« 吉田拓郎さんの近況 (24・3・20) | トップページ | ええじゃないか・・・ »

恥の文化の住人なのに・・・

  『東電』はアチコチで怒られています。事実私の周りの方々もよく『東電は・・・』と言う

お話しを耳にします。事故の収拾はまだつかず、賠償費用や化石燃料の調達の問題

で苦しいのだと思いますが、その苦しさに値を上げて態度を硬化させてしまっている所

が、この会社のダメな所ですね。元々御大尽企業で、独占に胡坐をかいて来たからい

つの間にか企業の土台が腐ってしまっていたのかも知れません。

 事故以降の発言には、被害者への配慮や利用者への配慮が全く感じられません。

 もしかしたら自分の所も震災で被災した被害者だと思っているのではないでしょうか。

 経営陣は怖くとも原発被災地に行って、見るべきだし、叱られて来た方がいいんです

が被害者からボロクソに言われるのを怖がって3・11の時にもついに町には出ずに、お

詫びを記者会見で済ませてしまいました。

 企業向けの料金値上げについても値上げを容認しなければ値上げが出来ない仕組み

だったのにも関わらず、そういう案内をしないで、期限を切ってその間に『待った』の申し

出がなければ追認したとして値上げをしようとしていたことが発覚して大騒ぎになってい

ます。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120321-00000028-mai-bus_all  ☜ 新聞記事

 東電がダメな所は、事故にも真摯に取り組まず、エネルギー問題としての発電のポート

フォリオにも真摯に取り組まず、送電分離にも真摯に取り組まない。原発の発電が総括

原価方式では依然として美味しいから、あれだけの事故を起こしても賠償金は国におっ

かぶせてやみくもに原発に向かおうとしているのだと思います。

 賠償はすべて自力でやり、総括原価方式も認めないとルール変更をして、経営陣に

しっかりと責任を追及したうえで、東電の今後を決めて行かなければダメなんでしょうね。

 原子力に携わっていた官僚も同様に裁かれなければダメです。そうしてはじめて反省

が出来る環境になるのではないでしょうか。

 本来であればそこまで追い込まれなくとも自ら対処が出来なければ恥だと思いますが

どうも東電や官僚、一部の議員たちには『恥』を感じる機能が退化してしまっていると思

います。これでは現場で実際のご苦労をされる方々も堪らないでしょうし、被災者・利用

者も納得が行きません。

 日本は『恥』に重きをおく文化の国です。本来なら東電幹部も切腹だし、官僚たちも

切腹モノですよね。この時代ですから切腹はせずとも、加害企業としての認識があれ

ば、自ずと良識から何をすべきなのか導き出されるのが『トップ』の在り方だと思います。

 一向に良識が感じられないので錆びついたアンテナでもキチンと状況が把握できる様

に被災地を廻れば良いと申した次第です。。。

 私はひとはすべて善人だと思っておりますが、情報は収集出来ている中で、悪人だか

ら取るべき態度が180度違う・・・と言う事も考えられますね。

 さて、これはどうしましょうや。

 罰さなければ仕方がないですね。自ら進んでハラキリが出来ないのであれば、市中引

き回しの上、打ち首・獄門も辞さずと言う態度で臨むしかありません。それが『責任』と言

うものです。

 日本の『恥』の文化と言うのは性善説に立った非常に精神的にレベルり高い文化だと

思います。納税なども自己申告でこれだけ収益がありましたと自ら申告をする制度です。

胸に手を当てるとアイタタ・・・となる人もいるでしょうが、時々税務署が来て、キツイお灸

を据えて行きます。でもこれは庶民の話し。

 収入や地位が上がると、より自己を律して行かねばならないと言うのが文化の根幹に

あるんです。だから相応の富を得ている訳です。『立場』です。立場には責任も伴います。

が、最近は個人的な蓄財にうつつを抜かして、責任は庶民以下の責任も果たそうとしな

い輩がいる。。。

 上に行けば行くほど責任も増すのは当たり前。その責任を果たさない場合には、罰も

相応に厳しくしてモラルを問うて行かなければ日本は崩壊してしまうのではないでしょう

か。『ゆとり世代はダメだなぁ』と今の若い者談義をするよりも前に、小粒化した団塊の

世代をバッサリ行かなければならない時期が来ているのかも知れませんネ。

 東電や官僚は競争にさらされないから、元々、アンテナが錆びやすかった。。。

 それでも問題がなければ良かったのですが、今回の事故で思ったよりもボロボロに

劣化していることが分かってしまった。。。さて、どうするかなぁ~?と言うのが、今の

日本に付きつけられた問題です。

 『お前が言うな』と言う人が裁くのも困ったものですが、幸い、困った輩は裁かねばなら

ないと言う事にも気が及んでいないみたいです。

 部分的修繕で治るのか、それとも前面改装、また建替え新築を目指すのか・・・ sign02 

 東電にも若手の中には『なんとかしなければ』と努力している方もいるらしいので、そう

言う世代にキチンと託せる世の中にしなければダメなのでしょうね。

|

« 吉田拓郎さんの近況 (24・3・20) | トップページ | ええじゃないか・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉田拓郎さんの近況 (24・3・20) | トップページ | ええじゃないか・・・ »