« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

今年一年ありがとうございました

 昨日はちょっとした用事で東大宮に行ってきました。

 普段はあまり気にならないのですが、自転車だとさいたま市内の起伏が気になる

気になる・・・なんの意味でここが膨らんでいるの?と思ってしまいます。

 北浦和から東大宮ですからまぁまぁの距離がありますがJRの線路をクリアする為の

橋が私の脚力を鍛えてくれました。JR・・・いい加減にせなアカンで。たまには道を譲れ

よ・・・と言いたくなります。

 さて激動の2010年も本日で終わり、明日から2011年となります。2010年はいろんな事

がありましたけれども、いいご縁にたくさん恵まれました。総じていい一年だった様に

感じております。 仕事とは大変なモノ、人さまからお金をいただく事は辛いモノと思

っておりましたけれども『自分がこれだけ楽しくてなおかつ感謝していただき、またお金

をいただける』訳です。生業そのものを楽しむ事だってあるんだなぁと眼からウロコの

1年でした。いみじくも昨日の『異業種交流会』で、どこで仕事をするのかが問題ではな

くてゴールの設定をして、どうやってそのゴールに向かうのかが問題だと言うお話し

があり、私もそう思っておりますが、私以上に同席の方がその通りですね とガッテ

ンしておられる姿が印象的でした。『異業種交流会』はとても勉強になります

 人間は財産の多寡には差がありますが時間は平等に24時間です。24時間の内の

大部分を仕事が占める訳ですから、やはり仕事は『楽しい』方がいい。『楽しい』と言う

定義はなかなか難しいですが『自己実現』が出来る場=楽しい仕事がいいです。金銭

も大切だとは思いますがお金は後からついてくる・・・『やりがい』がある事を優先して

いると仕事は楽しいです。

 たくさんのご縁があった今年は今日で終わりますが、引き続きで来年もこの路線は

変更せず、何事にも興味が持てる分野には積極的にトライしたいです。何事も勉強

ですし、経験はとても大切だと思います。好きにならないといろんなモノが見えて来な

いです。42歳ですがまだまだ『青春』いろんな経験をしたいです。その為にもご縁を

大切に、お天道様に胸を張れる仕事をし続けたいと思っています。

 さぁ来年はどんな事ができるでしょうか。

 (今年お付き合いをさせていただきました皆様方には心より感謝申し上げます。皆さま

とのお付き合いの結果、今年は『楽しかった』と思える一年となりました。また来年もよろ

しくお願いいたします。皆さまのご多幸を祈念いたしております。

 どうぞよいお年をお迎え下さい。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異業種交流会

 昨日はお掃除が終わった後、子供達には悪かったのですが大人の部だけで『異業種

交流会』を開催しました。チーム満室とチーム円阿弥の合同忘年会といった感がありま

すが、ご一同集合しての一年の締めくくりの会でございました。

 お集まりいただいた方々は凄い方々ですからお話しが多岐に渡って、またメッチャ深い

お話しです。半分ぐらいは素養がない分野のお話だったので???と言う状況もありまし

たけれども(普段いただかないお酒も入っていましたし・・・)、あっと言う間の交流会で

した。とても楽しかったですし勉強にもなりました。

 年の押し迫ったこの時期に初対面の2つのチームでしたけれども、早々に新年会☞

第2回異業種交流会をやりましょうねとお約束しての閉幕でした。

 もっと早く『異業種交流会』をやっていたら良かったですね。双方の経験・知識・人脈

が相乗効果でいろんなモノを産む予感があります。新しいモノを創るって楽しいです。そ

してトンテンカントンテンカンと鍛冶仕事の様にディスカッションしながら肉付けして行く

作業はワクワクします。もちろんそれぞれのチームでの大切なミッションは粛々と実行

しながら、この合同チームでも昨日お話しした内容なんかも1つのテーマですが(2万

個ですよね~)ぜひぜひ事業化しましょうね~。メッチャ楽しい交流会でした。

提案です。昨日の合同チームの命名『チーム2万個』でどうでしょう。ベタ過ぎます

か~。『チーム百万弗』?何を目指すか・・・から『チームPDCA』もいいなぁ、命名センス

は私が最も劣っているので(タンスにゴンの大阪センス)次回の新年会で命名してもらい

ましょう~

 昨日はお疲れさまでした。また今年一年ありがとうございました。どうぞよいお年をお

迎え下さいませ。昨日は随分と酔っ払っておりましたのでちゃんとご挨拶が出来ません

でしたので・・・こんなとこではございますが、一年の感謝の意も込めましてご挨拶させて

いただく次第でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供たちの活躍

 今日はとある物件の大掃除にオーナー様親子とご一緒しました。

 先日管理を受託、お部屋内での作業をした際にお部屋の臭いと共用廊下・階段の美観

に難ありとご報告し、お子様達と一緒に作業をしませんか?とご提案していたのです。

 物件の立地上、これからの新入学の学生さんにご入居いただきたい物件ですから

年末で親子ともども終日時間が取れる分、しっかりお掃除をしようと意気込んでの

お掃除です。

 高圧洗浄のケルヒャーのマシンを駆使し、また共用階段や廊下の照明の交換等、実に

お子さんたちが良く働きました。もちろんお父さんも百人力の働きですから親の背中を見

て育つ部分がありますね。学校の勉強も大切ですが『作業』に対してまじめに取り組

む姿勢って学校では教わらないものの『人として』大切な部分です。『素直』と『勤労の

悦び』ってとっても重要で倫理観の主軸になる部分だと思います。

 ちょっと重い『名人の仕事』がテーマの落語を帰りの道中で流したのですがこれもしっ

かり受け止めていたようで偉い子供たちだなぁと思いました。(残念ながら途中で時間切

れになってしまいましたけれど)

 お掃除で・・・つまりは『作業』で手を抜かずにしっかりやり通す事さえ、今はなかなか

出来ないご時世に、進んでやろうとする姿、どうしたらキレイに出来るかな?と工夫しな

がら取り組む姿、また積極的に仲間と協力して作業をする姿・・・を見ていて、この子た

ちってなんて上手に育っているんだろうと感心しました。この子達が持っている資質もあ

ると思いますが、お父さん・お母さんの子供に対する接し方がいいんだと思います。

この子たちと一緒に居ると楽しいと思える子供たちでした。

 丸一日お掃除をしてきたので『建物』は見違える様でした。お部屋の嫌な臭いもす

っかり無くなり、これからの募集活動にもきっと良い結果をもたらすでしょう。

 キレイになったと言う成果もさることながら、それ以上にお子さんたちにとっていい一日

だったのでは・・・と実感した一日でした。

 素敵な大人に成長して下さいね。今日は君たちが私の元気薬でした

 たくさんの活力をいただきましたよ。ありがとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしい人からの便り

 昨日はお客様と北浦和周辺物件の収益物件巡りでした。

 収益物件巡りでの成果もあったのでとても嬉しい御案内でした。

 お客様が帰られて雑務を処理し、そのお客さまからのメールが届いておりましたので

ご返信と打合せの為にメールを作成しておりますと、なんとも懐かしい方からの電話が

ありました。もう4年はお会いしていないですが、実は今夏お電話でこちらからちょっとし

たお願い事をした方で、偶然今日のご案内でも話題にしていたご仁からの電話にビック

リです。電話でちょっと世間話もしたのですがなんとなんと彼のお住まいが今日車を

停車していた場所から1分の距離とのお話しに二度ビックリです。『引き寄せの法則』と

言わずしてこんなな偶然ってある~ とドキドキでした。(おかげで先に作成したメールを

送信していたつもりが未送信になってしまったほどです)

 このご仁とはいろんな案件をやりましたけれども実に楽しかったので、出来る事なれ

ばまた一緒に仕事がやりたいなぁと思っていた方ですので、この方のご依頼とあらばこ

ちらもしっかりといい仕事で返さなければなりません。『打てば響く間柄』での依頼事

は心地がよいですからね。こちらからのお願い事が多かったのですが、今回はこのご仁

からのご依頼ですのでキッチリと対応したい旨のご報告をした次第です。

 詳細は書けませんが実は以前に今日ご案内させていただいたお客様のご依頼事を

成就出来た立役者がこのご仁でしたので、『繋がり』と言うか『ご縁』と言うか、『引き寄

せの法則』と言うのでしょうか・・・なんとも凄い偶然です。人のご縁は大切にしたいモノ

です。廻り回ってこんな偶然が偶然の玉突きでやってくるのです。人と人との出会いと

言うのは共鳴し合って大きな波紋を創るものだなぁと感心しています。

 明日は『異業種交流会』を開催する予定ですが、明日もいい波動を産み出す事が

出来ると嬉しいなぁと思っています。

 人の輪をどんどん創る為にも私自身、身を正して行動しなければなりません。

 お天道様はちゃんと見ているのだと思う今日この頃でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コネタマ

ブログネタ: 戦隊ものの特撮に出るとしたら、あなたのカラーは?参加数

 自分の事はわきまえています。

 私を知る人に聞くと多分100人中、90人位までは『黄レンジャー』だと思います。

 見たままやん と突っ込みを入れたくなりますが、赤レンジャーとは言われないでし

ょう。ミドレンジャーは『若者』って感じだし、モモレンジャーはマツコデラックスさんになっ

てしまいます。青レンジャーは男前のイメージだから3回位輪廻転生しなければ立候補

は出来ません。

 ポッチャリ系は黄レンジャーしか残っていないですよね。そして『カレー』のイメージ

でしょ。黄レンジャーは損ですね。ブーとかエースコックとか・・・だいたい笑いのセンス

のない人達のあだ名の付け方はそんな感じです。もうちょっとひねれよ と言いたくな

りますよね。

 今までの友人のあだ名で一番秀逸な見たままのあだ名は大学の頃、授業にジャージ

姿でやって来る友達がいましてしかも田舎の中学生じゃあるまいに自転車なのに気分

はバイクなのかヘルメットをかぶって来るんですよね。岡山の方言丸出しで『・・・じゃ』と

よく言っていました。明石の舞子出身の友人(明石は泉南同様ガラが悪いんですが)が

彼の事を『ジャーメット』と言いだし、全体的には可愛らしいイメージを持ちながら『おまえ

おかしいやろ~』の突っ込み精神も入っていますのでいいネーミングだと思います。

たぶん何かの商品ならネーミングだけで『売れそう』な名前ですね。

 黄レンジャー・エースコック・ブーよりはひねりがあって好きなあだ名です。

 そもそも『戦隊モノ』と言えば『ゴレンジャー』がオヤジなのでしょうか?

