« 冷戦後の資本主義について | トップページ | 難しいかじ取り・・・ガンバレ日本 »

帰省と言えば・・・

ブログネタ: 「帰省」といえば?参加数拍手

 東名から名古屋そして大阪を目指すのが帰省なのですが、なんせお盆は渋滞が大変。

ワンマンで車を運転しますから混雑を避けるべく深夜の首都高を西に向けて走ります。

ただお盆の時期は車輛は多いですよね。ちょっと走っては渋滞、また流れては渋滞。

SA、PAに停まっては休憩するも、いよいよ浜名湖でダウンして本格的に睡眠を取りまし

た。そこからは行けども行けども渋滞です。ここから先5キロとか、3キロとか・・・どうなって

いるのと思いながらいろんなCDをかけながら退屈を紛らわせます。テレビはたいてい

入りません。う~んと嫌になりながらも名古屋を超えます。知った地名が出てくると元気

になりますし、SAの間食も味覚が西の味になってきます。さぁもうすぐ・・・と思いきや

天王山トンネルの手前で全然動かなくなります。お手洗いが我慢できずに仕方なしに

車を降りて路肩で用を足します。それでも前の車は1ミリも動いていませんでした。

 高速道路の走行車線に車を停めて用を足したのはこれが最初で最後ですが、そんな

想いをしながらの帰省です。遠いのはかないませんねぇ・・・と言うのが率直な感想です。

それ以後は新幹線か飛行機を使っていますが、やはり値段が高くて自由じゃないから・・

だんだんと帰省が出来んようになって来ますわな。

 ところがちょっとした訳がありまして、死んだじいちゃん・ばぁちゃんのお墓だけは墓参

りに行く機会がちょくちょくありまして・・・我が親よりもお墓の中のじいちゃん・ばぁちゃん

の方がたくさん会っているという状況なのでございます。これも巡り合わせ・縁なのです

かね~。

|

« 冷戦後の資本主義について | トップページ | 難しいかじ取り・・・ガンバレ日本 »

コネタマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰省と言えば・・・:

« 冷戦後の資本主義について | トップページ | 難しいかじ取り・・・ガンバレ日本 »