« 祝 法人設立おめでとうございます ツマH社長様 | トップページ | コネタマ »

産業の盛衰

 げげげの女房を見ています。なかなか朝8時15分から朝8時に分かっちゃいるけど

朝の支度を15分切り上げるのが難しく見忘れる事もしばしばですが・・・。

 今日はげげげの女房をお話ししたいのではなくて、ちょうどドラマに『貸し本屋さん』

が出てきています。昔は3万軒もあった商売なのだと今日のドラマで言っていましたね。

もちろん今はすっかりなくなってしまいました。産業の盛衰です。ちょっと産業の盛衰に

ついて考えてみました。今、町の本屋さんが経営の危機なんだそうです。大きな書店は

別ですが町の本屋さんには私はほとんど行きません。買いたい本がないし、ワンピース

などのコミック本はコンビニで眼についた時に買ってしまいます。つまりは小さい書店に

は行く機会がなくなってしまいました。最近は欲しい本が専門書のケースも多く、大きな

書店にもない事が多くなってきました。行くだけムダになる事が増えたのです。そしたら

手間暇がかからず、行くコスト(時間的にも金額的にも)がかからないアマゾンに頼もうか

と言う事になってしまいます。本は月間で1万円前後購入していますがほぼ100%アマゾン

になってしまっていますし、備品についてもアマゾン率が高くなってきました。お買い物の

楽しさはアマゾンにはないはずですが、スーパーを駆逐しているのもアマゾンじゃないの

かな・・・と思っていますがどうなんでしょうか。小売の雄がアマゾンになるんじゃないです

か。家電もアマゾンに喰われてしまう様な気がするな。商品知識もネットで学べるし駆け

引きもしなくて良くなるのですからね。面倒じゃないでしょ。

 お買い物が楽しいのは『豊かさ』があった時で、案外昨今、豊かさがなくなったと言うか

1億総中流じゃなくなったから、大半は中の下か下流と意識しているんじゃないですか。

そしたら『楽しさ』より実利を獲るんですよね。だから買いに行くコストを減らす事に向か

っているんじゃないですか。だけど結果的には簡単に買えちゃうからアマゾンは衝動買い

の温床なんですけどね。上手にネットでこれどうやこれどうやって宣伝して来ますからね。

なかなか手ごわいアマゾンドットコムなんですけれど。

 貸し本からアマゾンドットコムのお話しになってしまいましたが、産業全般でも細かく見

ると同様の変化はたくさんあると思います。不況期と言うのは産業の入れ替え戦を加速

する傾向があります。

 さてあなたの今の勤務先、経営している企業がどの業態に属していますか。その業態

は大丈夫ですか。私が属している不動産業界で言いますと、『住まい』は必要で、当面

現状から大きく変わる事はなさそうですので世の中が欲するサービスだと言えると思い

ます。ですから没落する業態ではない様に思いますが、内部から見ると変革の余地は

随分ありますよ。URなどは不要ですからとっとと解体されたらいい。国がやる事業じゃ

絶対にないです。ハイ。キーワードは自分からではなく『世の中から見て必要とされてい

るかどうか・・・』です。産業の盛衰ってとても大きなテーマです。一人が抵抗してもどうし

ようもない事です。私などはもう41歳でどうする事も出来ませんが、前途洋洋たる若者

達よ。これから就職しようとする者達よ。よ~く考えて行動した方がいいですぞ

 よ~く考えても時代の流れには飲み込まれるモノなんですけどね。就職してから定年

に至るまでに2・3回程度職場が変わるのが一般的なんだそうです。もちろん出向等で

否応なくと言う場合や、今までであれば天下りなんて言うのもそうでした。これからの

若者は実力を試すためにも自分で切り開く力を持った方がいいんじゃないのかな。

脱藩思考です。転職でこうなる人もいっぱい見て来ました。自分は楽しいから今は

良かったと思いますが前職時代はこうでした。も自身の努力だけではどうも

ならない事もあります。豊かになりたかったから懸命に働いた高度経済成長とは違う

側面もあるのでしょうね。なぜなら皆が豊かにはならないから。パイが大きくならない

から分捕り合戦をやっているのだから。だから産業の盛衰があるのでしょう。さてさて

こんな時代はよくよくモノを見る目を養いながら、実行あるのみなんでしょうね。努力

しない所には芽も出ません。努力は最低限の条件で、運と縁が水と太陽なのかな~。

|

« 祝 法人設立おめでとうございます ツマH社長様 | トップページ | コネタマ »

不動産投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 産業の盛衰:

« 祝 法人設立おめでとうございます ツマH社長様 | トップページ | コネタマ »