 キカイダーとハカイダー・・・みたいに見たまま(これはきっと関東センスですよ)のネー

ミングでは今の子供はしらけてしまうのでしょうね。キカイダーだから透けた顔の半分が

何の機械やねん・・・的な斬新なフォルムでしたが・・・あれは今風に言いますと『ユルキ

ャラ戦隊モノ』です。大田区あたりのユルキャラで『マチコウバン』(町工場)とか『テッコウ

ショー』(鉄工所)なんかが居たら面白いな。元気アイテムで『キャドカム』がやって来ると

か、悪のボスは『ゼイムショー』(税務署)でコイツがとってもタチが悪くてイジワルで・・・。

ちょっと前には新幹線の変形ロボみたいなヤツが居ましたから、案外中小企業シリー

ズでやっても面白いですよね。『ヘラシボリン』とか・・・一部で熱狂的なファンが出そう。

 テレビ局でもこんな壮大な幼児に夢を与える戦隊モノを創ったらどうなんでしょう

親子揃って安心して、しかも親子ともワクワクして見れる戦隊モノですよね。

 幼児が職人に憧れるのだっていいな。『トウリョウ』の元に『サカーン』(左官)とか

デーク(大工・江戸風)なんてね。『リョウシ』(漁師)や『マターギ』(猟師)もいい

あれ・・・いつの間にか私のセンスが『エースコック』レベルになっていますね。

※埼玉シリーズで考えたのですが、地域シリーズで『フライ』がピンチになって元気薬

を飲むと『ゼリーフライ』になるとか・・・フライとゼリーフライは全然別モノですよ。念の

ためにね。これだと『ギョウダマン』ですね。番組名を『ケンホーク』にしてフカヤン(深谷)

の必殺武器が『ネギリトール』(ネギリ取る)とかクマガヤン(熊谷)は『ホルモン』(そのまま

ですね?)・・・アカン、睡眠不足ですからたいして面白くもない妄想がどんどん出てくる~。

どこぞのプロデューサーがこれを見てくれたら・・・このプランただで上げますから使って

いいですよ。

拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深夜番組

 昨日は新築マンションで長時間作業をしておりました。

 立ち仕事が長かったのでちょっと腰が痛いです

 でもおかげ様で『見えたモノ』が随分とあり収穫が大でした。

今日は興味深い物件のご案内をする予定です。また大きな収穫があると嬉しいですね。

さて今日はどんな一日になりますことやら。

今は朝の4時です。なぜこんな時間にブログを書いているのかと言いますと、夜中にお手

洗いに行きたくなりまして・・・その後テレビをちょっとつけて見ますと 『相棒』をやって

いました。ウトウトしながら(オフタイマーをセットして)音だけ聞いていたら面白過ぎで眼が

ランラン。すっかり深夜枠にハマってドラマ鑑賞してしまった次第です。映画の宣伝なの

でしょうが・・・相棒は深夜やったらあきません。だって眠れなくなるから。

 もう年の瀬ですからちょっと位の睡眠不足で有れば我慢しなきゃですかね~。

 相棒は面白いなぁ~。

 さぁ、これから眠ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M-1

  大阪出身の私としてはやはり漫才には興味があります。

 M-1は結成10年までの若手の中で日本一を決めるイベントですから本当に日本一の

漫才師かと言われると???ですが、それでも勢いのある漫才を見せて貰って面白か

ったです。

 優勝は『笑い飯』でした。彼等はずっとダブルぼけで漫才をやっていますからよくも悪

くも自分のスタイルを通した格好です。私は沖縄のコンビ『スリムクラブ』がメッチャ面白

かったと思ったのですが、技能的にはやはりM-1優勝とは言えないのかなぁ。

 今回の決勝に残った人達の漫才を見ていても昔ながらの『しゃべくり』で勝負している

人達はぐっと少なく、コントチックなコンビが多かった様に感じます。4分でしゃべくりに

徹するのであればコントチックな方が掴みやすいのかなぁ。

 今年の第10回大会でもってM-1は終了するとの事でちょっと残念ですが、お笑い番組が

下降線ですから仕方がないのかも知れません。ネタ見せ番組も激減しましたので

若手の漫才さんはちょっと大変かも知れませんね。

 落語家さんにいい味を出している人達が随分増えてきています。今度は漫才から

落語にスポットライトが移ればそれはそれでいいのですが・・・落語は漫才よりもテレビ

的でないからアカンのです。途中でCMが入れられませんから。漫才だって寄席サイズ

であれば10~15分は演らなアカンのですがテレビ的に4分です。落語は4分では出来な

いでしょうからね。やっぱりライブに行くしかないのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画・相棒

 テレビドラマでは今年は『ゲゲゲ』が面白かったですが、映画にもなっている『相棒』

はドラマとしては秀逸だと思います。相棒は脚本がとても粋です。エンディングロール

の後の一言も洒落ていていいです。また杉下右京さんが格好いいですし、時々メッチャ

怒る姿が泣けます。右京さんの趣味・嗜好も好き。紅茶が好きで落語も好きですから

自分と一緒やと密かに思っておりますと、更に『電車好き』まで一緒な方がこのドラマ

にはいます。鑑識米沢守さんです。あ~、こっちならもっと自分に似ているかも・・・と思っ

てしまう所がちょっと悲しいです。

 昨日の映画の宣伝番組で、鑑識・米沢さんは落語好きで電車好き☞『オタク』と評され

ておりました。と言う事は私も『オタク』そんなアホな・・・ですよ。今や落語も電車も

市民権を得ている立派な趣味でしょ。オタクではないと思います

 落語好きは電車好きが多いのかな。電車好きが落語好きになるのか。ちょっと妄

想家が多いのだと思います。イメージが豊か、発想力が豊かな人達です。

 今やっている映画『相棒』はぜひ見に行きたいと思っております。邦画ですから出演

者と役柄が一致するので分かり易いですしね。(洋画は外人が皆同じ顔に見えるので

誰が誰か分からんようになってしまいます。)

 相棒は映画の宣伝も兼ねて、ガンガン再放送をしてくれるのでちょっと嬉しい年の瀬

になっている今日この頃でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪国

 寒い、寒いと思っていたら・・・今朝、例の如く我が管理物件『ブルー』の共用廊下や階段

のお掃除をしておりますとそこから見える貨物列車の顔が雪まみれでした。コンテナや

貨車にはしっかり雪が積り、最後尾には巻きあげた雪がゴツゴツとくっついていました。

 今朝は雪のせいでどの列車かが遅れたのか、次から次に貨物がやって来ました。どの

列車も頑張って来ました と言う姿でガタゴトと走って行きます。どことなく誇らしげで

もうちょっとやから頑張りや(どこまで行くのか知りませんが)と声をかけてあげたくなる

ほどでした。

 貨物列車を見て雪国に想いを馳せる・・・お掃除に精を出す私に一日遅れのサンタさん

のクリスマスプレゼントでしょうか

 サンタさんからは『え~っ、期日指定で出したのにJRさん遅配ですか~』とサンタさん

のボヤキが聞こえてきそうです。

  JRさんは雪の中、メチャメチャ頑張って定時運行していると思いますヨ。

 気分・気分・・・ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご縁について 一期一会とは

 『ご縁』って何なのでしょう。

 袖すり合うも多少の縁と申しますが、ご縁を活かすも活かさぬも当人次第。やはりご縁

は活かしたいですからこちらも日々精進の毎日です。

 世間では『出会う』ことが縁だと言われている様ですが、私はそれは『ご縁』の一部で

むしろ『出会ってから後』が大切だと思っています。せっかく出会ったご縁は、その後『成

長』させて行かねばなりません。一期一会とは大辞林では『茶会は毎回、一生に一度だ

という思いをこめて、主客とも誠心誠意、真剣に行うべきことを説いた語。転じて、一生

に一度しかない出会い。一生に一度かぎりであること。』とあります。

 さてさて茶会ではなく、日常の生活や仕事の場ではお別れがあって初めて1つの出会

いが終了する訳でフツーの方なれば、出会ったらどんどんと積み重ねの作業がありま

す。積み上げるモノは『信頼』です。これは毎日の事ですから『お化粧』や張りぼてでは

務まらない。やはり自分を磨くしかない訳です。そして大辞林にある様に主客とも誠心

誠意で真剣に行う事が最も『ご縁』の良い関係だと思います。

 騙すのは論外にしても、誠意の無いお付き合いは結局何も残らないと思っています。

 『ご縁』と言う言葉はとても大切な言葉であり、それを大切に思う気持ちは神棚に手を

合わす以上に商売にとって大切な事だと思います。

 悪銭身に付かずと言う言葉がありますが一時的な成功を手にする事が出来ても、そ

れは決して続かないものなのだと思います。先日『破産』の為の債権届を目にする機会

がありました。去年会った時には『我が世の春』を謳歌しておられましたけれども、お金

の通り道がその方から離れて行ったのでしょう。『ご縁』が感じられなくなると『お金の

通り道』は徐々に離れて行くようです。(私自身も反省する出来事がありました。)

 そして一度離れて行くとその離れるスピードは加速度を増して離れて行きます。その

時に『アッ』と思ってもどうにもならないと言う事がよくあるそうです。

 『ご縁』を大切にすると言うのは先人が遺してくれた道標なのかも知れません。

 ついつい自分の力を過信する、『ご縁』を自分が引き寄せる力があると勘違いして

しまう事も良くある話なのでしょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンバルチカラ

 ガンバルって大変です。

瞬発力に秀でている人もあれば、持続力に秀でている人もあります。

真面目にコツコツとやる事が好きな人、発想力重視の人・・・十人十色ですね

 ガンバルにはとても大きな活力と言いますか、原動力が必要です。普通にやるので

なくて爆発力が求められる訳で、何か燃料がないと常に爆発していたら壊れてしまい

ますから。

 人によってはお金だったり、地位・名声だったり・・・『ガンバル』活力源もいろいろです

ね。家に帰ったら可愛い子供が待っている・・・こんな方もあるでしょう。

 『活力源』になるものであれば何だっていいのだと思います。ガンバッテイルと言うの

は自分を磨いている事なのだと思いますので。夢中になって打ちこめる何かを見つけ

ている事だって素晴らしい事だと思います。

 私にとっての活力源は『周りの方々が自分を必要としてくれている事』を感じる事で

舞台があれば必死で熱演したくなります。その場その場で好演出来る時もあれば、全

然期待はずれに終わる時もあります。その都度反省している訳ですが・・・。

 周りの人々と言うのは年齢の上下、立場・・・いろいろな違いはありますが自分にとっ

ての『仲間』だと思っています。今、こうして仕事が出来ているのも、いろんな『ご縁』と

遭遇するのも『仲間』無くしては語れません。出会いがあれば別れもあります。また

再び相まみえる時もあれば、今後お互いに一緒の時は過ごさない方もあります。それ

もまた『ご縁』です。ただ私自身は『一期一会』の気持ちは持ってベストを尽くそうと思っ

ています。それが自分にできる『おもてなし』の精神です。

 心の燃料が空になって来ると『ガンバレ』なくなって来る時もありますが、♪『いつでも

満タンに・・・』していないといけませんね。

友人からのメールや連絡、時には逢おうかと言うお誘いがやはり嬉しいです。

持つべきモノは友・仲間。42歳になってつくづくそう思います。世間はクリスマスですが

自分にとっても大きなクリスマスプレゼントが幾つも届きました。ありがたい事です。

ガンバル活力源が満タンになりましたよ。

 42歳になると枯れて来ますので燃料タンクも小さくなってくるのでしょう。その分燃費

はよくなって来てハイブリッドになって来る。『経験』が蓄電池になるのですかね。アイ

ドリングストップまではまだ出来ない自分ですが、やっぱり『ガンバッテ』いたい、

燃えていたいと思います。いつまでも青春ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝

 クリスマスが終わるともう年末年始モードですね。

 もう夜なんて寒い・寒い・・・。今年の猛暑も記憶のかなた、あまりに色んな事がありすぎ

てちょっと前の事がすぐセピア色に変わってしまいます。

 何か面白い事ないかな?役に立てる事ないかな?・・・と思いながらお仕事をさせていた

だいておりますが、いろいろと経験が出来た1年だったなぁと感慨深いモノがありますね。

今年一年はとても面白い1年でした。

 まだ数日残っていますのでフワフワ流されることなく地に足つけてお仕事に頑張りたいと

思っております。

 今年出会った多くの方々・旧知の間柄でお仕事をさせていただいた方々に感謝です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

てっぱん

 今年の前半戦は『ゲゲゲの女房』をしっかり見ました。ゲゲゲは面白かったですね。

 その後を継いだのが『てっぱん』でした。もう『大阪』を前面に出すのは勘弁して・・・と

朝の連続テレビ小説はリタイアしました。

 てっぱんはまぁまぁの視聴率を維持しており、『お好み焼き』のプチブームを作ってる

みたいです。お好み焼き、一銭洋食、広島焼き・・・焼きそばはもはや全国区でご当地

モノが随分出ていますがお好み焼きはご当地モノがちょっと少なめ。埼玉県行田市の

『フライ』もここのジャンルに入るようですね。(食べた事がありません)

