« 賃貸不動産の家賃督促行為について | トップページ | 続・家賃等の督促行為 »

薄氷の家電競争

 ヤマダ電機の快進撃と迎え撃つエディオン、ヨドバシ、ビックカメラ・・・。

家電芸人までがブームとなり、電化製品の購入について消費者のお店選びの眼がとても

厳しくなってきています。ヤマダは都心部の一等地にもどんどん出店攻勢をかけており、

今年度売上は2兆円を超す勢いなんだとか。3位のヨドバシで7000億、4位のビックカメラ

が5800億円の売上(いずれも2008年度)ですが、小売業の利幅はそれほど厚い訳ではあ

りません。大きな売上を誇っても利益計上額が薄ければ企業体力は落ちて来ます。

 安値競争を続けることは消費者にとってありがたい事ですが、適正な利潤はキープして

行っていただかないとこれらの会社がなくなって行く事になってしまいます。事実数年前

に飛ぶ鳥を落とす勢いだったコジマは今は業界6位、売上も4500億にとどまり、社長から

今後提携を模索して行かねば・・・と弱気な発言が出ている状態です。PB商品を持って

いる訳でなく小売の域を出ようとしない家電量販店の競争激化は体力の消耗戦に他な

らず、今般の景気低迷による消費者の心理がそれに拍車をかけている様は、地獄に

向かって突き進む体力勝負・・・の様相を呈しています。また昨今、流通業(イオン等)

のPBテレビなど安くて品質の良い商品が出てきており、利幅が薄くなっているのにシェア

が維持できなくなって来ているのはとても困った事態なのだと思います。流通大手も不振

にあえいでおり、よそのパイを獲りに行かなければならない状況になっている・・・のです。

それぞれが売上が数千億~2兆円企業です。倒れてもらったら困る人が大勢おります。

不毛な戦いを避けて、うまく住み分けが出来るのが理想なのですけれど・・・。

 ヤマダに1万人の行列の記事を見て・・・ちょっと危険な想いがします。

|

« 賃貸不動産の家賃督促行為について | トップページ | 続・家賃等の督促行為 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薄氷の家電競争:

« 賃貸不動産の家賃督促行為について | トップページ | 続・家賃等の督促行為 »