« 管理物件の視察 | トップページ | テナント・一等立地に異常あり »

ゲゲゲの女房 最終回

 朝のお楽しみの1つがなくなってしまいます。ゲゲゲの女房・・・本当に楽しく見させて

いただきました。

 最終話で『見えないけどいるもの』に支えられ、守られて皆一緒にやって来れたと語る

シーンがありました。ゲゲゲでは妖怪たちなのでしょうけれど、私の生活・仕事面でも同

様に『眼には見えない大切なモノ』がいっぱいあります。信用・信頼と言うもの。言い換え

れば『のれん』の重みです。いろんな業者さんやお客さん方とお会いする機会や商談の

場で、『信用・信頼』を重んじる方、またそうでない方。一方的に怒鳴りまくられる方まで

あります。眼に見えるモノだけを信じ、『自分のものは自分のモノ。他人のものも自分の

モノ』と言わんばかりなお話しに終始されます。まぁ困ったモノです。

 因果応報と言う言葉がありますが、自分に力があるので自然の摂理まで曲げられる

と錯覚されているのでしょうね。まぁ大きなお金が動くのが不動産取引ですから本性が

見える、見えやすいモノなのかも知れません。ただ私自身は『眼に見えないモノの大切

さ』を実感しながら仕事をして行きたいなぁと感じています。そもそも仕事(商売)はお金

儲けの場に非ず。自分の修業の場であり、利を追うのではなく、他者の幸福の追求の

結果、お金もついてくると言う状況・状態でありたいと願っています。

 いいお客様との語らいの場があって、僅かなお酒とつまみがあれば充分満足なので

すが・・・。もちろんそこにはお客様の『ありがとう』が必要ですね。これだけあれば私は

幸せです。この幸せを求めて仕事をしなきゃです。

 ゲゲゲの女房を見て、『眼に見えないモノの大切さ』をまた『足る事を知る』と言う事を

学びました。とてもいいドラマでしたね。

|

« 管理物件の視察 | トップページ | テナント・一等立地に異常あり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲゲゲの女房 最終回:

« 管理物件の視察 | トップページ | テナント・一等立地に異常あり »