« やっぱり夜は暑かった | トップページ | サブリース »

辻元さんの事

 社民党の辻元清美さんが社民党から離党しました。

 普天間問題で社民が連立離脱をするまでは国交省副大臣として手腕を発揮していたと

言うのは周知の事実であり、自分の力をもっと有効に国の為に使いたいと言うお気持ちで

今の社民ではダメだ・・・と言うのは悪いことではないと思います。能力があるのであれば、

それを最大限発揮させて国の為になる様に活躍すればいいでしょう。彼女ほどの能力の

ない人達は、背信行為だとかなんだとか言うかも知れませんが、何事もやってみたらいい

んですよ。それが国の為、国民の為になるのであれば皆歓迎するでしょう。

 彼女は言葉がタツので私も苦手なタイプでしたけれど、国交省の中では本当に皆の

意見も聞きながら、副大臣としてのリーダーシップも発揮していたと聞きます。だからこそ

あの離任の涙だったのでしょう。まだまだやらねばならない事がある、と言う想いだった

のでしょう。今どき珍しいガンバリ屋さんじゃないですか。政党のしがらみから反発もある

と思うけれども、できれば彼女にはやりたい様にやらせてあげると言う度量の大きさを

社民党にも求めたいところです。

 今の政治家さん達は小粒な人が増えたと思いますが、久しぶりのいい政治の出来事

なんじゃないかと思う今日この頃です。(ご自身の選挙事情もあると思いますが、もっと

考えるモノがあったのだと思っています。)

 ところで今の政治家さんたちが小粒化したのと上場企業が小粒化したのは同根の元凶

があるのではないでしょうか。それは『リクルーター』の存在です。政治の場合はなんて

呼ぶのか知りませんが、自分が分かる人間と言うのは大抵自分より小粒なんですよね。

知らず知らず防衛本能から、自分より低位のモノを取ろうとする。または同様な考えを

持つものばかりを集める・・・だから組織の根が腐って来るんですよね。今の自民には

歴然とこの傾向があります。田中角栄さんと森嘉朗さんでは月とスッポンですよね。

 今の自民は二度と田中角栄さんは出て来ないと思います。(民主も頼りないですが、

まだ確認できないと言った方がいいのかな。) 自由闊達でかつ努力の人の芽は摘まな

い政党政治になって欲しいなぁ。利権やお金に縛られなくても出来るでしょう。それこそ

辻元さんみたいに身を切っても国の為に尽くしたいと言う気持ちを持つ国士がたくさん

欲しいと思います。

 本当に辻元さんガンバレと思います。

|

« やっぱり夜は暑かった | トップページ | サブリース »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辻元さんの事:

« やっぱり夜は暑かった | トップページ | サブリース »