« 商売あれこれ | トップページ | 四十肩② »

お金の使い方・・・この国の財布編

 全国の伊達直人さんは自分の資産を困っている子供たちに寄付しているので清々しい

気持ちになりますが、この国のリーダーの管直人さんは大衆からお金を取って一部の方

々の利益にあてようとするのだから始末が悪いです。

 エコポイントや自動車減税は購入できる人にしか恩恵が受けられません。そしてここに

該当する商品は比較的高額なモノが多い。富む人から不遇な人への資金移動が政府の

役割だと(富の再配分)思うのですが、最近は事情が違うらしいです。消費税もこの観点

から行きますと富の再配分と言う思想には叶わない税制です。

 電力の買い取り制度もそうで、ソーラー発電を買える人に対して、電気代が安くなる

と言う設置者のメリット以外にも余った電力を買い取る為の電力会社の負担を電力

会社がせずに一般の利用者がその余計な電力分を買い取る肩替りをするらしいです。

電力会社はこれが進めば設備をしなくて良くなる訳でより儲かる仕組みを構築するら

しいですね。

 そもそもエネルギーの無駄をなくそうと言う発想なのだから、まずは家電メーカーに

自動車のエンジンみたいに低燃費じゃないと売らせないと言えばいいのに、一向に

それをやらない。電力需要が激減すると電力会社がダメージを受けます。自動車は

ガソリンスタンドがゴロゴロ閉店になっても構わないのに、電力会社と家電メーカー

には負担をかけたくないのでしょうね。(電気についてもう少し言いますと、LEDと大騒

ぎしていますが電力消費のみを考えると蛍光灯とLEDは変わりません。寿命が異なる

だけです。蛍光灯とLEDでは単価が違いますがどちらが環境に、そしてエコに繋がる

のかと言う話しは一切されていない。もっとちゃんと提示すべきだと思うのですが、

猫も杓子もLEDとばかりの販売・メーカーの消費者への攻勢です。なんだか変だぞ。)

 直人違いのこの国のリーダー、菅さんがやらねばならないのは、第一に無駄の削

減ですが、2番目は消費税ではなくて、『富の再配分をどうするのか』と言う事。法人

税がどうこうとか子供手当、農業支援の前にもっと大きな枠組みを見直すべきです。

子育て支援ならば伊達直人枠を設けてキチンと寄付が100%天下りや役人に無駄

に使われない仕組みを創る事と、保育施設の拡充でしょ。老人医療だって無駄に

金を使わずに老人が活き活きと『お金をかけずに知恵を使って』暮らせる仕組みを

考えればいい。出る方の始末をしながら、『富の再配分』についてしっかりと考えた上

でそれでも足りないから消費税なら仕方がないんじゃないのかな。

 それとももう緊急事態なんだからって国民一人当たり1万円を緊急徴収するとかね。

 これだって強制以外に寄付は受け付けますよって言えば募金は集まるんじゃないの

かな。1万円とってしまえば1兆円でしょ。1回コッキリではなくてちょくちょくこれをやった

らいい。小手先だけで富の再配分を無視して、電力買い取り代金を一般の家庭に均等

割りなんて姑息な事はしなさんな。もしするならば電力会社に入るのじゃなくて行政の方

に入る様にすべきでしょ。

 富の再配分でお年寄りや社会的弱者が安心して暮らせる仕組みを作るべきです。

 今日は大学のセンター試験だそうですが、大学を卒業しても就職率が半分の世の

中と言う事です。国が雇用を第一に考えていると菅さんは言っているが、雇用を創る

為には売上を上げなければならず、その為には消費を増やさねばならない。その為

にエコポイントだと言っているがそれは眼の前の需要の先食いで枝葉の部分。そう

ではなく富の再配分の再構築により将来の不安を撤去し、消費マインドを大きく変え

る事こそ国がやる事業だと思う。国は各企業の売上は作れない。国はセーフティネッ

トを作って保護するのが役目。なんでも出来ると勘違いしない事だ。余計なお金を

使ってその何百分の1の効果しか産まないのが国策事業。身の程を知って正しくお金

を使って・・・つまりはキチンと無駄にお金をこぼさずに富の再配分をする事に徹底して

行政を行ってほしいモノですね。

|

« 商売あれこれ | トップページ | 四十肩② »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お金の使い方・・・この国の財布編:

« 商売あれこれ | トップページ | 四十肩② »