« 2012年冬・・・青春18きっぷの旅 銚子グルメツアー篇 ② | トップページ | しだれ梅 »

2012年冬・・・青春18きっぷの旅 銚子グルメツアー篇 ③

 電車は外川駅を出まして・・・銚子駅に向かいます。

 我らが目指す駅は『観音』駅。大きな観音さんがありまして、第何番札所みたいな事が

書いてありましたけれども、我々はグルメツアー。もう大概お腹が減って居ましたので、

観音などには見向きもせずに、ズンズンとお店を目指します  

 銚子と言えば『魚』なので、金目づけ丼で有名な店も調べてきてありますけれど、カツカレ

ーが有名な『一心』さんと言うお店もあります。こちらはカツカレー460円で、コストパフォー

マンスは◎ですね。いかにもB級グルメかなとお話ししたら、Kさん、『金目づけ丼はどこで

も食べられるから、カツカレーにしよう。』と即答です  

 B級グルメの定義の中にも、1000円以内のお食事と言う暗黙のルールがあるようです。

 私は『魚』が苦手なので・・・カツカレーの方が良かった訳で、小躍りしながら『一心』さん

に向かいます。

 032 033

 カツは薄めながらもルーにトマトの酸味があってめっちゃ美味しかった一心さん。

 満員でしばらく待っての入店でした。1時廻ってのあの混雑。とんかつ定食も420円だ

ったと思います。地元の方々は安くて美味しいモノを知っているのでございます  

 一心さんのカツカレーを食べ終えると・・・空腹感も一挙に解消したのですが、グルメツ

アーのプログラム2番が待っています。『鳥文』さんで唐揚購入。

034

 本当は『鳥文』さんはもも焼きと言って、骨付き鳥モモ肉の半身を揚げてあるヤツが

名物なのですが、そんなヤツをバリバリ買い食いする訳にも行かず、ひと口唐揚とグル

メツアーで揚げものと言えば、いつの間にか『メンチカツ』を頼まなければいけなくなって

おりまして、この鳥文さんでも1個70円のメンチカツを注文したのでありました。

 あまりにキレイな形なので工場で作った既製品では・・・とも思ったのですが。鳥文さんの

解説をちょこっとだけとておきますと・・・肉屋さんです。精肉も売ってました。ただデリカシ

ョップの方が大きめで春巻きからコロッケなどたくさん売っておりました。焼き鳥なんかも

ありましたよ。 さてさて、鳥文さんで唐揚+メンチを買って、次のお店、さのやを目指しま

す。

035

 このでっかいお店・・・全部が回転焼き(今川焼き)屋さん。観音様の門前町で代々引き

継がれてきた味なのでしょう。ワインの樽みたいな形をした今川焼きでずしりと重い名品

でした。白あんと普通のあんこの2種類で・・・私は白にしようと注文しかけたらKさんが白

・黒2つずつ・・・の声。思わず私もそれでお願いしますと買ってしまいました。ココの今川

焼きはお土産にする方々も随分いるようで、10個いくら、20個いくら・・・と表が貼ってあ

りました。お参りに来た人ならば、カツカレーも唐揚も買わないでしょうから・・・まとめ買

いもありだと思う一品でした  このお土産ならば喜ばれる事請け合いですね

 カツカレー完食 ☞ 鳥唐・メンチゲット ☞ ジャンボ回転焼き・白黒ゲットまで10分位

の噺です。カツカレーも消化されてきたので満腹感の自己主張。あれだけお腹がへって

いたのですが、これだけのボリュームは食べれない  んじゃないですか・・・と言いなが

ら、銚子港に向かいます。港のベンチで唐揚や今川焼きを食べましょう~と言うことに

したのですが・・・この重量からすると全部は無理そうです  漁港のお魚屋さんや干

物屋さんをひやかしながら、ベンチを探しました。銚子港は外川港と違って大きな漁船

が多かったです。遠くに銚子大橋を眺めながら、植木ボックスに腰掛けました。何から

食べますか  

 そりゃ~温かいヤツからでしょう  の声。今川焼きならば白黒両方は食べられな

