« 大阪オバチャン | トップページ | 秋の一日 »

大阪のオヤジ

 大阪シリーズが続きます。

 大阪のオバチャン・オカンは全国区になっていますが、オヤジ・オトンはあまり有名に

なりませんね。

 オカンだけが個性的な訳ではもちろんありません。充分にオトンも個性的だと思います。

 ただオカンの方が『弾けている』とは言えるでしょう。やはり男性は集団と言うものを少し

は意識します。スパッツも動物柄もオトンはあまり着ませんし、頭が紫にもあまりならない

です。見た目には大阪オヤジはフツーです。

 ただオカンに憧れているのか、小ネタを持っている人、又小ネタの保有率は全国トッ

プレベル(面白いかどうかは別)だと思います。土地柄、お笑い番組はたくさんあります

し、『笑い』>『男前』 の異常値は常に示し続けています。大阪以外は絶対に『男前』

を取るのでしょうか、大阪だけは『笑い』の方が上です。『男前』は産まれながら先天的

なものですが、『笑い』は努力すればレベルが上がりますからね。(パラダイス大阪)

そんな訳で時々場を寒くしてしまうオヤジが居たりする弊害もありますが、タケミツで

切ったり、おもちゃのピストルで『バーン』とやると死んだマネをするオヤジが多いん

です。オカンには恥じらいがないから無難にこなすのですが、オヤジには僅かに残った

恥じらいが場を寒くさせるぎこちなさに繋がります。

 まぁそんな訳で、オヤジも努力はしているのですが板に付かない『スーパーのかまぼ

こ』みたいな状況なんですね。

|

« 大阪オバチャン | トップページ | 秋の一日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪のオヤジ:

« 大阪オバチャン | トップページ | 秋の一日 »