« 四十肩② | トップページ | 16年の月日が流れました  »

 子供のころに犬に襲われました。幼稚園の帰り道、普段はおとなしい犬だったのですが

たまたま鎖を外された裏の犬を発見してしまいました。あいにく道路幅員は4.5m道路。

なるべく遠くを通ろうと努力はしたのですが、ちょうど犬のまん前で壁を背にきょうつけ

したまま固まってしまいました。お互いににらめっこで数分の時間が経過した後、犬の

方がビックリしたのか辛抱できなくなったのか・・・飛びかかって来てしまいました。

 この事件以来犬が嫌いです。ただ全部が全部の犬が嫌いなわけではなく、その後私が

生きて来た中でトラウマになった心を溶かしてくれる犬もおりました。そんな訳で優しい犬

はちょっと好きです。 彼等は優しいフリして時々反撃に出たりする所があるでしょ。

犬の散歩で前から来る時などドキドキします。油断しているとワンワンと来たりします。

ワザと無視して通り過ぎようとすると、犬の方でも気を遣っているなぁ~と思う時もあるの

ですが、空気の読めないKYな犬と言うのもおりまして・・・

 スーパーの入り口なんかに繋がれている犬を見るとちょっとビビリながら、ワザと無視

してそーっと入ろうとするのですがあのドキドキは堪りません。飼い主さんにいい加減に

せなアカンよ と言いたい気分です。我が管理物件の前のマンションにもデカイ犬が

いましてね。飼い主が時々鎖を離しているんですよ。堪忍して欲しいですわ。得意の

自転車に乗っていたらまだ勇気も湧きますが、歩きで、四十肩の今日この頃なら・・・

カナイマセンデ。勝つ気がしませんでしょ。腿でもカブラレルかな~と思いながら

息をしないで歩くんですよね。飼い主さん、ええ加減にしなさい~って言いたいですよ。

向こうからみたらきっと私なんて霜降りに見えてるやろ~と思うからね。

 

|

« 四十肩② | トップページ | 16年の月日が流れました  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 四十肩② | トップページ | 16年の月日が流れました  »