いので、先に私は白から食べたいと今川焼きの白からいただきましたよ。今にして思え

ば銚子港の写真やらさのやさんの今川焼きの写真も撮っておけば良かったのですが

ちょっとお疲れモード&それでもグルメに期待していたのでしょうね~。またもや写真は

撮っていない  トホホなグルメガイドです。空を飛ぶカモメを眺めながらの今川焼き

なのでありました。1個が重い  個性的な形をしてたのでちょっともったいない 

普通の回転焼きはデンデン太鼓みたいな形でしょ。さのやさんの今川焼きはワイン樽

みたいな形をしていましてね。胴の部分が膨らんでいます。そこに餡がどっさり入って

おりました。皮も巷の今川焼きよりも小麦粉分が多めな感じ。昔から好まれてきた感が

満載の今川焼きでした  。がぶっとほおばると・・・胴の膨らんだ部分にいっぱい詰ま

った白あんが後ろからどばっと溢れ出ました  なんともぜいたくな今川焼きなんです。

 うわっ~なにこれ~凄いボリューム  皮も美味い~ 。 唐揚もひとくち行きましょ

か・・・。次いでメンチ。満腹だったのに、さのやさんの今川焼きでスイッチが無理やり

オン  になってます。メンチ、メンチ・・・。手に油がついても関係なし。ガブッとひと口

しましたら・・・あれ  カレーコロッケ  と思いました。カレー味が先に来ました。ン?

カレーコロッケではないぞ。やっぱりメンチカツだ。 お~、これはウマイ  カレー味

のメンチだ  キャベツも入ってましたがこれが美味。これで一個70円は安いなぁ~。

ついぞテイクアウト品も食べきってしまいました・・・  美味しいと満腹でも入るんです

ね。銚子グルメにハズレなし  恐るべし銚子・観音。

 満腹になった我々はひと駅進んで・・・日本一小さな電気機関車を写真に撮りました。

037 040

 仲ノ町駅と言う駅のお隣に、銚子電鉄の車両基地やら工場がありました。この機関車

は『デキ3』と言うそうです。この機関車の後ろには台車がそのまま置いてありました。

このデキ3・・・二人乗りの軽自動車みたい  可愛らしい電車です  

一番奥の引き込み線にしまってあったのですが、ついでに他の電車も撮ってきました。

041 043

 丸の内線カラーに塗装された車輛。桃電ブルー君と一緒の車輛の様です。

 この車両基地から銚子駅まで1駅はぶらぶらと歩いて戻りました 

 銚子をあとにして、グルメツアー in 銚子は、番外編として千葉グルメ、常磐線北小金

駅のパン屋さん『ツオップ』と、松戸のラーメン屋さん『むさしの』に行く予定だったので

すが・・・もう2万5000歩以上この時点で歩いておりまして・・・パン屋さんとラーメン屋さ

んは辞めて帰ろうと総武線の電車の中で決まってしまいました。

二人とも・・・グルメツアーとしての銚子の健闘を讃え、充分に満足していたからなのか

も知れません。

 北小金の有名店のパンをお土産にしようかなと思っていたので、今回のツアーはお土

産が無くなってしまいましたが、銚子はお隣の県ですし・・・旅行と言ってもねぇ~  

と言う事で・・・。冬の青春18ツアーはこれにて完結。

 春にも青春18があれば、単独ツアーで、いわき・浜通りツアーに行く予定にしておりま

す。これはグルメと言うよりも震災の状況見学ツアーになりそうです。春は例年3月10日

からとの事なので、まさしく震災1年後になりますネ。まだまだ復興には程遠い状況の

様に感じますが・・・この眼で見てこようと思っています 

|

« 2012年冬・・・青春18きっぷの旅 銚子グルメツアー篇 ② | トップページ | しだれ梅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2012年冬・・・青春18きっぷの旅 銚子グルメツアー篇 ② | トップページ | しだれ梅 »