« 家族に乾杯 / 新潟県小千谷市(前篇)・・・ゲスト 石田純一さん | トップページ | 蒸し暑いです 梅雨の晴れ間は叶いませんね »

ソーラーの専門家からお話しを聞きました

 ソーラーのお仕事をされている方から、ソーラーのお話しを聞く機会を得ました。

 今のソーラー事情がしっかり頭に入りました 

 ふ~んと思う事がたくさんありましたけれど、ダメだこりゃ・・・と言うお話しもありました。

 ソーラーを国が推進しようとしているのに、補助金・助成金を出す行政にはなんだか訳の

分からないルールを設けていたり、売電価格も年ごとに引き下げになると言います。

 なぜなのでしょう。早く設置させる為の『煽り』として・・・と言うのは住宅ローン減税など

行政・お役人さんの得意技ですが、原発問題が発生してエネルギーを考えなきゃいけ

ないのは明々白々なんだから、それを阻害するさまざまな制度は撤廃すればいいのに

厳然として存在させているのはなぜなんだろう。

 ソーラーでの発電量を最大化させることに主眼を置けばいいのに、発電容量の制限

を設けたりしているのはなぜなんだろう・・・。

 自家発電設備を持っている企業が案外たくさんあって電力が不足するのであれば

供給しましょうと言う提案があったにもかかわらずそれを拒否して計画停電をしてしま

った行政・東電ってなんだろう?ソーラーの電気コストは高すぎるなんて言いながら、

ソーラーを推進していない東電は、ソーラー設置の阻害企業になっています。

 推進する気持ちなんてさらさらなく、発電・送電分離や地域独占をこの期に及んでも

徹底的に死守し、東電の尻拭いは利用者に押し付けようとしているのには違和感が

あります。

 ソーラーには胡散臭い業者さんも一時たくさんありましたから、今回みたいにしっかり

と担当さんからお話しを聞く機会を設けていただいてとても有意義でした。

 淘汰・整理されていますので皆さんもぜひ『ソーラー』のお話しを聞いてみたら良いと

思いますよ・・・ 

 それから・・・『こうしたい 』と思うのであれば・・・役人は余計なルールを作らない事

ですよ。変な規制をつけるからブレーキになってしまうんです。多少上ブレしたっていい

んだから、どんどん利用して貰える様にしたらいいんです。

 複雑にしない事。国の想い、官僚や議員の想いをちゃんと伝える事ですよ。

 ソーラーはソーラーでもっと効率が良くなる様にメーカーも努力して貰える様にインセン

ティブがちゃんと与えられているのかな~と思ったりもしました。

 今、ソーラーの設置件数が増えているそうですから、コスト面ではだんだん下がるんじゃ

ないでしょうか。管さんはいい加減な人ですから信用していませんが、1000万戸なんて

ブチ上げるのでなくまずは作る側や利用者側へのインセンティブを整理したらいいんで

すよね。売電の制限とかなんとかがあるからボチボチのモノしか作らせないんじゃない

のかな~と思ったり。

 ちゃんと発電がマックスに出来るように余計なモノは撤去して欲しいなぁ~。

|

« 家族に乾杯 / 新潟県小千谷市(前篇)・・・ゲスト 石田純一さん | トップページ | 蒸し暑いです 梅雨の晴れ間は叶いませんね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソーラーの専門家からお話しを聞きました:

« 家族に乾杯 / 新潟県小千谷市(前篇)・・・ゲスト 石田純一さん | トップページ | 蒸し暑いです 梅雨の晴れ間は叶いませんね »