 行田の忍城を見学には行きましたけれども、B級グルメは食べた事がありませんので

ゼリーフライ・フライなど行田地区で特別な進化を遂げたご当地モノはぜひ一度食べて

みたいものです。行田のそばの熊谷には去年ホルモン焼きを食べに行きました。熊谷

の夏の暑さは半端じゃなく、その暑さに耐えるべくスタミナ料理を食べるとの事でしたけ

れど、夏の暑いなか冷房のない店内で、ボーボー七輪の炎が焚かれて暑いのなん

の・・・。明日のジョーの目パッチのおっさんみたいなおっさんが数人、独りでホルモンを

焼いている姿は異様でした。我がテーブルにはここのお店を案内してくれた友人が頼ん

だハラミやナンコツが届きましたがナンコツが噛みきれない。噛み切れないのと暑さで

スタミナをつける為にホルモンを食べているはずなのにスタミナが浪費されて行きます。

45分ほど食べていた様に思うのですが・・・記憶が飛んでしまいました。ホルモンを食べ

てダウンしたのです。帰りの車の エアコンの気持ちいい事、快適な事

 やっぱりホルモンよりエアコンやで・・・暑い時は精をつけるより、静でいる方がええね

んと妙なガッテンをした次第です。熊谷グルメはもう勘弁ですが、次はお隣街の行田グ

ルメがいいですね。ぜひ来年は行田グルメをトライしてみようと思っています。

 閑話休題。『てっぱん』でした。

 てっぱん問題は、我が管理物件にもひとつございます。とても重い鉄板問題なのです

がオーナー様とコツコツと努力して行こう と考えています。

まだいただいた事がない鉄板ですが一度いただいて見ようというところから、てっぱんが

活躍する環境づくりをしよう・・・その他いろいろな案まで出ています。

さて、こちらの『てっぱん』の来年の動向は・・・。よくなって欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンブリア宮殿 吉利

 昨日のカンブリア宮殿は『吉利汽車』でした。

 中国の自動車会社で『ボルボ』を買収した企業として有名になっています。

韓国の『現代』も今ではいい自動車を出す様になっていますが、中国は時間をお金で

買うかの如く、短期間でいい自動車を開発するようになっていたのですね。もっともそれ

ぞれの部品は世界各国から調達している様ですが・・・。

 『アジア人』として生きられるかどうか・・・と言うのが大きなテーマでした。

 中国人の旺盛な・・・貪欲と言っても良いほどの経済活動の前に、日本はどう対処して

行くのでしょうね。

 自動車などの機械に関しては、価格と対比してよいものであれば売れると思います。

自動車などは『命』を預けますから『信用』がなければなりませんが、信用できるもので

あれば安いモノを選択する余地が出ます。トヨタに関して全米がまさにそんな眼で見て

いるのだと思いますよ。日本の車・・・トヨタってどうなの?やっぱり安い分ダメなんじゃ

ない?と思われているのではないでしょうか。安いか高いかはGM等のアメリカ車との

対比ですね。

 中国はコピー天国だから、模倣ばかりで安全性には疑問があるんじゃない?と言う

考えはバッサリ斬られる程の『吉利』はちゃんとしたメーカーでした。

車は日本車が性能対比ではお値段が安いのだそうですが、『家』は欧米の建物に比べ

て日本の家は3倍なのだそうです。ここには関税の障壁があるのだそうですよ。もっとも

日本人は細かい所が気になる民族性がありますので、仕上がりが大雑把な欧米のモノ

がそのまま入るのかどうか分かりませんが、イケアが評価されることからしても値段が

グッと安ければやはり受け入れられる余地があるのでしょう。(イケアの品物もそんな

レベルですものね。)

 そうしたら大半の『ハウスメーカー』はやっていけなくなるのかな?

 住宅展示場のハウスメーカーの大半は、やはり暴利を取っていますからね。坪単価

と言うのはべらぼうです。欧米と比較すると3倍ですが、日本国内の平均坪単価と対比

してもべらぼうと言うのではネ。その高価に理由があればいいですが、有名メーカーでも

各現場によって全然良し悪しが違います。いい加減なメーカーさんもありますので要

注意です。もっとも紹介をするだけでハウスメーカーさんよりも多額な利益を抜いて

しまう不動産会社さんもあるようですが。

 信用に足る担当者かどうかはよくよく見て、調べてご購入する事をお薦めします。

 話が反れました。『吉利』ですね。

 車の脅威から、いずれは『家』も脅威になる日が来るのではないでしょうか。

 何も『中国』ブランドにする必要は無いのですから。『○◎ホーム』と名乗って日本風

にカスタマイズしたモノを持ってくるのは簡単にできる事でしょう。関税で守られている

のは食料品ばかりではないですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

報道?

 小沢さん、仙石さん、海老蔵さん・・・大桃さんと麻木さんの不倫騒動・・・なんで同次元で

ニュース(報道)のトップ記事なのでしょうか?

 視聴率が取れたらなんでもありなのでしょうかね。

 もういよいよ金銭的に国家運営が立ちいかなくなって来ているのに・・・ちゃんと『報道』

姿勢をもってニュースを流す放送局はないものでしょうか?アホちゃう?と思います。

東京は検閲が厳しいので放映できないみたいですが、関西ローカルでは姿勢を貫く報道

番組があるようですね。ちゃんと国に対して厳しい事も言わなきゃナランのが報道のはず

なのですが・・・。第四の権力と言いながら迎合ばかりだと呆れてしまいます。

 田原総一朗さんは『やりすぎ』で『サンデープロジェクト』を降板させられたそうです。

誰がこの国を操縦しているのか・・・訳が分かりませんね。

 民主も自民も、菅さんも小沢さんもアホばっかりです。鳩山さんに至ってはチャンチャラ

おかしいですね。ゾンビです。それに脱税していたくせに、税務署が脱税者にお金を返

したって・・・どうなっているのかな?と思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水のトラブル

 管理させていただいてる物件の築年数の問題もありましていろいろトラブルが生じます。

 先日もとあるお部屋の方からの報告で修理の為に職人さんを呼び、年末の職人さんの

忙しい時にも関わらず作業をしてもらいました。年内に対応できてよかったな と思って

おりまして工事終了予定時刻にご訪問いたしますと・・・ 水が噴出しお部屋がエライ事

になっておりました。私も慌ててタオルとバケツを持って参戦です。どうやら作業中に管が

折れてしまった様子です。その後キチンと職人さんに修理をしてもらい住人さんにはお詫

びをして退出させていただいた次第です。

 冬になると寒さから来る水のトラブルが発生しがちです。また異常気象で雨がまとまっ

てドッと降るとちょっと心配に なります。

 もう平成22年も間もなく終わりを迎えます。前回の水のトラブルで今年は打ち止め~

になってくれると嬉しいのですが・・・

 追伸

 物件管理をしておりますと入居者さん達のいろいろな事態にも遭遇します。ビックリす

る様な事も生じますが、ほっとする嬉しい出来事にも遭遇します。たくさんのご家族が

ひとつ屋根の下で同居している訳ですのでいろんな事が起って当たり前ですね

 皆さんのご多幸を祈念してセッセと管理業務に勤しんでおります。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事業承継

