« 武蔵浦和のワイン・居酒屋 / ブルチャークさん  | トップページ | 埼玉焼きそば倶楽部・・・設立 »

東海テレビ放送 信じられない感覚の放送局 

『東海テレビ放送(本社・名古屋市東区)は4日、愛知、岐阜、三重県で同日午前に放送

した情報番組「ぴーかんテレビ」で、岩手県産米「ひとめぼれ」のプレゼント当選者名の欄

に「怪しいお米 セシウムさん」「汚染されたお米 セシウムさん」などと書いたテロップを誤

って流したと発表した。

 同社によると、放送されたのは午前11時3分35秒から23秒間。テロップは番組制作会

社のスタッフが前日、リハーサル用に作った。通販コーナーを放送している際に操作ミス

で突然流れたという。

 同社は「福島県はじめ原発事故で被害を受けた方々や、岩手県の農業、畜産業に携わ

る方々に迷惑をかけ、視聴者に不快な思いをさせた。担当者の認識不足とともに番組プ

ロデューサーやディレクターのチェックの甘さがあった」との謝罪コメントを出した。同社に

は4日午後6時半までに約300件の苦情電話があった。その後も電話は増え、数え切れ

ないほどという。

 岩手県は4日、達増拓也知事名で抗議文を送った。同県広聴広報課は「流通している米

は原発事故前に収穫しており安全。農家の努力を踏みにじる行為だ」と非難している。【黒

尾透】 毎日新聞 8月5日 より

 農家さんを傷つけた、風評、不快な想いを視聴者に・・・。それぞれその通りですネ。

 ただ一番ダメなのは社内の空気だと思います。リハーサルの時に使ったデモ用の・・・

って、そういう空気がここの放送局にはあった。そしてこれを見た誰しもが『不快』と感じ

る心がなく、これを許す空気があった。たまたま流れたのでお詫びをしたと言うのが事の

顛末で、ちょっとしたミスだと言う姿勢が私には腹立たしい。

 昨日とあるご夫婦とお酒を飲んだのですが、その席でも震災で大なり小なり心に傷を

持ったし生き方が変わった・・・と言うお話しがありました。その通りだと思います。

 報道に携わる人が心の傷を分からずして、どんな報道が出来ると言うのでしょうか。

 リハーサルの時に使ったこのテロップを見た誰もが注意しない放送局の報道なんて

誰が見るのでしょう。

 ちょっとした冗談と言う話しではないと思います。ここの放送局は全員身を正して、現

地に行ってボランティアなどに参加した方がいい。人の痛みを感じて来た方が良いと思

います。軽率な行動とかなんとかじゃないと思うんです。そんな空気がある事を恥じて欲

しい。コンプライアンスがどうこうじゃない。報道に携わるものとして肌で感じなきゃいけ

ないモノが感じ取れないマズさです。

 ここのテレビ局単体の事なのかマスコミ全体の事なのか分かりませんが、最近こんな

話しが増えている様に思うのです。【痛み】を感じられない人が然るべき立場にたったら

いけないですよね。

 社長が出て来てお詫びでシャンシャンじゃなくて、空気を変えてキチンとした報道を・・・

して貰わなきゃダメだと思います。

 とても不快なニュースでしたので・・・ここに書いた次第です。

|

« 武蔵浦和のワイン・居酒屋 / ブルチャークさん  | トップページ | 埼玉焼きそば倶楽部・・・設立 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 武蔵浦和のワイン・居酒屋 / ブルチャークさん  | トップページ | 埼玉焼きそば倶楽部・・・設立 »