« 敬老の日のお話し | トップページ | 渡線橋 (とせんきょう) »

鶴瓶の家族に乾杯 青森県・外ヶ浜町 (後篇) / ゲスト・飯島直子さん

 今回(23・9・19) は青森県外ヶ浜町の後篇です。ゲストは飯島直子さん。

 女性に歳の話しをするのは失礼ですけど、飯島さん、42歳で尚、おキレイですね。

 天真爛漫ですからあれだけキラキラ  するのでしょうか  (ご本人様、ファンの

方々ゴメンナサイ m(__)m )

 『竜飛崎』は津軽海峡冬景色・・・でも歌われている様にどことなく寂しげな演歌が似合う

イメージですよね。女の人が独り寂しく涙している。。。みたいな。

 鶴瓶さんも  明るければ、飯島さんは南国のカラッとしたお天気  娘さんみた

いな方ですから、類は友を呼ぶで、竜飛でもまぁ明るいおばちゃん達  が出てまし

たね。楽しかったです。(飯島さんの街歩き編) どこにも【ラテン系おばちゃん】はいる

のでしょう 

 鶴瓶ちゃんの街歩きでは漁師のお兄さんたちが素敵でした  あの人達の獲った

お魚やホタテが食べて見たいと思いましたヨ。

 外ヶ浜は素朴で素敵な町でした。

 飯島さん的なひとり旅はあの『爛漫さ』がないと難しいですけれど、鶴瓶ちゃん風な

『トゲクリガニ』を探して土地の人にお話しを聞きながら地域を歩く・・・みたいな独り旅

をすると楽しいかも  と思いました。

 旅の目的地はテキトーに決めて、着いたら『パッと』ターゲット?テーマ?を決めてそれ

を聞きながら旅をする。そしたら地域の人ともいっぱい話しをするし、四季折々でも同じ

土地だって違う旅が出来ますもんね。

青森、外ヶ浜。。。良い街でした 

 飯島さんがラストで食べたマグロ  と日本酒  美味しそうでした~  

 いや、きっとあれは間違いなく美味しいです 

 次回はまた再会編。大魔神・佐々木さんと『塩釜』だそうです。

 前回のさださん合流の『石巻』は涙なくしては見られなかったけれど、時間も経ったし

『元気な塩釜』がみたいな~  

|

« 敬老の日のお話し | トップページ | 渡線橋 (とせんきょう) »

鶴瓶の家族に乾杯」カテゴリの記事

コメント

I suppose that sounds and semlls just about right.

投稿: Keshawn | 2011年10月 3日 (月) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 敬老の日のお話し | トップページ | 渡線橋 (とせんきょう) »