« 八重の桜(4)「妖霊星」 | トップページ | 原発の活断層問題・・・ »

鶴瓶の家族に乾杯・・・栃木県佐野市 ゲスト・唐沢寿明さん (前編)

本日 (2013・1・28) の家族に乾杯の旅の舞台は栃木県佐野市。

佐野ラーメンをはじめとした両毛麺ロードで有名な町。

お近くなのでちょいちょい寄せていただいています。

唐沢さんはNHKのドラマ『メイド・イン・ジャパン』で主役をやってますので、やや番宣 

ですね。タクミ電機のお話し、面白いドラマですのでぜひご覧ください。3回ものです。

唐沢さんが旅の目的としたのは『佐野ラーメンを楽しみたい』 

鶴瓶さんがこの番組は家族に会う番組や~。グルメ番組じゃない  とつっこみを入れ

ながら、合流した公園で聴き込みを開始。

『ゐをり』さん、『大金』さん、私も食べた事のある『とかの』さん・・・などいろんなお店の名前

が出てきましたが、『おやじの店 3号店』さんと言う、ちょっと大丈夫かな(失礼)と思う名前

のお店に行くことに。唐沢さんはネットで調べて・・・と言ってましたから、佐野の有名ラーメ

ン店に行きたかったのでしょうけれど、流れで『おやじの店 3号店』に行くことに。

途中、運転手さんが間違えて『おやじの店 2号店』こと『昌』さんに立ち寄り、2号店と

3号店は兄弟でそれぞれやっていることが分かり、まずは公園で薦められた3号店に

向かいました。急に訪れた事と、忙しい時間帯だったのか、店主の弟さんが写真はいい

けどカメラは他のお客さんの迷惑になるからNGとのことで、まさかの『写真』&ナレーシ

ョンと言う地方のテレビCMみたいな画面になりました  さすがぶっつけの旅 

こんなんも面白い~  と思っていましたら丼を持った鶴瓶さんが店外に椅子を持って

きてお店の外で食べてました。鶴瓶さん、きっと美味しいからテレビで紹介しようと思わ

れたんでしょうね。グッドジョブ  で、本当に美味しそうなラーメンでした。

お客さんのことを思ってテレビカメラNGにした店主の弟さんも立派です。

鶴瓶さんが完食した証拠の空のドンブリの写真が出たので、私も次に佐野に行った時

には食べてみようと思います。『おやじの店 3号店』って一度聴いたら忘れない名前で

すね。

さて、その次は、間違って入ってしまった2号店にも行っておこう・・・と言う事ですぐ近く

のお兄さんの店に戻って食べ比べ。

なんでも今は亡きお父さんが本店をやっていたのですが、そこから独立したのが兄の

2号店。店名は『昌』さんと言うお店です。そして3号店が弟さんのお店。でも鶴瓶さん、

唐沢さんが『味が違う』と言ってました。お兄さんのお店の方があっさりしている。なぜ

味が違うの?と尋ねたところ、最初にお母さんが亡くなって、そのお母さんについて

習った味が2号店昌さんの味で、その後もお父さんと一緒にやっていた弟さんの味が

お父さんの味になって行った・・・とのこと。

『味が違う』とあんまり鶴瓶さん、唐沢さんが言うので収録の後、お兄さんが弟さんの

お店に食べに行ったら、本当に全然味が違ったので驚いた・・・  と小野文恵アナ

が報告されておりました。

まぁ、今回はグルメ旅もいいんじゃない  と思ったら、二号店のお兄さんが奥にお

ばぁちゃんが寝たきりなんだけど居るので会ってほしいとお願いになられた事で、番組

がいつもの家族に乾杯モードに変わります。

酉年のトリさん。92歳。全然元気なおばぁちゃん。おやじの店が出来る前の屋台の頃

からお父さんと一緒にラーメン屋さんをやってた『元祖』。

両親が若くして亡くなっちゃっておばぁちゃんをお兄さんが介護しながらラーメン屋さん

をやってるのが『昌』さんなんですって。介護をしなきゃならないから自宅にお店をくっ

つけたのが2号店・・・。『優しい孫によくしてもらって・・・』とトリさんがお話ししていました

が、屋台の時代、夜は親が居なかったのでおばぁちゃんと兄弟がずっと一緒に居たそ

うです。(おばぁちゃんは麺を手もみしてたそう)

その恩返しで介護しているんですよ。鶴瓶さんが『イイ人生だね』とおばぁちゃんをハグ

するとおばぁちゃんも大喜びで・・・涙されておりました  

収録なので昌さんを後にしようとした時のおばぁちゃん、ちょっと寂しそうでした・・・。

『次はイモフライですね・・・』と唐沢さんがお話しした所で、小野アナが実は、後日、ご家

族勢ぞろいでお二人へのメッセージがありますと言ってスタッフさんが撮ってくれたVTR

がやってくれました・・・ 

兄弟とおばぁちゃんに、亡くなったご両親の写真と屋台の絵がある色紙・・・。

鶴瓶さん、唐沢さんが来てくれてご両親の味を完食してくれたこと、そして両親の味を

美味しいと言ってくれて少しは親孝行出来たかな。若くして亡くなって悔しい思いもあっ

たろうから・・・とお兄さんがお話しし、写真の中のご両親も胸を張ったいい写真で・・・。

VTR中にワイプで抜かれた唐沢さんは泣いちゃダメと明後日の方向を見ながら涙を

我慢してました。VTRが終わったら、鶴瓶さんも唐沢さんも小野さんも涙してましたね。

さすが唐沢さんで、元々持ってる華なのか、それとも亡きご両親が『おやじの店』に行く

ように呼んでくれたのか・・・。

前編は単に佐野ラーメンを2軒ハシゴしただけなのですが、これぞ『家族に乾杯』 

と言える出来栄えの感動巨編になっていました。

新年早々の号泣の『家族に乾杯』・・・。

来週の後編も楽しみです。

予告では・・・それぞれひとり旅になるのですが、『いもフライ』を食べていました 

佐野と言えば・・・やはりB級グルメの町なんですね。

首都圏からも近いので、佐野に行ってみるのもいいですねぇ~ 

ちなみに食べログで調べてみると・・・佐野ラーメンランキングでお兄さんのお店『昌』さ

んは上位に位置し評点は 3.53  3号店は 3.36 の評点がついてました。

佐野ラーメンはあっさり系が多いのと高得点のお店が乱立しているので、自分のお店

を探す旅と言うのもいいですね。3.5以上のお店がゴロゴロあるので驚きました 

画像では弟さんのラーメンは良い仕事をしている様に見えたのでとても楽しみなお店

です  メンマとチャーシュー、キチンと仕事をしてましたよ。

前編は『家族に乾杯』ではなくて、『ラーメンを完杯』でしたね 

|

« 八重の桜(4)「妖霊星」 | トップページ | 原発の活断層問題・・・ »

鶴瓶の家族に乾杯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 八重の桜(4)「妖霊星」 | トップページ | 原発の活断層問題・・・ »