« カンブリア宮殿・・・日本には祭りがある 祭りで地域を取り戻せ! | トップページ | 【福島は元気でした!】と聞きました  »

フジテレビ【わ・す・れ・な・い】を見終わって

 震災から155日。

 今、【わ・す・れ・な・い】と言うフジテレビの番組が終わりました。

 見ていてはらはらと落涙しておりました。なんとも軽い涙です。見えているのにどうする事

も出来ないと言うのは辛いものですね。

 番組の中でも何度か津波のシーンが続くので気分が悪くなった人は見ないで下さいと言

うテロップが流れました。

 3・11のあの時間、私はガス会社さんと電話をしておりました。

 その後、埼玉県民として停電や物資がなくなった街で暮らしました。

 震災を語り継ぐ努力は大切な事だと思います。くしくもヒロシマ・ナガサキ、そして終戦

の時期と重なり、高齢化が進む戦争経験者が意を決して記録を遺そうと語り始めてお

られる記録を見る機会が増えている時期なのでそう思います。

 ただ戦争は60年以上経過してますが震災はまだ6カ月。失ったものが大きいだけに

語りたくない事も多いでしょう。それでも将来の為に語られた人達には敬意を表します。

 津波の破壊力、スピード、街を破壊する圧倒的な力を今回の報道で改めて実感しま

した。自然災害はこれから先も度々襲ってくるのでしょうが、避難の対処や堤防等の

作り方の工夫。より未来の子孫が安心して暮らせる工夫を実施する事が不慮の死を

遂げた方々への供養にもなるのだと思います。

 花火は海や川で亡くなった方々への鎮魂の念を打ち上げていると言うのをこの震災

で初めて知りました。もちろんキレイな花火を鑑賞するのは素晴らしい事ですが、この

震災を経験して、未来にも語り継がれて欲しい話です。

 原発の対応に関して、政府・東電の対応を改めて知り、一方で避難された方々のご

苦労を改めて知りました。天災と人災ははっきりと区別する事。そして人災の部分は

早急に対策を立てて二度と同じ過ちを犯さない努力をする事。あまりに大きな被害に

茫然としたままの政府・東電にはいい加減にして貰いたいと思います。

 避難をさせて最後に街を見廻った町長さんが『町がゴーストタウンになった』と涙して

いた姿は苦しかったです。避難する時に連れて行けなかった犬の亡骸が立入禁止の

道路にあったのも辛かったですね。

 そして震災の時には『寒さ』が問題だった訳ですが今は夏。道路には葛が茂り、民家

の庭にも雑草が茂っている姿はとても悲しかったです。

 一方で新幹線の復旧に努力されたJR関連の方々の努力も報道されておりました。

 JRも国鉄時代は問題が多い企業でした。今も問題は残っている様ですが、それでも

東電と比較するとはるかにモラルの違いがあります。東電は民間であり、かつ地域ごと

に分かれているとは言え、やはり独占企業です。問題に立ち向かう能力に圧倒的に差

がついていると感じました。電力会社の在り方については現状維持はやはりダメなんだ

ろう。政府・官僚・東電については明らかに向かうべき相手に対して不誠実だったと思い

ます。しかしながら彼らにその実感があるのかどうか。一日して腐ったのではなく長い年

月をかけて腐ったモノ故に、対処も大変なのでしょう。ただ今立ち向かわなければどうし

ようもない。衰退に向かうのではなく流れに棹差す事を強く求めたい。

 今まで幸せに暮らしていた家族が3・11で家や財産を、そして家族の多くを一瞬にして

失った辛さは想像を絶するものだと思います。何度妻と子供の所に逝こうと思った事か

と涙されている姿は胸に迫ります。人の命って普段は意識しませんが、案外薄い氷の

上に置かれている様なものなんだなぁと感じた時が私にもありました。

 重いお話しですが、テレビで語ったあの家族に幸せがたくさん訪れる事を切に祈りた

いと思います。

 自分が与えられた役割をしっかり果たすことが、自分が未来に託された役割を果たす

ことなんだと思っています。それが何だかは今は分かりません。これからの縁が色んな

役割を運んで来てくれる事でしょう。その役割は誠心誠意果たしたい。

 今回の震災は1000年に一度の出来事だったとよく言われます。1000年と言う時間軸

の中では私の一生と言うのはほんの僅かな時間です。その中でもたった一瞬の時間が

あの震災。あの時間に私が居たのは偶然なのか必然なのか?

 震災を経験して、たくさんの人が人生観が変わったと言いますがおそらくは同様の事

を考えておられる様に思います。だから生き方、人生観が変わるんでしょう。

 【忘れない事】。そして困っている方が今でもたくさん居るのだから【想いを馳せる事】。

 長い長い時間が復興にはかかると思います。新幹線では良く頑張って驚くほど早く

復旧させたと誉められていましたが、私が過去に乗った仙石線等、復興の目処さえ立

たない路線も数多くあります。なんとかしなきゃなりません。

 自分が何の役割を果たすのか。。。まだ良く見えませんが、しっかりとそれを探して

行動をする事です。自分の事も大切ですが役割を果たす事も大切です。そのバランス

は人それぞれで違うのでしょうけれど、番組内で3・11時の帰宅難民のブログやツイッ

ターで『日本人は捨てたものじゃないと感じた』と言うのがその部分じゃないですか。

 震災を第2の敗戦と評している評論家が居ます。敗戦で辺り一面焼け野原になった

街を見事に復興させる力が過去の日本にはあった。今、自然の脅威に完全に打ちの

めされてしまったですが、日本人には逆境をバネに出来る力を持っていると言う表現

だと思います。一人一人職場は違えどもその持ち場で最善を尽くそうと常に努力出来

る国民性があるのだと思います。しっかり乗り越えないと。。。そう思った次第です。

※政府・官僚は頭が良いはずなのですが、日本の事で最善を尽くさないのが腹立たし

いですね。政府・国会・官僚・東電トップ。。。この辺の人に対するストレスはどんどん

高まります。怒ってばっかりでもなぁ~と反省しましてあまり【怒】は書かない様にして

いるのですがねぇ~。

|

« カンブリア宮殿・・・日本には祭りがある 祭りで地域を取り戻せ! | トップページ | 【福島は元気でした!】と聞きました  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カンブリア宮殿・・・日本には祭りがある 祭りで地域を取り戻せ! | トップページ | 【福島は元気でした!】と聞きました  »