« 世の中の『困った』が見える眼と、それを考える柔軟頭 | トップページ | ゲゲゲの女房もあと2日で終了です »

ハンズマンさんに学ぶ

 カンブリア宮殿のハンズマンさん・・・ここ数日、わが身に置き換えるとどうなるのか?

と言う事が気になっています。

 『他者の幸福への関与』・・・お客様と従業員の幸福の追求・・・これが出来なければ、

会社が存在する意味がないです。私利私欲を満たすために会社があるのではないで

すからね。近江商人の『三方よし』は私が理想とする考え方ですが、契約の双方が共

に利があり、更には地域にも利がある商行為を目指そうとするものです。自己の利益

の追求が主眼では商売は長続きしません。なぜならお客さんがそれを支持してくれませ

んからね。パイはすぐに食べつくされてしまいます。新しいパイを探すのではなくパイそ

のものを大きくする工夫がなければいつかは尽きてしまう、そんな商売はマズイでしょ

うと先人達が教えてくれているのだと思います。それではお客様にどうして喜んでいた

だくのか・・・。これはケースバイケースだし、受け止めていただくお客様によっても違う

のだと思います。一言で言えば『おもてなしの心』とでも言うのでしょうか。言うは易いで

すが、その行動は・・・難しいですね。下手をするとお念仏のようになりがちなお話しです。

自分の仕事にあてはめて考えてみますと・・・。

 やるべきことがたくさん見えて来ます。汗をかく事を惜しむ気は毛頭ありません。

 ただ『お客様が望む事』をしっかりとお話ししていただき、それに対してリバースター

が持っている力が有効に作用するのか。作用するのであればお話しはお請けします

し、当方では出来ない、また向かない仕事であればお断りする。そういう気持ちが必要

なのだと思っています。少人数の経営ですから決して万人向けではないけれど、この

お客様のお役になら立てると思った場合にはフルサービスでお仕事が出来なければ

なりません。

 お一人、お一人と、まさにパートナーとしての役割がしっかり発揮できれば・・・社長

冥利に尽きるのですが・・・。

|

« 世の中の『困った』が見える眼と、それを考える柔軟頭 | トップページ | ゲゲゲの女房もあと2日で終了です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンズマンさんに学ぶ:

« 世の中の『困った』が見える眼と、それを考える柔軟頭 | トップページ | ゲゲゲの女房もあと2日で終了です »