« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

台風襲来・・・

朝はあれだけ良いお天気だったのに、天気予報の通り、しっかりと台風がやってきました。

『災害』と言えば、まずは台風だったのが、ここしばらくは地震に眼を奪われていましたから

ね  

これだけの暴風雨だと電車が止まっても仕方がないと思うのですが・・・また京浜東北線

は走り始めました  それも結構なスピードで走っています  

こけたりしないのかなぁ~。最近の電車は軽量化されているから危ない気がするのです

けど・・・。

猛ダッシュしてますが、本当に大丈夫なんでしょうか。

ウチの前を走る電車は15輌編成だし、貨物に至ってはどれだけ荷物を積んでるの 

と言う程の超大編成で、しかも結構な速度で走っています。

先日の京急の事故は山崩れが原因でしたが、電車自らこけるなんてことはないのでし

ょうか。

災害の被害を減らすためには走らない事なんでしょうけれど・・・。

テレビを見ていると、どの局も画面を小さくしてそこにテロップを流します。

あれが気になって、番組が全然頭に入りません  

「平清盛」を見ていたのですが、清盛の時間は枠外どころかイイシーンで、清盛にかぶっ

て、どこそこの電車が全線運休・・・と出てました。

平安絵巻に没頭しているのに、すっかり現実に引き戻されました  

アチコチで停電や避難をしておられる方もあるとの事です。

もうしばらく災害は堪忍してほしいと思ってます。

明日は、期末&期初の大切な月曜日。

通勤はまだ混乱しそうですが、それほど大きなトラブルになることなく終息してくれる事

を切に祈る今日この頃でございます。

時々、猛烈な暴風が吹きますね~  

雷雨とは違った怖さがあるもんですね 

| | コメント (0)

吉田拓郎さん、首都圏ツアーチケット争奪戦・・・再び敗北~

先日の先行販売のチケットは見事に落選しました  

もう無理かなぁ~と思った、一般販売初日の本日AM10時  

10分前からフライング気味に『ぴあ』にアクセスしたのですが、混雑中の文字・・・。

やっとヒットして、「購入」のボタンを選択したのですが  次の画面でまた混雑中

の文字が出て、再度やりなおしたら『予定枚数終了』になっていました・・・  

人気があるのはファンとしては嬉しいところ・・・  

今回は縁がなかったものとして諦めましょう・・・。

オークションでは、2倍、3倍の価格で出ていますが、あれはダフ屋さんじゃないのかな。

本当に欲しい人の所にチケットが行くようにしてほしいなぁ~と思ったのでありました。

| | コメント (0)

携帯電波・・・

携帯電話の電波に悩んでいます。

ドコモから簡易式のアンテナが届き、携帯電話のくせに「室内では有線になる」・・・

携帯電話ではなく、半固定電話になってしまう・・・  と言う不自由を甘んじて

受け入れました。

それでもやや改善された程度ですかね 

電波については専門家ではありませんが、最近学んだのはどうも電車が通過すると、

携帯電話の電波状況は波打ってしまうらしいと言う事。

新宿湘南ラインが走ると、携帯電話の電波が減って行きます。

電波って意外ともろいものなんですね。

| | コメント (0)

カンブリア宮殿・・・海洋堂 社長 宮脇修一さん

私も海洋堂の水族館の魚のフィギュアを持っています  

そして、今欲しいのは仏像フィギュア。仏像好きの私としては精巧な海洋堂の多聞天

のフィギュアなんて言われると欲しくて欲しくて・・・  お値段も3990円となんとも手頃。

何人かの仏像さんが既に売り出されていますので、どなたに我が家に来ていただこうか

と迷っている今日この頃です。

今回のカンブリア宮殿はなんとなく「美の巨人」チックと言いますか、アートの世界のお

話なので何か「ヒント」を・・・と懸命に探しながら視聴している私は完全にお手上げの

回でした。

造形師の方々が分野ごとに、熱中して形を彫り出す姿はまさしくアート。

海洋堂さんは、アート集団で、企業経営だとかなんとかの対象じゃないんですよ。

ボーメさんと言う造形師さんが紹介されていましたが、小学生のころから海洋堂さん

に出入りしていて、そのまま造形師として世界的に有名になった方なんですって。

宮脇さんは『好きなことだけやり続ければ勝てる』と話していました  

時代がボーメさんに寄って来てくれたから良かったですが、なかなかそんな幸運はない

だろう・・・と心配する気持ちもありますが、私の周りにも、ひとつの事に没頭している天

才少年が居ますので、彼などはその道で大成したらいいのになぁ~と心から思います。

『やり続ける』と言うのはなかなかに難しい事なんでしょうけれど・・・。

食玩ブームやガチャガチャに入っているあのフィギュア・・・。中国で作っている訳ですが

中国の作業工程と言うか、技術レベルは全然ダメで、だから1人の天才の仕事を100

工程に分けて、一人一人の作業は、カエルの口にただ線を入れるだけ・・・みたいにし

て作業していると言うのはなるほどなぁ~と感心しました。

はなからレベルアップを視野に入れず、1人の仕事を100人に分担する・・・。

これはいろんな仕事に応用できる眼から鱗の話です。

つい欲しくなるフィギュア・・・。

これからもがんばって欲しいし、消費者の生活を豊かにしてくれるフィギュアを生み出し

て行かれる事でしょう。

村上龍さんの編集後記です。

スタジオで、宮脇さんが取り出したフィギュアが目の前に置かれたとき、心がざわざ

わと騒いだ。それは紛れもなく「純粋なアート」だった。

アートとただの商品の違いはカテゴリーにあるわけではない。立派に見える油絵にも

 

ゴミのような商品は多いし、芸術の域に達したフィギュアもある。

 

海洋堂の造形師たちが作るフィギュアは、厳密で、かつ抑制されている。極度の集中

 

を驚異的に持続させることで、作品に精神性が刻まれるからだ。他のことはどうでも

 

いい、ただし、この仕事を奪われたら生きていけない、そういった造形師たちの切実

 

さが、海洋堂を唯一無二の会社にした。

私の好きな仏像シリーズは東京の竹谷工房さんが海洋堂さんに持ちかけて出来た

企画だったのですね。

完成度も高いし、関節が動くなんて面白いですよね。

今の仏像の姿かたちには印があったりすると言いますけれど、それは良いのかな  

まぁ、細かなルールはこの際、置いておいて、自分の職場の机の傍らで自分だけの

ポーズで見守っていただければこんな嬉しい事はないです。

「仏像」フィギュアなんかは、海洋堂さんのクオリティだから、ついつい本物の仏像同様

敬語で話さなきゃダメだと自然に思ってしまいます。

そう思わせるのが海洋堂さんのアートのなせる技なんでしょう。

| | コメント (0)

発句・・・

昨日の自作川柳を俳句にしてみました 

昨日の川柳・・・「節電を お尻で感じる 便座かな」  

これイマイチでしょ。

そこで・・・

『座るとね 電気恋しや 秋の夜』  

お手洗いを汚さない様に、座る男の哀愁と、便座のクール具合が思わず「秋」を感じる

発句ですねぇ、なんて言われないかな 

| | コメント (0)

健康習慣・・・

コストコのペットボトルの水を重宝しているのは先日書いたのですが、安くて大量に500ml

の水があると便利です  

私は晩酌はしないので水割り用の炭酸水は買ってませんが、一緒にコストコツアーをする

Kさんなどは炭酸水が無くなったら、「そろそろコストコしよう」とお誘いがあります。

さてさて、せっかくペットボトルウォーターがあるので、実は食後に黒酢をちょっと入れて

酢ウォーターを飲んでます。ハチミツなどの甘みは全然なくてもいただけます。

なんせ500mlの水で割るから相当薄まるんでしょう 

大さじ1杯分程度をチャチャッと入れてあとは飲むだけ 

プレーンヨーグルトを食べる事も、新習慣としてはじめています。

ヨーグルトと黒酢を、坂道を転がる如く衰えてくる老化対策として私の健康習慣

に取り込もうとしているのでありました。

まだはじめたばかりですが、今までの運動と相まって、少しでも坂道ゴロゴロのスピード

が遅くなれば有難いです。(残念ながら坂道の抵抗感の実感は得られず)

毎日のウォーキングでは飽きるので、趣向を変えて自転車ツアーを取り入れているの

ですが、実は昨日の40キロはちょっと大変でした。毎日の運動の負荷が重すぎるのか

距離はそんなでもないのに膝が笑ってしまいました。

ふくらはぎも結構自己主張をしています  

せっかく涼しくなったからと力みすぎると習慣になりませんねぇ~。

膝やふくらはぎにはとりあえず、黒酢は効いていないと思います。

さりとてせっかくかけた負荷ですので、身体を甘やかす訳にも行かず・・・、今日のエク

ササイズはどうしよう  と思っているのでありました 

膝笑えども、体重計を見て笑えず・・・  膝がカックンなるのに、体重計は何事も

なかったかの様に、減量戦線異状なしです。

まぁ、慌てないでボチボチと行きましょうかね~ 

ちょっとでも体重計がいい動きをしてくれたらモチベーションも上がるのに・・・。

体重計は本当に情がありません。

日々増減するのですから、頑張った時には、万歩計やサイクルコンピューターが体重

計と通信して、今日はちょっとサバ読んどいてあげて・・・と、「情」でもって家電が連携

してくれたら、いい気分でいられるのですけどねぇ~。

経営難で苦しむシャープやパナソニックさん、「情」機能をつけた家電を販売したらど

うでしょうねぇ~。

追伸

洗濯機やお風呂のピーピー音や、運転中に「車がふらつきました」、なんて注意される

のはムッ  とする事も多いのですが、昨日の折り返し地点の自販機が「午後も頑張

って・・・」と言ってくれたのは実は嬉しかったんですよね  

「風呂が沸きました」なんて味気ない事言わずに、「いいお風呂ですよ~」と言ったり、

レンジもピーピー言わないで、「さぁ、召し上がれ」、「冷めない内に美味しく召し上がれ」

なんて言ってくれたら気分も良いんでないでしょうかね~、なんて思ったのですが・・・。

これってめっちゃガラパゴスなんでしょうかねぇ。

| | コメント (0)

小物釣り

今日、荒川周辺を自転車で走ったのですが稲刈り後の用水のあちこちで1m位の竿で

もって小物釣りをしているおじさんを見かけました。

また河川敷の中にある池?で本格的にヘラ釣りをしている方々などもおりましたね。

へぇ~、こんな所で釣れますか?と言う景色でした。

時々、用水路を眺めながら走ったのですが、結構小魚がいるもんですね  

タナゴなのかモロコなのか分かりませんが、漁師の血がムラムラ沸き上がる思いです。

K君をお誘いして、用水路漁をアチコチでツアーしませんか  と提案しようと思って

います。

| | コメント (0)

自転車プチツアー

「水曜どうでしょう」を見ていたら、どうしても旅に出たくなります  

そんな訳で、今日はいつもとちょっと違うコースで40キロ程度のツアーに行ってきました。

001

まずは羽根倉橋の対岸コースにトライしたのですが、残念ながらこっちのコースは

鎖で進入禁止でした。

仕方がないので羽根倉橋を引き返して・・・いつもの荒川自転車道を北上  

上江橋まで行きまして、荒川自転車道は橋の中ほどまで行ってまた川の土手を走る

のですが、敢えて荒川道を走らずに、一番外側の護岸のサイクリングロードを走る事

にしました  

005

そうしましたらいきなり「牛」が・・・  ココはどこ  の世界ですよね~。

遠くに行かなくても牛は居るんですよ~  (野良牛でもなく放牧でもありません。

それぞれ田舎の家の犬みたいにワイヤーで移動可能になっているだけでした)

写真を撮っている時に、牛の機嫌を損ねたら嫌だなぁ~。たまたま赤い服を着てるし

な~と心配していたのですが、良い風で牛もご機嫌・・・こちらには目もくれず、ただ

ひたすらに草を食んでおりました。

006

自転車道ではなく、こっちはサイクリングロードです。赤い花はヒガンバナ。

2週間前に走った時には、全然さいたま市内の荒川の土手にはヒガンバナは咲いて

なかったのに、今日はそこここにヒガンバナが咲いていました。

ちょっとビックリですよ~  

さてさて、ヒガンバナの向こうの煙突2つは、手前がさいたま市のゴミ焼却場。奥が上尾

市のゴミ焼却場。嫌悪施設は市の端にもってくる典型なのかな。さいたま市と上尾市の

ゴミ焼却場が並んでいる図なのでありました。

007

遠くに開平橋が見えます・・・。

そういえば昔、F君に連れられてうどんの「川岸屋」さんに連れて来られて、うどんの

おかゆさんみたいなヤツを食べたなぁ~  と思っておりましたら、サイクリングコー

スに面しているんですね。

009

ロードバイク洗濯棒みたいなヤツに引っかけていますね。自転車野郎が休憩地点と

して利用しているのでしょうね  

今回の私はプチツアーですので、川岸屋さんまでと言う事にして、ココで引き返しました。

ステンレスボトルのお茶が少なくなっていたので、ここで飲み物を詰めかえました。

とても便利な川岸屋さんなのでした。

あっ、ダイドーの自販機・・・「午後も頑張って~」と可愛らしい声でお話してくれました。

すがすがしい気分だったので 「ハイ、頑張ります」って言ってしまいました 

010

コスモスが咲いてたり、ヒガンバナが咲いてたり・・・。

秋のサイクリングは楽しいです。

013

手前のヒガンバナはまだアスパラガスみたいでしょ。これから花が咲くんですよ。

川岸屋までの往復でサイクルコンピューターでちょうど40キロ  いい運動になり

ました  湿気がなくて、風がとても爽やかで気持ちよかったですよ~。

芸術の秋なので・・・  自転車に乗って詩を考えていたのですが・・・

「節電を お尻で感じる 便座かな」  

俳句ではなく川柳ですね。

朝などは節電のために切った便座のウォーム機能が恋しいと感じるようになりました。

今度は節電の「冬」に突入する訳で、今のうちからお尻には苦難に立ち向かって貰おう

か、それとも甘やかしてもいいのかな・・・と悩みはじめております。

きっと多くの首都圏のご家庭のトイレでも同様の葛藤があるのではないでしょうか。

秋はいろいろと物思いにふける季節ですねぇ。

| | コメント (0)

水曜どうでしょう・・・東日本縦断の旅 東京~札幌

 「水曜どうでしょう」で私がハマったのがコレでした  

今年の夏、北浦和⇔上野 の自転車ツアーをやったので勝手知ったる国道17号です

から。

  http://www.youtube.com/watch?v=NyLqop2JGRA&playnext=1&list=PLBF6CFB6AD5AC2661&feature=results_video

ひとり旅より二人旅の方が確かに面白いですね~。

17号を北上すると、ほうほうこうなりますか  カブと自転車だとそんなに変わらないで

しょうし~  

瞬間ですが、北浦和の交差点も映りました  

国道17号を自転車で走っていると、時々調子に乗ってしまうのでしょう・・・思わず

「北へ・・・」と思ってしまう私です~ 

この4日目に「だるま屋ウイリー事件」があるんですね・・・ 

| | コメント (0)

旅番組・・・

「鶴瓶の家族に乾杯」は大好きですが、「旅」の王様はやっぱり「水曜どうでしょう」なんで

すかね。

カブで東日本、西日本・・・果てはベトナムとミスター&大泉さんの旅は最高に面白い。

ヨーロッパ21カ国制覇、リベンジ、などのレンターカーの旅も面白いし、ユーコンのカヌー

も笑わせてもらいました。

個人的には学生時代のノリのままで、気心知れたメンツで行くドタバタ旅に憧れる部分が

あるんでしょうね。

私は高校生のころ、友人たちとユースホステルツアーに行きましたし、そのメンバーで

大学2回生のころ、ヨーロッパにユーレイルパスを持って1ヶ月間、バックパッカーもしま

した。

その旅はまさに「どうでしょうツアー」みたいなもので、宿が取れなかったりしたら、鉄道

で寝泊まりして次の街・・・と言う感じでした  

ドタバタ旅だったけれども、今思うと本当に楽しかったな  

あんな旅は、もうオヤジになったのでなかなか出来ないのでしょうが、それでもなお、

自転車ツアーと称して旅に出たり、青春18きっぷで旅に出たくなる・・・と言うのはその

印象を引きずっているのでしょう。

旅番組の中でも、観光地の紹介だけで終わるのでなく、ぶっつけの旅チックなモノや

「どうでしょう」みたいなハチャメチャな旅番組がどんどん増えてくれればいいと思います。

またいい仲間とあんな旅がしてみたいなぁ~ 

| | コメント (0)

鶴瓶の家族に乾杯・・・福井県坂井市 ゲスト・前川きよしさん 前編

出ました前川きよしさんとの「勝負」シリーズ。

第10弾  

今回は福井県坂井市です。

福井県はなかなか馴染がないので、見るモノ、聞くモノ新鮮です 

前川さんは相変わらずのひょうひょうぶり、鶴瓶さんは気合が入っています  

おみくじ対決では鶴瓶さんの大吉に対して、前川さんは吉。(別々のタイミングでくじを

ひきました)

前川さんの吉のおみくじには「勝負は避けよ」と書いてありまして、それを前川さんが

読んでよろめくシーンは、ベタと言えばベタですが面白かったナ~  

ウニが取れる港の海女さん達が前編の主役で、80歳のおばぁちゃんが今でも潜って

いるのはちょっと驚きました。

鶴瓶さんが訪れた海女さん宅で、「家族に乾杯」で来たと言うと、おばちゃんたちが、

もうひとりのゲストは誰  「え~、前川きよしさん 

「そっちを見に行こう 」と、走って行ったのが面白かった  

前編はこの分、前川さんが優勢で終わった感があります。

さてさて、後編はどんな旅になるのかな。

福井県・・・おばあちゃん率が高いと、「演歌」がやっぱり人気なのかな。

| | コメント (0)

秋・・・

ようやく涼しくなりました  

これから豊穣の秋がやってくるのでしょう。

今日はフル充電しながら、読書の秋でした  

今日のブログはこの辺で・・・ 

| | コメント (0)

雨です  

暑い時は、めちゃめちゃ暑く、雨の時は、徹底して雨・・・  

水不足って言ってましたけれど、もう解除されるのかな。

今度は貯水池が溢れたりして・・・  

すでに我が家の洗濯物は溢れてしまっているので、早くお天気になって欲しいな。 

天気予報が、明後日は晴れるよ  と言いながら、日が変わると、ゴメンやっぱり雨

だ~なんて予報を繰り返すので、なかなか洗濯機を廻せない。

雨の合間で多少の曇り位なら洗濯しようかな~なんて思ったりもするんですけれど・・・  

じとっとした湿気の多い空気だから、パリッと乾かないんでしょうねぇ~。 

| | コメント (0)

食欲の秋を考える

運動し、食べるものも意識しているのに、全然痩せない  

私もガガさんみたいにふっきろうかな~と言う誘惑に駆られます~  

ところで「食べ物」と言うのは人にとって生活を営むためのガソリンだと思っていたのです

が、福岡伸一さんはそうじゃないと言ってました。

私の頭の先から足の先まで結構短期間でコピーされているそうなんですね。細胞レベル

で見ると、細胞の集合体の私は一緒なんですが、使用前・使用後で、細胞は全然別人?

なんですって。

せっかくコピーするのなら、縦横比率を補正してコピーしたらいいのに、そこまで細胞は

賢くないんでしょう。

スポーツジムなんて行かないで、細胞を指導教育出来たら、そっちの方が簡単でいいで

すよね。細胞がうさぎ飛びでもしてくれたらそれで良いんですよ~  

(運動しようと思っているのに、空模様が運動をさせないからこんな事を考えるのでしょ

う・・・  )

「うんこ」も私のイメージと全然違っているんですよ。

私のイメージでは、バイオエネルギーみたいなモンで、大豆やとうもろこしからバイオ燃

料を絞ったカスがうんこだと思っていたのですが、どうもそうではないらしい。

普通の人がする「うんこ」の半分以上は、細胞の死骸なんですって・・・。

どういうこと  

絞りかすは臭くないけれど、「死骸」だから臭いの・・・  

ちょっとココが大切な気がしませんか?

私の体は数日で完全コピーされて、古いカスが細胞の死骸として排泄されている。

??? 「なんで太るの?」

カロリーって何 

偏食してたら、コピーするための分子や原子レベル  で部品が足らなくなるんじゃ

ないのかな・・・。

偏食は身体に悪いと言うよりも、コピーの材料が足りなくなると困るから好き嫌いなく、

身体の備品庫にコピー細胞の材料を貯めておけ・・・と言ってくれた方が、納得しません

か  

ラーメンとかうどんなどの麺類ばっかり食べてたらダメそうな気がしてきます。

肉は他の生き物が野菜を食べていてくれて出来ているものだから、野菜よりも部品が

たくさんゲット出来そうです。

 アカンですね。この妄想は面白いからどんどん頭が回転します。もう妄想圏に突入

してしまっています 

福岡さんの話って事実なのかな。

そしたらなんで太るんやろ。年取ったら同じもんを食べてても太るでしょ。

てっきり代謝が悪くなって、エネルギーが余るんやろな。

坂道を転がるように老化しており、めっきり代謝も悪くなったし、身体も硬くなった  

運動せなアカン・・・と思っていたのに。

「運動」はそしたら何の意味があるんでしょう  

上手にコピーをさせるため? あっ、でも血流など体液の循環を良くする・・・と言うのは

細胞のコピーに有益か  そしたら有酸素運動と無酸素運動の別は・・・。これはちょ

っとイイトコ突いた気がするなぁ~ 

ハッ  これって頭の中で、ウォーキングを辞めさせようと言う悪玉思考ですね。

ヒトはより楽をしたいと言う生き物だから、こんな廻りくどい事を考えさせて運動を辞めさ

せようとしているのか  

ちょっと前に無理して自転車で遠出し過ぎたから  生命の危機を感じて運動したい

心を強制終了させようとして、こんな情報を取り込んでしまったのかな・・・。

う~ん、なんだか分からなくなってきた。

芸術の秋だから、福岡先生の専門書をちょっと読んでみようかな。

 閃いたのですが、おんなじモノ、好きなモノばっかり食べると、原子や分子?を作る

のに、足りない部品も出る中で、同じ部品が大量に余ってくるから、食生活を変えなさい

と促すために太るんじゃない  

そう言えば、私の廻りのメタボちゃんは偏食家が多いです。

逆になんでも好き嫌いなく食べる人って言うのは、メタボちゃんが少ない気がする・・・。

細胞のコピーの際に、余る部材なく、きっちりと使いきっているんじゃないのかな  

アカン、アカン。「仮説」はこのくらいにして、ちょっと趣味で勉強しよう 

| | コメント (0)