 『好きこそモノの上手なれ』と言いますがこれは真理ですね。

 先日のひよこ 君達のお話しもそうですが、今日は別の方のお子さんからとあるもの

を宅急便でお送りいただきました。ちょっと大きなものでかつ壊れやすいものだったので

すが『普通では送れない』と考えたのでしょう、とても見事な梱包をして送って来られまし

たね。この仕事を見て私はとても感心した次第です。このお子さんも『建物』にご興味が

あります。ご両親を見て育っているのですね。だからモノを見て工夫するんですね。

フツーに言われた事を処理するのであればこうは行かない。この梱包を見て思わず

『いい仕事してますね~』と嬉しく思いました。

機転の利いた仕事ぶりを見ると嬉しいです。それが知人のお子様達の仕事だとより

一層そう思いますね。以心伝心と言う程のものではないかも知れませんが、キチンと

親の想いを継いでいる姿だと思います。

 人を育てる事ってとても難しいですが、我が子に関してはより難しいですよね。

 それがちゃんと伝承されている・・・ってキラキラ、ウルウルします。

 ガンバレ、ジュニアさん達

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とある管理職との会食にて

 就職難と言われていますが先日、国内の就職先として人気のとある会社の管理職の方

と会食する機会に恵まれました。そこでのお話しです。

 『ウチの組織は今、就職先としてトップクラスな訳だよね。そうすると大卒者の中でも

   優秀な若者が入って来ているはずだけど・・・不安になるよね。』

 『だって優秀な青年が入っているでしょ?』

 『優秀なんだろうけれど・・・。彼等は物ごころついた時にはバブルが崩壊していて

  ずっと景気後退局面で育ってきたんだよ。だから向上心なんてなくて、せいぜいよくて

  現状維持。偉くなんてなろうと思わないんだよね。』

 『いわゆるゆとり教育世代ってやつですか?』

 『そうだね。入社5年目と言うと優秀な子とそうでない子がだいたい分類されてくる。

  優秀とされる子に 君はこれからこの組織を背負っていくんだよ と盛んに発破を

  かけるんだけど そんな事は望んでいない と言うんだよ。そして仕事の責任感も

  弱いよね。こんなことじゃダメだ と叱責すると、平気でそんなことは教わってい

  ないと言い訳をする。まずはマズイ仕事を認めようとしない。知らない事は先輩に

  教わってでも・・・と言う事をしない。向上心がない。向上しようとしない訳だ。』

 『職業倫理だね。上席者に提示したり、もちろん顧客にだって提示したりする際に

  は、最高のモノを提示したいと思わないんだね。ボロボロな仕事でも平気な顔して

  これがあなたの依頼したモノですって言うよね。それがとんでもなく下手なモノでも

  恥ずかしくないんだよね。これがあなたの指示したものですって平気だものね』

 『そう。ウチは数年前から新卒者に人気の組織だから優秀な人が入って来るは

  ずだからね。それでもこんな状況なんだよ。世界で勝てるなんてとんでもないと思

  うよ。バブル世代の40代はまだまだ努力していい暮らしを創ろう、手に入れようと

  努力したんだよね。その努力が今の新卒者にはない。そういう世代なんだと思う。

  商社に入社しても海外に行きたくないって言うのも同じだと思うよ。』

 なるほど・・・と思うお話しでした。

 もちろん『今の若い者は・・・』と言うお話しなのかもしれません。だって私たちも充分

青年ではなくなっていますから。今の若者の『あ~あ』と言う思いは私にもガッテンで

きるお話しでした。属人的なお話しではなく、『世代』として捉えなきゃダメなのかも知

れませんね。

 そうするならば先日の『職人さん』はいい青年だったなぁと改めて思った今日この頃で

ございます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見る力

 自転車を多様するようになってから気が付いた事があります。

 それは『物を見る力』ってあるなぁと言う事です。

 視界には入っているものの『見よう』と思わなければ見えないモノがたくさんあります。

あまりに早く移動してしまうと視野が狭くなってしまいますし、あえてそれを見ようと思わな

ければ『見落としてしまう』事がよくあります。

 昨日は腕のいい『お掃除屋さん』にとあるお部屋のお掃除をお願いしました。3DKのお部

屋ですが朝は9時から夕方の5時過ぎまでみっちりとお掃除をしていただきました。それこ

そ私には想像が出来ないところまでしっかりとお掃除いただきました。これぞ『プロ』の

お仕事なのでしょう。お部屋のお掃除を終えてこんな所にご注意ください。またここはこ

うしたらいいのでは・・・?とリフォームに関するアドバイスを頂戴しました。

費用対効果の問題もありますので『物件オーナー様』と協議しながらどこをどう修繕して

いくのかは検討が必要ですが『お掃除職人』からはこう思いますよと言う忌憚のない意見

を提案いただいたのは◎だと思います。60㎡弱のお部屋に職人の眼が4つ、8時間超も

じっくりと入った訳ですので的確なご意見だったです。まさに『見よう』として見た結果

であり、『見る力』が発揮された結果でもありますね。いい職人か否かと言うのは手先の

器用さだけでなくて『眼の確かさ』が必要な要素であり、また『見たもの』を処理する発信

力なのかも知れません。

 ちょうど別件で依頼している仕事がありまして誰の目にも分かるモノが処理されていな

いままで依頼主に渡された現場があります。自分の力を過信しているのか、見ようとし

ないのか。対応もぞんざいでとても自己中心的なお仕事をされています。この方の将来

を案じてしまう程なのですが、①見る力、②作業力、③意思の伝達力、④プライド、⑤

相手の立場を思いやる力が欠如している様に感じます。これではいくら腕があっても良

い仕事は出来ないでしょう。もったいないと思います。

 自転車に乗る様になってから同じ街でも見えるものが全然違って見えるようになって

きました。これから私自身の『見え方』がどう変わるのか・・・とても楽しみな今日この頃で

ございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電球・蛍光灯・LED さぁどれにする

 年末は電球・蛍光灯のお取り換えの季節ですね。昨日ホームセンターに行ったら大量

の電球がセール されていました。LEDが思ったより安かったので今朝再度リターンで

ホームセンターへ・・・。昨日買っておけば良かった の思いもあらばこそ、一路電球・

蛍光灯のセールの場所に行きますと色んなメーカーやら白熱色・昼光色・クール・電球

色云々、色んなタイプがあって40ワット相当やら60ワット相当やら色んな事が書いてあり

ましてメーカーによって『明るさの単位・lm(なんて読むのか忘れました) 』が微妙に違う

んですよね。電気は暗いのはかないませんから『う~んどれにしよう』と悩んでしまいまし

た。こうなったら景勝地の看板よろしく、裏の説明文を読まなければダメですよね。

昔の電球は『説明不要・ワットで選べ』と言う潔さがありましたけれども蛍光灯かLED

か、色は何にするねん・・・と言うのは良く読まなければ分かりませんよね。

私も随分いろんな説明書(箱書)やら売場においてあった小冊子やらを読んだのですが

結局明るさの単位がどうもワットじゃないと言う事ぐらいは理解したのですがそれ以上は

読んでも分からない事が分かりました。

 仕方がないので売場のベテランそうなおじさんに質問です。

 『電球とLEDは電気代が1/8程度になるみたいですが、蛍光灯とLEDはどれ位の

   電気代の違いがあるのですか?』

 『それはワット数でだいたい電気代が分かりますよ。蛍光灯とLEDはワット数は

  ほとんど一緒(ややLEDが小さい程度)でしょ。だからほとんど変わらないんです』

 『えっ、LEDはエコなんじゃないんですか?』

 『長持ちするから取り換え不要と言う意味ではエコなんじゃないですか?』

 『蛍光灯は、ちょうど電球とLEDの中間程度の電気代なのかなと思っていました。』

 『LEDはまだまだこれからと言う商品で、明るさが弱いんですよ。通常の60ワット球

  だと800lm程度の明るさが必要なのですが、60ワット相当と箱書にはありますが、

  600~700位までメーカーによって差があるでしょ。実際には800lmと言うと100ワット

  相当クラスで売られていてお値段も相応に高くなってしまいます。明るさが必要なら

 やはり蛍光灯で100ワット程度の明るさ用にされたらいいと思います。それでも消費

 電力は20ワットです。』

なんと明快なお話しでしょう。蛍光灯は技術が進んでいて電球タイプでもLEDの4万時間

には及ばないものの15000~2万時間弱は持つとあります。LEDでは明るさが出ないので

あれば蛍光灯タイプで100ワット用が私にはちょうどいいんだ 

 それほど明るさを必要としないところも蛍光灯電球タイプでいいや といいお買い物

をした次第です。

 LED・LEDと大騒ぎしているので、ネコも杓子もLED的な風潮ではありますが、奥さん

方、ホームセンターやスーパーで安いとまとめ買いをしたらあきませんよ。まだまだ

蛍光灯の方が性能(明るさ)はいいらしいですから。値も安くていいんですよ。電球が

切れたら変えるのがメンドーでしょ・・・なんて言いなさんな。2万時間も持ったら何年も

切れませんから。たまには身体を使った方がいいですよ~

 忘れないうちにブログに書いておかないと忘れてしまうので 今日は電球講座を

開催いたしました。どうしても電球が取り変えられない所はLEDの方が便利なんだそ

うです。(ちょっと暗くなるかも知れませんが。)

 さて、これを読んでからホームセンターか電器店で電球・蛍光灯をお買い求め下さ

いませ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ジャンボ餃子

 先日、ここしばらく愛用していた手編みのベストから、市販品のベストにちょっと着がえて

みました。黒でお気に入りなのですが、強引に『手編み』が入って来たものですから、しば

らくは手編みをずっと来ていました。手編みも最近くたびれて来たのでちょっとお休みしよ

うと『黒ベスト』に換えたのですが、残念な事にボタンが5つ前合わせでついています。

 ベストですからスルッと着用出来まして、とあるお客様の所にご訪問しました。

 最近随分痩せたのですがたまに見るとまだまだ私は大きいらしく、『痩せた?』・・・

『太ってない?』なかなか実証するのは難しいモノで、もう少々様子を見守っていただく

事が必要なのかも知れませんねぇ~。

 事務所に戻って来て、随分痩せたはずなんだけどと鏡をみてみると・・・『ちょうど5つ

のボタンを中心に餃子のヒダみたい』な残念なベスト姿になっていました。

 ジャンボ餃子 みたいなこの姿に『黒ベスト』はちょっと封印しようと言う気持ちに

なってしまいました。餃子のひだか枝豆か・・・ボタンがあるから無理やりギュッとなっ

てしまっていますが、生地の弾力が無ければ『早く解放されたい』モード全開の生地

にベストドレッサーと思って着ていた自分がちょっと恥ずかしい 状況です。

 冬服はだぼだぼがかっこいいと思うのですがピチピチベストはアカンねぇ。サイズ

は4Lって書いてあるんですが・・・どないなっているんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひよこ電業社

  昨日は感心した事がありました。

 当社の管理物件でのお話しです。

 お父さんがそもそも『日曜大工』が好きなのでしょうが、その程度が突出していまして

工具・器具類をたくさんお持ちです。電気のアンペア?を測る装置までお持ちでなんでも

興味を持って解体・組立作業をされます。小学校、中学校のお子様もそれを見ています。

見るだけじゃなくて見よう見まねで自分も実演をする・・・そうすると突出した日曜大工の

技術が伝授されて行くんですね。子供がさくさくとお部屋のリフォーム作業のお手伝いを

されています。私もその場に居たのですが私は動く事も出来ずに、ただただぼ~っと

眺めているだけ。力仕事でもあればお手伝いもできるのですが手先のお仕事ばかり

なので出来る事がありません

 『凄いです。子供さん達が楽しそうに、しかも丁寧に作業されていますね。』

 『子供達も作業が好きですからね』

 『これ位なら出来ますよ』

 『中学校の時の技術家庭の時間、私と幼馴染と2人だけがラジオ音が出なかった

   んですよ。電気屋さんに持って行ったんだけどこれはダメって修理してもらえなか

   ったんです・・・。』

 お父さんは難しい作業をしはじめますと・・・お子さんがちゃんと見学しています。電気

の配線などは特に興味津々で見学です。

 『大家さん仲間も日曜大工→リフォーム工事が好きで自分でやっちゃう人が多いで

   すよ。』

 趣味と実益が一致すると言うのではなく、興味があるから研究もされるし他物件の

見学でも参考になる点がピックアップできるのです。ご自身の物件なのですからご自身

でやる作業は原材料費のみで出来ます。う~んちょっと失敗・・・ になってから職人

さんを呼んでもいい訳です。そうすると何をどうやればできるのかが学べますので次は

出来るようになるかもしれない。そして子供がその技を盗む 大家さん養成所ですね。

これぞ帝王学と言うのでしょうかね

 リフォーム技術が身に着くと『あっ、ここの工事は上手だな』とか『あっ、ここのハウス

クリーニングは上手だな』☞『ここの職人さんとコンタクトを取りたいなぁ』・・・じゃあ連絡

先を教えて貰おう・・・この連環が出来ますよね。そうしていい職人さんが『チーム満室』

に加わって行きます。日々最強布陣目指して   見聞きできるようになります。

大家さん仲間での茶話会もがぜん輝きを増す 訳です。

 この『やってみよう精神』ってとても大切だと感心しました。そしてこの作業を好きになる

事って必要な素質です。子供のころから落ち着きがなかったせいで『ラジオ』が成らず、

文化系に絞ってしまった私の思春期時代に後悔の念を抱きながら『ひよこ電業社』

さんにガッテンしました。

 不動産投資家さんを目指す方々、☝『ここがポイント』ですね。資質・素質の大切

な一項目です。天然で好きな方はそのままでいいですが、たとえ『養殖』でもいいので

『日曜大工』『リフォーム工事』に興味は持ちましょう。

そして『茶話会』などの大家さん仲間を作る為にも『社交性』は有った方がいいです。

最強布陣の『チーム満室』ってなんて素敵な響きでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マーケットリサーチ

 今日はとある理由で東上線のある駅へ・・・。

 『視察』の意味もあって『二郎系』のラーメンなるものをはじめて食べました

 最近ダイエットをしている事もありまして若かりし頃よりも食も細くなり、また油分に敏感

になって来ている今日この頃・・・、あのラーメン?は身体が受け付けませんでした。

『トッピングは?』と聞かれ、何があるの・・・?眼の前の『案内』を見て『野菜』とだけ答え

たのですが、茹で野菜のおてんこ盛りでした。スープには油の膜があり、麺はうどんみた

いな麺です。ツルツルと口に入って行かないので、ごわごわ食べなきゃだめなんですね。

2・3口で嫌になってしまいましたがごちそうさまをする訳にも行かず・・・辛いのなんの

あれは『ラーメン』とは別の食べ物ですよ。変わった味ですからあれがいいと言う人も

いるのでしょうが、私には合いませんでした。

この間九州から来た旧友が言ってました。『おいしいものをちょっとだけ食べたい』

42歳にもなると枯れて来るのでしょう。最近の私はまったく同感。一食あたりの量はあま

りいただけません。しかも油分は控えめで『煮物』などがおいしくなってきました。二郎系

はそこと180度違った世界観です。『ジロリアン』と言う言葉もあるそうですが、翻訳すると

『味覚音痴』と訳せそうです。もう二度とこのタイプのラーメンは食べないでしょう。

 ライバルの調査のつもりで空いた時間を有効活用したつもりが・・・とんだ苦行でした。

『危険手当を請求』しなきゃと思う程のキツさだったですね。

 そう言う訳ですので『あの店舗』は大きな資産価値があると思います。実践レポートで

した・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年の瀬・・・

 もう今年も残すところあとわずか・・・年の瀬になってしまいました。

 おかげ様で当方も忙しい日々が続いております。ここしばらくは外出している事が多く

お客様方にはご迷惑をおかけしておりますがご勘弁願います

 当方が忙しい・・・のは私の周りの方々に『いいお話し』がたくさんあるからですので

それはそれ、大変結構なお話しでございます。私も微力ながら応援させていただかない

といけません。 精一杯の努力でもっていいお話しが成就できる様に私も活躍しなきゃ

です。

 これだけいろんなお話しをいただいて、そこから枝葉が茂ってのお話しが多いので

二乗・三乗の喜びがあります。 私が出来る事、自分の役割をしっかり見つけてお

仕事をさせていただける様にしたいものですね。お声掛けをいただける内が華です

から。我々不動産業界は『いい仕事』をしたと思っていただいてナンボの世界です。

報酬を喜んで払っていただける様でなきゃダメだと思っています。

報酬分以上にお仕事させていただいて、次の機会もお話しをいただける様でないと

ダメなんです。

 私の周りの方々はとてもいいお話しが多いのは私にとっても喜ばしい事。私もご相伴

に預かってお商売をさせていただきたいものです

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭菜園・見学 (過保護過ぎる位の愛情を注がれて育つ野菜たち)

 今日はとても面白いモノを見ました。

 とあるお家にご訪問させていただいたのですが門から玄関にかけてのアプローチは

しっかりガーデニングされたキレイなお庭とウッドデッキ・・・ご引越をされて数年ですが

植物は正直者だなぁと感じました。愛情をかけられた分だけよく育つのですね。今は

若いお庭でしたけれどももう少し時が経つともっと素敵なお庭になるなぁ・・・また見学

に来ようと思えるお庭です。もしかしたらご家族には内緒で『見学』だけさせて貰っても

いいなぁと思いました。

 いろんなお話しをさせていただいておりましたらご主人のお出かけになる時間が迫っ

ておりましたので(相変わらず私が脱線するものですから・・・今回は奥さんも脱線の

ネタふりをしていただきました) もっとお話ししたかったのですが未練を残しつつ

帰ろうとしましたら・・・裏も御案内いただきました。そこには家庭菜園が・・・。その家庭

菜園の隣地の一部を買い増し云々と言うお話しをいただいていたのですがその障害に

なったご神木とも対面させていただきガッテンしてきた次第です。そのガッテンの後、

家庭菜園を見ますとなんとまぁ過保護に育てられた野菜の数々。大根?の葉っぱなん

てどえらい事になっていました。プロの畑の野菜よりものびのび教育で大らかに育って

いましたし、ご主人曰く肥料もたくさん与えられているとの事・・・きっと他所で買うより高

くつく・・・と笑いながらボヤイておられましたがその愛情のある発言が素敵でした。

他所で買うより高いかどうか分かりませんが、収穫したての野菜たち、しかもきっと栄養

一杯野菜です。奥さんが『虫は私が獲るのよ』とお話ししていましたから無農薬か減農薬

野菜ですよね。自然食品屋さんに行くと野菜もメッチャ高いですから、それと比べると花

マル野菜ですよね。健康の源、ここにあり でした。

 そしておいとましようと門まで歩いて行きますと、門にネットが貼ってありまして・・・『これ

はなんの為ですか?』と聞きましたら、他所からネコが入って来ない様に・・・』との事。

大きなお家ですから塀も低めの塀なので、ぴょんとネコなら飛び越えて入りそうなので

『ネコなら入って来るでしょう』と聞き返しますと、笑いながら『そうなんだよね。だから

ところどころネコ除けを置いているんだよ』と笑っていました。

 大らかで素敵ですね。ネコもそこら辺の粋な所を斟酌せなアカンで・・・と付近のネコ

を説教したくなりましたけれども残念ながら寒かったのでノラネコも見つけられずにその

まま帰路についた次第です。

 今度、お庭見学に行く時に、ちょっと早めに行って『庭に出入りするネコ』を見つけて

一言注意しとこうと思います。『どうせなら飼われた方がいいよって』 家庭菜園の野菜

たちを見たらネコも憧れて不法侵入を続けているのかも知れませんね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武蔵浦和のイタリアン  第一発見者です

 おそらくは日本一の早耳ご当地グルメ情報 です。

 武蔵浦和駅徒歩圏・・・歩いて行けます イタリアン+ワイン等のお酒をいただけるお

店が来年出来ます 来年ですから今からお腹を空かせて・・・と言う訳には行きません

が、『期待大』のお店情報をキャッチしました。

 ついうっかりしてお店の名前を聞いてくるのを忘れてしまいましたので、またここで情報

を公開して行きます。キチンと修業をされた方が独立開業をするという事ですので、ぜひ

応援したいものです。完成した暁には私も一度いただいてきて改めてご紹介するつも

りです。武蔵浦和駅もご縁のある土地柄になってしまいました。先日武蔵浦和のとある

業者さんで売買のご契約をさせていただきました。売主さん・買主さんともにとても素敵

な方々でした。つい先日無事決済も終了しましたが、そのご縁で何度か自転車で武蔵

浦和まで サイクリングを兼ねて行っておりましたので、まさかその武蔵浦和で着々

とお知り合いがそんな『お洒落』なお店を造る計画をされていたとは露知らず・・・。

自転車+お酒も飲酒運転なのだそうですが、ほどほどの量をいただきながら、美酒と

そよ風にただよいつつ・・・武蔵浦和から北浦和まで 自転車の帰路を楽しもう・・・と

今から期待をしている次第です。

 残念ながら『いいひと』が今はおりませんので、独りかお仲間達をお誘いしてのグルメ

ツアーになりそうですね。

 ただいま計画中との事ですので暖かくなった頃から暑くなっている頃のお話しかと思い

ますが、とても素敵な応援団からこんなお話しを耳にしたので、ちょいと早めに情報を

リークしてしまいました。

 新しい事をやるってとても大変な事です。まして独立して新しくお店 をやるって大変

な事です。本ブログをお読みいただいている読者の方々は充分それを御存じなはず。

せっかく近くでご夫婦力を併せて 出店しようとしている『若者』をぜひぜひ応援しよ

うではありませんか

(あれ、もしかしたら年齢的には若者の部から中年の部に入りかけているのかな?つい

お会いしていた方が若者でしたので必然的に若者と連想してしまいましたけれども・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チーム円阿弥作戦会議 12月

 チーム円阿弥の作戦会議を開催いたしました。

 昨日はいろんな所にお話しがおよび4時間半の長時間の会議でした。(私にはアッと言う

間でしたけれども)

面白いお話しがたくさんありましてここで書きたい位なのですが・・・残念ながら掲載できな

いお話しなので・・・。お昼を円阿弥さん自らの手料理でいただいたのですが、この

お昼のおいしい事ったらありませんで、その材料、素材を聞いて エッ 『ホンマで

っか』と言う思い。確かに時間は10分弱、調理にいたっては数分でしたけれども味が全

然Goodでしたからね。円阿弥さんは魔法の 手があるようです。どこでこんな技を考

えだすのでしょうか。

 大いに感心して『アイデアが閃きました』。発想力が豊かな人同士で忘年会か新年

会を開催したら・・・。 ちょうどもうおひと方の発想力豊かな方と夜にご面談できまし

たのでちょっとお話しさせていただきましたところ快諾いただきましたので  とても

楽しみな会が開催できそうです。ちょっとワクワクしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コネタマ

ブログネタ: おせち料理どうしてる?参加数

 おせち料理は子供の頃から食べた事がありません。言われのあるお料理が入っている

らしいですがあんまりおいしいものって無い様に思うな~。『おせちもいいけど』じゃなく

最初からカレーだったり、年越し蕎麦が年明けもそば・・・とか、あんまり『季節商品』より

食べたいものを常に食べると言う素敵な食生活だったものですから、年末年始も敢え

て実家に帰ろうと言う気持ちも起きずに・・・42歳になってしまいました。

 子供でもいれば孫を見せに帰省するのかも知れませんがそれもないですしね。

 おせち料理は食べた事がないので分からない・・・と言うツマラナイ結論でした。

 

拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンブリア宮殿の本より2・・・キリンホールディング加藤会長

 カンブリア宮殿の本・・・『できる社長の思考とルール』より。

 キリンホールディングと言えば、ビールのシェアで激しくアサヒと戦っている会社です。

シェア1位からの陥落でキリンは何をどうしたか?

答→シェアとか数字を追い過ぎた。競合の視点ではなくもっとお客様を見つめて、品質と

お客さまと言う事に立ち返って、すべてもう一度やりなおそうじゃないかって『新キリン

宣言』を作って行動したそうです。エライですよね。その結果、ここがまた凄いですが・・・

『価格営業』から『価値営業』へと転換を図るんです。地域の味とビールの提案、どうし

たらビールと合う料理が出来るか、ヒットしたつまみは何かなど地道な提案型の営業

をそれぞれ営業さんがして回ったそうです。これって強いですよね。

プラン・ドゥ・チェック・アクション・・・これをしっかりやらなきゃダメだと語っておられます。

村上龍さんが加藤会長にした質問。

『成功した人生人生の成功者を定義するのは難しいし、いろいろな価値観があると思い

ます。ただ加藤さんが成功した人生に、これは外せないものを1つか2つ挙げていただ

けたらと思います。』

『最後の死ぬ間際に、良かったなと自分なりに思えたらそれでいいのではないでしょうか。

できれば家族や友人、いろいろな人に感謝できる、そういうものをたくさん持っているこ

とが大事なのかなと思います。』(加藤会長談)

村上さんのまとめとして営業の鬼の加藤さんは、『価格営業』はお客様のニーズに対応

していない事に気づいた、『価値営業』が根付き利益を産むようになるまで3年かかった

らしい。加藤さんと話して『営業』は『誠意と努力』が『充実と達成感』にダイレクトにつな

がる実に繊細でかつダイナミックな仕事なのだと思った。とあります。

我が意を得たりです。ズルをして一時しのぎで信用を削った金儲けではなく、キチンと

信頼関係を築き上げて行くことこそ『営業』なのだと思います。それが出来るから、いろ

んな人に感謝できる様になるんですよね。そしてそれが数多の方々に対しての・・・とな

る。『売れない時代』とよく言われますが、方法論としては『唯一の道』なのだと思います。

信用を裏切って騙すような事はしてはいけない。悪銭身に付かずの例えじゃないがやは

りお客様のニーズを掘り起こして確認して・・・『あったらいいな』と思ってもらわなきゃダメ

なんです。不動産は数多のお客さんがいます。誰を見て、どうするのが良いのか?どう

したら喜んでいただけるのか?信用を裏切っていないか・・・をコツコツとやるビジネスな

のだと思います。細くてもいい永くコツコツと積み上げて行く事なのだなぁと感じます。

 またそこに『面白さ』を感じられる様になって来ました。お客さんと接する所にいると色

んなお話しが聞こえて来ます。『あっ、これなら役に立てるナ』→『じゃあ、やってみよう』

→『役に立っている?』→『こうしたらどうだろう』・・・これがPDCAですもんね。大上段に

振りかぶる必要は無くて身近にあるPDCAを繰り返し、繰り返し実行するのみなんです。

お客さんと近い所に居ないとどうしても最初の『あっ、これなら役に立てるナ』(プラン)

が出て来にくい事も分かりました。

 楽しく仕事をするって事にも繋がりますね。目一杯、『誠意と努力』で骨身を削るから

こその『充実と達成感』があるのです。楽したらアカンのです。村上さんは良い事を言い

ますね。『営業』は実に繊細でダイナミックな仕事なのだと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コネタマ

ブログネタ: 注射のとき、針を見る? 目をそらす?参加数

 注射は最近あまり打たれませんが血液検査はよくされます。注射の方がまだましです

よね。入れる方だから怖さがないですもん。痛いのさえ我慢したらいいんでしょ。先日横綱

白鵬さんがインフル注射の時痛そうにしていましたがよくわかります。

 血液検査の時って怖いですもんね。だいたい血を見るのが怖いですから。また太めの私

は微妙に血管が探しにくいらしいんですよね。

 『いつもどっちの手で採られていますか?』

 『えっ、どちらでも好きな方でお願いします。』( もう看護婦さんと眼を合わして

  ません。)

 『あっ、これ行けそうですね』・・・と左手を掴みまして・・・

  『手を握って貰えますか』

 『えっ。ハ、ハイ』(もう声が上ずっています。)

 『ハイ、行きますよ~』『もう一本行きますよ~』

 (視線は横向き)『なんぼでも行って下さい。』(早くして~)

 『ハイ、終わりました』ってフライング気味に言う看護婦さんは嫌いです。綿でちゃん

と押さえてくれて、針を抜いてからにして貰わないと グーがほどけないんです。

 『もう大丈夫ですよ、手を開いて下さい』

 『 パーになりません・・・あれ、パーですよね。』 

全然怖くないですよ と言うフリをしたいのですが血を見るのが嫌いですからね。

看護婦さんも意地悪だから試験管見たいのに入った血を揺さぶりながらこっちに見せる

し・・・。

 『何~、2本もいったんか アカン貧血』ってな気分ですよ。

 だって普段、あの試験管2本分も血なんて出ないでしょ。(下血したときはもっと出てい

ますが・・・あれだって便器の水たまりで薄まっている感もありますしね。)また私の血が

なんとなく黒っぽいんですよね。検査にかけられたら『アカン』て言われそうな色をして

います。なんでお医者さんで血を採られるのってあんなに嫌なのでしょうか。

 私は必ず顔を右にして採血の場は見ない様にしているのですが、時々隣にお婆さん

が座って採血の場に遭遇します。婆ちゃんは平気ですね。なんぼでもどうぞ感が出て

います。あんな歳になると血を採られる事で『生きてた』と実感するのでしょうか。

まだまだ採血が怖い42歳の私です。

拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃太郎

002 さいたま新都心駅にて。貨物の『桃太郎君』

です。EF65やEF66、EF81と言った青や赤の真四角な電気機関車君達が徐々に廃車され

彼らに置き換わっているんですよね。

 先日は老兵のEF64君が、長い長い・・・それこそこれでもか仕様のコンテナを引っ張って

走っていたのですが彼等も活躍の場を失っていくのでしょう。ブルトレ牽引用のEF66が

胴体を切られて展示保存されるのだそうですが、子供の頃の憧れの車輛ですからその

ままの形で取っておいてほしかったですね。ブルトレと言えばEF65の500番台から貫通扉

がついた1000番台になった時に『おっ、かっこいいなぁ』と思ったモノでしたけれども。

この写真の様なニューウェープ君達が走り出すとエコだったり、高速性だったりが増す

のかな?貨物線にも旅客電車がガンガン走りだしていますから、やっぱり貨物が邪魔に

なります。速度が遅いと迷惑になりますものね。

 我が事務所のそばの『出る電』ポイントは深夜にギーギーとブレーキ音や暴風音(機械

を空冷で冷やしているのでしょう)がメッチャうるさいと気がありますが、こんなこともなく

なってくるのでしょうか。

 最近は華やかな電車達よりも『電気機関車』・・・貨物が多いですが・・・がちょっと好き

になって来た今日この頃でございます。

 武蔵野線や南武線で電車を待っていたら『貨物』が通るとちょっと『ムッ』としていま

したから、人間立場が変わると気も変わる、いい気なものですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンブリア宮殿の本より・・・小林製薬編

 カンブリア宮殿の文庫本・・・『できる社長の思考とルール』が面白い。

 参考になるお話しがたくさん詰まっています。

キリンホールディング・加藤会長や小林製薬・小林社長のお話しが特に秀逸です。

新刊本が出た後の文庫化なのでインタビューは2007年頃です。その間で 下向きに

なっている会社もありますが景気は波ですから、次の上げ波できっと上昇される方々な

のだろうなと思わせるところがあります。

 ここでは小林製薬さんのお話しをご紹介しましょう。

 大衆薬の販売をやって来ていた小林製薬さんが危機に直面したのは1961年。その

年、国民皆保険がスタートして大衆薬が売れなくなってしまった。そこで薬以外の分野

『トイレの芳香洗浄剤・ブルーレット』を日本初、1969年に売り出す。次にサワデー。

その後も『アイボン』や『熱冷まシート』など今までなかった分野で新商品を投入してい

ます。この強さの元は経理や総務と言ったスタッフも含めた全社員が年間に1万5千件

ものアイデアを出してくる所にあるそうです。もちろんそのアイデアを煮詰めて商品化

するところには大きな努力と苦労があるのでしょうが、発想の根幹は『あったらいいな』

だそうです。クオリティ・オブ・ライフ・・・生活の向上を目指している。技術ありきではな

くまずはニーズだ、ニーズを探そう。

 『あったらいいな』は小林製薬の商品のキャッチコピーです。『ブルーレットおくだけ』

『アンメルツヨコヨコ』格好いい名前じゃなくて分かり易さを前面に出していますとの事

でした。なんとなくなんとなくなのですが、そうなのです。大阪の会社です。大阪チック

な精神がギュッと詰まった会社なのでした。

 わすが20ページ弱の中に学ぶべきポイントがたくさんあります。ぜひお時間があれ

ばご覧ください。この本はアッと言う間に読破できる本ですよ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地元業者さんへの営業活動 (オーナー様とご一緒に)

 昨日はミッション発動日でした。ミッションとは新たな管理物件となった物件の募集活動

として、①周辺業者さんへの働きかけ、既存客付け業者さんへの経緯説明+今後の方針

等についてのご説明 ②入居者さんへの督促作業です。

 いい物件に『産まれ変わって』貰う為に半日がかりで周辺駅の業者さんをオーナー様と

ご一緒に営業活動です。 オーナー様は私以上に各会社さんからの秋波を感じながら

の営業活動でした。各社さんとも12月でそれほどお忙しくないのかなと思っていましたが

とても繁盛しておられて、ご担当者様が全て接客中で・・・と言う会社も複数ありました。

駅前は閑散としているのに不動産屋さんの中だけ『満員』と言う羨ましい光景もあり

ましたよ。 

 オーナー様が熟慮された条件を提示されていますので、各社さんとも『身を乗り出して』

ぜひ当社で と言う思いが伝わって来るところもありました。

 一日でぐるっと廻りますと各社のカラーが伝わって面白かったです。さて、どこの会社

さんと一番いいご縁がありますでしょうか?とても強い武器をお持ちの会社さんが一番

熱心にこちらのお話しを聞いて下さり、またご意見・ご感想も『ガッテン』したくなるお話し

が収集できました。こちらはとても楽しみです。この春の繁忙期への取り組みとしては

◎だと思います。適時波動対応しながら早期に満室にしたいものです。

 さて一方の入居者さんへの働きかけについては、入居者さんのご意見を聞き正常化

交渉の為の聞き込み作業です。こちらは詳細に書けませんので悪しからず・・・

前管理会社さんのご対応の為に物件のポテンシャルが充分に活用されていない事が

はっきりと分かりましたので オーナー様とも協力して、いい物件にリニューアルさせ

てあげないと本物件『イエロー君』が泣いてしまいます 。

 心なしか『イエロー君』を後にする時、イエロー君がニコッとした様な・・・。オーナー様

と一緒に募集活動強化に向けて動き出した事が嬉しかったのでしょうね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミッション

 『いい出会い』と言うモノがあります。昨日はとても素敵な出会い(再会)の場でした。

 詳細には書けませんが、次回月内にお会いする約束がございますので再会を楽しみ

にしております。

今日は大きなミッションの発動日です。さて、いい出会いがたくさんあると良いのですが・・・

どうなりますことやら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PC

 年末になると政治がゴタゴタ、離合集散の兆しが見られるのは『政党助成金』のせい

なんですって。どうすればお金が自分の方に入って来るかと言う事で、分裂や寄せ集め

交渉をしている訳です。我々の生活はそっちのけですね。私利私欲のための政治屋さん

にはお引き取りいただいた方が皆の為です。皆さん、よく顔を覚えておきましょうね。

 さて昨日は決済準備と土曜日のイエロー正常化交渉の準備、保険業務で一日PCに向

かってパカパカとキーボードを叩いておりました。タタタ・・・じゃなくてパカパカと言うのが

我がPCの実力で画面の中に手を突っ込んで作業したくなる程じれったいですね。(メモリ

増強していますから、私がただ作業できないだけなのですが。)

PCとの格闘が一番疲れる今日この頃でございます。

 家庭の『おでん』はどうしても後入れ後出し方になってしまいます。在庫管理ではテキ

ストに先入れ先出し法とかあった様に思いますが、なかなか実際は難しいですね。

思わぬデッドストックが出て来た時には、思わず ニコッとしてしまいますが。大根は

ぐずぐずになってしまいますが、ちくわや玉子のベテランはこげ茶色になっています。

家庭用の『おでん鍋』(先入れ先出し法バージョン)が出来たら売れるんじゃないでしょ

うか。

 ついついPCで頑張りすぎると妄想家になってしまいますね。PCはワンダーポックスと

呼ばれるのはそんな所に原因があるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 商売の根幹は『WIN-WIN』でなければならないと思っています。

 契約・交渉事の双方にとってプラスになる事です。

 双方にとってプラスになると言う事は共存共栄の精神であり、そこには相手に対してどう

か?と言う想いがなければなりません。

 この精神に基づく相手か否か・・・と言う事に関しては、相手をリスペクト出来る存在か否

かと言う事であろうと思います。相手をリスペクト出来ると言う事は相手の立場を思いやる

事が出来ると言う事ですね。

 今日は大きな会社さんと交渉事がありました。相手は規模が大きい事を『信用』と思っ

ているフシがありました。事実面談中も『信用』と言う言葉を幾度となく使いました。

ただ『発言』『行動』には随分とそれに似つかわしくない部分があり、コンプライアンス

と言う言葉も役人の『個人情報』と言う発言同様、『やらないことを正当化する言葉』の

様に感じる部分がありました。

 リスペクト出来るかどうか・・・この言葉は結婚観でどなたかがお話ししていた言葉で

す。長い年月が経過したご夫婦。熟年離婚なんて言葉を耳にする昨今ですが、恋の

熱が冷めてしまった後に夫婦に必要なモノは『相手に対するリスペクト』なんだと聞いて

ガッテンした次第です。何も夫婦間だけでなく、友人間、上司部下・・・ありとあらゆる

関係に置いてほとんどの場合に当てはまる事だと思います。リスペクトできる相手で

あれば当然相手の事を慮って行動しているはずですからね。

 上司部下だって、大家と店子の関係だって同じ事だと思います。

 平気で信用・信頼を裏切る人には全くリスペクトの念など起り得ません。応援しよう

と言う気も起らなくなります。

 会社組織も1人1人の集合体、担当者のハート次第で立派な会社も即ダメ会社にな

り得てしまいます。普段の行動では相手からリスペクトされる事だけを意識しては皆さ

ん行動はしていませんが、普段の言動1つ1つで交渉の相手方のリスペクトの念が上

がったり下がったりしています。これを昔の人は『お天道様が見ている』と言っていた

訳ですが気象庁が素晴らしくなり、人工衛星が金星に・・・などとやりだすと『お天道様』

と言う意識が希薄になるらしい。『商売の道』だけでなく『夫婦道』『友人道』・・・紳士たり

える為には『道』から外れたらダメなんです。

 『食い散らかす』様な仕事をする営業マン諸兄・・・お天道様が見ていますぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沈む舟

 建材・グラスウールが足りないそうです。エコポイントで需要は増えたのですが、リーマン

ショック以降建設需要は激減していましたので、メーカーも減産し在庫を調整していたので

急な需要増に対応できなかったみたいです。

 いつぞやの鳥インフルとマスクみたいな関係です。鳥インフルの際には結果として膨

大なマスクの在庫の山で終わってしまいました。足りないからたくさん作って欲しいと国

から要望が出た時は要注意なのでしょう。野菜は依然として高いままですがこれは自然

が相手ですから仕方がないとして工業製品は慎重にしなければダメですね。結果として

在庫の山になった時に国は面倒見ませんからね。

 ちょうど年末と重なって折からの職人不足と建材不足が合体していますので、建築工

事が全体的に工期が延びてしまっている感があります。景気の足を結果として政府の

施策が邪魔していると言うべきなのでしょうね。無為無策ならそのまま放置をしたらいい

のですが、税金をおかしな方向に投入して景気対策と銘打ちながら無駄な事ばっかり

している気がします。どこまでが民主党で、どこまでが役人がやった事なのか分かりま

せんがアホばっかりやなと思います。

 自民が再び勢いを増していますが、そもそもこの借金の山を作ったのは彼らです。

自民も民主も役人も誰も反省をしないんですね。だからこれからを誰に託したらいいの

か良く分からない。沈む船からはねずみも逃げると言いますが、残念ながら国民全体

は逃げられないから・・・『ええじゃないか』の如く、海老蔵・海老蔵のオンパレード。

多分民主バッシングでは視聴率が獲れないのでしょうが、ちゃんとやる時はやらんと

問題解決は出来ないのですが。国政は動かないしバカばっかりだから、敵前逃亡で

国会議員が県知事に緊急避難をしようとする。自民の大村議員しかり元自民の舛添

議員しかり。野党暮らしでは情報発信力が落ちるので賞味期限の延長の為に緊急避難

的に地方の首長になろうと言うのだろうけれども、そんな自己中な人達に任せられるの

かな?と思ってしまいます。国も地方もガタガタですからどこから建て直してくれてもいい

と言えば良いのでしょうが、もうそろそろ・・・ねぇ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海老蔵さん・・・

 海老蔵さんのテレビが連日報道されています。ムチャしたのかも知れませんが、若気の

至りと言う部分もあるんじゃないですか。あれだけチヤホヤしていたのかと思ったら、いき

なりのバッシング。景気が悪いからマスコミの『イジメ』癖が出ているみたい。執拗過ぎて

何かいい気分がしないんですが・・・。あの報道ぶりは誰が喜んでいるのでしょうね。

 芸人は使い捨てなのは今に始まった事ではありませんが、伝統芸能は『華がひらく』の

に時間がかかります。そっとしといてあげたらいいのに・・・と思います。視聴率至上主義

で芸人を潰したらアカンと思うのは私だけではないと思いますが・・・。困ったものです。

東京地検がその典型なのかも知れませんが情報をどんどんリークしておいて、右向け

右しやすい国民性を煽って、弱いモノいじめを煽っている。これで小学校のイジメ問題

では偽善家ぶって学校を責める。さんざんマスコミ全体でイジメをやっているのに・・・。

視聴率も大切かも知れませんがマスコミにも倫理委員会があっていいんじゃないです

か?菅内閣の司令塔不在が問題だって言っていますが、その発言をするマスコミだっ

て同じようなモノです。

 なんか最近の報道は偏重、かつ『イジメ』にも思える悪ノリが目に余るのでどうしても

『おかしくない?』と言いたかったものですから。

 海老蔵さんの問題は事実が分からない訳ですからどうこう言ってもはじまりません。

個人的にはファンではありませんが、ここまでバッシングされると『どうよ』って思いま

す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

資産の有効活用

 財産を持っている本人がその財産を正当に評価する事っていうのは難しいものらしい。

 常にその財産は自分の身の回りにあるから評価が下がりがちになっているのかも知れ

ませんね。

 JR東日本の尾久には鉄道の車庫があります。さいたま新都心駅にも貨物車庫があり

ます。そこには『鉄ちゃん』がたくさんいます。JRは『エキナカ』でお金儲けをするのも結構

ですが、もともと持っているこうした財産を有効活用して、そこに人が集まる工夫をしたら

いいと思っています。地域に貢献したらいい。財産を財産とおもっていない感があります。

年1回のふれあいデーなどはあるのかも知れませんがそれとて申し訳程度のお話しです。

お仕事の邪魔になってまで・・・ではなくとも、迷惑にならない程度で『みせてあげる工夫』

をしたら良いと思っています。せっかく鉄道ファンの総本山、『鉄道博物館』があるので

すから、さいたまには『鉄道』がある、鉄道と触れ合える町だとやったらいいと思うので

す。盆栽も良いですが何もお金を出さなくても、あるものを活かせばいいんです。

見せ方次第では、乗降客増でJRも収入が増えるでしょうし、雇用面だってそこに配置

できる人があるはずです。地域貢献は◎でしょう。

 資産は自分の判断でお金は産みません。資産に働きかけをする事で資産がお金を

産むようになります。『有効活用』です。自分の周りをぐるっと見回すと活かされていな

い資産が案外眠っているかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チーム3H・・・新施策

 チーム3Hのミーティングを開催しました。

 新管理物件、『イエロー』の諸問題の解決に向けての打合せです。

入居者さんへの対策について3件の問題がただいま『イエロー』については発生しており

1件については強制的なレールが敷かれてしまいましたので、それはそのルールに則っ

て対応しなければなりません。残りの2件についても慎重な対応をしなければならない

状況にありますのでそれぞれについてどう対処するのか?と言う事についての打合せ

をした次第です。

 残念ながら前管理会社さんがいい加減な対応をしていた為に、『信頼関係』が崩壊し

てしまっておりますが、商売の『やる気』の芽を摘む事はせず時間を少々かけても育て

て行きましょうと言うスタンスの確認をしました。今までとは一線を画さなければなりませ

んのでケジメをつける事、またこちらの気持ちを伝えながら物件の維持管理にも違った

施策を打とうと言うプランの策定です。運営上過去との決別がとても大切なので『仕掛け

』を作って新しく仕切り直さなければズルズルと易きに流れてしまいますので、そうさせな

い工夫が必要だと思っています。(入居者さんのやる気が全てです。)

 もう1件の方は『やる気』が全然見えて来ませんので、こちらとしても善処しようがない

と私は思っております。どうしようとしているのかと言う納得できる説明がない限りは、

管理会社としては強い姿勢で臨みます。

 問題の芽は摘み、現状の入居率は惨憺たる状況ですので満室に向けて一歩を歩み

ださなければなりません。目標はこの資産も有効に活用する事・・・つまりはキャッシュ

フローの最大化ですので憂いは断って、目標に向かって諸施策を策定、実行していか

なくてはなりません。幸いオーナーさんはたくさんのプランを持っておられます。前管理

会社が何も手を打たなかった為に『荒れ地』状態になってしまっておりますので、早期に

建て直して我々の『やる気』を近隣業者さんにも認めてもらいましょう。

 繁忙期に向けて今月が大きなヤマ場です。時間 を無駄にしない事ですね。

 他のオーナーさん仲間からも応援の言葉がオーナーさんブログに届いておりましたが

まさに『これから』が大切な訳で、底は脱したのですから、これから 上昇のきっかけ

を創らなきゃですよね。ガンバリましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーケストラ

 仕事は大きな輪でやっているのだと思います。

 それぞれが世の中の役に立っていて、その分業をお互いに支え合って・・・。

 不動産経営は経済社会の縮図です。入居者さんの経済状況→お家賃の支払状況に

直結しますし、共同住宅→近隣問題も生じる可能性だって大いにあります。退去時の

原状回復やリフォームなどそこに携わる人達がたくさんあり、それぞれが自分の職務、

責務をしっかりと果たして行かなければうまく廻って行きません。潤滑油がなければギー

ギーと摩擦ばかりになってしまう事だってあるでしょう。自分だけが良ければいいと言う

ものでもありません。輪を創るスタッフ(もちろん最高のメンバーを常にスタッフにしたい

ものですが)の得手不得手を判断し、最良の運営状態にする事が不動産経営には求め

られます。これは案外難しいです。ご縁と言うモノに大きく支配されています。

 それぞれに感情があり、また自分自身の考えがそれぞれにあります。同じ方向にベ

クトルを向けて行くと言うのは案外難しいんですよね。元々は同じ方向に向いていても

その表現の仕方で180度逆に聞こえる事だって往々にしてありますし、人に迷惑をかけ

てでも自分の利益を追求する人達だって表れます。皆、いい人ではありませんからね。

それぞれの役割を果たすべき人が経済的に困窮する場合だってありますし。順調な

時には問題ない輪もちょっとした環境の変化ですぐに軋みを上げてしまいます。そう

しない様にアンテナを高く情報を察知し、得た情報に基づいて対策を立てて行かなけ

ればなりません。時には『こうしたらどうでしょうか?』と仕事に立ち入る場合だってある

でしょうし、チームメンバーの相談に乗る事だってあります。

 輪がそれぞれ最高の状態で機能する様に隅々まで見渡す事が求められるのでしょう。

不動産経営は1軒、1軒で見ると『交響楽団』みたいなもので、オーナーさんが指揮者と

言えます。オーケストラはいい奏者がたくさん居ればそれなりの音が奏でられます。

管理会社はさしずめ第一バイオリンと言うところでしょうか。自分の音はもちろんの事、

ちょっとした全体の雑音・リズムの乱れを無くして行く事も求められます。交響楽団で最

高の音を求める事・・・それは誰の為かと言うと奏者自身の為でもあり、観客の為でもあ

ります。観客とは時には入居者だったり、社会全体だったり・・・と言う事ですね。

 この例えで言いますと、先日とても優秀な奏者さんのお仕事を拝見する機会を得まし

た。それは見事なお仕事です。そしてこの奏者さんは気概がとても高く、ご自身が納得

した仕事だけをしたいと言う職人気質な方です。だから良い仕事が出来るのだと思い

ます。出会うこと自体もご縁だと思いますし、いろんな出来事があって一緒に演奏でき

るかどうか分からない状態にあるのもご縁だと思います。ただ指揮者・第一バイオリン

としてはぜひ一緒に演奏したいと切望しています。いいご縁に恵まれる事を祈っていま

す。年齢はお若い方ですが若いからこその想いがしっかりあります。とてもいい青年で

した。いい奏者ばかりだって決していい音が常に産まれる訳でもありません。指揮者の

想いを汲み取って第一バイオリンがしっかり機能しないといい音にはならないそうです。

皆が満足のできる環境で最高の音色を奏でて、それぞれがこのオーケストラに居る事

を誇りに思える環境を、そして私自身もいい音を奏でたいと思っています。

 いろんな事が起りました。そして今はいい方向にまとまりつつある様に感じています。

 来る縁・去る縁、縁にもいろいろです。しっかり判断していい音が出せるメンバーを

揃えたオーケストラでありたいですからいろんなご縁に積極的に取り組まなきゃです。

気持ちがひとつになった最高のオーケストラに所属していたいですし、第一バイオリン

としてそういうオーケストラを創っていかなきゃですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビバ オオサカ

  大阪は楽しい街です。

 しばらく前になりますがあの牛丼の吉野家さんの牛丼復活のニュースで・・食べ終わった

後の感想です。

東京・『ジューシーだった』『懐かしい味だった』『最高でした』

大阪・『写真より肉が少なかった』

・・・違うがな。味の事聞いてんねん。

 他にも・・・

 『このような商品はあります?』

東京・『誠に申し訳ございませんがそのような商品は扱っておりません。』

大阪・『あっ、惜しいなぁ。さっきまであった。今売れたトコ。』

 『ほんまかいな』

大阪・『なんやったら創りましょか』

 『いらんいらん』

大阪・『ほな他の会社のモノですが同じようなモノ要りませんか・・・』

とお話しが続きます。

 痴漢のポスターについても

横浜『痴漢に御注意!』

大阪『チカン アカン』

横浜は痴漢の被害に合わない様に・・・被害者側の論理。大阪・・・加害者側に立ってい

ます。インパクトがあってコンパクトなコピーが好きな大阪なのです。

大阪にある焼き鳥屋さんのお名前・・・『手羽一郎』。

焼き肉屋・・・『和牛十兵衛』。

素敵な一度聞いたら忘れられないネーミングですね。

桂文珍師匠の『落語的ニッポンのすすめ』より。

大阪はいつの時代もオオサカなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万事機嫌よく・・・管理会社としてのあるべき姿

 『万事機嫌よく』・・・今は亡き『桂 枝雀』師匠が生前よく口にした言葉で、色紙などにも

よく書かれていたのだそうな。万事機嫌よく・・・とは言うモノの、師匠はイラチでよくカッカ

していたのだそうですが・・・。

 私も40を超えてこれから熟成されて行かなきゃナランと思っていますから、『万事機嫌よ

く』を実践しなきゃと思いますがなかなかこれが難しい。我が思いを伝える事だって一苦労

です。我が管理物件ブルーに関しましても『総じて良好な管理状態』が維持されていますが

一部の不心得者があるようで、『なぜこんな事を・・・』と言う事がありますね~。共同住宅

ですからいろんな事を考えるたくさんの人が気持ちよく暮らせる環境を創っていかなけ

ればいい居住者さんが居なくなってしまいます。しっかりと不心得者の気持ちを正さなけ

ればなりません。根負けしないでいい管理状況を創らねばと思っています。

 我が管理物件『イエロー』に関しましてはいろいろありましたけれどもようやく方向性が

見えて来ました。これから踏まなければならない手続きはありますが、それはそれとして

次のステップとしてやらねばならない事、一部入居者さんへの直接的な働きかけを開始

しました。当管理物件でもありました『事業者』への指導です。悩み事は各企業とも持ち

合わせているのでしょうが、そのお話しをヒアリングしてあるべき姿に戻して行くお手伝

いを大家としてしていかなければなりません。解決できる悩み事かどうか・・・しっかりお

話しを聞いて対処を一緒に考えたいと思います。

 落語の『芝浜』に出てくるような『大家さん』でありたいと思います。

 あまり好ましくないと思われる情報がアンテナに引っ掛かって来ました。オーナー様

には事実をご報告し、先日お聞きしたオーナー様の考え方に関して修正も含めたアラ

ームを発しました。管理会社としての注意義務・・・から一歩踏み込んだ安定経営のお

手伝いを五感をフル動員させて、また行動派な管理会社として『万事機嫌よく』が実践

できる様に入居者さんにも同じ想いが伝わる様に指導して行きたいと思います。

『べからず』は無い方がいいですからね。『べからずがない』と言う事は各々に相当高い

モラルを求めることになります。モラルを心に植え付ける事って容易じゃないですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンブリア宮殿より 三光マーケティングフーズ 平林社長

 居酒屋ビジネスで時代を開いて来られた方の一人である事には間違いないでしょう。

『東方見聞録』や『金の蔵』、『月の雫』は私も何度か寄せていただいているお店です。

平林社長は『お客様の満足度』を徹底して意識して、その時代時代のお店を・・・つまり

は居酒屋業界を変革して来られています。全品270円で商品を出すには・・・量は減らさ

ず逆に他店比増やして別の部分で、つまりは企業努力でキチンとコストカットをして、お

客さんに喜んでもらっています。270円と言う価格でどこまで『驚き』が提供できるのか・・・

100均が『驚き!』を提供出来なくなって来て飽和状態、成熟化して来ている様に感じます

が、同様に価格訴求は、しかも徹底した低価格には自ずと限界がある様に感じますね。

いろんな手法を駆使して、また価格訴求以外の方法もトライして、常にトップランナーを

意識して他にないモノを創りだそうとする意識には素晴らしいモノがありました。

 また価格意識・コスト意識の徹底ぶりは脱帽です。事務所を移転した私にとっても

とても心に響く(心が痛い)お話しが随所にありました。

 業種によって多少の差はありますが、最終的にはお客様の評価でその事業の存続は

決まると言っても過言ではありません。我々不動産業ではとても大きな要素は認知度

だと思っています。その認知度の上げ方の工夫がキーなのでしょう。価格訴求効果で

グイグイとテレビCMを打っている企業もありますね。評価権者であるお客様が何を求め

ているのか・・・を冷静に分析して、そこに最も効率よく働きかける企業が時代を創るの

でしょう。

 今は順風満帆の業界なんてあまりないのかも知れません。居酒屋業界だって若者の

お酒離れと言う事態に対処して行かねばなりません。消費性向は明らかです。もちろん

そこに抗ってこそ時代の寵児なのかも知れませんが・・・なかなか大変です。各業界の

パイが小さくなっているのですから・・・。ファンをどう創るのか?ファンの心理は移ろい

やすいですからね。

 平林社長は『歩く。そして見る。』と言っていました。相席が当たり前だった頃にカップ

ルに何の違和感もなく相席を薦めた店員と、グルッと席を見渡したカップル。他に席が

なかったので仕方がないとばかりに席に着いたシーンを見て、個室居酒屋『東方見聞

録』が出来たそうです。居酒屋の客単価としてはかなり高水準な店が出来上がったと

言っていました。

 『顧客満足度』の高め方にはいろいろあるのだと思いますが、私は『痒いところに手が

届く』精神だと思っています。どこか痒いところがありませんか?と問う散髪屋さんの洗

髪シーン・・・あれは苦しいから言い難いモノだと思いますが・・・やっぱり聞かなきゃ分

からないとは思います。その聞き方はいろいろで以心伝心が最もハイレベルなんでしょ

うが、工夫して察知しないと、痒くない所をボリボリ掻いたら血が出るだけですからね。

アンテナを磨き、情報が察知できるアンテナを創る。創ったら磨いて常に感度良好に

する。そして得た情報を分析し、その分析に基づいて実行する。PDCAですね。Pの前

が大切だと平林さんは言っていたのでしょう。

 平林さんの様にはなれないなと感じましたけれども、大いに勉強になる番組でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危機管理

 事務所の移転作業がようやく終了です。県庁の免許手続き、事務所の明け渡し手続きも

ようやく終わりました。(明日免許証の書き換え交付には行く予定です)

 事務所の移転作業は結構大変でしたね。

 さて2重生活もこれにて終了ですので、北浦和で心機一転のお仕事をさせていただく

所存です。

 佐々淳行氏著『重大事件に学ぶ危機管理』を読んでおりまして、我が意を得たりの想い

がありました。『私がやらずに誰がやる』と言う言葉です。重大な事項に遭遇した時に、

まずは『私がやらずに誰がやる』と言う意識を持つ事だと氏は説いておられます。

 少し前の出来事ですが青森りんご災害の日銀マンのお話しがあります。

 1991年の台風19号で青森に大きな被害が出ました。当時の日銀青森支店長は、農家

の嘆きを見て居てもたってもいられなくなり、落ちたりんごを集めて一部はジュースにす

べく飲料メーカーに紹介をし、それでも余ったものは箱詰めにして売る。そして日銀の

本店にも買えと言って送りつけたそうです。ところがこれが日銀幹部の逆鱗に触れる。

こんなことは支店長の仕事じゃないと。私は佐々さん同様、これこそが支店長だと思い

ます。これこそが本当の仕事ではないか、と。

 まだ彼のお話しは続きます。阪神淡路大震災時の日銀支店長なのです。

 異常な事態に遭遇し彼は何をすべきか考えました。『日銀券の供給を絶やさぬ事だと。

モノがあってお金がないと言う状態が暴動を誘発する。私の任務は暴動を起こさぬよう

に日銀券を供給し続ける事だ』と。

 そして大金庫の扉が停電で開かなくなる前に日銀券を全部運び出してしまう。金庫か

ら出した紙幣は1日分の兵庫県の需要を充分賄えるほどの量をというから凄まじい。

何かあったら・・・ではないのです。保管場所は市内の銀行すべてに電話をし、最もいい

状態であったさくら銀行本店営業部に日銀神戸支店を置き、そこに各銀行の共同窓口

を開かせた。同時に警察に警備の依頼もする。そして『八項目の緊急対処方針』をまと

め、通帳なしでも払え、印鑑がなければ拇印でも払え、焼けた紙幣なども換えるように・・

・と非常通達を起案し、NHKのスタジオに行ってこれを放送してしまう。取り付け騒ぎを

起こしてはならない・・・この時臨時窓口に3000人の人が集まっていたのだが徐々に余

裕を取り戻し、お金は出そうだから今日は帰ろうか・・・となったのだそうです。

 まだ続きます。取り付け騒ぎが収まった後は市内の様子を見て回ります。あちこちの

自販機に人が群がり自販機を蹴飛ばしたり倒したりしていたそうです。コインがないので

す。『コインを供給しないとまた略奪がおこる。』・・・100円玉で9枚、10円が10枚の千円

パックを4000袋作り、自販機に群がる人達に『義捐金』ですと配って廻ったそうです。

 この話を聞いて佐々さんがこの支店長さんに後で尋ねたそうです。『400万円もの使途

不明金を出してどうされるつもりだったのか?』と。『自分の責任でやりました。どうせ後

から義捐金を出すのだからその中に含めて出してしまえばいいと。』それより佐々さん、

喜んで下さい。日本人の素晴らしさが発揮されました。コインを渡すと奥さん方が手分け

してコインを分配してあっちのスタンド、こっちの自販機を走りまわってジュースやウーロ

ン茶を買って来たかと思ったらみんなで回し飲みし始めたんです。まだ支店長の話は

続きます。千円入りの袋を差し上げようとすると『お札ならありますからじゃあ両替してい

ただけます?』とタダで受け取ろうとしない人が多かった事。4000袋配った内、2500袋

が『ありがとうございました』のお礼付きで戻って来た事。こんな話もありました。神戸

大学の女学生が泣きながらやってきて『預金も何もないが長野の実家が心配をしてい

るので実家に帰りたい。旅費に5万円貸して下さい。』と訴える。学生証を見せて貰って

貸してあげたそうです。すると三日後に返しに来た。『あれ?帰らなかったの。』と聞くと

その日に帰ったのだが長野の親御さんから『すぐにお返ししてきなさい』と言われ、実家

に一泊しただけで戻って来たと答えたといいます。支店長はとても嬉しそうだったと佐々

さん。

 さらにもう1つ。誰も居なくなったコンビニで、商品が棚から落ちてしまっていたお店で

すが誰も商品を持ち帰ろうとしなかった。その場で即席の『販売管理委員会』が出来て

食料を手渡す係の人、ダンボールにお金を受け取る人(もちろん誰もお金に手はつけ

ません)・・・公共の秩序を神戸の人々は自発的に守ったそうです。

 この後の彼に関する日銀のゴタゴタはみっともない話しですが、私も会社こそ違え、

銀行員でしたのでとても胸のすく思いです。やはりこうありたいと思います。

 『私がやらねば誰がやる』と言う想いは必要です。先日、銀行時代の友人からあの頃

の私はいろんなお客様に色んな事を言わされて、無理をしている様に思ったと言う発言

を得ました。私の取り組んだ案件で実損は出ていません。金利はキチンといただいて

います。この金利で自分たちが給与を貰い、このお金の多寡でボーナスを(良い成績で)

貰っている事を忘れている様です。この中の1社では数千万単位の手数料を数年前に

銀行は受け取っています。困った時に支援したからの結果です。お金が必要な先に

関して、商品や行政上の資格を取得して貰い行政からお金を保証して貰う(資金計画

については各社長と一緒に考えました。)。都内で20件ほどしか出ていない資格の内、

私が担当する小さなエリアで3件の認証企業を私が主導して作りました。行政がこの

企業は技術を有する企業だと都が認めてくれました。その御免状で保証協会がお金

を保証してくれてその企業の技術が、商品が世に出て行きました。

 私の弱みを握られていたと思った、とこの友人から言われましたが、窮状の企業を

また技術があるのに世に出られない企業にお金を出してそこを支援するのが銀行の

役目であり、どうやってそれを実現するのかを考える事が職責だと私は思っています。

 私は過去の銀行支店経験で、そのお店の優良取引先を持たして貰うケースが多かっ

たです。そして社長さん方からいろんなお話しを聞きました。『○○不況の時よぉ、俺の

会社も危なかったんだよ。でも△△支店長が本部に直談判してくれてよ。それて今があ

るんだよ。だからお前んとこの銀行には感謝してるんだよ』・・・。こんな会社がたくさん

あるから今も銀行が持っているのです。金融危機の時、私は役席でしたけれども、金

庫には本当にお金がなかったです。ただこんな社長さん方が、今度は俺が銀行を救う

番だと言ってくれた事が何度もありました。普通にお話ししていましたけれども話しなが

ら涙が出た事がたくさんありました。

 日銀支店長とははるかにスケール感は違いますが、琴線に触れる仕事とは・・・何か

と私は思います。日銀支店長のはるかに越権した行為が神戸市民の琴線に触れて、

暴動を未然に防いだのだと思います。

 『私がやらねば・・・』の精神って大切だと私は思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師走・・・チーム円阿弥会議

 チーム円阿弥ミーティングを昨日は開催しました。

 いろんなお話しを聞かせていただき、眼からウロコ(何枚入っているのでしょうか)・・・の

お話しがたくさんありました。

 円阿弥さんはアクティブで、昨日はとあるマーケットリサーチをしていたとの事。1つの

テーマを作って情報収集し、分析する・・・それがエッと言うテーマだったので凄いなぁと

感心した次第です。

 私の質問・相談事にも随分ご回答をいただいて来ました。

 私の頭の中もしっかり整理して、諸問題の解決に尽力せねばと思っております。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幕末史

  いよいよ12月になってしまいました。師走です。

 時間が経つスピードの速い事。40歳の壁を越えたら、より時の経過のスピードが早くなっ

た気がします。もっと安全速度で走れたら良いのですがなかなかそう言う訳にも行かない

のでしょうね。

 さて大河ドラマの『龍馬伝』は終了しましたけれども、頭の中にはまだ最終話が残ってい

まして、過去の購入本(積んどく)から幕末のこぼれ噺をちょっと読み返しました。龍馬さん

の死後、鳥羽伏見の戦いから江戸城無血開城への流れの中で私は薩長(官軍)が圧倒

的な強さを誇っていたと思っていたのですが、全然そうではなく幕府軍の方が勢力的に

は勝っていたそうです。兵力差は幕府軍15000に対して官軍4500ですから圧倒的に

幕府軍が勝っていた。兵器の差では官軍の方が新兵器はあったけれども、徳川慶喜

さんがやる気ならば勝てる戦だったとの事。賊軍と呼ばれるのが嫌で能力のある『小栗

忠順さん』を慶喜将軍は切ってしまい敵前逃亡をしてしまった。実際にはそうはならな

かったけれども江戸城の攻防戦が起っていたら今の日本の形はなかったでしょう。

勝海舟さんと山岡鉄舟さん、そして西郷さんが素晴らしい立ち回りをしたから今がある。

坂本龍馬さんが活躍の場を天が与えた様に、幕末には優秀な人が適材適所に配役さ

れ奇跡としか言いようのない形で時が流れたのですね。

 近藤勇さんや会津藩等、その歴史の流れの中で貧乏くじを引いた方々があったのも

時の流れの怖さと言うものでしょうか。

 11月は私にとって、またリバースターにとっても激動期でした。とてもいろんな事を経験

した密度の濃い月となりました。この経験は必ず活きると思います。活かさなきゃダメ

なのだと思います。とてもハードだったので忙しさにかまけるのではなく反省すべきは

反省をして、つまりは『総括』をして、引き続き業務に邁進しなければならないのだと思

います。チームH3Fの活動に関しては継続して対応して行きます。11月の激動余波が

今月にも及ぶ可能性が大なので私も脇を締めて行動せねばなりません。

 チーム3H、チームH3F、チーム円阿弥・・・今月の活動により、いい1年だったと言える

状況を作らねばなりません。実践あるのみでしっかり行動したいものです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »