« ガイアの夜明け 『新幹線がやって来た』 | トップページ | カンブリア宮殿・・・元外交官 薮中三十二さん »

販売の心得 / マイケル・サンデルさんの哲学講義みたいな探究

  昨日はチーム円阿弥の打合せです。

 テーマは『商品販売』。①地域振興における留意点、②駅前店舗での販売における

留意点、③高専賃における留意点、・・・等々、かなり広範囲なミーティングでした。

 なるほど納得で大いに勉強になりました。

 ポイントは『ユーザーの視点で物事を見つめ、考える事』でした。

 これって考えればあらゆる商売の基本ですね。

  ここしばらくでは電気工事屋さん、水道工事屋さんなどの工事業者さんにムッannoy

したのですが、それなどは典型的な事象だと思いました。

 『治してあげている』と言う感覚。『士族』にも多いですが、『やってあげている』意識

に辟易する場合があります。どっちがお客さんsign01と思うのですが、皆の我慢が気づかな

いのでしょうね。(双方向での思い、思われが良い仕事の基本形です。手を煩わせてス

イマセンと言う気持ちを越えて『ムッannoy』が勝ってしまうってどうよと言いたいですね。)

 出来て当たり前とは言いませんが、思わぬトラブルが発生した場合に、自分のせいに

しないで、不具合のせいにする職人さんは困ったものです。迷惑がかかったらまずは

自分でその不具合を受けて、どう善処するのか考えないと、信用を失墜する事になり

ますね。自分が主体ではなく、相手がどう不具合を理解するのかが大切です。

 先日のカンブリア宮殿の『上山医師』が偶然に医療事故のお話しをしていましたね。

 どうしても事故は発生する。(事故を肯定しているのではありません。)万全を尽くすべく

メチャクチャ努力はしています。それでも事故は起こる。その時に『隠さない事』だ。後悔

の念は確実にある。ただどう償うのか?と言う問題はとても大きい。事故にはつまる所

賠償しかないのだが、それを保険制度で受けて貰えないか。医師が委縮しては医療の

進歩などあり得ない。救える命も救えなくなると語っていました。まずは罪を認めるから

こその発言です。ここまで語るのが『カンブリアクラス』の人物なのでしょう。

 またこう言われたら遺族も『寿命なのでしょう』と理解するんじゃないのかな。

 ミスに対する対処はとても大切な事柄です。どう初動をするのか?自分のミスは

謹んで受け入れる事が『信用・信頼』の第一歩だと思います。そこでの顧客目線の

対応で、『ここまでやって貰ってもダメなら寿命なんだろうな』と相手に感じて貰える

真摯な受け答えと仕事の取組が唯一ミスをカバーする対応なのだと思います。

 まずは『自己保身』では絶対に『仕方がないな・寿命だなと思って貰えませんね。

 言うのは易く、実践は難しい事ですね。依頼事項は満点で対処できれば良いのです

が必ずしもそうは行きません。その時の『初動』が大切ですよね。思わず口から出てし

まう事だって有るかもしれません。その場は収まった様に思うかも知れませんが、確実

にそこで信用を(時にはお客さまそのものを)失っている事になかなか気づけないもので

すね。かく言う私だって、ああこの発言は誤解を招くな、ここは失言だったと反省する

事がたくさんあります。たくさんある事はもちろん誉められた事ではありませんが、その

想いがあるかないかで、その後は全然変わると思います。正しく対処できる率が増えて

行けばそれだけ信用が得られる訳です。

 誠実な仕事が出来るか否かは自身の心の中の『お客さま目線』だと思います。

 こんな立派なモノが出来たと自惚れるのでなくて、お客様がどう思うのか、価格は

適正か、需要はあるのか、地域が喜び、潤うのか・・・。自分の事、自分の財布だけ

を見ない事です。案外出来ていないと思う事がたくさんありますよね。

 昨日は複数のテーマでお話しをしたのですが・・・ハーバードのマイケル・サンデル

先生とお話しをしている様な『哲学』の勉強をさせていただいている気分です。

 商売とは『哲学』であり『真理』の探究だと思います。

 私の信条は『近江商人』の三方よしです。いろんなテーマで話している中で、『哲学』

の確認をさせていただいております。とても楽しい1日でした。

 

|

« ガイアの夜明け 『新幹線がやって来た』 | トップページ | カンブリア宮殿・・・元外交官 薮中三十二さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233568/39083037

この記事へのトラックバック一覧です: 販売の心得 / マイケル・サンデルさんの哲学講義みたいな探究:

« ガイアの夜明け 『新幹線がやって来た』 | トップページ | カンブリア宮殿・・・元外交官 薮中三十二さん »