« 鶴瓶の家族に乾杯・・・鹿児島県屋久島町 ゲスト 武井咲さん (前篇) | トップページ | hananoki 与野店 »

トキに思う・・・

 私はお魚釣りが大好きです。(そうは言っても最近しませんが・・・)

 またガサガサも大好き  

 ガサガサってご存知ですか?

 池や川の葦原なんかを網で『ガサガサ』やって小魚をゲットする事です  

 それでどうするのって、数匹ゲットしてきて水槽で飼うんです  

 子供時分から大好きでザリガニなんかを掴まえたり、めだかやタナゴを獲ってきたり。

 私が子供の頃は・・・えっ  もう35年も前なんですね~  あららっ。

 その頃はめだかもいっぱいいたし、たなごもたくさんいたし、ちょうどブラックバスが

繁殖し始めた頃ですよ。

 まさかこれだけ生態系を駆逐してしまうとは思いませんでしたが・・・、小魚が激減してし

まっているんですって。ご存知の方も多いですよね。

 それで生態系を正そうと、外来生物の駆除をしているそうなんです。

 その一方で絶滅しかかっているトキを莫大なお金をかけて生かそうとしている。

 『命』の観点からすれば、同じ『命』。『種』として考えるとトキは世の中が変わって絶滅

すべくして絶滅しようとしているんですよね。

 絶滅にもろ手を上げて賛同する訳ではないけれども、懐古主義に走るのもどうかと思い

ます。お金をかけずして、環境破壊を抑える努力をする事などは意義があると思うので

すが、餌のどじょうを食べ過ぎて『脚気』になって倒れてしまうトキを救うと言うのは、しかも

専門の施設とスタッフを抱えて保護すべきなのか?と思ってしまいます。

 ブラックバスやブルーギルなども一時的には増えるのだと思うのですが、小魚が居なくな

ると、食べ物がなくなるので死滅する訳でしょ。

 植物にも在来種と外来種と言う問題はあるとの事ですが、『種』を地球規模で考えると

交配される中で、進化や淘汰があって今に至っているんじゃないかと思うんです。

 『地球』上でヒトが活動する中で、いろんな生物や植物が交配して行くのも、ヒトと言う

種も含めた活動なんじゃないかと思います。このままヒトが永遠の歴史を刻んだり、万物

の霊長として居られるのかどうか・・・と言う話しも、100年単位ではなく、千年、万年と言う

単位で考えると分かりませんよね。

 自然保護の方々からすると、お叱りを受ける内容なのかも知れません。

 だけど『生きとし生けるもの』、否、組織なども含めた『あらゆるもの』がそうなんだと

思うのですが、良かれと思ってやっている『保護』が実は、競争する芽を摘んでいる事で

あって、結果として『生きる力』や『競争力』を弱めているのではないか?と思うんです。

 一時的には隆盛を得られるのかも知れませんが、保護をすると甘えが出てしまうので

結果として弱くなる  

 『地域』の時代と昨今言われていますね。地域経済の疲弊が激しいとよく言われます。

 その為に政治屋さん達はせっせと国からお金を無心し、それをばら撒いてしまいます。

 でもその行為そのものが結果として地域を疲弊させているんじゃなかろうか?

 東電始め、電力各社の方々の発言を聴いていても・・・どう聴いてもオカシイ感がある

のはそう言う事じゃなかろうか?政治屋さん達の政党助成金なんてのも・・・?

 一時的には厳しい事かも知れませんが、いろいろな規制や助成名目を一切排して、

国や地方は正しい土俵を提示してあげる事が、結果として『生き物』が本来持っている

パワーを最大限発揮させる方法なんじゃないのかな。

 トキのひなが数羽かえっていたニュースと、原発再稼働や政治・経済のお偉いさん達

が話している手前勝手なお話しを耳にした時に感じる『共通のムッ  とした思い』が

あるのはそこの所の矛盾を感じているからではないのかなぁ~と思うのですが・・・。

 私が単に調子っぱずれな思いをしているんでしょうか・・・。

 あっ、高橋洋一さんが面白い発言をしていましたね。

 金利が上がると、国債を大量保有していた銀行や保険会社が大打撃を受けるから・・・

と言う議論がありますが、そもそも国債は最も利回りの低い商品であって、生保や銀行

は『資本主義』の中で、本来果たすべき役割を果たさなかったからもっとも非効率な国債

で運用したんだろうと。資本主義と言う競争を前提にしたルールの中で、本来果たすべき

役割を放棄して利用者に迷惑をかけた金融機関を保護しようとする意見はいかがなもの

か?と話されておりました。それはやはり淘汰されるべき存在なんでしょうね。

 東電、ダイエー、カネボウ、日航、銀行各社・・・。救ったけれども、その結果を問う事が

ないのはどうしたものでしょう。本来期待されていた役割を果たしているのでしょうか?

 その精査が出来ないのであれば、気まぐれに生かしたり、そのまま見殺しにしたりと

言う事をやるべきではない様に思います。

 歪みが歪みを呼びこんでしまうのが眼に見えているからです。

 こんな事をしていては『組織の集合体』が強くなるはずがない。

 震災の被災地は、全然目標の定まらない国や地方行政を見捨てて、独力で立とうと

している所がたくさん出て来ている様に思います。

 『絆』の名のもとにいろんな支援が被災地に集まったし、また現在も集まっているそう

です、案外、政権与党や官僚さん達が無能だったからこそ、被災地からの『お礼』『お返

し』を日本全国が享受する日が近いのではないでしょうか?

|

« 鶴瓶の家族に乾杯・・・鹿児島県屋久島町 ゲスト 武井咲さん (前篇) | トップページ | hananoki 与野店 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鶴瓶の家族に乾杯・・・鹿児島県屋久島町 ゲスト 武井咲さん (前篇) | トップページ | hananoki 与野店 »