« 浪曲 京山幸枝若さん・・・左 甚五郎 より | トップページ | 敬老の日のお話し »

エネルギーと都市化について

 今年は確か6月から暑かったです。

 そして9月も半ばを過ぎてなおまだ暑い。

 6~9月の4カ月が夏と言う事なれば、四季はやっぱり4つ有る訳ですので残りの3シー

ズンの日数が減るのでしょうか。。。 

 地球温暖化・・・と言うお話しが大上段に振りかぶられてもっともっともらしくお話しされて

いますが、実は単なる都市化。ヒートアイランド減少のみなんじゃないか?と思います。

 地球温暖化と言うと地球規模のお話しですから、政府も国民に諦めなさいよ。。。

となりますが、単なる都市化のヒートアイランド現象と言う事になれば、開発許可がおか

しいんじゃないか。。。と言う事になりますよね。

 実際問題として、練馬からさいたま市内がこれだけ暑いのは海からの風が高層ビルの

影響で入って来なくなってしまったからだ、と言う研究があるらしい。

 熱波はさいたまを通って熊谷まで登って行く訳ですから、日照権ならぬ『冷風権』とか

『海風権』を東京のウォーターフロントは侵害していると言えるお話しなのでしょう。

 練馬やさいたまは本来使わなくてもいいエアコン代を湾岸に高層ビルが建ったおかげ

でお支払いしていると言う事になってしまうのですね。

 まぁその分を賠償して下さいと考えている訳ではないので、それはそれとして置いてお

きましょう。首都圏で電気が足りないから原発や老朽火力発電所を無理くり使っていると

言うお話しを私はしたいなぁ~と思っております。

 正味な噺として、夏のピーク10日間だけ我慢して。。。と言えば原発は無くても電気は

足りると言うお話しを先日ニュースでやっていました。韓国で大停電が起きたり、計画停

電の際でも23区内は電気が落ちなかったり。。。今まで電気の絶対量の事なんか考えた

事もなかったのですが、発送電の分離とか東京電力を解体しようと言うお話しなどを聞く

につれ、地域で何も分けなくても電気が足らんようになったら我慢する契約(と言っても

停電レベルじゃなくて最低限の電気しか使えなくしたらいいですね)って言うのを創ったら

今夏節電で多くの家庭はめちゃくちゃ我慢をしたはずですので電気なんか足りるんと違

うかなと思うんです。その分電気代を安くしたらいいんです。電気代を安くするのは東電

が困ると言うのかも知れませんが、電気が足りないから原発を創るとか、老朽火力発電

所を動かすから燃料費が余分にかかるとか。。。それでいて勝手に停電させたり、節電

しろって言ってみたり。。。好き放題に政府も電力会社も言っていますが自分勝手な話し

ばかりに終始していますよね。原発の廃炉だとかなんだとかで金がかかるとか代替エネ

ルギーが出て来ない、足りないって言うのであれば、都市計画のレベルまでひき直して

地球温暖化と言って大騒ぎをしましたけれども実はヒートアイランド現象でした。。。と

言って現実を直視し(ヒートアイランドで2度~3度気温は上昇しているそうです。なぜそ

れが分かるのかと言えば、都市化をしている点と都市化の影響を受けない点の温度

差がそれだけあるそうですので。)、建築・ゼネコンは儲からなくなるが風の壁になる建

物の建築を認めなくするか、大崎でやっている様な風の通り道になる建て方に限定す

るか。または風の通り道としての水路や緑地帯を整備するなどの都市のデザインをひ

き直すのもエネルギー問題に入れれば良いんじゃないでしょうか。

 そして割増ばっかりしか考えない電気料金体系ではなくて、使用量に応じた割引、発

電の特性として蓄電出来ないと言うならば、総使用量がある一定点を超えたら何キロワ

ットしか使えない契約にしてその分価格的なインセンティブを消費者に上げればいい。

何もスイッチでオンオフをしないで使用制限量を超えたら課金制度でいいじゃない。

だって製造業者には今夏、そういう制度を取ったんだから出来ない訳はないでしょう。

一方でオール電化だとかなんだとか電気を使え、使えって言う政策を取っておいて事故

が起こったらだって消費者が使い過ぎるから原発しかないんだもん、とか消費者は言う

事を聞かないから計画停電と言う名のもとに勝手に電気の送電を辞めますなんて言う

のはネ。

 東電も金儲けをしたいので、電気を一方的に使ってくれるな、節電しようと言う大キャ

ンペーンは実際は困るのだろうと思うんです。ガソリンが足りなくなって燃費向上と大キ

ャンペーンをした結果、ガソリンスタンドはあちこちで潰れています。あれと同じになって

しまう。また各家庭からは出来るだけ有無を言わさず搾りとりたいと言う発想もあるので

しょう。割引制度なんか導入したら半分くらいの家庭が使用制限型の割引契約を結ん

じゃうでしょうから電力会社は怖くて導入できないかも知れませんが、原発事故で何百

兆円もの負担を嫌でも何でも国民は追わなきゃならなくなったんでしょ。それを思えば

電力会社の好き勝手をそのまま通さずに、それこそ役人、政治屋さんが決断しなきゃ

ダメなんじゃないでしょうかね。

 幸い『節電』の生活スタイルを危機を分かち合おうとする優秀な庶民の多くが、スパッ

と生活スタイルをこれだけ見事に変えたんだから、ちゃんと政府や電力会社もついて

来いって言うんですよね。『やれば出来る』と言うよりも『やれば出来た』と言う自信を

持った消費者がいっぱいいるんだからサ。こんなチャンスを逃さないでただ手を打つだ

けでピークの電力消費にキャップをはめる事なんて簡単に出来るんだから。

 万一計画停電しそうになったって23区かどうかなんてふざけた理由でなくて電力使用量

の制限に対して消費者だって納得感があります。無理を言って使用を制限するんだから

その分インセンティブを電力会社は払って当然でしょう。

 まだまだ残暑が厳しい今日この頃ですが、次は冬の電力需要がどうこうなんて話しを

しています。デザインを書いて徹底するだけで直ちに出来る施策もあれば、代替エネル

ギーみたいに10年単位でやらねばならない話しもあります。あれこれ議論も必要だし、

1つ1つの施策は小さくてもまとまれば大きな束になるんだからどんどんとエネルギー

問題の具体的な施策を取ればいい。発送電の分離だってやらなきゃ仕方がないんじゃ

ないですか?この期に及んで電力会社が陰でコソコソと悪さをする事を認めないで、

スパッと切る所は斬って欲しい。

 1つ1つの壁は高そうに見えるけれど、それで自信を失っている様に見える日本の国で

すが案外エネルギー問題は乗り越えられるんと違うの?と思うんです。

 都市のグランドデザインの変更で国の金を使わずに民間の金を使う事で土木・建築の

金も廻るんじゃないかとも思うんです。

 こんな話しを一個人がしても仕方が無いのかも知れませんが、勝手なエネルギーのお

話しでした  

|

« 浪曲 京山幸枝若さん・・・左 甚五郎 より | トップページ | 敬老の日のお話し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Always a good job right here. Keep rolling on trhough.

投稿: Seven | 2011年10月 3日 (月) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浪曲 京山幸枝若さん・・・左 甚五郎 より | トップページ | 敬老の日のお話し »