時期にこれだけご案件をいただけるのも、お客様のご支持の賜物です。

 氏神様とのご対面でも神様がニコニコしておられる様に感じられましたので

きっとリバースターだけでなくお客様方にもいい事があると思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末年始の流通業界

 年末年始と言う風情がだんだん薄れて来ました。景気が良くない、不況だと言われる

昨今、エンドユーザーと直接向き合う流通業界は大変です。元日が初売りとなると当然

大晦日にも準備もあるので出勤となるのだと思います。こうなりますと巣ごもりなどとは

言えません。もちろんそこをめがけて『福袋』などを購入する方々も出動するので、『お

正月』気分はだんだん希薄になっていくのでしょうね。これがいいことなのか悪い事なの

か良く分かりませんが、流通業界の方々は大変ご苦労をされているなぁ~と言うのが

年末年始の感想でした。お客さんは来るけれども財布の紐が固くて・・・と言うのが昨今

の事情ですから売る側も必死です。『福袋』は言うに及ばず・・・なんでしょう。私は年末

年始も仕事だったのでどこに出かけるでもなく・・・と言う状況だったのですが、ガソリン

スタンドや近所のレストランなどの外食部隊もそう言えば普通に営業していた様に思い

ますね。こういった方々の努力が景気を押し上げて行くのでしょう。下ばかり見ていて

も仕方がないので、上昇気流が出来るような行動を何かひとつでもやって行きたい

いなぁと思う今日この頃でございます。ホップ ステップ ジャンプの三段跳びでほど

ほどの景況感には早く戻って欲しいなぁ。毎日暗いニュースばっかりでは嫌になってし

まいますもんねぇ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪をも溶かす恋の力

  温暖化・温暖化と言いながら北海道~北陸~山陰まで物凄い量の雪が降り積もって

いるそうです。1日で50センチ~60センチも新雪が積もるんだとか。へぇ~凄いなぁ・・・

降雨と比較できないのだろうけれど、500ミリ・600ミリと考えるとね・・・。もちろん雪の方

が体積が大きいから一概に比較できないでしょうけれど凄い量ですよね。スキーには最

近行かないけれども、雪はじんわりと空気やまわりの物を冷やす力があるから一度積も

るとなかなか暖かくならないですよね。(そう感じるだけなのかな。スキーもあまり上手じゃ

ないからどうしても雪まみれになるからねぇ。私は。)

 雪が積もったら気温も下がるんじゃないのかな。温暖化・温暖化と言われて久しいけれ

どこの辺の勘定はどうなっているのでしょうか。そう言えばスキー場の雪不足などと最近

は騒いでいない様な気がします。スキー・スノボ人口が減っているから騒がないのかも

知れませんがね

 さて今日はどんな一日になります事やら~。

 追伸

 友人からの年賀状に『結婚しました』がまた増え出しています。一時は子供の写真が

多かった(今も多いですけれど)ですが、『結婚しました』・・・?。前に結婚式に行ったの

に・・・。そうです。バツイチ君がまた結婚するのです。相方もバツイチなら勘定は合って

いますが、バツイチ君が初婚の相方をゲットしますと1対1の男女のバランスがあわなく

なりますよね。何も私も初婚じゃなきゃ嫌だとか贅沢は言いませんけれども・・・。最近

は青い眼の方から年齢までストライクゾーンは随分広がって来たように思います。友人

の『O』君に言わせると来た球は全部振って行けとまで言われる始末です。とりあえ

ず振って行こうと思うのですが、最近は球も来ないモノですから・・・。・・・あり

とあらゆる球に対応するつもりなのですけれど・・・。ピンポン玉にバット的な出会いでも

・・・。(どっちがピンポン玉でどっちがバットなんて事は言うだけ野暮ですよね~)。

 クリスマスメールさんがニコッとほほ笑んで、『好き』とか『アイシテル』なんて言って

くれたらすぐにでも婚姻届を貰いに行ってくるのになぁ~。○○さん、どうですか。

幸せな家庭を築きませんか~(初夢)

 恋を変換したら、①故意②濃い③鯉④来いと来て⑤番目が『恋』でした。我がPCは

オーナーの実力を良くご存じです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒いですね。メタボなのに。

 昨日はこちらの都合で初詣は延期になってしまいました。

 当方、伊勢神宮内宮、外宮に参拝いたしましたので、残るは氏神様にご挨拶に

行かねばならない様なのですが、どこが氏神様なのかよく分からないので埼玉県

内の神様にご挨拶に伺おうと思っております。

スリートップ体制でお守りいただける事になると忙しすぎる状態になりはしないか・・・

と都合よく解釈をしておりますが、わが社の神様同士でそこは協議をしていただき、

リバースターの社員はフルワークでついて行こうと固く誓ったのでございます。

年末年始はゆっくりしようと思っていたのですが、なんだか忙しくて嬉しい悲鳴

です。その分、なんだかお正月気分がエンジョイできず、いつもの正月太り

ありませんでした。(正月だけでなく、年中太っていますからね。私は・・・)

 太っている人は寒さ知らず・・・などとよく言いますが、私はちゃんと寒いです。

きっと寒さを感じる細胞が普通の方の2倍の体積あって、しっかり寒さを感じる

のだと思うのですが・・・間違っていますかね。寒さを感じないメタボちゃんはき

っと冬眠系メタボです。私は4シーズンメタボですから、しっかり冬も仕事します。

(なんのこっちゃ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初仕事

 年末も30日まで仕事をしておりました。30日は東海道線に乗ってとある方とご面談

でした。とても楽しいご面談でしたが案件が案件なものですから、今後どういう風に進む

のかそれとも進展せずなのか・・・良く分かりませんがいいご面談だった様に思います。

 年始も2日から始動でさっそくの打ち合わせだった為に、『謹賀新年』と言うモードには

とうとうなれずじまいでございました。まぁ今年は景気がさらなる悪化も想定の範囲内

と考えますと昨年以上にしっかりとお仕事をしなければならない訳ですからこれ位がちょ

うどいいのかも知れません。

 さて今年はと申しますか、リバースターといたしますともう既に6カ月が終了して、残り

半分でどこまで行けるのか・・・と言う事になりますね。おかげ様で順調すぎる位順調に

半期は終了しましたので、現状維持ペースで期が終えられたらいいなぁと経営者として

は思っている次第です。ただ今年はとても大切な年だと思っております。リバースター

の将来を占う意味でもガムシャラに動いていい汗を流し、どこまで売上・利益を持っ

ていけるか精一杯頑張ってみるつもりです。出来る事なればスタッフも2~3人は増員

できるレベルまでは持ち上げたいですね。ただ win-win を壊すつもりもなければ、楽し

く仕事をすると言う事を辞めるつもりもありません。売上のアップ以上にスタッフの増

員が難しい課題になりそうです。優秀の前にいい心根を持っている人でないとスタッフ

にするつもりはありませんからね。能力は指導次第でいかようにも伸ばせますが、心根

はなかなか変えられません。その人の生い立ちが性格を決めてしまうものですからね。

お客様とのお付き合いも、経営全般についても楽しくなければ×です。相手がお客様で

あろうが、スタッフであろうが win-win 志向ですから、お互いが作用しあってより高みに

行きます。それが楽しくない訳がありません。日々の通勤のウォーキング効果もあるの

でしょうが、直近の血液検査ではお医者さんから随分いいデーターになりましたね

誉められたのはその表れでしょう。ストレスがなくなったからどんどん健康になってきて

います。より多くの方々といい出会いをさせていただいて更にご縁を活かしたいですね。

 さぁ2010年を始めましょう。いい出会い・ご縁があります様に、まずはこれからリバー

スターで初詣です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

 今年もよろしくお願いいたします。

 今年は寅年、経済はトラの様に大きく飛躍できる年になるそうです。

 ぐっと力を貯めてその力を一気に跳躍に使う年にしたいなぁ・・・と思います。

 win-win がモットーですから、お客様にも一緒に飛躍していただかなきゃです。

リバースターのお客様ご一同様、いつでもジャンプできる様に日々の柔軟体操は欠かさず

にトレーニングに励んでくださいませ

 そのトレーニングを無駄にはしませんからね~

 今年一年の冒頭に際してのご挨拶でございました。

 それでは。まだお正月モードですので明日はブログがかけますかどうですか。

 追伸

 昨日は『はじめてのお使い』でボロボロ泣いてしまいました。あれってなんで

あれだけ泣けるんですかね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »