« おでき・・・ | トップページ | 膝の痛み・・・ »

原田泳幸さん・・・

 カンブリア宮殿・日本マクドナルド・CEO・原田泳幸さんの記事はアクセス数が多くて

びっくりします。

 それだけ注目度の高い方なんでしょうね。

 原田さんは経営者として『業績』を大切にされています。そして決して順風満帆ではない

環境下で8年連続の増収を達成されています。これはやはり素晴らしい事だと思う。

 でも書籍の評などを見ていると、原田さんには否定派さん達も結構な数がいるようです。

 原田さんを悪く言う方は大きく2つあって、1つ目は味の問題。マックは美味しくないと言

う批判。これは嗜好の問題もあるから飲食業、殊にファストフードを扱っているとやむを得

ない所なのでしょう。ファストフードの制限や価格の制限があって最大公約数を狙えばい

い。これは原田さんを批判しても仕方がないんじゃないかな。

 もう1つはよく訴訟になっているマックの店長さん達の就労条件の裁判でしょう。

 マックの業績は、身体を犠牲にして働く店長さんの涙の上に成り立っていると言う批判。

 田原総一朗さんがマルクスの『資本論』について書いた記事があるのですが、

 http://www.mikasashobo.co.jp/column/tahara/20110428.html 

 『働きがい』をどう評価するのか・・・と書いておられる。

 良し悪しは別として、物凄い量の残業をされている企業や、スタッフってマクドナルドだ

けでなく、実際は掃いて捨てるほどの数がある。

 それを全部『違法』で処理して良いのか・・・と言う事なんだと思うんです。労働者は資本

家に搾取され続ける関係で、労働は犠牲の上に成り立っているとマルクスは書いていま

すが、労働はそういう一面もありますが、楽しさだったり、自己実現の場だったり・・・そこ

に『やりがい』があるからこそ脳に良い刺激を送るモノでもあると思うんです。

 だから『やりがい』を感じている方にとっては、長時間労働も苦にならないんですよね。

 早く帰りなさいと指示しても『帰りたくない』と思うし、事実それを望んでやる方も大勢い

ます。それが面白くて仕方がないんですよ。

 ただ一度仕事が嫌になってしまうと、これは苦役以外の何物でもなくなってしまう。

 そこには『やりがい』の有無が大きく作用しています。

 マックのスタッフさん達が8秒に拘って仕事をしているのは、そこに『やりがい』を感じて

いるからです。

 原田さんはスタッフの『やりがい』を高める努力はしっかりとやっていると述べておられ

たし、決してカネではないとも論じていました。この点をしっかりと考えるべきなんだと思

うんです。何も職業はマックの店長だけでなし、『面白い』や『やりがい』を感じ続けられな

いのであれば無理をしてその職に有り続けなくても良いのではないか。それが雇用する

側、される側双方にとってハッピーなのではないか・・・と思うんです。

 残業には制限があって・・・と法の観点から、論じようと言う気持ちも分かるし、それは

正解なのでしょう。事実裁判ではそういう趣旨の判決も出ています。でも私はそれは一面

からのみの『労働』の見方であって、労働者には『奴隷』ではない『自由』がいっぱいある

と思うんです。ちょっとした心のサジ加減で随分と違う結果になるのだろうと思うんです。

そもそも店長さん方の長時間労働も、業績の維持・アップの為にはいろんな手法・手段

があったはずで、それが巧く出来なかった結果として、自分に負担を押し付ける選択を

してしまったと言う事なんでしょう。決してそれだけしか選択肢がなかった訳ではないと

思います。店長さんには裁量がそれだけある訳で、だからこそ難しくもあると思います。

 原田さんはスタッフの『やりがい』を高める努力、自己実現の場としての職場の価値を

高める努力に最大限の注力をしているし、またそこで磨かれた人財を定年で斬るなんて

とんでもないことだと、上場企業の中でも少ない『定年廃止』を打ち出されています。

 労務問題での原田さんの批判については、もうちょっといろんな角度から見てあげたら

いいのになぁと私は思います。

 なんだか原田さんの信奉者みたいに書いていますが、決して私は信奉者ではありませ

んよ。マックさんには43歳になった今、全くお店には行きませんから。

 経営者として、とても懐の深い方だとは思うんです。考え方も面白いし強い。そして何よ

り実績で株主さんや従業員さん達にも応えている。そこは正当に評価するのがフェアなん

じゃないのかなと思っています。

 (私には遵法精神がない訳ではないので、その点、誤解のないように  )

|

« おでき・・・ | トップページ | 膝の痛み・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おでき・・・ | トップページ | 膝の痛み・・・ »