« チーム円阿弥ミーティング | トップページ | 洗車 »

お詫び・・・やっては行けない事をしてしまいました

 物件購入のお申込みをK様からいただき売主様との交渉が始まります。(8月29日の

事でした。)

 大きな財閥系のお名前の会社さんだったのですが・・・

財閥・なんとか月内契約にして貰えませんか?

当社・それは売主様のご意向ですか?

財閥・いいえ。当社サイドなのですが、どうしても月内契約にしたいのです。

当社・もう日がないですし、お勤めの関係で無理です。

財閥・平日の夜、例えば11時からでも結構です。金額的にも無理を言っているのでお値

    引き交渉に応じますので・・・。

このお話ならばご購入希望者さんにメリットが出るかも・・・と話を預かってお客様と交渉

しました。

お客様・月末で忙しいのです。お安くなるのは魅力的なのでなんとか調整はしますが・・・

     契約は9月5日を希望します。ただちょっと調整してみます・・・。

当社・かしこまりました。9月5日とご報告いたします。手付金○万円さえご準備いただ

    ければ契約の時間はなんとかできるとの事でしたので・・・。

そしてこのお話しを財閥系にしましたが、どうしても月内にこだわっています。なんとか

して欲しいと催促が続きます。

財閥・どうですか。月末までにご契約いただけますか。

当社・月末までは厳しいので9月5日を予定日として下さい。ただご購入者様も日程は

    調整されていますから・・・。ちょっと時間を下さい(8月30日)

この後、ご購入希望者様より電話があり、『なんだか分からなくなってきてしまいました。

ちょっとゆっくり考えたいのでしばらく時間をいただけませんか。9月5日まで・・・と言う

のも難しいです。』とのお申し出がありまして、売主様にもご連絡し、一度白紙にさせて

いただいて再度検討しましょうと言う事になった次第です。

 我々不動産業者の仕事は『縁結び』がお仕事なのですが、不動産業者の『暴挙』に

より破談させてしまったのです。とても恥ずかしいお話しですね。

 当社の反省点は、金額的なメリットがあると感じてこの交渉に乗ってしまった事です。

不動産業者の成績によって月内契約に拘ると言うのはいかがなものかと思います。そ

もそも財閥系の自分本位な姿勢はあるまじき行為です。が、結果として当社もその片棒

をかついだ形になってしまい、お客様のお仕事のサイクルを無視して契約を急がせてし

まったと言うのは大いなる反省点です。高額なお買い物ですから、ご購入者様のお気持

ち・お考えを察して、熟慮いただける環境をまずは作らねばなりません。そのうえで『◎』

であれば契約に進むと言う気持ちでないと二人三脚でサポートしているとは言えません。

このお客様からは9月5日に電話をしますとのお申し出をいただきましたが、当社より

先のお詫びを申し上げ、9月5日には拘らずに再度ゆっくりお考えください。不動産は

ご縁の賜物、また方向性が決まりましたら、そしてその際、当社を再度お選びいただ

けるのであればご連絡下さいとお詫びさせていただきました。

 高額なお買い物ですからよくよくご検討いただける場をキチンと作らなければなりま

せん。そして何よりご購入をしようとされている方のお考え、お気持ちをしっかりと考え

くみ取らねばなりません。これが『お客様以上にお客様の事を考える』基本です。

 この度は大変申し訳ないことをしたと思っております。大いなる反省点と認識し、今後

この様な事態を招く事がない様に社内で反省をした次第です。

 お恥ずかしい事柄ですが、その反省の気持ちを永く持ち続けるためにも本件、ブログ

に敢えて記載いたしました。

|

« チーム円阿弥ミーティング | トップページ | 洗車 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お詫び・・・やっては行けない事をしてしまいました:

« チーム円阿弥ミーティング | トップページ | 洗車 »