カンブリア宮殿・・・ヤナギヤ 社長 柳屋芳雄さん

2012年9月20日放送のカンブリア宮殿のゲストはヤナギヤ社長の柳屋芳雄さん。

ヤナギヤさんはカニカマ製造機などの食品製造機器製造会社さんです。

従業員は150人で売上は34億円との事でした。

番組のCMでは盛んに「カニカマ」と言っていたのでてっきりカニカマメーカーだと思って

いたのですが、カニカマを作る機械屋さんだったんですよね 

カニカマは私が子供のころに登場したのだと思います。すっかりカニよりもカニカマに接

する機会の方が多くなっている今日この頃ですが、なんと日本では年間5万トンが消費

されているとの事。そしてなんとフランスでも日本と同じ5万トンが消費されているんです

って。もっと言うと世界では年間35万トン超のカニカマが消費されているそうです。

世界最大のカニカマ屋さんは日本ではなく、ビチュナイと言う企業で年間8万トンも生産

していると言うから驚きです。そのビチュナイにも機械を納めているのがヤナギヤさんな

んです。

ヤナギヤさんのカニカマ製造機の世界シェアは70%。18の国と地域に納品しています。

カンブリア宮殿では、中小企業のサバイバル術をご覧あれ・・・と言う事でした  

柳屋さんも個性豊かな方で「サバイバル」が似合う方でした。

冒頭、「真似されるのが一流の証拠」と、カニカマ製造のノウハウをいろいろ映像で見せ

ていましたよ。

創業は1916年。蒲鉾屋さんとしてスタートするも、すり身を作るのが大変なのでなんとか

機械化出来ないかと考え、すり身の機械化に成功して、機械屋さんの方に転身したそう

です。芳雄さんが社長になったのは1974年、25歳の時だったそうで、日々営業に明け暮

れた。その頃にカニカマが世に出て、「これだ 」とその製造に注力。1979年に特許を

取ったカニカマ機が完成します。

そのカニカママシンのおかげで、経営も軌道に乗り、「あそこがないと困るね」と言う企業

になろうと努力して今に至ると言う事でした。

さてさて、頼られ企業のために・・・①誰もやらないことをやる。

ふぐ捌きマシンが紹介されました。雑菌等がなるべく付着しないようにと、大学の先生

からの依頼で製作されたふぐ捌きマシンですが、留め具をセットされ、切れ込みを入れ

られてから、ズバッと身と皮&内臓が取り分けられました。なんだかふぐが気の毒な程

にあっさりと瞬時に捌かれていました。

頼られ企業のために・・・②豆腐製造機篇。

豆腐屋さんのご依頼に基づき、2500丁/時の製造機械を納品。豆腐屋さん以上に豆腐

を知るべく努力するからこそいい機械が完成する。カニカマ製造機で名を馳せています

が、豆腐の機械を製造する際には、豆腐製造の知識もしっかり勉強し、熟練職人と、目

の前でテスト運転で出来る完成品をもとに、0.1%のにがり濃度の上下を打ち合わせす

る程の学習を積んでいます。

頼られ企業のために・・・③

一歩先を行く提案。笹かま屋さんに裂ける笹かまなんて提案をやっているシーンが

映りましたが、ヤナギヤさんが作っている製造機器は、カマボコ以外のものも多数あり

ました。それ程、数が出る機械でなくてもどんどん「挑戦」して作って行く。

そんな中で技術の蓄積が出来るのです・・・と言う事でした  

新しい工夫はヤナギヤの企業風土ですね。。。と村上龍さんも絶賛されていたのですが

柳屋さんは、それを「雑食性企業」と表現されておりました。

絶滅危惧種と言う生物は大概、食べるものが限定されています。それでは弱い。

いろんな分野の機械を作ることで「雑食」になろうとしているんですね。

社長になった頃は、会議で「出来ない理由」ばかりを聞いていた。それをある時から

「なぜ売れたのか」を聞く会議に変えたそうです。そんな工夫と年月が今のヤナギヤ

さんを作って言ったんですね。

いろんな分野の機械を一から作るとなるとリスクがとても大きくなる時がありますが、

リスクはどう考えているのですか?と龍さんが質問しました。

柳屋さんは「感覚です」  と明快に答えていましたね。さすがに中小企業です  

コンビニ大手さんから、各店舗向けの機械の相談を受けた際には、即座に断りました。

24時間営業で万単位で機械が納品されると、不具合対応に膨大な労力と人員が必要

ですからね・・・。コンビニさんには誉められ、叱られましたと  笑ってました。

大きくなる必要はないと中小企業のヤナギヤさんに自信を持っておられるのだと思いま

す。いい企業だなと感心しました。

さて、ヤナギヤさんはカマボコ等練り製品の製造機械屋さん。

東日本大震災で被災した東北沿岸にもたくさんのお客さんがあったそうです。

仙台営業所の所長さんが自転車で取引先を廻って、120社の状況を把握し、事業再開

のニーズのある企業さんには、津波で塩水とヘドロをかぶった機械を回収し、ドロやサビ

を落とし、ダメになったモーターなどを修理して納品したそうです。

番組で紹介された塩釜の水産加工屋さんは、半年以上の休業もやむなしと社長自身が

思っていたのに、1カ月で機械が戻り、1ヵ月半で事業を再開。雇用も取引先も失わずに

済んだと喜んでいました。もう震災前の売上に戻ったと笑顔で話されていました。

柳屋さん曰く、「ウチの機械は、ウチの子供と一緒。被災したのならば修理してあげなき

ゃね・・・」と笑っていました。

男前の社長さんです 

中小企業のサバイバルとは、「金鉱探し」だと言ってました。

いつも歩いて金鉱を探し、また専門分野も同時に勉強する。金鉱に出会うかどうかは

運だけれど、勉強と歩きを辞めないで探し続ける事だ・・・と言う事でした。

村上龍さんの編集後記です。

スタジオで第3世代のカニカマを目にしたとき、あまりの精密さに唖然となった。

収録後お土産でいただいたそのカニカマを持って馴染みの寿司屋に行き、こっそりと

披露すると、その場にいた誰もが本当のカニだと言った。これはもう「アート」の領域

だとわたしは思った。

柳屋さんは「顧客のニーズを探る時代は終わった」と明言する。ニーズは既に存在せ

ず、商品への潜在力的要望があるだけであり、大量の漠然とした情報の渦の中から、

具現化できるものを正確にとらえて提案するのだという。その先進的な営業哲学は、

アートの領域に高められた食品を提供し続けてきた自信によるものだろう。

ヤナギヤさんは大変に魅力的な企業でした。

中小企業だからこそ・・・と言う変わり身の早さと、話しっぷりからも溢れる自信。

震災で被災した納品先の対応など見事と言うしかありません。

ヤナギヤさんサイドから見ると、当然のことをしたまでですと、柳屋さんはおっしゃるで

しょうが、罹災企業の側からすると、当然じゃないですよね。クレーンもなければ工場

はまだぐっちゃぐっちゃの状況の中、汐をかぶった機械はもう無理と思いますよね。

それを短期間で治してもって来てくれて、ガンバレって言ってくれるのはとても有難かった

と思います。

私も細々とですが経営をする身として、人との出会いがあります。お客様として長く付き

あっていただいている方々もおりますし、ビジネスパートナーとして付き合っている方々

もあれば、お別れした方々もあります。

製造業ではないのでヤナギヤさんとはお付き合い出来ないのでしょうが、やはりヤナギ

ヤさんみたいな方とお付き合いをしたいと思います。

お互いが切磋琢磨しながら、いい関係で商売が出来る。仲間に事故、トラブルがあった

際には応援したいと思います。こんな時代ですから努力していても事故に遭う事はある

でしょうから・・・。かく言う私も事故に遭うかも知れません。

注意しながら、トラブルは回避しつつ、しっかり舵を切らなきゃならない時もありますが、

極力自力で乗り越えつつも、仲間がいろいろ助言をしてくれます。いい仲間が居てくれ

て良かったなと本当に思います。

きっとこれから歴史を作って行くことが出来れば、より多くの仲間と出会う事が出来るの

だと思います。

ああ、こんな気持ちのいい中小企業さんと出会って、ぜひ一緒に仕事がしたいなぁ。

もっと言うと、柳屋さんと、脳みそが汗をかく位に真剣に仕事が出来たら、とても幸せだ

ろうなと思ったのでありました。

併せて、現在出会ってご一緒にお仕事をしたり、またサービスを提供させていただいて

いるお客様方にも改めて感謝の念が込み上げてきたのでありました。

日々、楽しく仕事が出来ていると言うのはとても幸せな事ですからね 

| | コメント (0)

噴水 

セブン&アイ・ホールディングスが、「総合スーパー(GMS)の一大改革」に乗り出すらしい。

イトーヨーカドーさんはダイエーがダメになった時には勝ち組に居たのに、と思うと時代の

変化は大変です。

そもそも小売業が作る付加価値とはどんなものなのでしょう。パート比率を上げて人件費

を削減することと、大量仕入れ&セルフ販売の低コストモデルを廃して接客重視に変更す

ると言うのが目玉らしい。

低価格の実現方法を見直すと言う事ですので、低価格は維持しながら、接客レベルも

上げようと言う戦略の様ですね。

さて巧く行きますか?

なんとなくパナソニックやソニーと言った家電メーカーと同じ匂いを感じるのですが・・・。

消費者の動向をうまくキャッチ出来なくなり、全方位でニーズを網羅しようと努力してし

まい、結果として価格も含めたニーズと商品群の乖離が顕在化してしまう。。。

自動車や家電、小売業など、情報がこれほどスピーディーに伝わる時代では、消費者

の「夢」に働きかけて消費意欲を刺激するスタイルでの事業が大変難しくなっているの

でしょうね。

引き続き「夢」を売るのか、それとも商品構成、新製品開発スタイルを変更するのか・・・。

トヨタの「ハチロク」や、ホンダが軽のスポーツカーを売り出すなんて言うのも、見失った

「夢」がどこにあるのか探りを入れている図だと思います。なかなか苦戦している様です。

可処分所得や生活スタイルが世代間で随分差が出てしまっているので当然と言えば

当然の結果かな。

欲しい物が十人十色の時代だと、万人受けするヒット商品なんて言うのは出ないのかも

知れません。音楽でミリオンのCDが出なくなったと言うのが分かりやすい例かな。

アーティストは努力して、毎年いい曲は生み出されているのだけど、それがセールスと

結びつかない・・・。ミュージシャンも大変ですよね。

噺家さんなどは何十年と修行して、ごく僅かな方が名人上手と呼ばれる訳ですが、そう

なるとテレビなどのメディアの露出がギャラ等の関係で減るので、更に狭き門になって

行く。

売上やシェアを追った「牛丼戦争」は勝者なき消耗戦と呼ばれています。

価格はもっとも明確な付加価値のモノサシですが、企業活動には当然に利益が必要で

利益が無ければ、活動する力が弱まって行く。伊那食品・塚越さんは、利益は企業活動

のうんこだと言いますが、それは「活動」から見た姿です。塚越さんは企業は永続しなけ

ればならないし、その中で社会的役割を果たすものだともおっしゃっている。

 各企業、各業態がそれこそ漠然と付加価値創造方法を考えるのでなく、時代、風向き

がコロコロ変わるのでしっかりと性根を据えて考え続けなければならないのでしょうね。

我が不動産業界で、昔はアパートを建てたら入居者さんが自然に集まった。だけど今は

空室が当たり前になってしまった・・・と良く言われます。飽和状態で、今まで問われなか

た「大家さんの経営手腕」が求められる時代になってしまっているんです・・・。

少子化、高齢化・・・の日本は典型的な「成熟社会」です。さて、「成熟」の次は衰退なの

か、それとも「何か別のステージ」が待っているのでしょうか。私は成熟社会の次のステ

ージは、更なる上昇の図よりは、一旦落ちて、また3丁目の夕陽の時代からリターンズと

言う道のりになりそうに思います。それが短期間でやってくるのか、真綿的なのか・・・

分からないけれど。

一度味わった豊かな暮らしを棄てて、またやり直すのは苦難を伴いますね。

バブル経験者と、バブルを経験していないこれからの若者は「夢」の持ち方が全然違い

ます。

そう考えると、日本の1億の民を商売相手にするよりも、全世界の「夢の数がまだ少ない

人たち」を相手に豊かな暮らしを提案する方が、商売としては堅そうです。

内向きではどうしても限界がある。

民の欲望を噴水に例えると、低いところは径が細くて捕縛しやすいけれど、傘が開いた

後は捕縛なんて出来ないもの・・・。

ガラパゴスを納得している様では未来がない。

新しい血や地を追い、葉や幹を茂らすのでなく、地に根をはやす努力が必要なのでしょ

う。出来るかな~。日本。

| | コメント (0)

防災・・・

もうすぐ10月なのにこの暑さとは・・・。

人間がバテテいるだけじゃなく、海水温の上昇が続いているので、海の魚なんかも沿岸

にやって来なくて大変らしいですね。

防災面ではこれからのシーズンは台風が怖いのですが、海水温が高いので勢力が弱ま

らずに、強いままで北にやってくると言う可能性があるらしい。

  002

そうなると、写真の「あらかわ2」が救助に出動するなんて事もあるのでしょうね。

荒川の護岸で、飛んでいる機からロープ一本で降下する訓練をやってましたが、お仕事

とは言え、大変だな  と思いました。

私は高所恐怖症ですし、そもそもメタボちゃんですからあのロープでは降りられない。

県も間違っても私を隊員にはしないでしょう。

そうなると救助される側だけに可能性が残ります。泳げないので余計にピンチです。

天候が悪い時には、隊員さんに迷惑をかけない様にしなければ・・・と訓練を見て、そう

思ったのでありました。

写真は基地から飛び立つときです。すでにプロペラはグルグル廻って風が凄かったん

ですよ。他の自転車おじさんがヘリ好きなのか近寄って行って叱られていました。

この程度のヘリでも飛ぶ前は廻りに強い風が来るんですね。

自転車ツアーの間中、このヘリが追いかけてくる様にやってきたり、アッチに行ったり・・・

また国交省の河川パトロールのオレンジの車が私を先導する様にずっと先廻りして鴻巣

から羽根倉橋までパトロールしていました。

地道な訓練とパトロールで安全か守られているのでありました 

| | コメント (0)

携帯の電波

ここ数カ月、自宅での携帯通話の質・・・つまりは電波状況が悪くて通話相手にご迷惑を

おかけしておりましたので、堪らずNTTドコモに電話をして電波状況を確認しました。

 ここ数カ月、電波状況が悪くて通話にとても不自由しているのですが・・・。

 私が住んでいる地区は電波状況が不安定だと認識しています。高い建物があって

  基地局との関係で電波が不安定なんです。

そう言えば数ヶ月前にご近所の建物が高層に建て替えられました 

 え?報告しようと思ったのに知ってるの。なぜ改善されないんですか?

 基地局の建設は大変でして・・・。簡易型の有線の電波補助のアンテナを無料で

  お渡し出来ますがいかがでしょうか?

知ってたのなら、こちらから言わずとも、ドコモが提案してしかるべきですよね 

 有線なら携帯の意味がないですよね。無線タイプは無いんですか?

 無線タイプはドコモスタッフが電波状況を計測し、その後でないとご提供出来ないん

  ですよ。こちらは1カ月先まで予定が埋まっていまして・・・。

 それだけ電波障害があるのに基地局を建てる等の対策をしていないのですか・・・。

  では、簡易型のモノで改善されるのかどうか・・・私が辛抱するしかないですね。

  電波状況の認識があるのなら、有線のアンテナなんて使わなくて済むように早急に

  処置してくださいね・・・。お願いします。

電波状況の劣化を知っていたんですよ。ドコモさん。そりゃないよ~ 

通話の度に、ここ数カ月、電波を求めて室内を走り回っていたのに・・・。

埼玉は多いらしいですよ。電波にお困りのみなさん・・・。

走り回るよりもまずはドコモに相談しましょう。

有線の電波補助具で抜群の改善があるのかどうか・・・まだ利用していないので分かり

ませんが・・・ 

追伸  

ドコモに電話して、3日目に電波捕縛用の吸盤付きアンテナが届きました。

17センチのおじゃる丸のしゃくみたいなヤツに吸盤をつけて、窓ガラスにくっつける

タイプです。それを有線で携帯電話につなぐのですがさすがにこのアンテナを使うと

電波は常に3本マークが出て微動だにしません。通話も途切れることなく使用出来る

ようになりました。

問題は線の長さしか動けないので、携帯というより固定電話っぽくなる事がデメリット

ですね~。

まぁ、通話が途切れない・・・と言うだけで大半の電波が安定していないところに住む住

人さんも納得してしまうのでしょうねぇ~。

| | コメント (0)

仕事を兼ねた「チャリンコツアー」

先日の仕事を兼ねたチャリツアーのお話し  

埼玉県はとある市で仕事のお話しがありまして現地訪問。

車だと見落としがあるのでちょっと遠いけれど「新流星号」で行くことにしたんです。

001

チャリツアーではとても便利な自転車専用道路。(写真は入口)

一般道では信号もあれば歩行者、車もあるのでどうしても停車したり、速度を落とす

時間が長くなりますが、自転車道はほとんど減速しないで走り続けられますからね。

言わば自転車の高速道路の様なもの。若干の廻り道ならば自転車道をメインに考え

てツアーを組むといいですね。

もう一度全行程を走っていますから、勝手知ったるなんとやら・・・。自転車もスイスイ

と走ります。サイクルコンピューターで毎時20~25キロの快適な走り  

ロードバイクにはかないませんが、前回みたいに暑くなく、自転車シーズン到来だなぁ

と心地よく汗を流しておりました。

002

道中で、救急ヘリが強風の中訓練をしてました。

高度30mくらいの所でホバーリングして隊員さんがロープを使って地面に降りる訓練です。

日々の訓練で緊急事態に備えておられるのですね。頭が下がる思いでした。

015

ヒガンバナが咲く自転車道にて。

ここから先はお仕事のために行程は割愛いたします  

サイクルコンピューターによると、全行程で91キロでした。

行きはヨイヨイ帰りは怖い・・・。

前回も経験しているのですが、あいにくの空模様になってしまって強い逆風の中での

自転車は辛かった・・・ 

何度も休憩を取りながらようよう帰ってきたのでありました・・・  

前回は熱中症でダウンして、2時間半グロッキーしていましたが、今回は休憩はとった

ですけれど、ぶっ続けで91キロを走りきった訳です。

帰ってきて自転車の先輩のK君に報告したら、ロードバイクなら90キロ位は余裕で走れ

るけど、シティバイクではちょっとキツイ距離ですね~とアドバイスを受けました。

まだまだ新参者で体力も坂道を転げ落ちるように衰えている私なら、往復で50キロ程度

になる様なツアーを組む必要があるのでしょう。。。

また学習をした仕事を兼ねた「チャリンコツアー」のお話しでした  

これから気温も良くなるし、景色もきれいですから自転車ツアーはいいですよ~ 

K君にもツーリングをお願いし、快諾してもらったのでありました 

| | コメント (0)

瑞穂の国・・・

昨日に引き続き写真です。

008


埼玉県は「彩のかがやき」と言うブランド米があります。写真のお米は何なのか知り

ません

頭を垂れる稲穂を見ると嬉しくなりますね。美しいとも思います。

私の中にも瑞穂の国のDNAが脈々と受け継がれているのでしょう 

ここはまだ稲が青いですが、すでに刈りとりが終わっているところも道中、たくさんあり

ました。稲の種類が違うのか、それとも単に田植えの時期が違ったのか・・・?

それはそうと子供のころは刈った稲穂は田んぼに干していましたけれど、今は機械で乾

燥させるのか竹で組んだやつに稲を干した田んぼが全然ありませんでした。

地方で形状に差があるって旅番組で知ったのですが、長い距離を走っても皆無です。

干しているときにスズメが大量に群がるから、農家さんの堪忍袋の緒が切れたのかも

知れません。

最近スズメが減ったらしいですが、そんな所も原因なのかな。

農家さんも丹精込めて栽培している訳で・・・仕方がないか 

一方で、ゴルフ場の草刈機の後ろを大量のムクドリの群れが移動してました。

エサを獲るのに草刈機が便利なんでしょう。ムクドリは賢いね。

でもムクドリは騒音と臭いが問題になってます。。。

もうちょっと賢かったら・・・きっともっと小さな声で鳴くのにね 

瑞穂の国は今年も豊作  

そんなことを考えながら埼玉を走っておりました。。。

| | コメント (0)

曼珠沙華・・・

ちょっとキレイだったので撮ってきました。

010


白いやつもあるんですね。

011

彼岸花とも言いますね。

私が子供のころ、近所の土手に咲いていた彼岸花を摘んで家に帰ったら、オカンから

これは「毒まんま」やから取ってきたらアカン。返しておいで・・・と叱られた事があります。

ウチのオカンの情報は大人になって調べると、間違ったり、都市伝説的な話が山のよ

うにあるのですが  彼岸花の毒はどうやら本当みたいです。。。

野草は野にある姿がきれいなんで、あんまり摘まずに、野草を含めた景色全体を目に

焼きつけたり、デジカメで撮るのが正解なんでしょうねぇ。

コンデジ、ミラーレス一眼を持って出かけるのですが、いざ持ちかえると・・・「残念」なの

が多かったりするのもご愛敬です  

広い全体の写真もあるのですが、あれだけキレイだったのに、一番ツマンナイ写真に

なっちゃったので、掲載するのは辞めました  

カメラは難しいなぁ・・・  

あっ、彼岸花は満開だったけれど、ツクツクホウシもいっぱい鳴いていましたね。

晩夏と初秋がケンカしているんでしょうね 

そうそう、別の場所で座っていたら野生のキジと出くわしましたよ。

キジは土手を走っていました。

野生のキジは初めて見ましたがキレイなもんですね。(撮影する間がなかったです)

眼と眼があったらキジの方がバツが悪そうに走って行きました 

| | コメント (0)

さっき蚊を発見したので、とりあえず叩いとこうと  パンとやりましたら、こっちがビビる

程に血を吸われていました。

残念ながら、私には自覚はありません・・・。

痒かったり、ブーンと言う音がうっとおしかったりするのですが、痒くもなく、音も気にならな

かったら・・・ちょっと位、血も吸っても良かったのになぁ  

蚊が進化したのか、私が進化?退化したのかどっちでしょう  

え~、こんなに血を吸われたのだから、痒いはずだ・・・と痒いところを探し出す自分がい

ます。

アホですね 

| | コメント (0)

樋口広太郎さんの訃報

樋口さんは住友銀行の副頭取で、アサヒビールの「再建」を果たしたバンカーでした。

執筆も多くて、何冊かの本を私も持っています。憧れの存在でした。

陽気なおじさんで筋は通されるので、今の日本を立て直して欲しいなぁ~と思っていま

したが、どこかお身体の具合が悪かったのか、ぱったりと姿が拝見できなくなってしまっ

て随分と年月が経っていました。

巨星がまたひとつ落ちました。

銀行自体が最後の輝きを放っていた時代の頃の、本当の銀行員さんだったと思います。

謹んでお悔やみ申し上げる次第です。

| | コメント (0)

鶴瓶の家族に乾杯・・・鳥取県大山町 ゲスト・草刈民代さん 後編

草刈民代さんがゲストの鳥取県大山町の旅・・・後編。

草刈さんは天然キャラで面白い方だとは思うのですが・・・なかなかあの姿勢と顔立ちが

そう感じさせないところがあります・・・ 

草刈さんが訪問した農家さんのお話を聞いて驚きました。

香取地区・・・と命名です。香川から鳥取に、戦後に入植したので、「香」川、鳥「取」と

取って命名したんですって。

入植当時は作物が実らなくて・・・それでみんなで酪農を始めたとおばぁちゃんが言って

ました。一世のおばぁちゃん・・・83歳だと言ってましたが、若いころに香川からやって来て、

まだ元気に牛の世話をしているんですよ 

入植当時は雪かきも手作業だった・・・と笑ってました。今は機械だから便利だよと 

戦後の日本でも、原野を開拓するために入植ってあったんですね。

土地は砂地で作物の栽培には難しい土地だったんだろうな。冬はしっかり雪が積もって

しまうから・・・そう考えると、おばぁちゃん達、大変なご苦労だったろうなぁ。

なんだか今回の鶴瓶の家族に乾杯は、大山の方々は穏やかな方々ばかりだったので

すが、いろいろと考えさせられた回でした。

厳しい自然に耐えて、おばぁちゃんは透明な笑顔で笑っていましたが、なんだか仙人さ

んみたいに見えました。

とっても素敵な笑顔だったな。

いい家族がいっぱいの大山町なのでした。

| | コメント (0)

全英女子オープン最終日 (2012年)

2日目がサスペンデッドになってしまったので、最終日は36ホールのラウンドで、なんか

気の毒だったです。

シン・ジエさんだけがゴルフを楽しんでいる感じで、残りの方々はコースが難しいから

ボロボロでした  

夜の11時過ぎの放送が始まった時点で、案の定、宮里藍さん、一ノ瀬さんは優勝争い

から離脱しており、藍さんは緊張の糸が切れてしまったようなゴルフでした。

そんな中で、宮里美香さんは良く頑張りましたよ。

最後は力尽きた・・・と言う感じでしたが、あのコンディションで36ホール戦ったんだから

良く頑張ったと思います  

シン・ジエさんと、パク・インビさん・・・を相手に堂々と渡り合った事は、そんなに遠くない

いつの日か、メジャーの女神のご褒美を貰える事になるんじゃないかと思います。

メジャーの応援をするなら「宮里美香さん」  日本の第一人者を藍さんからシフトさせ

た全英女子オープンになったんじゃないかなと言う気がします。

日本の選手はメジャーだと全然ダメですから、今まで応援のし甲斐がなかったのですが

来年は楽しみです  

男子は松山君が早くプロになって出て来てくれたらいいなぁ~。

「王子」と騒がれた方々は佑君もそうですが、本業以外に気を遣うところが多すぎるのか

な。石川遼君もパッとしません。

見ていて面白いゴルフと言うか、華のあるゴルフをして欲しいです。

今季の石川君は疲れているのか、全然華が無くなった気がします。

「自分らしくないゴルフ」なんて言ってちゃダメですね。

人気に負けない程に、強いゴルフが出来る様に精進してくださいね。

これで今季のメジャーは終了してしまいました 

宮里美香さんが来季への希望を繋いでくれて良かったと思います 

| | コメント (0)

全英女子ゴルフ・・・第2日目?

全英女子が風でサスペンデッドになる事は珍しいって戸張さんが言ってました。

2日目が無くなったから3日目が実質2日目と言う事です。

全英女子でもなでしこさん達は頑張っています。

あんな深い深いバンカーなんか日本にはそうそうないからなでしこさん達が気の毒です

が、外国の人も苦戦してますから・・・  ねぇ。

宮里藍さん(-1 6位タイ) と美香さん(-3 3位タイ) は頑張ってますし、一之瀬さんもイーブ

ンパーで11位タイですからねぇ~。

今晩は一日で36ホールもあの難コースを廻るらしいのでクタクタになるでしょうね。

トップのシン・ジエさんは昨日ぶっちぎって、現在-9。2位とは5打も開いています。

みんなが苦戦しているのに、シン・ジエさんだけが余裕と言うか、コースを楽しんでいる

感がありました・・・。

もしかしたらぶっちぎりの一人旅になりそうな予感もありますが、日本男子のメジャーを

見ているよりも全然楽しいです  

互角に戦っている感がありますからね。

日本は男はダメで、女性が優秀なのかも知れませんね。

なんだか政治経済ともにどんどんダメになっていますが、政治経済ともに、女性のリー

ダーが出てきた方がいいのではないでしょうかね~。

なでしこを応援するのは楽しいもんなぁ~  

テレビ欄で見ると、23時15分からの放送になっているけれど、テレ朝さん、大丈夫かな。

昨日は宮里美香さん、いいスコアで廻ったのに、もう終わっちゃった・・・と後回しにされ

ちゃったからなぁ~。

今日から本戦のスコア順だから・・・遅い時間でも安心して見られるのかも分かりません

が・・・、36ホールのうち、18ホールはすでに終了しまして、なでしこさん達・・・20~30位

辺りになっちゃってて、端っこのテロップに日本でもおなじみの外国選手の名前だけが

入っているなんて事のない様に頼みますよ~。

23時15分にスイッチオンして  「あ~あ、やっぱりなぁ~。もう寝よ」とならない様に

万一そうなってしまった時は、テレ朝さんの努力で盛り上げてくださいよ。

村口さんと戸張さんだけではトークに深みがなくてイマイチなんだから・・・。

そんな場合は岡本綾子さんを連れて来て欲しい~ 

| | コメント (0)

もやしもん

9月13日深夜24時45分?の最終回をもちまして、もやしもんリターンズが終わってしまい

ました。

菌のお話と言うのは面白いし、「農大」の生活も面白い  

昔懐かしい、大学生のころを思い出しながら笑っていました。

「じゃりん子チエ」「釣りバカ日誌」「家裁の人」「ワンピース」「夏目友人帳」に続いて、

「もやしもん」もハマろうかなぁと思う今日この頃です。

とりあえずプレーンヨーグルトを買ってきまして、自分の腸内を醸してもらおう・・・と

考えたのでありました~

| | コメント (0)

吉田拓郎さんの首都圏コンサートチケット・・・落選

吉田拓郎さんの首都圏ツアー・・・先行予約、落選でした~  

やっぱり行きたい人は大勢いたんだろうなぁ~。

仕方がないですねぇ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十坪 (とつぼ) のくらし・・・大阪のええところ

ひと昔前、横山ノックさんが知事をやっている頃、大阪はタンツボやって言われてました。

その頃私は大学生で、仲間たちとムッと  してましたが、ウマイ事言うなぁ~とも思って

ました。きっと大半の大阪人もそう思ったからこそ・・・タンツボがあれだけ浸透したんやと

思います。

大阪は人と人の距離が近く、他人の心の中にも土足で入ってきます。それがフツーだか

らおせっかいとかなんとか全然気にしない。貧しかった頃から支えあって生きてきたし、

もともと日本の国の中で、唯一ラテンの血が流れていると言われる大阪。

大阪が異質なんだから、大阪都なんて言わないで、日本から大阪と淡路島だけが独立

したらええねん。淡路島は兵庫県ですが大阪の離れ座敷。大阪在住の上沼恵美子さん

の領土です  

貧しさも笑い飛ばす力があるし、みんなもそれを受け入れています。下町なんて言い方

がありますが、「文化住宅」文化なんだと思います。

首都圏では・・・全国区なのかなぁ・・・文化住宅のことを「テラスハウス」なんて言います

が、言うなれば「連棟」ですわ。昨日のカンブリア宮殿では日本一の長さを誇る天神橋

筋商店街が紹介されていましたが、私が暮らしていた街は何百mの通りの両サイドが

びっしり文化住宅で低層住宅なのに異常に人口密度が高いエリアがありました。

首都圏郊外では30坪の敷地が平均的な宅地の広さで、場所によっては50坪で区画さ

れているエリアもたくさんあります。

10坪の暮らしと、30坪、50坪の暮らしは随分違うような気がします。

人には本能的に持っているテリトリーの広さがあってどうしても10坪だと向こう三軒

両隣が重複するんでしょうねぇ。だからお隣との垣根が希薄になって、ツーツーの間

柄になるし、言わばご近所さんは身内みたいなノリになる。

大阪は「他人の心に土足で上がりこむ」文化と言うのはそんなところに根差しているん

だと思います。元来が陽気な人たちだからこそ10坪でもノープロブレムだったのかも

知れませんなぁ。

さてさて、景気が良い時にはラテン文化大阪は、お隣さんと肩を組んでラインダンスを

踊るのですが、坂道を転がる不況期には、案外、平気で他人を蹴飛ばす・・・  

これもまた大阪の血なんでしょう。

これまたカンブリア宮殿で、阪急のエライさんが他企業をボロクソに言ってましたが、

悪気なく、弱ったモノを蹴飛ばすのもまた血がなせるのだと思います。

大阪のええところを書くつもりがなんかアカン話しになっていますね・・・  

3丁目の夕陽の頃・・・つまりは高度経済成長の頃って、私も生まれていないのでよく

知りませんが、東京でも10坪文化だったんじゃないのかな・・・。

そう考えると、10坪文化と言うのが、実は連携も生むし、向上心の馬力も発揮しやすい

日本人の間合いと言えるのではと思います。

10坪だと若者も草食男子なんて言ってられなくなって、ガツガツしだすと思いませんか?

適度なテリトリーを確保すると、安らぐし、自然と穏やかになってしまう。

盛者必衰と平家物語で大昔から語られている事が顕在化しているのです。

長い長いネタふりでしたが、大阪はいまでも10坪文化が脈々と受け継がれている唯一

と言っていい大都市です。言いかえるとポテンシャルが日本一高い街 (言い過ぎかな)

だと言えるんじゃないでしょうか。

十坪の暮らしをフツーに受け入れる街、大阪。

狭い土地ゆえに、愛情が溢れる町、大阪・・・  

~編集後記~

なんか大阪礼賛になっていない気がします・・・ 

| | コメント (0)

カンブリア宮殿IN大阪 なにわの商人が日本を救う!?

本日のカンブリア宮殿のゲストは阪急阪神ホールディングス兼阪急電鉄代表取締役社長

角 和夫さんなのかな?いろんな方々が登場したけれど・・・。

日本一の長さを誇る天神橋筋商店街の会長さんやら、町工場やら、椿本チエインやら・・・

いろんな方々がそれぞれインタビューを受けていました。

その総括として角さんがコメントされていましたが何か心に響かなかったな。。。

大阪出身の私としては大阪が復活する事を、心の底から祈っています 

でも阪急阪神HDさんは明確なビジョンを持って成功に導いたと言う「カンブリア宮殿的」

な結果と言うか、こうしてサバイバルを勝ち抜いてきた・・・、勝ち抜きつつある・・・と言う

お話しが全然なかった。

角さんはとても評論家的で力強さ、夢を現実に変えるパワーがほとんど感じられなかっ

た。。。

私は大の大阪贔屓だから落胆しましたよ。全国に散っている大阪人もきっと同じ思い

なんじゃないかな 

橋下さんが頑張っている北ヤードの噺も、角さんはなんだか美辞麗句ばかりであれで

大阪の人々はワクワクと、お祭り感を持って暮らせないでしょ。

本日の番組を見て、大阪に住む人々は得意の「ドヤ顔」で、そうそうと手を打って喜べ

たのかな?私の眼には通り一遍をなぞっただけで、カンブリア宮殿スタッフの眼から見

て、これだけ魅力のない町だったのか・・・と、悲しく思えたけど。

パナソニックやシャープの話しをもっともらしくしていたけれど、同郷の仲間やったら困っ

ている仲間を助ける発言をもっとせなアカンのと違うかな。シャープはもうアカンなんて言

うたらアカンで・・・。

評論家じゃないんだもん。鉄道だから引っ越せないって冗句のつもりかも知れないけれ

ど、大阪はもっと人情味のある町やし、大阪のリーダーとして角さんが登場しているのな

ら、もっと「熱い」発言を期待したい 

パナの新社長やシャープの経営陣のスピーチには確かに魅力が無いなと思います。

ただ角さんにも同様に魅力と言うか、仲間を守ろうとか、カンブリア的なサバイバル力が

全然感じられません  

政治では、まだどうなるか分からない橋下さんが力強くいろんな努力をしています。

大阪の財界トップももっと魅力的な話しをして、活気が感じられる努力をして欲しい。

どう見ても大阪は沈んでいるし、民も疲弊していますよ。

日本は政治はダメだと言いますが、今までの大阪は政治経済双方ダメだったんでしょ。

ようやく政治にはリーダーシップを持った人が出てきたのだから、経済界も頑張ってよ。

阪急阪神HDの角さんはテレビの取材か、村上龍さん、小池栄子さんに緊張して、あまり

闊達に話せなかった・・・  

それが事実でありますように・・・ 

大阪~ ガンバレ~ 

村上龍さんの編集後記だけは表記しておきます。

かって大阪は「一地方の拠点都市」ではなく、「西日本の中心」だった。

九州の集団就職の生徒は、ほとんど全員が大阪を目指して旅立った。当時の記憶は

なつかしい昭和の郷愁と結びついている。私たちは、往々にして「日本をどうするか」

「大阪は復活できるか」と考えている。それが間違っているわけではないが、もっと重要

なのは、「この街、この商店街、この店、あるいはこの工場をどうすればいいのか」とい

う個別の問いではないだろうか。

大阪は東京の真似をしても仕方がないし、大阪が復活しても他の地域のモデルとなる

わけではない。「何かが」大阪に活気をもたらすわけではない。人や企業の努力が、

結果的に大阪全体の復活につながるのである。

村上龍さんの編集後記、大阪に感動してませんよね。

サバイバルして、よく頑張ったと感動してませんよね。。。

悲しい記事で本当にごめんなさい。

アカン、なんか涙が出てきた。。。

商店街や町工場の枝葉が努力していても、幹の部分が頑張らねば 

阪急沿線に生まれ育ち、阪急が大好きなので、次のカンブリア宮殿では、龍さんと小池

栄子さんを感心させましょうよ 

| | コメント (0)

PDCA・・・

plan  do   check  act ・・・。PDCAなんて言われる事もありますね。

計画を立てて、実行し、評価をしたうえで、改善をする・・・これを繰り返し循環させることで

業務を継続的に改善させていく事です。

1000年に一度の東日本大震災ですが、どうももう1つの1000年に一度の3連動地震もやっ

て来るのではないか?と言う塩梅です。

もちろん杞憂に終われば良いのですが、学者さん達ももう失敗は出来ないからちょっとした

変化も見逃すまいとご努力されているからこその報道を良く目にします。

また「復興予算19兆円」にも繋がる話なのですが、NHKが指摘している様に、明らかな

間違いだと指摘出来る事態がいろいろと起こっています。

分別しないでガレキを集めた結果、今になって費用が何倍もかかっているなどと言うのは

check  で反省されるべき内容です。企画者責任は厳しく考えれば問われるべきだと思い

ますが、「やむをえなかった」と check の段で評されたら、百歩譲って個人の罪は問わな

くても仕方がないかな。でも企画者としての反省は必須だと私は思います。そして恥で

もなんでもないのだから記録し、マズかった点を改善して次世代、近隣が同じ過ちを

しない様にするのがその責任の取り方です。

NHKスペシャル「復興予算19兆円」が問うているのは、「PD」の部分ではなく、「CA」を

考えてほしいと言う事で、残念ながらそれは充分ではないと言っている。

官僚が不可思議なカネの使い途を質されても悪びれないのはそこが狂っているのです。

役所の理論から言えば、復興増税で歳入の補填はした。策は立てたので「場当たり的」

にまたやればいいと考えてしまうのではないでしょうか。

 1000年に一度を今、生きている人たちは人生の中で2度経験をしなければならない可

能性が充分にある。阪神大震災から計算すると、わずかに16年後にまた「震災」が発生

しました。

阪神は見事に復興を遂げたけれども、「PD」ばかりで「CA」は出来ていたのだろうかと

東日本大震災を経験し、1年半が経過したからこそ疑問に思います。「CA」が発揮される

べき大地震はいっぱいあったが、悲惨さにのみ目がいってしまいどうも「評価・改善」がな

されていなかったのではないでしょうか。

今の日本の官僚機構はもしかすると「CA」が苦手なんじゃないでしょうかね。

福島の原発事故も、やもすると「評価」自体を曲げてしまって、災害による事故ではなく

たまたま電源喪失に伴って偶然発生した事故だと曲解してしまう。

正しく「評価」をしないから、次の act も本来行くべき次元に行けないでやりっぱなしにな

ってしまう。

複式簿記の概念が行政機構にはないので、ついつい予算を分捕って使用する事に重き

が置かれる。あの衝撃的な津波や地震の被害は報道で見るけれど、数十万の被災者に

想いが馳せられないのではないか。

原発事故だけではなくて、韓国や中国、ロシアと揉めている領土問題だって、同根の原因

があるように私は思います。

保守の方々が言う戦前のアジアに果たした役割や、逆に迷惑をかけた行為などもキチン

と「CA」すれば良かったのに、泥縄式、場当たり的な談話でお茶を濁してきたからこんな

事態を招いてしまった。

諸悪の根源は「CA」を責任の範囲でキチンと処理してこなかった事にある。。。

それを許したのは有りがちな「忙しいから」と「複式簿記」の概念がないからなんじゃない

のかなと・・・。

東日本大震災で罹災した方々が浮かばれないような事をしてはダメです。

とてもイバれた19兆円ではない。

「絆」が聞いて呆れる19兆円になり下がっています。

被災地に行くと、「遠くからわざわざありがとう」と罹災者の方々が言われます。ボラン

ティアでなく、この目で被災地を見て、消費で少しでもお役に立てれば・・・と考えてい

るだけの私にも大勢の方が状況を話してくれましたし、「ありがとう」と言われました。

行政・政治の企画者は被災地に入らなかったのでしょうか。私でさえ使命感を感じた

のに、総額19兆円の企画者たちが使命感を感じないはずはない。

「過去は問わず」とするにしても、ゆとりがなくなりつつある国家財政で場当たり的な

処置では済まされなくなっています。

3連動で二十万とも三十万とも言われる死者が出てしまうと、東日本大震災以上の混

乱が生ずる事は明明白白。

「一円一円を大切にする」と言う心根は「複式簿記」で培わなきゃダメだし、そこに根差し

た「CA」の精神が大切なのだと思います。

数年前の政権交代や、今の維新ブームには世の中でこれほど当たり前になったPDCA

を行政・政治が全然実行しないことへのいら立ちなのだと思います。

原発などはエネルギーの視点だけでなく、安全保障の視点もあって、反発が必至だか

らこれまた曲解でウソ八百をするからおかしくなってしまう。

日本は民度が高い素晴らしい国だから、誤魔化さずに世に問えば良いと思いますよ。

日航などの処理も税金による救済ではなく・・・例えばシャープだって・・・経営者はミス

を素直に認め、日本の「リーダー」が技術的にもこの会社は必要だ。断罪すべきは断罪

するので、悪いがこの会社を救うつもりで製品を買ってくれないかと言われれば、大勢

の民はそれに従うのではないでしょうかね。もちろんそうなるためには「リーダー」は相応

の尊敬を受けている事が条件ですけれど。。。

閑話休題。

沈んでいる、沈んでいると言われ、20年を失った日本ですが、ポテンシャルの高い日本

がこのまま沈む訳がない。

疲弊しているのは制度であり、その制度に毒されている企画者の心根だと私は思います。

| | コメント (0)

NHKスペシャル 東日本大震災「追跡 復興予算19兆円」 再放送のお知らせ・・・

本ブログで取り上げました NHKスペシャル 東日本大震災「追跡 復興予算19兆円」 

とても反響が大きかったようです。番組を視聴して感想を書いた本ブログにも番組をご覧

になって、拳を握りしめた方からコメントが届きました。そのコメントにもありましたが、9月

12日24時25分 (13日深夜0時25分)から再放送があるそうです。

ぜひご覧になられていない方は再放送をご覧いただければと思います。

未だ数十万人が避難している状況下でなんとも出鱈目な復興予算の使い方をしている

事を知る事が出来る番組です。

知って今すぐ何か出来るのか?と言われると回答に窮してしまうのですが、さりとて知ら

なければあれだけ「絆」と言っていた首都圏に住む者としてどうかと思う。

地震・津波は自然災害ですが、原発事故は首都圏で使う電気の発電施設で起きた事故

ですから・・・。

同胞が災害に遭った事を心配する以上の呵責の念が多くの首都圏在住者にはあると

思います。もちろん首都圏に住んでいる人以外の方々も19兆円のお金の使い方には

関心を持っていただかなければ、これほど出鱈目なお金の使い方をしてしまう人がい

る。やはり正して行く気持ちをみんなが持った方がイイ。

未だ避難暮らしをしている数十万の方々に顔向け出来ない噺だと思うのですが、案外

平気な顔で担当者さん(官僚さん) たちはテレビにコメントを寄せている。

どこかおかしい、何かおかしいと思うのですが、どうしたら良いのやら私には分かりませ

ん。。。

でも、このカネの使い方が正しくないのだけはNHKスペシャルを見て分かりました。

原発問題で何万人のデモがあったと報道されましたが、原発に勝るとも劣らない問題

のような気がします。また数兆円の予算請求があったと聞きますしね。

復興は未だ途上。

復興の増税を受け入れた我々の気持ちと、何より数十万人の避難を続けておられる

方々の思いがしっかり汲まれた予算の執行をお願いしたいものです。一円も無駄に

しないで被災された方々にそのお金が振り向けられなきゃ。

平日の深夜0時25分と言う時間帯ではありますが、ぜひご覧になられていない方は

録画などを駆使されてでも一度ご覧になって欲しいと思います。

私も再度、いろんな事を考えるために再放送を視聴したいと思っています。

| | コメント (1)

鶴瓶の家族に乾杯・・・鳥取県大山町 ゲスト・草刈民代さん 前編

今回の旅の舞台は鳥取県大山町。(24・9・10放映)

ゲストはバレエの草刈民代さん。

鶴瓶さんも言ってましたが、バレエダンサーなので草刈さんの姿勢の良いことったら・・・。

あの姿勢で町歩きしていても、ぺっぴんさんですし私なら緊張してお話し出来ないオーラ

が出ている気がします  

それが証拠に農協のヨーグルトなどの販売スタンドの職員さんはグニャグニャでした。

きっと照れもあって、あれがバランス感覚なんでしょうね~  

私は子供のころ、寝台急行「大山」と言う列車に乗って境港から隠岐の島に行った記憶

がありまして・・・、あの周辺では「後醍醐天皇」の伝承がいっぱいありましたが、大山町

でも後醍醐天皇の伝承がやっぱりありましたね。えらい昔の天皇さんですが、つい先日

の事のような伝承が残っている。

塒 (ねぐらと読むと番組で教わりました) さんと言う名前を後醍醐天皇が大山で匿って

くれた家に授けて言ったと言う伝承は面白く拝聴しました。塒さんのご当主さん、もう90

歳になるとの事でしたが、仙人みたいなおじいちゃんでした~  

私の数少ない旅の思い出でも、山陰地方の男性は年を取ると「仙人」になる率が高い

ように思います。寡黙で、顔のしわが良い味を醸すのかなぁ~。

そうそう「醸す (かもす) 」・・・。偶然出てきましたが、まさに山陰の土地付き酵母がおじい

ちゃんを醸すんでしょう~  

鶴瓶さんが出会った芝生農家のお父さんも良い具合に醸されていました。

奥さんが15年前に亡くなられても、その後、奥さんの思い出を胸に醸された感がありま

した。。。

岩牡蠣の魚屋さんのお父さんは・・・酵母よりパワーがあるからでしょう・・・醸されていな

かったですね。(面白いオヤジさんでした。)

板わかめと後醍醐天皇の下りは、仙人の塒さんのお話しを聞きつつ、もじもじしていて

なんとも可愛らしいかったです~。

草刈民代さんもなんか天然と言うか、良い具合に醸されているので、後編もほのぼのと

した旅になるんじゃないのかな~。

山陰・・・いいなぁ~ 

| | コメント (0)

NHKスペシャル 追跡 復興予算 19兆円 を見て・・・

なんと出鱈目に19兆円と言う予算が使われていることか。

NHKが情報公開請求により得た資料を分析し、被災地・被災者に廻るものとそうでない

モノに分類したら、もうめちゃくちゃだった。全体の25%は当初から被災地以外に使われ

る事になっていて、その資金を得るために増税をしていると言う顛末を聞くと怒りの念が

湧いてきます。

川越の労務作業に2800万円も???ですが、外務省がキズナプロジェクトと称して72億

円を予算取りし、東アジアやアメリカの青少年を1万人食費や宿泊等、すべて面倒を見て

日本全国を観光させる。京都や神戸、被災地も2日見て貰うそうです。

これは復興予算ではないでしょう。NHKも良い仕事をしていて、外務省や法務省に理由

を聞いてましたが、官僚さんは悪びれる風もなく、理由をテレビカメラの前で語っていま

した。

これ以外にも復興に無関係と思われる予算がついた事業が取り上げられておりまして、

それを総括して質したNHKに対し、国の担当者と称する方から、「充分過ぎるほどの予算

を廻しているつもりだ」と回答されたと言うので呆れてしまいました。

とある海岸線の道路工事が例年とは別に、復興予算が使われていると聞いた地元民が

絶句しているシーンもありましたね。復興予算をこんな所に使われては、被災地に申し

訳ないと。

経済復興資金として、岩手県全体で商店街などグループ支援の補助金があり、お店や

自宅を流された若者が商店街をまとめて、数か月かけて作った事業計画事業があっさ

り否決された・・・と放映されておりました。岩手県全体で150億円の予算に対し、255億

の申し込みがあったため、事業計画の可否ではなく、水産加工、建設業と言う雇用に

跳ねる業種を優先させたためとの事です。これは県の担当が、絶対額が不足している

からやむを得ないと話していました。さっきの外務省のムダ金で岩手県のグループ補助

金の大半が賄える額です。海外から青年を招くカネと、被災地の商店街の復興とどちら

を優先するべきなのでしょうか。

被災地全体でみると、60%の事業計画に予算がつかなかったそうです。

経産省の発言が奮っていて、「これだけのニーズがあるとは思わなかった・・・」。

経産省関連で無駄な予算取りをどれだけしているのでしょうか。。。

医療の問題も取り上げられておりました。再建支援されているのは公立の病院が大半

で、民間の診療所や医院にはわずかな助成しかなく、廃業する医院がたくさんある。

再建を断念し、勤務医として働く医師が、患者を棄てて自分だけが生活のために・・・と

嘆く姿が放映されました。何も医者だけが特別なのではなくて、それぞれに役割がある

訳で、それが分断されていると言う事なのでしょう。

被災地向けの予算も正しく使われているのか?と言う事でガレキの撤去費用に番組は

目を向けていました。ガレキの撤去費用は19兆円の復興予算の中の1兆円。かなりの額

です。

全体で3121万トンのガレキがあるらしいです。

さて、ガレキ1トン当たりどれだけのカネがかかったのかを市町村別に比べると、ガレキ

量で1位と2位、市もお隣だと言うのに、石巻と東松島市の額が10倍近い額になってい

る。石巻は分別しないでガレキを集め、東松島はきちんと分別をさせて収集した結果ら

しい。石巻では集めたガレキを今頃になって金属、木材の分別を始め、ガレキの山では

ハエが発生しているので薬剤散布にもカネがかかる。ガレキの管理費用だけで石巻は

40億円もかかっているんですって。(東松山は5億円)

東松島では9年前の地震の際、やはりガレキの撤去で当時は分別していなかったガレキ

の処理に当初の1.5倍のカネがかかった反省に立って今回は対応したそうです。

東松島市長は「全国から負担してもらっている復興費用を1円たりとも無駄に出来ない」

と語っていました。

石巻市役所は水没したらしいので大変だったろうとは思うのですが、県なり、厚労省・

経産省あたりがちゃんと企画しないとダメなんじゃないのかな。企画者責任はしっかり

問うべきだろうし、被災地には同様の無駄遣いの例や、巧い事業の例がゴマンとある

はずなので、情報取りに現地入りし、しっかりと三連動地震の教訓とすべきです。

NHKでは石巻のガレキ撤去が異常値だとして、精査してました。そうすると不正な申請

がゴロゴロと出てきます。写真や工事作業者の姓名を記載する請求書がデタラメです。

市に質すと、そこまではチェック出来ないと言ってました。今頃になってから過去のデー

タを精査しているそうです。NHKの取材によると、1週間で出来るガレキ撤去工事を倍

以上の期間をかけて作業し、それを請求していたそうです。。。

岩手と宮城の違いはあるのかも知れませんが、補助金で優遇された建設業が、水増し

請求で復興予算から出鱈目なカネを奪取すると言うのはなんとも皮肉な姿だと感じま

した。もちろん大半の建設・土木業者はまっとうにお仕事されているのだろうと思います。

東松島市長の言う、「1円たりとも無駄にしない・・・」と言うのは、行政や行政から受託す

る民間、補助金を受ける被災者・・・みんなの心にないとイケナイものですね。

釜石では民家の解体を実際に、①手作業、②重機、③併用の3パータンで実施し、具体

的な額を把握したうえで、より実態に即した額で入札をして無駄を排斥しようとしている

そうです。

こんな工夫を市町村がやっているんですね。立派だと思います。

釜石は先のガレキ1トンあたりのコストは下から2番目。努力の差が出るんですよ。

ワーストの石巻を責めるのでなく、指導出来ずにムダ金を使うに至ったのはなぜか・・・

そのカネを経済再生、商店街復興に使用出来たのに・・・と考えるべきなのでしょう。

橋下さんの言う、地域が責任を持ってカネを使っていたら、果たしてこんな結果になった

のかなと思う部分もあります。

県や国は有効なアドバイスが出来ないのならば、口出しせずに、地域に任すべきだった

のでしょう。もちろん石巻も自分で処理出来ない事態があれば県や国に応援を頼むなり

いいアドバイスを貰うなりすれば良かった。被災していた事は考慮しつつも復興費用を

無駄にした事は反省が必要なのでしょう。

今後、発生が予想されている三連動地震の際に、復興に要する成功例や失敗例の分

析を今のうちからしておかなければ、カネがいくらあっても足りないと思います。

断罪されなきゃいけないモノは断罪もし、復興費用は「1円たりとも無駄にしない」と言う

当たり前の精神を万人が持てるようにしっかりとフィードバックして貰いたいと思います。

(追伸)

岩手の店舗を流された若者がせっかく商店街をまとめて作った事業計画を無駄にする

ようでは、地域の復興など出来ないだろうと思います。ああいう若者がそこここの地域

で出て来て、工夫しながら地域を盛りたてて行かないと復興なんて出来ないでしょう。

そういう意味では、官僚や県職員は地元を見ていないから復興のサポートなど出来る

訳もないと言う事か。さりとて市町村の職員にもそれが出来るかと言うと荷が重い・・・。

やっぱりそれぞれの優秀所を集めてチームを作って現地に部隊を立ち上げなきゃダメ

なんでしょうね。

今は石材業のアルバイトで震災前の半分以下の収入で、預金を取り崩しながら生活し

ていると言ってました。このままでは首をくくるようだとも・・・。

こう言った人材をどう活かすのかを考えるのが政治屋なのだと思うのですが・・・。ね。

(追伸2)

ドラマの世界だからかもしれませんが、渡辺謙さんが吉田茂さんの役のドラマが始まり

ました。「気概」と言うのか「器」と言うのか、その差が随分と今と違う様に感じました。

もっとも当時も不平不満は充満し、やっぱりおかしなカネも出ていたのだとは思います

が・・・。

| | コメント (2)

天災・・・

震災以降の余震はずいぶん収まった感があります。

余震などの数から大きな地震の発生の可能性が分かる・・・と散々言われていましたが、

この状況で果たしてどうなっているのか・・・と言う報道もしてほしいものです。

もっともしばらく前のNHKスペシャルでは、40年と言う周期で地震が頻発する周期に入っ

たと言う事でしたので、半年・1年と言うトレンドの提示は誤解を与えるおそれがあると

言う事なのでしょうかね。

先日もフィリピンでM7以上の地震があったところです。やはり頻発期と言うのは正しいの

かな。

随分と余震が減ったから、震度3くらいでも、逆にビビってしまう様になっていますが、

世の中、どうなんでしょうか?

先日、東南海3連動地震が起こると数十万単位で死んでしまうと言う報道もありました

が、「まだまだ危険だから備えていなさいよ」と言うメッセージなのでしょうか。

災害備蓄用のグッズもある程度メンテナンスしなきゃダメだし、水も賞味期限があります

からね~。2リットルのペットボトルを買い置きしているのですが、そろそろ交換しなきゃ

ですわ。懐中電灯もあちこちの部屋に置いてありますが、電池がちょっと心配です  

世間の方々はどうしてるのかな。やっぱりちゃんとメンテナンスしているのでしょうか。。。

震災の時のガソリンスタンドの状況を考えると、しばらく車に乗らなかったり、タンク残量

が半分を切ってしまうとそろそろガソリンを補充しておかないと・・・なんて考えてしまいま

すし・・・。

気にし過ぎもダメなんでしょうが、頃あいと言うか、なんと言うか・・・。

地震の心配をしてたら、関東では水不足なんて言いますし・・・  

心配症の方ならば、これだけで食欲も減退するのでしょうねぇ~。

| | コメント (0)

ガリガリ君・・・

ガリガリ君の梨味にハマっています。

「梨」味のジュースも時々見かけるのですが、季節商品ゆえにすぐにどこかに行ってしま

う。

ガリガリ君梨味もそうなかも知れませんが、ガリガリ君のあのシャリシャリ感が梨とマッチ

していて美味しいなぁ~と思ってしまいます  

先日食べたガリガリ君が「あたり」で買ったお店でもう一本・・・  

スーパーで買ったガリガリ君ですから保冷袋に保冷剤を仕込んで買ってきました  

せっかくの保冷袋ですので、10本買ってレジに行くと、嫌な顔もなく、一本はあたり分な

ので、9本お会計させていただきます・・・と、すんなり当たりと交換してくれました  

ちょっとドキドキしていたので嬉しかった~ (なんて庶民なんでしょう  )

あたり1本を仕込んでおけば、10本お買い上げ~に繋がるのはなかなか巧い商売だな

ぁ~と思ったのですが、わざわざあたりを交換するために車で、ガリガリ君を買いに行く

私が下手打ったのかも知れません  

あたりは交換したいねん。気持ちや~、気持ち・・・。

新しく買ったガリガリ君はもう当たらなくていいからね~ 

冷凍庫に10本のガリガリ君があると、ついつい手が出てしまいます。ファミリーパックの

魔力ですね。1日、一本まで・・・と決めていてもついつい・・・。

カルビーポテトチップス、ビッグもそうですが、知らず知らず食べてしまうんですよね~。

大人買いはあきません。面倒でもイチイチ買いに行くようにしなければ・・・。

おかげでナンボ歩いても全然痩せません 

| | コメント (0)

カンブリア宮殿・・・オイシックス 社長 高島宏平さん

オモシロ野菜がいっぱい紹介されました。

かぼっコリー、そうめんカボチャ(改名・パスタうり)、トロなす、汐ねぎ、みつトマト・・・。

変わり野菜は調理方法も分からないし、価格も高めだからスーパーではなかなか売れな

くて、自家消費が主なんです。

それを世に問うて農家さんと消費者を、流通過程を省いて良い物を早く届ける・・・と言う

お商売をされているのが「オイシックス」と事でいいのかな。「省く」のはネットの利便性

を活かしています。

オイシックスの年商は126億円。社長の高島さんは東大大学院を出てマッキンゼーに在

籍したエリートです。そんな彼がなぜ「野菜」を選んだのか・・・。

まず最初に「食品」を扱いたいと思ったそうです。その中で「野菜」に白羽の矢を立てた

のは、主婦がスーパーを選ぶ際のポイントになるのが野菜で、重くて管理に手間がかか

るくせにあまり儲からない「難敵」だからだそうです。ライバルの参入を見越しての事なの

かも知れませんね。

会社設立から赤字続きで、4年目で黒字化したそうです。設立当初は3人の問い合わせ

スタッフが2本の注文を取りあう有り様だったと高島さんは笑っていました。そんな塩梅

ですから資金繰りが大変で、資金調達のためにエンジェルを廻っていたそうです。

なかなか資金を出してくれるスポンサーに巡り合えず、公園のベンチでボーッと落ち込

む事もあった。隣でたたずむサラリーマンを見て、「落ち込んでも何も得はない」と悟る

程に、連戦連敗で資金繰りに苦労したと笑っていました  

当初は農家さんからも相手にされず、酒を酌み交わし、時には農家さんに言われるまま

に土を食べて徐々に農産物を取り扱えるようになったんだと言ってましたね。

他のネット販売と違うところは、本当に美味しい野菜をバイヤーさんが畑に出向いて探し

そこに付加価値をつけて売る・・・と言うところなんでしょうね。だから「生産農家」の獲得

が財産なのでしょう。

変わり種野菜を売るのではなく、それはあくまで入口であって、普段食べる野菜の中か

ら、スーパーに売っていない程に新鮮で安全でおいしい野菜を届けますよと言うのが

「オイシックス」なのだと思います。価格はスーパーの1.5倍だそうですから、創造した

付加価値分は、オイシックスと生産農家が折半しているのかな。

消費者が「評価」すれば、価格面はクリア出来ます。原発事故以後は安全と言う指標

も重要視されています。オイシックスでは専用の倉庫で温度管理から放射能や農薬、

遺伝子組み換えなどの検査をして消費者に送っているとの事ですから、「安全」をお金

で買っている消費者が増えているという事なのかもしれません。

「良い野菜」を高く、安定的に買って貰えるというのは生産農家にとっても嬉しい会社だ

と思うのですが、オイシックスでは「農家オブザイヤー」と言う消費者から支持された農家

さんを表彰する制度があるそうです  農家さんのモチベーションを上げるために一役

買っているとの事でした。

去年は「みつトマト」を作る農家さんがゲットしたのですが、徹底した管理の下、シートを

張って水分や養分をトマトが取りにくくしているんです。言わばストレスを与える事で実が

甘くなる  撮影のときで糖度は8% (普通のトマトは5%程度) 、旬の時は糖度14%ま

で上がるんですって  トマトの木にはストレスを与えていますから、収穫量は半減す

る。良い物を高く、安定してオイシックスさんが販売してくれるから成り立つ農業だと若い

農家さんが話していました。

今回のカンブリア宮殿では、オイシックスさんと言うネット通販会社だからなのでしょうか

農業を始めて数年の若い生産農家さんがたくさん出演していました。大変に喜ばしい事

ですね。美味しい農産物を作るために努力する若者農家がこんなに居るのは素晴らし

い  

番組のラストでオイシックスさんが扱う農産物のルールがあると紹介されました。

「農家さんが自分の子供に食べさせられる物のみを扱う事・・・」

中国など、農薬漬けの野菜が有名ですが、日本の農家だって、「自家消費用の畑と

出荷するための畑」は違うと言う農家がいっぱいある・・・。

曲がったきゅうりはダメだとか虫が食ったキャベツはダメ・・・なんて言う消費者にも責任

はあるのでしょうね。

オイシックスの倉庫内が撮影された際に映ったキャベツには虫食いの跡があった事を

報告して、恒例の村上龍さんの編集後記に参りましょう。

高島さんには、創業間もない頃に取材させていただいた。

当時のオイシックスはまだ資金調達も安定していなくて取材も、「村上龍を迎える

適当な場所がない」と別のオフィスで行われた。会社も、社長も若く色々な意味で

途上にあったが私は絶対に成功するだろうと言う確信を持った。

「安全というキーワードで日本の食品業界を変える」

と言う姿勢が伝わって来たからだ。

以来、高島さんの経営哲学はまったくぶれていない。「最大のリスクは何も夢中に

なれるものがないまま人生を終える、と言う事だ。」これはアマゾンのジェフ・ベゾズ

の言葉ではない。高島宏平の言葉だ。

2000年創業で、スタッフは151人。売上は2012年3月で126億円・・・。

創業当時は吹けば飛ぶような会社だったんでしょうね。

単にネットで野菜を売る会社だと思っていましたが、ちゃんと付加価値を作っているし、

帳簿に載らない財産も築いている。なかなかライバルが勝てないほどに、12年で特化

したビジネスモデルを築いた会社ですね  

12年前と今では「安全」と「価格」のパランスが随分変わりましたから、時代がオイシック

スの方に寄って来た・・・と言う事なのかも知れません。

「安売り」に向かうと、薄い所で勝負しなければなりませんので、なかなかに立ち回りが

しにくくて、生まれては消え・・・と言う事を繰り返しておりますが、どうやって付加価値を

創造し、それを評価してもらうのか・・・と言うところをブレずに通した高島さんは偉いと

思います。3年間の赤字期間はさぞ辛かったろうと思います。

さすがに東大大学院からマッキンゼーと言う経歴の持ち主ですね。

「カンブリア宮殿」出演に際して、「変わり種野菜」押しで紹介されると他所での取り扱い

がないだけに「オイシックス」がきっとヒットするのでしょう。変わり種野菜は話題にはな

りますが、普段の食卓にはそうそうは上らないでしょうからね。一度「オイシックス」を

知ってもらえればきっと家庭の野菜を変える自信があるのでしょう。上手に番組出演を

活かす戦略も立ててこられたと思います 

きっと今回のカンブリア宮殿は売上躍進のきっかけになると思います 

流通業の基本はきっと「安売り」ではなく、それも一手法ではあるけれど、もっともっと

選択肢はあるのでしょう。安売りは知恵なく誰でも参入しやすいだけ。

安売りはいずれ疲弊し、次の担い手が現れる宿命を持っている・・・。

オイシックスさんはコツコツとブレないで哲学を貫いたおかげで、いいスタッフが育って

いますわ。何よりスタッフも楽しそうに仕事をしていました。

そのスタッフと接する農家さんも楽しいのでしょうね。

なかなかライバルはオイシックスに立ち向かえないのでしょうね。少なくとも大半のスー

パーにはノウハウがない。消費者の志向が変わる中で、いい土壌を作ったなぁ~と

感心しました。

| | コメント (0)

ゲリラ豪雨・・・

本日は大宮のマンションで作業をしておりました。

そんな中で、辺りが一面真っ暗になったかと思うと、ゴロゴロ  言いだし、アッと言う

間に大雨に 

マンションの高層階に居たのですが、まさに「滝のように・・・」雨が降りました。

雨粒も大きくて視界が見る見る白っぽくなって・・・先ほどまで見えていた向かいのマン

ションがすっかり見えなくなってしまいます。

稲光が「ドン」となって、あぁあのマンションに落ちたなぁ~。今度はこっちか・・・って

言う具合。あの雷の電力をもっと有効活用したらええのに・・・と思いながら、さながら

放電ショー  を見学しておりました。

ちょっと物を取りにエントランスまで降りましたら、下降気流が凄まじくて、お年寄りが

歩けなくてエントランスの物陰に隠れておりました。

そこだと濡れるから、こっちに入って雨宿りすればいいんじゃないですか?と、ヒトの

マンションだったのですが  お招きした次第です。オートロックがありましたから

エントランスで休憩する分には許されるでしょう。だってゲリラ豪雨は災害ですもん  

30~40分で雨は小降りになり、別の現場を廻って帰路についたのですが、氷川参道

には暴風化した下降気流で参道の樹木の枝が折れてしまって走りにくいったら  

ありませんでした。

幸いにして30~40分で小降りになるから災害にはならないのでしょうが、九州なんかは

あの豪雨が何日も続いたんでしょうねぇ。

関東は水不足と言うのに、こんな所で降らずに、もうちょい北で降ればいいのになぁ。

私が居たお隣のマンションに雷が落ちたら、黄色の外車がハザードランプをチカチカ

させて  警報音が鳴りだしました。

振動で自動車泥棒と勘違いしたのか、電気的なモノで作動したのか知りませんが、

ビービー  と雷を威嚇していました  

高層階に居てもこれだけ聞こえるのだから、ご近所は雷とクラクションの輪唱を聞か

なきゃなんで大変だなぁ~と眺めていたら、なんと勝手に黄色の車は威嚇を止めてし

まいました  

なかなか賢い車だなぁ~と・・・ゲリラ雷雨の大宮の一風景を楽しんだのでありました。

| | コメント (0)

サンダル・・・

足が  大きいので、靴よりサンダルが好きなんです。

でも大足のサンダルがなかなかない  

あまり売っていないので、五反田の大足専門店でまとめて買ってくるのですが、サンダル

は靴以上に難しいところがありまして・・・。

小石などを巻き込んだり、スポンジ状のところが妙にフワフワだったりと気色悪い事が多い

のです。

これは良さそうと思ったアディダスの29.5センチのサンダルをお取り寄せしたのですが、

もうピチピチ状態です  この上のサイズはないので、我慢して履かなきゃ仕方がな

い・・・  

あんまりピッタリフィットなので、先程は玄関で脱げないで、廊下にサンダルがついて来て

しまいました~  

あぁサンダルの大きなサイズ~の良いヤツがないかなぁ~。

クロックスにはあるのですが、あれフォルムが大きいから・・・。

なんかドラエモンの足みたいになるんですよねぇ~

| | コメント (0)

三芳町工場直売ツアー・・・

三芳町にはご縁があって、2年半ほど仕事をしていたのですが、工場て直売をやっていた

のは露知らず・・・。三芳工場ツアーにいざお出かけ~ 

①あんぱんのキムラヤパンさんのアウトレット~ 

 

 003

 

 どこが「規格外」なのか分からないのですが・・・

 

 004 005

 

 4個で200円也と言うヤツが多かった気がします~。

 

 006

 

 お惣菜パンは美味しかった~  

 

 この後・・・ヨネザワに寄って・・・

 

 003_2 002

 

 ダブルエクレアを買いました・・・。ただ残念ながら車内の暑さに負けてボロボロになっ

てしまいました・・・。プレゼント用に買ったのですが、なんだか貰っても嬉しくなくなって

しまって・・・。保冷材&保冷バッグは必須ですね~  

その後、毎度お世話になっています「十勝大福本舗」さんへ・・・。

ここには本当にお値打ち品がありまして・・・。こんな価格で買わせて貰ってゴメンナサイ

ねって、言いながら満足のお買い物をさせていただきました  

そのあとで・・・ちょっと前のカンブリア宮殿で紹介された「コメリ」でお茶をしまして・・・

(この時には店内にお買い物品を持ち込んだのですけどね)

007 008

11時を廻っていたので、噂のモーニングには間に合わず・・・かき氷。みぞれ、500円也

を注文いたしました~。

この後、キャラメルコーンでおなじみの東ハトさんの工場にも行きまして、キャラメルコー

ン他を購入してきました  レジで賞味期限が迫っているというお菓子を試供品として

数袋いただいて・・・なんとも大量な戦利品を抱えて帰って来たのでありました。

このほか、東京ドーナツ、エーキドーパンなどでも工場アウトレットをやっているそうです。

日持ちがしない物が多いので、冷蔵庫や冷凍庫をうまく使って、せっかく安く分けて貰っ

た物を無駄にしないで美味しくいただかなきゃですね。

三芳町工場ツアー・・・  めっちゃ面白いですよ。

※開催日や時間がありますので、ちゃんとお調べになって行ってください。


※上記アウトレットのお得や値の一例~(この日私が買ったもの)

・キムラヤさん・・・惣菜パン (ツナとウィンナー×各2、計4個  200円、カレーパン4個

            200円) だったと思います。

・ヨネザワさん・・・ダブルエクレア 4本 400円、ベビーシュー200円、キャラメルシュー

           5個 300円 だったと思います。

・十勝大福本舗さん・・・すあま・2個入り 10円、くるみ大福、栗あんころのセット 30円

               どでか大福3個 150円 その他お買い得多数・・・。

・東ハト・・・キャラメルコーン 50円他、スナック菓子が大半50~60円でした 

 

  きっと行く日によって、お買い得品は違うのでしょうね。それが楽しかったりもする

 

  みたいです。キムラヤさんはカレーパンの焼き上がり時間を知っていて、カレーパン

 

  待ちの方々もいましたよ 








| | コメント (0)

水不足・・・

水不足が深刻なのだそうです。

夏場の雨が極端に少なかったとの由。

なんだか「スコール」みたいな雨が最近、さいたまでは多いですが、あのドバッと雨が

水源地付近で降っていないのでしょう。

貯水量が少なくなったから水力発電が出来なくなったダムなんかも出て来ているそう

です。

電気も節電、水も節水では・・・この夏は私は乗り切れませんでした  水風呂や

シャワーにはお世話になりましたからねぇ。

電力、水の供給が滞ってしまうと、都市部への人口集中が難しくなってきます。

首都圏地震の被害想定では、死亡者数が20~30万人とありましたが、あれは一次被害

であって、その後、電力や水、食料の供給が停滞すると、都市化が進んだ首都圏では

二次被害の想定は見積もれないのではないでしょうかね。

今日、幼稚園のママ友さんで、震災の際、8万円分もトイレットペーパーを買い溜めた方

が居たと言う事を聞きました。8万円分のトイレットペーパーってどれだけの量になるのか

想像できませんが、よほどトイレの不安を感じたのでしょうね。私は一人暮らしなので、

年千円前後のトイレットペーパーしか使いませんが、上岡龍太郎さんが昔、パペポで

子供のころご自身が潔癖症で、必ずトイレに落とし紙を5枚持って入ったと話してました

ね。鶴瓶さんが5枚も持って何しまんねん・・・と尋ねると、

  「①粗拭き、②下拭き、③本拭き、④艶出し、⑤総仕上げやがな」・・・ 

そんなトコに真剣になる師匠が好き~  と鶴瓶さんが大喜びしてました~。

8万円分のトイレットペーパーならば、艶出しと総仕上げをしても4~5年分くらいの量は

あるでしょう。 

家の片隅にあるトイレットペーパーを見て、幼稚園の子供はどんな子に育つのでしょう

ねぇ。それをママ友の集まりで話すママのネジが数本取れているのでしょう・・・。

首都圏地震が発生すると、こんな艶出し・本拭き家族が買占めをするからなぁ。

今、イジメが話題になっていますが、震災時、首都圏でも水はひと家族1本でお願いしま

すと書いてあったのに、子供やジジババまで総動員させて、コンビニの1リットル入りの水

を5本ゲットして、ジジババから子供まで嬉々として喜んでいた家族を思いだします。

その嬉々と出来る心理と、イジメの加害者の心理は同根です。

都市化と言うのは、互助の精神が無いと成立しないのだと思うんです。

電力や水などのライフラインが慢性的に供給不足になって来ると、人口抑制などの策

を打たねば都市機能はマヒする事態になりましょう。

東北は立派な心がけの方が多くて、世界からモラルが絶賛されましたが、首都圏では

ああは行かないだろうと思います。豊かな人は多いのですが、決して民度は高くない。

実際、環七から内の都心部分には東北の命を繋いだコンビニの車両も緊急車両では

ないから震災発生時には入って行けないそうです。。。

都心は孤立してしまう。

それを救うのが民度の高さであり、互助の精神だろうと思うのですが・・・。

電力、水、いろんな事で神さんが 「ええ加減にしなさい  」とおっしゃられている様

な気がします 

| | コメント (0)

鶴瓶の家族に乾杯・・・大分県別府市 ゲスト・小椋久美子さん 後篇

先週に引き続き、大分県別府市が旅の舞台です。

小椋さんは我が母校・立命館の親戚みたいな大学で学生さんとバトミントン  

最初は国技がバトミントンのインドネシアの生徒を探すところから始めていましたね。

大学であれだけ留学生がいる環境って素敵な事だなぁ~とちょっと感心しました。

そしてバトミントンサークルの学生との交流が良かった。あの学生たちは本当にいい

若者だったですね  

鶴瓶さんも面白い方々とお会いしていたのですが、温泉の町・別府の持つ雰囲気と

小椋さんの「天然」の雰囲気がぴったり合っていて、なんだか小椋さんのぶっつけ旅

ばかりが記憶に残っています。

お母さんの体調が優れず、おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に暮らしているちっちゃな

兄妹が小椋さんに人見知りせず、「遊ぼう・泊って行って・・・」と言ってたのは、ちょっと

泣けてきました。おじいちゃん、おばあちゃんの愛情には包まれていても、ちょっと寂し

かったのかな・・・。

文枝さんが子供のころ、母親と二人暮らしだったので、たまに遊びに来た友達を帰した

くなくて、懸命に引きとめていた・・・と言う噺が頭にポンと浮かんでしまいました。

あの兄妹が幸せに暮らせるように・・・、お母さんの体調が回復するように祈らずにはい

られませんでした 

鶴瓶さんが言うように、将来彼らがバトミントンのプレーヤーになって、一緒にバトミン

トンが出来るようになれば面白いですね  

先週と今週の別府の旅ですが、別府と言えば有名な観光地なのに、気候・風土がそう

させるのか、とても穏やかで人懐っこい町でしたね。

別府もいずれ旅してみようと思いました  

別府は温泉もいいけれど、地元の人とのふれあいがきっと楽しい町ですね 

| | コメント (0)

キハ58・・・?

 003

 

 峠の釜めし・・・横川PAで私が大好きなキハ58 を発見して~  

 

 ボディはカットされて半分になっていたのですが、このキハの車内で釜めしを食べて

おられる方々もありました。

キハ58に駅弁は良く似合う・・・。

でも碓氷峠を非力なキハ58は越えられたのかなぁ~。

私のキハ58体験は、福知山線と四日市に行ったときに乗った気がする・・・。

007_2

| | コメント (0)

軽井沢2

昨日も軽井沢に行っていました。

変な天気でゲリラ豪雨に何度か襲われました。

山もガスっていて、気温は19度だったです。

仕事をした後で、千ケ滝温泉に  

 

 001

 

 千ケ滝温泉手前の星野リゾートが経営するトンボの湯は大混雑で渋滞していまし

た  

 

 002

温泉は風情があってお湯もよく、混雑もなくて良かったですね~。

004 006




横川パーキングで撮った山。

軽井沢はデコボコした岩みたいな山が多いですね・・・。

007

晩御飯は「おぎのやさんの釜めし」で~す。

| | コメント (0)

夏の終わり・・・

昨日は川口まで  自転車で行ってきました。

事務的なお仕事だったのですが、いろいろ面白いお話しが聞けました  

車で行っても、自転車でいっても・・・たぶん所要時間は一緒くらいですね。40分程度で

到着します・・・。

ただ晩夏なのに、肌を刺す陽射しは強かったなぁ~。汗はしっかりかきました  

戻ってシャワーを浴びつつ、汗で湿った服をそのままにするのは嫌なので、即洗濯機

を廻したのですが・・・干したら、あの雨で  風神・雷神、ほんまに無茶するわ~。

干したばっかりだったから、どうせ濡れてるし、もういいわ~ と言う気分で雨を眺めて

おりました  

そこに修理の職人さんが故障個所の確認に来られて・・・ グルッとマンション廻りを傘

をさして歩いたのですが、足から何からびちゃびちゃになってしまいました・・・  

身体を冷やすのに、もう一度シャワーを浴びなさいって事だったのかな  

さっきシャワーを浴びたトコなのに、再シャワー・・・。なんだか2度目のシャワーはウキウ

キ陽気な気分になりました  

夏の水浴びは子供だけじゃなく、大人 (オヤジも・・・) も陽気になれるんですね~ 

私はいまどき珍しい「かなづち」なので、プールや海は好きじゃないですが、シャワーは

好きだなぁ~。

なんと言う事もない・・・幸せな一日を過ごしたのかな~  (地味な一日ですね) 

ああ・・・お子様がいらっしゃるお宅は当然なのでしょうが・・・ 2学期って9月からスタート

じゃなくなったんですね。子供たちの夏は強制終了しちゃってた・・・  

ご近所の中学校の横を先日通ったら、校庭に生徒が溢れているから避難訓練の登校日

なのかなと思ってたら・・・2学期が始まっていた・・・  

学校はエアコン完備だから、その方がエコかもしれませんが、なんだか区切りがねぇ。

今の子はいろんな意味で大変だなぁ~ と思ったのでありました。

オヤジ世代の我々がこんなだから・・・苦労かけます (>_<) と校庭に頭を下げたので

ありました・・・ 

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »