« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

ベッカライ ツェッペリンさん 再訪 ・・・

ベッカライ ツェッペリンさんのフランスパンが前回とても美味しかったので早々に再訪し

ました。

Photo_2

 ☝ 前回撮影 ☟ 今回撮影・・・

Photo_3

今回は10時前の到着で、ちょうどフランスパンが焼けたところ・・・。

釜から出たすぐを買ってきました。

なんとも美味しいフランスパンです。

まだ棚がいっぱい空いていると言う事は・・・これからまだまだ焼けてくるのでしょうけれ

ど・・・。

リンゴの蒸しパンと、もう1種類・・・メモしてくるのを忘れちゃった菓子パンを買ってきま

した  

食べログの埼玉県トップのパン屋さんなんですが、さすがにお客さん達は良く知ってま

すね~。いい仕事をされているパン屋さんです。

ここのフランスパンは美味いですよ~。

| | コメント (0)

蔵之瀬さんでお蕎麦を食べてきました・・・

さいたま・うどんの名店のご紹介なのに、お蕎麦を紹介させてください  

と言うのも、2月22日にうどんをいただきに蔵之瀬さんをご訪問したのですが、その時に

出会った女子会のお母さんたちから、『ここはお蕎麦も美味しいから、次はお蕎麦を食べ

てみてよ~』とお話しされまして、昨日、2月27日に再訪した次第です 

地元のお母さん達の言う事は聞かなきゃダメです 

蔵之瀬さんのお蕎麦・・・めちゃめちゃ美味しかったです 

Cf

今回は『もりの並みとかき揚げ』を注文しました。

お蕎麦ですが麺は細めでコシが強い・・・なんともいい蕎麦なんですよ~ 

大盛りでいただいても良かったですね~。もう一枚追加しても良かったのですが・・・

美味しさに感動しちゃってただただ笑顔になってしまって、このままもう一枚食べて

満腹なるのでなく、美味しい蕎麦をちょっといただき至福のままで帰った方が『粋』か

なぁ~と思ってしまって・・・  

なんでもお腹いっぱい食べればいい・・・なんてもんじゃないですよねぇ。

美味しいモノをちょっとだけ食べる・・・  これもまたよし。

その方が至福の余韻を楽しめますよね~  

次からうどんを食べるのか、それともお蕎麦を食べるのか・・・。本当に迷ってしまいま

すよ。うどんもめちゃめちゃ美味しいのに・・・、蕎麦もこれだけ美味しかったらどうしたら

いいんでしょう?

相盛り?してもらうのか、お蕎麦を食べてうどんの『替え玉』をお願いするのかナ?

糧うどんのお店だから『腹いっぱい』食べるのが一番なんだろうけれど・・・ 

なんとも上品なお蕎麦なんだもん・・・。

満腹になるのがもったいないお蕎麦  

Photo

それだけ美味しいお蕎麦です~。

きっといいそば粉で打っておられるのだと思います。

蔵之瀬さんに来たら、まずはうどんを食べて、次回はお蕎麦を食べるべし。

それぞれ感動出来るんだけど、3度目以降はどうしたらいいんだろう~ 

あぁ、でもまた行っちゃうナ。きっと・・・ 

| | コメント (0)

緊急!池上彰と考える“巨大地震”…その時命を守るために

4時間の池上さんの『地震特番』。

どこの局でもタレントを雛段に座らせるスタイルで進行することにいろいろご批判もあるみ

たいですが、面白く視聴出来たと思います。

活断層は長く太い線でズレると言うのは写真で見させてもらいました。あれがベキベキ・・・

とずれていく中で、グラグラグラと揺れると言うのが先日の私の疑問の正解なんですね。

きっと。

『なぜ地震はグラグラ揺れるのか、S波、P波と言う波になるのか?』と言う私の疑問は世

間一般の方は疑問に思わないのか、回答はなかったですが『活断層』の説明を聞いてい

てそう思いました。

活断層は日本周辺に2000個もあること、最近震源になることが多い茨城県周辺は活断層

がないので、あれ?と思ったら、関東ローム層と都市化で関東はほとんど活断層の調査が

されていないことなどが分かりました。

関東ローム層は10m位の堆積があるのでとても調べにくいと言うのはガッテンです 

そう思ってたら大阪の上町断層のお話しが紹介されまして、おっ、我が実家が微妙に

かかっているナ、と思ってテレビを見ていたら、続いてさいたま市から新宿にかけての

50kmほどの新宿断層について説明がありました。私が住んでいるのはさいたま市です。

これまた「おっ」と思いました。そしたら活断層をうまくかわした例の紹介で、なんと四日市

断層の発見で校舎を建て替えた小学校のケースが紹介されまして・・・。私の母方の故郷

です。『え~。知らない間に我が家族は活断層ファミリーになってたんだなぁ~』とちょっと

ビビってしまいました  ロトシックスなら大当たりです・・・ 

新宿断層で予想される地震はマグニチュード7クラスだそうです。

大阪上町断層はマグニチュード7.6、4万2千人の方が犠牲になる見込みだそう。

首都圏直下型地震で危険だと思われている活断層は18個もあるそうで、その中で一番

被害想定が大きなモノが東京湾北部で最大震度は7を想定。埋め立て地の軟弱地盤も

影響しているみたいです。

南海トラフはマグニチュード8を想定。3連動だとマグニチュード9になることもあるそうで

す。震度7の危険は10県151市町村。20mの津波がやってくる想定で、238万戸・死者32

万人が最悪の想定なんだとか。

でも地震が発生してから10分間で避難出来れば、80%の人的被害が減らせるそうです。

と言う事は、諦めないでいざと言う時にすぐに避難できる準備・心構えが大切だと言う

こと・・・。

3連動地震と関連する自然災害が富士山の噴火です。週刊誌によく取り上げられる

話しですが、地震は予知ができないけれど、富士山の噴火は予知ができるので池上さ

んは『いきなりドンとはなりません』と断言されておりました。今はGPS等で山の膨張な

どが監視されておりマグマの動きは把握が可能なんですって。

それでも過去に3連動地震から50日弱で富士山が噴火したケースもあり、備えは必要

だ・・・と言う事でした。火砕流とキラウェア火山のような真っ赤な溶岩が流れ出る・・・と

言うタイプの真ん中位の状態の溶岩の流出になるだろうと言うことまで想定されている

そうです。

日本地震学会の会長さん・加藤照之さんと言う方が池上さんからインタビューを受けて

いました。『ズバリ、地震の予知は出来るのか?』

『出来ない』と答えてましたネ。

イタリアの地震予知がハズレたことで禁固刑になったケースの話しもされておりまして、

『学者は科学的興味で研究しているのであって、人の命を守る為に研究しているので

はない・・・』と大胆なお話しをしていました。

池上さんから『税金を使ってこれまで研究を続けて来て、道義的責任は感じないのか?』

と突っ込まれていましたけど・・・。

地震予知は困難で、予知ではなく減災と言う概念で取り組みたい・・・と言う事でした。

予知が不可能と言う事なれば、『防災』ではなく『減災』なんですって。

ならばハザードマップなども見直さないと、東日本大震災の二の舞がありそうに思います。

ココが危ないと言えないのだから、逆にハザードマップで危険だと言われていないエリア

は地震の備えが疎かになってしまうし、原発などの危険施設の『自然災害の想定』と言う

のも見直さなきゃいけないんじゃないのかな・・・。

続いて『土地・地盤』についてのお話しに。

軟弱地盤と固い地盤の差は何かと言うと地盤の水分量だと言う事でした。

水分が多く含まれる地盤と言うのは、元々『水』に関わる土地だったところで、昔は海だ

ったところ、川だったところ・・・古地図などを参考にするとよく分かると言う紹介があり

ました。これはよく言われる事ですが、地名で言うと、『川・谷・船・浦・鶴・亀・田・原・春』

などのつく地名が水関連であることが多いと言うことです。固い地盤の地名で言うと

『島・山・高・森・岩 etc 』と紹介されておりました。

盛り土と切り土で言うと、盛り土の方が危険であるとか、軟弱地盤を改良する方法とし

てハイブリッド工法が紹介されておりました。ちなみにお値段の相場としては20坪で

300万円程度・・・と言うことでしたね。

建物編では戸建てとマンションのそれぞれで、『耐震・減震・免震』の3パータンの説明

や家具の固定の仕方など・・・が紹介されておりました。

全体を通してはちまたに溢れている地震の知識や減災の知識のおさらいと、こんな

誤解をしていませんか?と言うことを実験などを通じて番組を見ていたら分かってもら

える工夫が随所にあったように思います。

巨大地震がテーマなんだからきっと『安全』なんてお話しではなくて、『減災』と言う発想

でいろんな紹介をされたのでしょう。

巨大地震と言うテーマで、TBSは4時間もの番組をよく作ったと思います。

競合が強い時間帯で視聴率はどうだったんだろう。

実験的な意味合いもあると思うのですが、いい番組だったと私は思いました。

| | コメント (0)

高野山真言宗、6.8億損失か お布施など運用に失敗 (朝日新聞) ・・・

空海(弘法大師)が開創して約1200年の伝統を持つ宗教法人の高野山真言宗(総本山・

金剛峯寺〈こんごうぶじ〉、和歌山県高野町)が、資金運用に失敗して少なくとも6億8千万

円の損失を出していたことが、関係者の話でわかった。約3700の末寺から集めた檀(だ

ん)信徒からのお布施も含まれている。(抜粋・朝日新聞デジタルより)

私の実家も高野山の宿坊のひとつの檀家ですので、全く無縁ではないのかなぁ 

ネットでは宗教法人が投資なんかして・・・とクソミソですが、6.8億円と言う額が大きいから

びっくりはするけれど、ちゃんとポートフォリオを組んで投資をしているのでしょうからそん

なに大騒ぎする問題でも無いんじゃないと私は思いますけど、どうなんでしょうか。

弘法大師さんだって投資に負けることがあるんですよ  連戦連勝なら問題だけど

ちゃんと負けて、それを報告しているんだから叱らないでいいと思います。

だって勝つ時だっていっぱいあって、益が出ている時はノープロブレム。勝つ時は檀家さ

んの利益で、負けたらお坊さんが悪いと言うのは気の毒な。

もうすぐ高野山が開かれて1200年のお祭りをやんなきゃダメだから頑張りすぎたのか

な。お寺や仏具・法具のお手入れやらなんやらで大変なお金がかかっちゃう訳で、お布

の中からちゃんと考えて運用した結果なんだから、ここぞとばかりに宗教批判をすべ

き問題ではないと思いますよ。

多額のお金を持っているところは大なり小なり運用しているでしょ。あくまで自己責任って

ことで。そして損が出た場合にもちゃんと公表してるんだからわざわざ新聞記事にする

べきことなのかな。記者としたら宗教批判を期待して記事を書いたんだろうけれど・・・。

全体のポートフォリオの中でこの額がどれだけの割合だったのか、この運用が間違って

いたのかどうか、勝手に財務の担当者がリスク商品で運用していた・・・なんて言うのな

ら問題はあると思うのですが、その辺のことは記事では全く触れてません。

投資に失敗して損を出した法人なんていっぱいあるだろうし、国だって年金資金など

投資に廻して莫大な損を負っているじゃないですか。

それは容認するのに宗教法人は『ダメ』だと批判するのはどうかと私は思います。


| | コメント (0)

ガイアの夜明け【復興への道 第14章 ふるさとを失って…】

福島第一原発から8km、浪江町の中心街でサンプラザと言うショッピングセンターを経営

していたマツバヤさんのその後を追うシリーズです。

浪江町が避難区域になってしまったので、お店もやれません。200人居た従業員の雇用

をどう守り、再び出店していくのか・・・。

当初は①ネット販売と②仮設住宅への訪問販売を軸に考えていたのですが、2012年3月

に田村市のふねびきパークと言うショッピングセンター2階を賃貸して、店舗を作ろう・・・

と店舗作りを始めたところで前回の放送は終わっていたように思います。

さて、その後は・・・。

この新店舗で200人のうち27人が職場復帰を果たした一方で、若い従業員は転職しやす

いこともあり、30人が退職をしてしまったそうです。ただまだ100人以上が復帰を待つ身。

店舗が売上、利益を産まなければみんなの雇用が叶わない。

オープン時には1000人の来場があり活況を呈しましたが、なんせ浪江の元住民は周辺

の市町村に散り散りになってしまった。仮設住宅から浪江の人気店・サンプラザには

なかなか遠くて行けないんですね。そこでバスをチャーターして各仮設と店舗を結ぶ

活動を始めたそう。20箇所の仮設住宅を週・1~2回バスが走るそうです。朝10時に

バスが店舗に到着して、2時間でお買い物をしてもらって元の仮設住宅に送る行程。

バスに乗るおばあちゃん達はお洒落をして、嬉々としてました。仮設住宅であまり外出

しないんでしょうねぇ。

このお買い物バスの運航ですが、1回のバスツアーでゆうに1日の売上を越えるのだ

そう・・・。

そうなんです。『浪江町でナンバーワン』のサンプラザさんですが、田村市にはなかな

か定着出来ていないんですね。

浪江町にまた住人が戻ることができれば・・・イイのでしょうが、まだそんな環境ではな

いみたい。町の住民説明会のシーンが流れましたけれど、やはり住民さんには不安が

あります。

今後30年と言う長いスパンでの帰還となるのだとか・・・。

浪江と言う商圏で地域ナンバーワンだったサンプラザさんのご苦労はまだまだ続きそう

ですが、番組のラストで二本松市内に2号店?をオープンさせたところが放送されました。

まだ復帰したい従業員さんは居るのですが、二本松市内に住む地元の方を多く採用して

の船出となった・・・とのこと。

『浪江』ブランドは大切にしつつも、浪江には戻れない以上、福島の他の市町村に進出

するしかなく、地元の方を採用することで、新しい街にしっかりと根を張る為の戦略だ、

と言う事でした。

衣料品が主力の店づくりだとお見かけしましたので、どうしても『浪江町でナンバーワン』

と言われても大きな市のライバル企業とファッション性で対峙するのは容易ではないん

でしょう・・・。

元浪江の住人さん達も『30年で帰還』となると、浪江色がだんだんと薄まって行く傾向は

今後出てくるとも思います。もっともそれは浪江町がだんだん弱くなっていくことを意味し

ているのであり、マツバヤさんのこうした努力こそが実はとっても大事なんだとも思う。

浪江町の周辺の都市への出店で、しっかりと地域に根を張ったマツバヤさんのサンプラ

ザが浪江町の住人さんと一緒に凱旋出来れば一番素敵なのですが。

なかなか小売業は苦戦していますからね。

愛社精神に富んだスタッフがたくさんいることがマツバヤさんの強みだから、徐々に根が

張れればと埼玉の地から祈っています。

ガンバレ  浪江町  ガンバレ マツバヤ・サンプラザ 

追伸~

補正予算が通ったそうですが、変に道路だなんだにカネをばら撒くのであれば、仮設住

宅ではなく、復興住宅を元の市町村別に作っていき、地域の絆を強めながら経済活動

の軸となるマツバヤさんみたいな企業を支援して行けばいいのになぁ。

TPPに関してだってJAがゴネて、兼業農家さんに対して支援と言う名のばら撒きを計画

しているようですが、企業に関しては大企業にばかり助成や補助、減税などの恩恵が

用意されて中小・零細企業にはほとんど支援の手が差し伸べられないのに、こと農業に

なると食料自給の要の大規模専業農家にはあまり手が差し伸べられなくて、兼業・零細

農家の保護策ばかり出てきますね。なんだかおかしな国なんだなぁ。

| | コメント (0)

地震警報・・・2013・2・25 16時24分

2月25日16時24分、突然ビービーと携帯から地震警報が鳴りました。

久々の地震警報で、ドキッとしました。

栃木県で強い揺れ・・・。

お近くですからこれは揺れるかな・・・と思ったのですがあまりさいたま市では揺れません

でした。

日光で震度5強。マグニチュードは6.2。結構な地震です。

被害が少なかったのは不幸中の幸いでした。

東日本大震災の影響の地震だろうと言う事で、なんと16時~20時の間で20回超の余震

があったそうです。

地震は波だと中学校で教わり、S波、P波があるとの事でしたけれど、震源地の地殻は

断層みたいにベキッと地盤がズレるんだろうと思うのですが、なんでグラグラグラと数十

秒も揺れが続くんでしょう?ベキベキベキと地面が割れて行くのかな?

マグニチュードは地震のパワーらしいですが、今回は日光だけが強い震度でしたが、

蛍光灯みたいに全体的に周辺に影響があるケースと、LEDみたいに一部分をしっかり

照らすみたいなケースがあるのか?

福島沖・茨城沖を震源とする地震はさいたま市内もよく揺れますが、栃木が震源の地震

はあまり揺れない・・・これは地盤の密度とか固さが影響しているのでしょうか?

う~ん、地震は難しいナ。

でも、栃木の地震で埼玉に警報が出たと言う発想はきっとお近くだからもっと揺れると

気象庁は考えた訳ですよね。

箱根が・・・、富士山が・・・、いやいや東南海が・・・、十勝沖が・・・etc いろんな地域が

『危険』だと言われていますけれど、栃木が危ないなんて初めて聞きました。

データ的に何か変化があったのか、それともイキナリだったのか・・・。

観測網を東日本大震災以降、強化したと思っていますけれど、異常値の有無について

は全然聞こえてきませんよね。あまり不安を煽ってはいけないとも思いますが、イキナリ

ドン  と言うのも良い気持ではありません。

ハズレてもいいから、伝えることこそ大切だと思うんですけどねぇ。

偶然なのかどうなのか、27日に4時間も池上さんが地震の特番をやるらしい。

異常値を掴んだから4時間も地震で特番を作るのか、たまたまなのか知りませんが、

分かっているようで、分からない地震・・・。

しっかり番組をみて、地震について正しい知識を身につけなきゃ・・・。

| | コメント (0)

鶴瓶の家族に乾杯・・・ゲスト 戸田恵梨香さん 福岡県宗像市 (後編)

今回の旅の舞台は福岡県宗像市。ゲストは戸田恵梨香さん。後編です。

宗像大社で別れて一人旅になったのですが、鶴瓶さんは地島 (じのしま) に渡ります。

放送で島の人に集合をかけるという『荒技』をしてもらって島の人々とお話しできました。

気持ちは分かるのですが、みなさん写真を撮るのに夢中になってなかなか楽しいお話し

が出来なかったのがちょっと残念  そんな中で隣の集落から来ていた飯盛 (イサカリ)

さんが面白いお話しを展開してくれたので、鶴瓶さんは飯盛さんの住む泊と言う集落まで

船で移動。先にバイクで帰った飯盛さんが集落の人を集めておくと言うことだったのです

が、小学校の子供たちや親ごさん、保健の先生などまで集まってくれて・・・。

鶴瓶さんが小学校の校歌を歌ってよ・・・と言うリクエストにも応えてくれるし、島のイイ所を

紹介してよと言うリクエストにも応えてくれました。

『留学生』が5人居ると言う事だったので外国の方かな?と思ったら福岡の市内や近隣の

市町村から親元を離れて『留学』しているお子さんがいるんですね。

きっとこんな環境で育ったらイイ子に育つと思いました。

一方の戸田さんは、まずは鐘崎漁港に向かいました。

ここで権田さんの奥さんと出会います。

権田さんはご主人が漁で獲ってきた魚を加工して販売をされているんです 

奥さんが開発をしたと言う『イカミリン』を戸田さんに振る舞われていましたが、イカの身

が厚くてなんとも美味しそうでした。フライパンでチャチャッと焼いただけで食べれるモノ

らしいですが、戸田さん絶賛  画面から匂いが漂ってきそうでした  これは美味

しいわぁ~と言う商品。これから流行るといいですねぇ。

戸田さんが漁に出る息子さんと一緒に港まで歩いてインタビューしたシーンも良かった

です。鶴瓶さんが中学生のデートみたい  と笑ってましたが、きっと息子さんはこん

なキレイな人と一緒に港まで歩いて緊張していたんでしょうね~ 

港まで息子さんを送って行ってまた帰ってきた戸田さんですが、権田さんの奥さんにイン

タビュー。この奥さん、実に素敵な方でした。

ご主人だけなら老後は悠々と過ごしたかったのですが、息子さんが継いでくれたのだか

ら、魚が獲れなくなり、燃料も高騰する中で、せっかく獲ってきたいい魚に付加価値を

つけて売りたいと努力されているのだそうです 

イカミリンがぜひヒットして、他のモノも開発したり、鐘崎の漁師さんの奥さんが集まって

鐘崎の特産品が出来たら素晴らしいなぁと思いました。

鐘崎から戸田さんも大島と言う島に渡ったのですが、大島小中学校を訪問しました。

中学生全員がバレー部で、なんと女子バレーが県大会に出場するので、ぜひバレー

部の練習風景を見てほしいと先生からお話しされ、体育館に向かいます。

バレー部の練習はちょっとだけで、男の子も集まって、中学校でやったミュージカルの

一部を再現してくれました。

中学生の男の子なんてなかなか恥ずかしがってやってくれないモノですが、大島の

子供たちはなんとも素直なんですね~。

戸田さんは顧問の先生が生徒たちから尊敬されているからだと感じたと言ってました

が、本当にいい中学校だなぁと・・・。

中学生のみなさんに将来の夢は?と尋ねてもみんなハキハキと自分の夢を答えられる

んだから 

またテロップで『女子バレー部は県大会で3位になりました』と流れた時には拍手してし

まいました  

これだけの生徒しか居ない女子バレー部が県大会で3位になるなんて凄いことでしょ。

今回の福岡県宗像市の旅は、前編は醬油屋さんが後編は権田さんと大島小中学校

にやられました。

『家族に乾杯』らしい、いい出来栄えだったように思います。

来週は高橋尚子さんがゲストで石巻だそうです。

震災後に行った町の再訪かな。

来週も楽しみにしたいですね。

| | コメント (2)

プリン・・・

プッチンプリンが51億個を販売してギネスに載ったと言う記事を先日見かけて、グリコに

敬意を表してプッチンプリンを食べました  

ダイエットを兼ねてジョギングしている身としてはあまり良くない事なんでしょうけどね~。

さてさて・・・。

それ以来、グリコだけじゃなくて森永や明治などなどいろんなメーカーのプリンを食べる

ようになってしまいました  

100円~200円ぐらいのモノですが、同一メーカーでもいろんな商品を出しています。

ここしばらくで随分いろんなプリンを食べましたよ。

『リッチ』だとか『濃い』、『焼き・・・』などいろんな冠がついていますので、新種を発見する

たびにドキドキ  トキメイて買ってしまう。

ギネスも殺生なことしたなぁ~  と思う訳ですよ。

甘いモノ・・・あっ、イマドキはスイーツと言うんでしょうか。スイーツのドキドキのピーク

は実は購入する時から食べる瞬間まで・・・で、食べてしまうと案外納得・・・  と言う

ことがよくあります。

プリンに関して言いますと、どこがどうなんて話しではなくて、やっぱりプッチンプリンが

よく出来ているんですね。プッチンプリンを基準に考えてしまうと、それ以上の味になか

なか遭遇いたしません。プッチンプリン自身も相当、昔のモノからリニューアルされてい

るんでしょうね。

もちろん各商品で多少の好みの差はありますが、『群を抜く』プリンは無かった、と言う

ことです。ハイ。

スーパーのプリンやゼリーの棚にはいろんな商品が並んでますが、きっと他の方々も

私と同じ感想なんじゃないかなぁ。

と・・・言う事は、プッチンプリンはこれから記録をどんどん更新し続けると言う事ですネ。

あれだけ売れても別に高くする訳じゃなく、むしろどんどん切磋琢磨して美味しくしようと

努力している。

プリン界は奥が深いようで、実は浅かった・・・。

と言うよりもプッチンプリンの凄さを改めて実感したと言うべきか。

もうそろそろプリンは卒業しなきゃ・・・です。

なんてったってスーパーのプリンコーナーはゼリーがあったり、生クリーム系があったり

と魅惑のコーナーですからねぇ。

間違っても近隣商品にも興味を示さない様にしないと、走らなきゃなんない距離がドン

ドン増えます~ 

もうスイーツ用のお皿は食器棚の奥に片づけてしまわないと、私の膝の皿が割れそう

なんです~ 

| | コメント (0)

青森・酸ケ湯で5.23メートル=積雪記録更新・・・

もう今は売ってないらしいですが、青森・函館周遊券を使って寝台特急『あけぼの』に乗っ

て青森に行った時に酸ケ湯温泉には立ち寄りました。

自分で運転してても車に酔ってしまいそうな所でしたけれど、あの酸ケ湯温泉で5m以上

も雪が積もっているなんて・・・。

積雪の記録を更新したのも凄いですが、記事の見出しに『今世紀最強クラスの寒波到来』

と書いていたのも驚きでした。

だってまだ今世紀になったトコなのに・・・ねぇ。

明日はさいたま市内でも最低気温がマイナス6度になるらしいですから寒いはずです。

今日は日中も寒いし、強風が凄かった  

27日の雨から先、気温が15度位になるそうなので冬将軍の最後の頑張りなんでしょうね。

『夏はより暑く、冬はより寒く』と言うのでは全然温暖化じゃないですよね。地球凶暴化だ。

もっとも都市でないエリアの計測ポイントは全然気温の変動は見られないらしいです。

温暖化は『嘘』だった、CO2の影響なんて微々たるモノと言う学者さんも多くいるようで

す。それなら中国の大気汚染の対策に・・・なんて思っていたら、既に中国に対して環境

名目で1兆円のオカネが日本から援助されていたとのこと。

なんだかなぁ~。

環境やエコと言うのもなんだか怪しいですねぇ。

一度、整理をして無駄なカネの使い道は今さらながらでも正して行かないと・・・。

アベノミクスは『劇薬』だと言われています。日本経済が快方に向かって欲しいですし

もうゲタを預けるより手はないのだから足を引っ張るのでなく、応援しなきゃですが、

アベノミクスが今世紀最強クラスの経済の寒波にならないようにしてもらいたいモノで

す。

| | コメント (0)

八重の桜(8)「ままならぬ思い」

八重の桜は面白いです。

映像も申し分ない。モンキチョウが飛んでるシーンはCGだなぁ~などと思いながら第8回も

見終わりました。

新撰組が会津藩おかかえになるくだり、また西田敏行さん演じる西郷頼母さんが家臣とし

て、自らの地位をかけてでも会津藩の為に松平容保さんに京都の守護の任を降りるように

進言するシーン、そしてその後、殿の逆鱗に触れてなお神社 (本陣) の階段で覚馬さんと

出くわし、殿をしっかり守って欲しいと託すシーンは泣けました。

天皇から頼られ、幕府からも頼りにされて・・・なんとも気の毒な立場に立たされていく。

新撰組もやむえず・・・と言うのは時代が会津を翻弄したのでしょう。

容保さんが頼母さんに蟄居を命じたのは苦しかった・・・と本編でなく、会津の地紹介の

VTRでアナウンサーさんが読んでました。

次に会津に行った際には、西郷頼母さんのお屋敷やお墓が鶴ケ城のそばにあるそうな

ので、一度会って来たいと思います。

ラストシーンで家老の職を解かれた頼母さんが大きな桜の木の下で、八重さんに『これ

から桜守をしようかな』と話したのも何かの布石なんでしょうか。

えっ、ここで終わるの・・・、と言うラストでした。

頼母さんが容保さんに言った『会津を潰す気ですか』と言う発言。

100年経ってもなお、福島は苦しんでいるんですねぇ~。

| | コメント (0)

蔵之瀬さん・・・余波

川越のうどん屋さん『蔵之瀬』さんのお味は感動でした 

お昼のピークからはかなり時間が経った時間にご訪問しましたので、ご主人と女将さんご

夫婦とお話しできたのも嬉しかったです  蔵之瀬さんご主人ご夫妻です。

Photo

ご主人はお仕事を退職後、子供のころ親から教わったうどんのお店をやろうと3年前に

一念発起してオープン  

美味しいうどんを作るべく、研究・努力を重ねられてます。

手間も素材も妥協を許さない姿勢はとても好感が持てました。

埼玉県内のうどん好きは絶対に行くべきお店です 

大阪人の私は、地粉のうどんを『武蔵野うどん』の部として、讃岐や関西のうどんとは

別分野のうどんに分類しています。同じうどんなのですが全然別物ですからね。

ちなみに私はどちらも大好きです  去年、初めて食べた吉田うどんも美味しかった

ですが武蔵野うどん系かな。

ご主人が、『埼玉のうどん好きはぐるぐるとうどんの美味しいお店探しをしているのでしょ

う・・・蔵之瀬さんにもうどん好きがたくさん来られる』と話していました。 話しの流れで

ご主人から私が好きなうどん・お蕎麦のお店はどこですか?と尋ねられましたので、

武蔵野うどんなら東村山の『とき』さん (残念ながら閉店) 、讃岐うどんは所沢の黒松さ

ん (こちらも閉店) 、お蕎麦ならこれまた所沢の「のなか」さんとお答えしました。研究

熱心な方だから偵察に行って、味を盗んで来られるのかも知れませんね 

そのほか、うどんの名店なら・・・

さいたま市なら、ぶっかけうどん小野さん、袋屋さん、沢一さん、山泉さん。羽生のとち

ぎやさんのうどんも美味しかったナ。

お蕎麦は所沢の『のなか』さんが強烈な美味しさで、そこが基準になっちゃっているの

でご紹介出来るところが少ないのですが、強いてあげると富士見市の『ながせや』さん

かな。

埼玉県はうどん文化圏なので、なかなか美味いお蕎麦屋さんがありません。

ラーメンが美味しいところにはうどん・蕎麦の名店が少ないですね~。逆なのかな?

うどん・蕎麦が美味しくない地域はラーメンが繁盛するのか・・・  

武蔵野うどんの部で衝撃を受けて王座に君臨していた『とき』さんですがご主人が亡く

なられたそう。ご冥福をお祈りします。

美味しい名店の『技』はご主人一代限りと言う所が多いので、ぜひ美味しいうどんやお

蕎麦を永く食べさせていただきたいものです。

蔵之瀬さんのご夫婦にも、『こんなに美味しいんだから永く食べさせて下さいね』とお願

いしてきました。

久々に美味しいうどんに出会ったので、今日もなんだか余波でうきうきしてしまいます。

蔵之瀬さん・・・また行きたいなぁ~ 

Photo_2

※ 肉汁うどん大盛り&かき揚げ ☟

Photo_3

 うまい  うますぎる~  ( 埼玉県人の叫び・・・© 十万石饅頭 )

大阪人の私は『武蔵野うどん』の部と命名していましたが、ご主人の『糧 ( かて ) うどん』

と言う呼び名も素敵だなぁ~と思いました。野良仕事の後などに食べたうどん。おめでた

い日にうどんを振る舞う習慣があった多摩から埼玉県西部・・・。お嫁に出すのにうどん

の打ち方を教えて出したと地域の方からよくお聴きしました。

糧うどんだと全国的には分かりにくいから、やはり地名で武蔵野うどんとブログなどでは

書かなきゃご理解いただけないのだろうけれど、うどんの大事にされ方が『糧』と言う字に

表わされている気がします。

| | コメント (0)

おいしいうどん屋さん・・・蔵之瀬さん (川越市)

久々に埼玉県のうどんの名店めぐりです。

なかなか美味しいお店に遭遇しないので、勝手知ったる・・・行きつけのお店についつい

行きがちなのですが・・・本日は川越まで遠征して参りました。

住所は・・・川越市増形57-3 駐車場あり 定休日は月・火曜日だそうです。

Photo_3

座敷とイス席がありまして、私はメタボちゃんなのでイス席をお願いしました。

ちょうどイス席の方は地元のお母さん達がにぎやか・にこやかに談笑中だったのです

が、ご厚意で1つテーブルを空けていただきました 

お座敷の方はとてもいい雰囲気でテーブルの数も多かったです。普通の方はお座敷

でいただくと良いですね。

Photo_4

メニューです。私は肉汁うどん (大盛り) とかき揚げを注文いたしました。

注文を受けてからうどんは茹でてくれる良心的なお店です。しっかりしたおうどんなの

でしばらく待たせていただきました。店内はとてもいい雰囲気で、地元のお母さんも居

心地がいいのでしょう。女子会の黄色い声と広々として清潔感のある厨房、ご主人が

凛々しくうどんを茹でる姿に期待がどんどん高まります。かき揚げのいい香りも漂って

・・・もう我慢できない~と思ったときに、肉汁うどんとかき揚げが到着~ 

見て下さい・・・このうどん~ 

Photo_5

地粉の茶色いうどんです。小麦も指定ブランドのお取り寄せ・・・。

いい材料を厳選して使用しているんですよ。蔵之瀬さんのうどんは小麦薫るうどんです。

かき揚げも美味しかった  

うどんを食べている間中、笑顔が消えないで美味しい、美味しいと独り言 

あまりに美味しいので女将さんにお話しを聞かせてただきました。

オープンしてまだ3年と短いのと場所が分かりにくいのでまだお客さんが安定しないん

だそうです。これだけ美味しいうどんですから口コミで広まっちゃうと、ご主人の手打ち

が追いつかなくなっちゃいそう。慌てずゆっくり口コミで広がるのが一番ですよとお話し

しました。

それにしてもコシがある麺ですね~と尋ねましたら、小麦へのこだわりと (田中製粉さん

からのお取り寄せ) 小麦を寝かせては踏み、寝かせては踏み・・・5回も踏んでいるんで

すって。しかも寝かし中の生地を触らせていただいたのですが思ったよりも固めでした。

これを5回も踏むのって重労働ですねとお話ししたら、美味しいモノを作る為です  と

ご主人もやってきてお話しいただきました。

そしたらお隣の女子会さんから、ここはお蕎麦も美味しいのよ~  とアドバイス。

川越も武蔵野文化でご主人は子供の時分にうどんの打ち方は教わったので、美味い

うどんは作れるのですが、お客さんからのリクエストも多いので蕎麦も作ってみようと

創意工夫して納得のいくお蕎麦が出来たのだとか。

『お蕎麦は趣味ですから』と謙虚にお話しされるご主人のお人柄に惚れ、ぜひお蕎麦

も食べてみたい  と思いました。

また夏には埼玉の名物うどん『冷や汁うどん』もあるんですって。この地粉のうどんと

味噌仕立てで大葉や茗荷が入った冷や汁うどんを食べたら最高だろうなぁ~。

お店を出る際にあまりに美味しいうどんだったのでお礼を言いましたら、ご主人と女将

さんが出て来てくれまして写真を撮らせていただきました 

Photo_6

お元気で美味しいうどん・お蕎麦を作り続けていただきたいものです。

きっと、あっという間に繁盛店になっちゃうと思います。

こうしてブログを書いていると・・・あのうどんを思い出しちゃう  

美味しいですから、ご興味のある方はぜひ・・・。

| | コメント (0)

ベッカライ ツェッペリンさん・・・

食べログで埼玉県ナンバーワンのパン屋さんに行こう・・・と思い立って、入間のパン屋

さん、『ベッカライ ツェッペリン』さんに行ってきました。

Photo

西武池袋線・入間市駅徒歩4分とありますが、なかなか分かりにくい場所にあります 

外観はとてもキレイですが、もうこの写真を撮ったところからパンのイイ香りがしてまして

ね~  

お店に着いたのは午後2時前で、ちょうどお昼のピークが終わった時間帯なのか、焼い

てる途中のパンはあったのですが棚に置いてあるパンはもうあまりありませんでした。

ぐるり見回すとコロッケパンがとても美味しそうだったのですが、今回はタラモパンと

フランスパンにカスタードクリームの入ったパンを買ってきました  

Photo_2

家に帰っての撮影・・・です  

タラモパンのタラモは予想できる味でしたが、まぁ美味しかったですね。1つ220円です。

私は個人的にはフランスパン・カスタードクリームが美味しく感じました。こちらは180円

だったですね。

私がお店に入った時には偶然、誰もお客さんが居なかったのですが、それから2人、3人

とお客さんがやってきてそれほど大きくないお店なのにとても繁盛している様子でした。

普段、あまりパンは食べないのですが・・・ここのパンはまた近くに寄った時にはトライし

てみようと思わせてくれる味でした 

| | コメント (0)

カンブリア宮殿・・・ ミニット・アジア・パシフイック株式会社 (ミスターミニット) 社長 中西 勉さん

ミスターミニットさんは元々ベルギーのブリュッセルで1957年に創業された会社だそうで、

良く都内で見かける「ミスターミニット」さんはベルギーの本社からMBOで独立した会社

なんだそう。

カンブリア宮殿で紹介されるのに『ミニット・アジア・パシフィック株式会社』と紹介されて

しまうと世間の人はあぁよく見かけますね~と思うのかな。

私は足が幅広・甲高なものですから靴探しには一苦労。29.5cmの6E と言うのがベスト

なのですが実はなかなかありません。今、ジョギング用で履いている靴は31cmの4Eと

言うサイズを履いています。なかなか見つからないからしっかり履きつぶすまで履く派な

のですが、お直し派と履きつぶし派の割合は、62% 対 38% なんですって。圧倒的にお直

し派が多いんですね。くつ底のすり減りもちゃんと直ってました  もう、へぇ~と驚くばか

りでモノの数分、あのお店の前でスリッパを借りて待てば直るなんて・・・知りませんでし

た。靴探しが大変だからこそ、お直しをしてもらった方が良かったなんて・・・。

傾向では買った価格の20%内の修理ならば直したいと世間の方々は思うそうで、不具

合の箇所にもよりますが、5000円~6000円、まぁ1万円以上の靴なら修理されても満足

感があると思いますよと中西さんは話してました。

靴なんて大概1万円はするでしょう。なるほどそれで修理派が62%も居るんですね~。

3坪、5坪の狭小店が多いミスターミニットさん。渋谷の東横店では年間2億円の売上が

あると言う事でした。

全体では年間320万人の来店があり、年商は67億円。業界トップシェアだそうです。

もっとも業界他店?は分かりませんけど。

日本で40年間お商売をして来られているそうで、かつトップシェアに安住?したことも

あり、2007年から売上がダウンして4年連続で売上が減少。グラフで見ると75億円近く

あった売上が65億まで下がってしまった。

そこで小売業で仕事をしていた中西さんをヘッドハンティングして社長に就任してもら

い、小売業のノウハウと従来の業務をマッチングさせたところ、売上の減少は止まり、

また売上が上昇基調になったと言うご紹介がありました。

中西さんが率先してやったことは・・・、

①なんでも直す、セントラルリペアショップ浅草の拡充。

 売上低迷時には廃止されそうな店舗だったそうですが、なんでも直せることが大事。

 店舗で直せないモノを集めて専門のスタッフが修理しているそうです。

 なんでも直せることはスタッフにとってもお客さんにとってもイイことですからね。

②技術重視から接客も大切だと言う意識改革。

 接客のレベルアップを徹底しているそうで、あの狭小なお店だと、確かに応対してく

 れる人が気持ちいい応対をしてくれるかどうか・・・は大切だなぁ。

③従業員のモチベーションアップ作戦として、機会を均等に与え、かつ公平に報いる

 評価体系に改めたそうです。

ミスターミニットさんは新卒は採用しない方針だそうで、仕事ができる人にはどんどん

仕事が集まる店舗に廻される。歩合給もあるそうで、くつのリペア作業をされている人

の中には何人も1000万円超のお給料をもらっている人が居ますよと中西さんは笑って

ました。

店舗開発の会議の様子もテレビで放映されておりました。カウンターを持って通行量

調査をやる。それはヒール女性、女性、男性の数をチェックしていて、スニーカーなど

修理に向かない靴は除外しているとのことでした。ドレスコードの厳しい会社がそばに

あるなんて言うと◎だと言ってました。

また通行人の歩くスピードも大切だと言ってましたね。小売業の店舗開発としては当た

り前にやっている事項ですけど、これは中西さんが持ち込んだ文化で、細かくチェック

されていると店舗開発スタッフさん達が話してました。

立地はいいですが、3~5坪かつ移動も容易だから、出店リスクは比較的小さいのかな

と思うのですが・・・。まぁそれでもより良い条件の所に出店するに越した事はないです

からね。

番組後半では、単に靴底の修理などではなく、ロングブーツを短くしたり、色褪せた靴

を新品同様の色に蘇らせたり、と言った従来のリペアの一歩上を行くサービスをやっ

ていることや、佐川急便と組んでエキナカの店舗に靴を履いて行かなくても、佐川急便

さんが集荷をしてくれて、直った靴をまた持ってきてくれるサービスを開始したことなど

が紹介されておりました。なんと佐川さんの集荷・宅配機能がついても店頭と同価格だ

と紹介されておりました。これは便利だしお得感もありますね。

これで感心したのは、佐川さんの集荷センターにミスターミニッツがスペースを借りて

佐川さんの配送センターで直接修理しているところ。なるほど手間を省いてコストを

抑える努力もしているんですね。小スペースを活用するミスターミニッツさんの凄さだ

なぁと感心しました。

カンブリア宮殿ではこの佐川さんとのタイアップを『お客さんの靴箱にまで手を伸ばす

戦略』だと称賛されておりました。

恒例の村上龍さんの編集後記です。

極めてプライベートな話題で恐縮だが、子どものころ、町内に「長尾靴店」という靴屋さん

があった。店主と奥さんだけの小さな店で、新品の靴もあったが、おもな仕事は修理だ

った。庶民にとって革靴が非常に高価だった時代である。

店主は子ども好きで、登下校の際、靴の修理をしながら、必ず声をかけてくれた。心温ま

る思い出だ。

わたしは、ミスターミニットにも、似たような親近感を持った。修理してまた使うということ

は、ものを大事にするということであり、愛着という概念を通じて、道具と、そして生きとし生

けるものへの敬意を育む。

中西さんは、そのことを従業員に伝えることで「やらされ感」をなくし、モチベーションを飛躍

的に向上させた。

靴の修理は個人的にとても興味深かったですし、小スペースを活かすと言う意味でも

面白かった。

今度、一度底がすり減った靴を履いて行って直してもらってみようと思います。

| | コメント (0)

歴史秘話ヒストリア「空海からの贈りもの~天空の聖地・高野山~」

私は高野山に一度だけ行ったことがあります。

かれこれ20年前になりますかね。

番組の冒頭、外国の人たちが高野山を『神々しい別世界だ』と語っていましたが、私も

高野山に行ったときにそう思いました。

伊勢神宮には何度も参詣していますが、伊勢神宮にはない荒々しさが同居しており、苔

むす墓標と天にそびえる大木が知らず知らずに別世界へと参拝者をむ連れて行ってし

まうのでしょう。

パワースポットなんて言うと軽々しいですが、身体の隅々に高野山の空気を送り込みた

くて深呼吸をしばらくしていたのを思い出します。

秘話から歴史を紐解こうとするこの番組からはなかなか空海の思いは伝わらず、なんだか

よく分からなかったですが、空海さんが漢字を崩してより日本語にあうように努力していた

こと・・・空海が亡くなって数十年後にひらがなが出来たそうです・・・と、仏像の普及に力を

入れていたこと。なかでも不動明王は空海が初めて日本に伝えた仏像なんだと言うこと

は「へぇ~」と思いました。

怒っている仏像・・・怒りパワーに日本人は打たれたのか全国に親しまれている不動明王

が確かにあります。お不動さんと親しみを込めて呼ばれていますね。

高野山は本当にいいところです。

遠いのが難ですけれど、また行ってみたいと思っています。

数年後の高野山が開かれて1200年の時には大ブームになりそうな気がしますので、

少し早めに行くと、『私の高野山』が体験できると思っています 

私が高野山に行った時には、悩まれている方が一心にお祈りをしたりして、ちょっと恐怖

も感じました。

1200年経ってもまだまだ信仰の場、悩みと向き合っている場なんですよね。

| | コメント (0)

赤だし・・・

私の母方の故郷が三重県四日市でございまして、三重は近畿地方なんですが『東海』文

化圏の影響が色濃い地域で、田舎に帰ると朝の味噌汁が赤だしなんですね~。

子供のころから大阪の白みそより赤だしの方が美味しいと感じておりました。

大阪、そした関東に長く住んでおりますとなかなかに赤だしと遭遇することが少ないので

ついつい忘れがちになりますが、私が大好きな『うどん』で言いますと、猛烈に『味噌煮込

みうどん』が食べたい時がある。

名古屋の山本屋さんのしっかりとエッジのきいた麺で、全然煮崩れていないコシの強い

麺と玉子を絡めたあのドロリとした赤だし主体の汁をいただくと、生きてて良かった~ 

と感じ入ります。

お味噌は地方地方でいろんな種類がありますのできっとそれぞれに良さがあるんでしょう

ね~。

今のところ、私の中では『赤みそ』が第一位ですがさてこれからどうなりますことやら。

先日、スーパーで見かけてつい衝動買いしてしまった赤だしと茹でうどんで味噌煮込み

うどんを作ってみたのですが、どうしてもうどんの腰が負けてしまって味がボケてしまい

ます。次は乾麺を固めに茹でるか、腰のある生めんを買ってきて味噌煮込みうどんを

作ってみようと思っています。

赤だし、最高・・・  

と思っている私です。

| | コメント (0)

便座カバー・・・

カバー文化は私はキライです。

子供のころ、30cmものさしにも毛糸の手編みカバーをつけてる女の子が居ましたし、

テイッシュBOXカバーや、ドアのぶにもカバーをつける時代です。

カバーの是非よりもモノを大切にする気持ち・・・と言うのは重々理解できるのですが、私は

過保護はキライです  言うなればカバー不要論者です。

ところが・・・です。

もう春もすぐそこまでやって来ている時に、あまりの寒さに耐えかねて便座カバーを

衝動買いしてしまいました。現在は節電しなくてもイイのかも知れませんが、エネルギー

問題が解決するまではあまり調子に乗って電気は使うまいと我慢している次第。

冬の寒さで室内の観葉植物が枯れかけている程に寒いのですが、木に厚着をさせる訳

にも行きませんしね。

観葉植物が枯れるのも困りものなのですが、それ以上に困っていたのが My お尻の

ブリキ化でした。

寒い中でオイドを放り出しておりますと、お尻がブリキ化してしまう。そして暴走を始め

ます  お尻だけが制御不能になるんです。

よっぽと洗浄便座のウォーム機能をオン  しようかなと思ったのですが、まだエネル

ギー問題が解決しませんからね~。

ちょっと暖かくなりかけたのに、ここしばらくの冷え込みで心が萎えて、便座カバーを

買ったのですが、もうブリキ化させないように、柔らか生地で暖かいヤツにしたんです。

便座カバーはいいですね。効果効能がバッチリでブリキ化したお尻がとろけてしまう。

芭蕉じゃないけど、『便座カバー、ああ便座カバー、便座カバー』  と詠みたくなる

ほどに心がとろけてしまいました。

こんなことなら秋口から使っていればよかったですね~。

カバー不要論者の私も便座カバーだけは認めたいと思ったのでありました 

| | コメント (0)

区画整理組合・・・

本日はお客様からのご依頼で、区画整理についてご説明申し上げ、併せて区画整理組合

さんを一緒にご訪問して来ました。

区画整理は脚の長い事業ですから心配や不安もおありになったみたいです。

いろんなお話しを一緒にさせていただきました。

区画整理の概要は元より、細かなお話しもしっかりお話しいただき、双方のい橋渡しがで

きたのかなぁ~と思ったのですがいかがだったでしょう・・・ 

| | コメント (0)

鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・戸田恵梨香さん 福岡県宗像市 (前編)

今回の旅の舞台は福岡県宗像市。ゲストは夜ドラをやられている戸田恵梨香さん。

最近、家族に乾杯も番宣を兼ねたゲストが多くなって来たな。あまり良くない傾向だから

これは改めてもらいたいです。

さて、宗像市前編はなんと言っても嘉永3年創業のお醬油屋さん、醬油屋さんのお名前が

分からなかったのですが、○に中のマークがあり、軽トラのボディに『ナカマル醬油』と書か

れていたように思います 

嘉永と言えば、『八重の桜』のちょっと前の時代でしょ。黒船が来た頃じゃないでしょうか。

そこから脈々と続く老舗のお醬油屋さん・・・。大きな木の桶がいっぱいあっていかにも感

満載です。鶴瓶さん曰く、九州の人は美人が多いとの事ですが、それを裏付けするような

パートさん・・・。

最近、玉子かけご飯用の醬油と言うのは見かける事が多くなりましたが、パンにつけて

食べる醬油と言うのは斬新で良かったです。鶴瓶さんはパンが大好きですから、もちろ

んトライ  物凄く美味しかったみたいです  焼いてバターを塗ったモノにつけても

生のままつけても美味しいそう。

他にもこの息子さん、いろんな商品をひとりで製造・開発しているそうで、出入りしている

旅館の空き瓶などから味を盗んで開発してるんですって・・・。鶴瓶さんが大絶賛してま

した。

販売の為に作った音頭も良かった~  ちゃんと歌詞が紙に書いてあって鶴瓶さんが

それを持って息子さんが『パパンがパン・・・』と歌ってくれました。予想以上のハイクオリ

ティーにびっくりです~  それが証拠に紙をカメラが撮っているのに鶴瓶さんがノリ

ノリになっちゃったから鶴瓶さん手拍子モードになっちゃって・・・。見ている私がすっかり

酔ってしまいました・・・  

陽気で頑張っているお醬油屋さん、きっと美味しいお醬油だと思います。

ナカマル醬油さんをぜひご贔屓に~。

続いて、この醬油屋さんの息子さんがお薦めした『宗像大社』を目指します。

大社と言うからには大きな神社なんだろうと思ったら予想以上に大きな神社。

3姉妹の神さんが祀られているそうで、宗像大社さんは末の妹さんが、長女・次女さん

は島の神社に祀られているそうですよ。

立派な建物も凄かったですが、最近パワースポットとして参拝する人が増えている建物

が無かった頃から祀られている神さんが降り立った所・・・と言うのは、禰宜さんから

言われを聞いたからなのかとても神々しい感じがしました。

もうこれで前編は終了・・・また来週のお楽しみになってしまいました。

前編はなんと言ってもナカマル醬油さんだったなぁ~。

パパンがパン~  

耳について離れない・・・と鶴瓶さんが話してました~ 

| | コメント (2)

辛坊治郎氏 レギュラー番組休んでヨットで太平洋横断に挑戦

やるな~。辛坊さん。

56歳だそうですが、仕事を休んで太平洋をヨットで横断するって・・・。

年末にガンの手術をしたことも関係があるのでしょうか。

そこまで言って委員会はどうなるのだろう。

たかじんさんもお休み中なのに大丈夫なんだろうか?

たかじんさんが春に復帰してくれればイイのかな。

中年の星と言うよりも、やりたいことはやらなきゃ  と言う意識が高まったらいいなぁ。

3月までで一度仕事はお休みするらしいです。

フリーだから心配もあるのでしょうが、でもフリーだからこそ出来ることかな 

なんか輝いてるな~と思った辛坊さんのニュースでした 

| | コメント (0)

花粉症・・・

私の花粉症は鼻ではなく皮膚に出ます。

ここ数日は寒くなったのでマシですが、今春は花粉症が皮膚に出ています。

痒みを伴う皮膚の炎症が出てしまってとても大変 

花粉症は人それぞれにコップみたいな許容量があって、ある年にそれがフルになってしま

うとそれからずっと『春は花粉の季節・・・  』となるらしい。

と言う事は私もジジイになっちゃって、幸いジョッキ級の許容量はあったんだけど、いよい

よ文明人の仲間入りをしてしまったと言う事なんでしょう。

そう言えば小学生のころ、ぜんそく等の公害病検診と言うのがありました。

あの頃の空気はきっと汚れていたのでしょう。

子供のころあの空気と各国の核実験の結果、知らず知らず浴びていた放射能・・・、かなり

過酷な環境で育ったんでしょうね  

その結果、花粉なんて『身体に優しい』自然物には反応しない身体が作られて行った。

衛生状態の悪い国に日本人が行くとたちまち食当たり・水あたりしてしまいますが、

慣れと言うのは恐ろしいモノで現地人の方々は全然平気と言う事がよくあります。

ホルムシス効果と言うらしいですが、弱い毒性に晒されることで免疫力が高まるんです

って。

小児ぜんそく&アトピーの一歩手前と言う少年期も長い人生の中では屈強な身体に

なるための試練だったと言う事ですね 

仕事場で廻りのみんなは花粉症でマスクマンやゴーグルマンになってるいのに自分だ

け何もないと言うのも鈍感みたいでちょっと寂しく感じていたのですが、いざ皮膚に痒み

が出始めると・・・やっぱり花粉症は嫌なモノですね~。

中国からPM 2.5 が飛来してくるそうですが低濃度ならホルムシス効果上、相応の効能

があるのかな。あまりキレイな環境の中で暮らしていると敏感になりすぎる。

鈍感くらいがちょうどいいのかも知れません。

オロナインで皮膚の痒みを治せるくらいの花粉症なれば、それもまたよし  と『大阪』

に、そしてこれからは『中国』に感謝しなきゃなんでしょうね~。

| | コメント (0)

NHKスペシャル シリーズ日本新生「どうするエネルギー政策」

番組の討論を見ていてもなかなかエネルギー問題は難しい。

民放の討論と違ってみなさんとてもお行儀がいいので、却って問題の分水嶺となるべき

話しが分かりにくいなぁ~。

経営者としての坂根正弘さんが議論に加わっていたのは良かったと思います。

東工大の柏木さんがエネルギー (原発問題) は最終的には二者択一・・・つまりは稼働か

脱原発か・・・『政治決断』だとお話しされていましたが、政治屋さんは所詮素人。

ある程度学者さん達の中で幅はあってもイイから意見集約をしたうえで、その幅の範囲内

で政治屋さんが選択をすると言う大まかな枠組みを作らないととても危険だと感じました。

世界各国が『原発』の取り扱いに悩む中で、日本の英知の集約の仕方を考えるべき時だ

と私は思います。

さりとて5年・10年かけて考えるべきなのか・・・(つまりはその間、現状維持な訳で・・・)。

引き続きエネルギー問題は興味を持って情報収集し、後世によりよいモノを託していく

感覚が必要なのでしょう。

大気汚染に悩む隣国の姿は数十年前の日本の姿とよく似ています。何十年もかけて

大気汚染や川、海洋の汚染に取り組んで、日本は今の姿を作ったんですよね。

後世の者にキレイな空と空気、川や海を遺した・・・。

エネルギー問題もきっと取り組めると思います。

視聴者さんからの意見で多くあったように、ちょっとくらい『我慢』をしても仕方がない

かな。

福島第一の事故がまだ収拾しない中、もう二度と同様の事故は起こさないことを

大前提にどうあるべきか考えなきゃ・・・なのでしょう  

メタンハイドレードの調査などもしっかりやればいい。

| | コメント (0)

隕石落下・・・

ロシアに隕石が降って来た・・・と言うニュースを昨日のNHKの夕方の放送でやってました。

何百人もの人が怪我をしたそうです。

日中なので映像もいっぱいあって、凄いなぁ~の一語でした。

でも地震や火災などと違って、天文学者さんが解説者として座っていたのですが、ちょっ

とボ~っとした雰囲気の方で大きな隕石や小惑星はちゃんと観測されているから心配は

ないですと話しておられました。

ただ興奮しているのはアナウンサーさんの方で、『隕石への対策は・・・』と執拗に教授に

質問してましたね 

お茶の間の私が  『隕石への対策なんてあるかいナ』と突っ込んでおりました。

NHKさんもきっと明るくなったのでしょう  

人間らしくていいなぁ~と思ったのでありました。

だんだん詳しい事が分かってきました。NASAによると1万トンクラスの隕石が猛烈な

スピードで大気圏に突入し、バーン  と破裂したらしい。全長は17m程の石・・・と

言ってましたね。17mで1万トンってかなり密度がある石なのねと思ったりした訳です

が、それが散弾銃の弾のように降ってきたと思ったら石は燃えちゃったので大半は

爆風でやられたそうです。月の石じゃないけれど『隕石』の映像が全然ないのはその

為なんですね。爆風で被害だけ受けて、隕石が拾えないのはロシアの人も踏んだり

蹴ったりですね。

| | コメント (0)

金曜ロードSHOW! 「ALWAYS 三丁目の夕日’64」

私が産まれる4年前の設定なんですね~。

六ちゃんはお医者さんと新しい家庭を持ち、淳之介は小説家として巣立つ・・・。

六ちゃんはみんなに祝福されながら夕日に照らされ、淳之介は辛い別れだったけど

同じように夕日に照らされて・・・。

それぞれの未来に平等にキレイな夕日は照っている。。。

あんなにひよっ子だったのにみんな立派になって巣立って行きましたね~。

懐古の映画で未来を夢見てしまいました。

六ちゃんの結婚式を見て、結婚もいいなぁ~と思ってしまいました。

なんとも素敵な映画だったナ  

| | コメント (0)

震災ガレキ・・・

新潟県知事が柏崎、三条市が震災ガレキの受け入れと、灰の埋め立てを開始したことに

対し、『傷害』、また『殺人に近い行為』だと批判しているとの記事を読みました。

ウチの前の線路を毎日震災ガレキを積んだ貨物列車が走っています。

長い長いコンテナ貨物で、あの量を見ると復興の妨げにガレキはなっているんだろうなと

思います。

そもそも震災ガレキが身体に害があるのかどうか、と言う話しは科学的見地に立って学

者さんが論議すべきテーマであって、知事と市長が感情的な批判合戦をすべき話では

ありません。

日常の焼却灰でも何ベクレルかの値が検出されており、それに震災ガレキを焼却する事

でどれくらい値が上昇するのか?それが人体にどれだけの害を与えるのか?と言うこと

は政治や行政に携わる人が感情的に議論する値に非ず・・・と私は思います。

石原前知事が有無を言わさず震災ガレキを受け入れたのは、電力の恩恵を得ていた東京

のトップとして心情は重々理解します。(当然に科学的にも検討したのだろうと思いますが)

先日NHKスペシャルで『核のゴミ』を特集した番組を見ましたが、全世界で核のゴミの最終

廃棄場問題は困っているそうだ。何も日本だけじゃない。

イギリスではカンブリア州に最終廃棄場を決定しようとしたのですがつい最近地元が

否決し、とん挫したと紹介されておりました。

スイスでは地元にカネをちらつかせるのではなく、科学的見地から地震や地下水の影響

がないと思われる地点を選定し、その地域の人に科学的見地に乗っ取って説明して受け

入れを促そうと言う取り組みをしていました。

候補地の酪農家さんが福島第一の事故を見て、国として曖昧なままにはしておけないと

思った、もし科学的にスイスの国中の中でベストな土地だと判定されたのなら受け入れ

ると話しておられました。

公共の福祉と個人の利益がどのように調整されるのかと言うテーマです。

電力会社が儲かるからと言う理由で、原発をどんどん作ったと言うのは『公共の福祉』

から逸脱していると考えますが、本当に必要ならばどれだけ必要なのかは検討される

べきだし、安全性やコストの観点、私は与しませんがCO2など総合的な見地から、必要

悪として原発を認めることもあってもいいのかも知れません。

ただ野放図に拡大したまま安全性が担保されず、核のゴミの問題も解決されていない

現状を追認するのではなく、『最小限』に留めようとしなければなりません。

どこまで『許容』されるのか?と言う事です。

それが電力会社の利益より下に位置する訳はないのであって『公共の福祉の濫用』を

カネと圧力でゴリ押ししようとしてはならないと私は思っています。

震災ガレキの問題もこれと同根でしょう。

健康に害がないレベルまで『薄める』ことが必要ならば、それこそ全市町村で対応する

と選択することだって仕方がないのではないかと私は思います。それでも薄まらないの

であれば申し訳ないが福島に留める選択が必要なのかも知れません。あくまで仮定の

話しですが、福島第一の事故に伴い、大量の震災ガレキが生じた以上、それをどうす

ると考えるのは日本人ひとりひとりの責務だと思います。

ただそこには大きな『我慢』がありますよ。困った時はお互い様・・・と言うね。

福島はじめ原発事故罹災地域は被害者であってなんら卑下する必要はない訳で、

新潟県と柏崎、三条市ももっと粛々と落ち着いた話しをすればいい。

電力各社や官僚、政治屋さんの一部は利権に溺れ、『公共の福祉の濫用』により更な

るカネや利益を享受せんと画策されておりますが、それは卑しい行為ですね。

電力各社の会長や社長が電気料金を脅しに使って自己の利益のために原発再稼働

を進めようと話すシーンが時々テレビに映りますが、彼らはとてもさもしく見える。

地域の犠牲の上に自己の利益を積み増そうなどとは私企業は考えてはならないし、

普通の企業ならば相応以上のの賠償を求められますからそもそもソロバンに合わない

訳です。自分たちは特殊で、多少の犠牲は知らぬ・存ぜぬ。いざ事故が発生したら、

責任転嫁を国に求めるのでは話しにならない。利益は電力会社に、責任は国に・・・と

平気で考えて話している訳ですからね。

再稼働の話しをする電力会社はそこここにあるのに、万一の事故の場合のリスクをきち

んと話し、そのリスクが現実のモノとなった場合の損失補てんの手だてをしっかりと話し

た電力会社はひとつもない。

ただ電気料金が上がってしまうからと言う名目で、自己の利益を追求しているだけです。

福島第一の事故を見て、スイスの一酪農家さんがいろんなことを考えているのに、当事

者がそれではお話しにならないでしょう。

そもそも震災から丸2年が経過しようとしている時に、新潟県内でガレキの処理で未だに

揉めていると言うのはいかがなものかと思います。

学者同士が議論をして科学的なコンセンサスをとりまとめ、官僚や政治屋さん達が粛々

とそれに対応出来るようにしなければ。震災以後、科学者さん同士が議論をする場を

何度か拝見しましたが、御用学者さんを除けば、賛成派・反対派の討論は真っ向から

意見が対立するのではなく、ある一定範囲内の小さな意見の『ズレ』に集約してしまう

ことが多いです。180度全然違うなんてことはあまりない。

小さな事故なら法律の改正により罰則強化や規制をかけるなんてことは日常茶飯事に

やっているのに、福島第一の事故に関しては、今のところ『見なかったこと』にしようと

しているかの如く、思考停止状態が続いているのでしょうね。

でなければ新潟県のゴタゴタなんか起こるはずがない。

それぞれの部署で責任を受け止めて、時には厳しい判断をする時もあるのでしょう。

事故は起こらない方がいい。でも事故が発生したらその事後処理もまた必要です。

本日、国会で原子力規制委員長が承認されたらしいですが、もうそろそろ感情的な

議論の余地を潰して福島第一の事故にも向きあい、あまたある原発をどうして行くの

か意見を集約して行っていいように思います。

※ 私はどちらかと言うと原発は無くして行った方がいいと思っています。決して原発

を肯定するモノではない。ただし国の在り方として決定されるだろう方向性には従わ

ねばならないとも思っています。

| | コメント (1)

カンブリア宮殿・・・ゲスト パイロットコーポレーション社長・渡辺広基さん

本日 (2013・2・14) のゲストはパイロットコーポレーション 社長の渡辺広基さん。

パイロットと言えば日本のトップの筆記具メーカーさんですね。文房具好きは世の中にゴマ

ンとおりまして、それぞれがマイ・ブランドを持っているんじゃないかと思います。

パイロットさんは従業員数2500人・売上は712億円だそう。えっ?と思ったのはパイロットさ

んは170の国と地域で販売されており70%は海外で売り上げているということ。村上さんも

話していましたが、日本ほどの人口があれば国内に専念してもそこそこの売上は上げられ

るのだろうけれど、創業当初から海外志向の会社だから脈々とDNAの中にグローバル精

神が受け継がれているんだと紹介されておりました。

パイロットさんの創業は1906年。海外航路の船乗りさんだった並木さんが当時の日本は輸

入ばかりで日本から出航する船に積荷がなかったそうで、なんとしても日本から海外に輸

出する品を作ろう・・・と思って筆記具の会社を作ったんだとか。1926年には海外進出をは

じめています。船乗りさんのロマンが具現化した会社なんですね~。

今回のカンブリア宮殿では『フリクションペン』を番組を通して紹介していました。

村上龍さんがフリクションペンの開発秘話が大好きで一押しだったからでしょうね。

今の日本に欠けている精神・・・がココにある  と言うことなんでしょう。

フリクションペンの発売は2006年のフランスが世界初です。パイロットは1975年に当時

の会長さんの中筋さんが紅葉をみて温度で色が変わるインクを作れないか?と考えた

のが最初で、メタモインクと言う塗料が開発されます。湯呑に湯を注ぐと色が変わる・・・

的なあれですね。この時にはフリクションペンになるなんて思わずに、実に30年間も

開発を続ける訳です。

フリクションペンのは発売がフランスからになったのは、文化の違いで、フランスの子供

は鉛筆と消しゴム文化ではなく万年筆やペン文化なんですね。だから間違うと修正液で

消していた。たまたまフランスのパイロットのCEOさんが日本に来ていた時に色が変わる

インクのプレゼンを受けた時に、色が変わると言う中に、無色になる・・・と言うのを見つ

け、無色になると言うのは『消せる』と言う事ではないか・・・と思い立ち、あのフリクション

ペンが誕生する。日本の発売はフランスより1年後の2007年からの発売となった訳です

が、フランスではこれまでに8000万本が売れ、現在発売累計は6億本のお化け商品に

成長したそうです。去年1年で2億2000万本が売れたと言うから爆発的に売れていると

言えるのかな  今では150種類のフリクションペンが売りだされ、65度の温度で消え

マイナス20度まで冷やさなければ元の色は出て来ないところまで進化しているとか。

村上龍さんが感動しているのは将来6億本売れるなんてことは分からなくても、30年間

開発を辞めない心と、それが花開いた嬉しさですね。

特許などに守られ当面は安泰なのでしょうがいずれは他社も追随してくる。その時に備

えていろんなモノを開発していると渡辺さんは笑っていました。

パイロットさんはNamaki と言う創業者の名にちなんだ蒔絵の高級万年筆も作っていま

す。6人の蒔絵職人が工房で作っていて中には一本1000万円もする万年筆も作ってい

るそう。日本では最近、万年筆は見かけなくなってしまいましたが欧米ではまだまだ需要

があるんですね。

パイロットの商品をズラリとならべるとドクターグリップ、ハイテック-C。ホワイトボードに

マーカーの組み合わせなどもパイロットさんが開発したモノらしい。

なるほど私もお世話になってます。

新しいモノを開発して世に出そう精神はますます磨きがかかって、今では技術者さんが

直接社長にプレゼンする場があるんです。番組で紹介されたのは今年の春から売り出

される予定のキラキラ光るインクのペンですが、技術者さんが直で社長にプレゼンする

ことで開発のスピードが速くなり、また全部門の責任者が同席するので販売に至る商品

化のアプローチも段違いに速くなる。言わば『技術』を大事にしていると言えるんでしょう

ね。

パイロットさんの本社の風景も紹介されておりました。営業マンさんの机にはPCがなく、

手書きの報告書が今も主流。筆記具メーカーだけに『手書き』の大切さを訴えておられ

ました。作家として村上龍さんも手書きの良さを語っていましたが、字の汚い私などは

「それはどうかな?」と思いましたけれどネ・・・。

ラストでは東芝テックと組んで開発した文字が消せるコピー機がチラリと紹介されました。

フリクションペンのインクをトナーに使う事で、紙の再利用が出来る画期的なモノ。

日本国中で無駄に使われている紙の量って莫大な量だと思います。必要なモノだけ保

存し、不要なモノは温度をかけてインクを消して紙を再利用すると言う発想は凄いと思い

ます。

村上龍さんの編集後記をご紹介しておきます。

渡辺さんの佇まいから、今ではほとんど死語になってしまった「ロマン」の香りを感じた。

ほぼ一世紀前、海外貿易に携わる一人の若き船乗りが、数多くの舶来輸入品に接する

うちに、「いつの日か、日本から世界に誇れるものを送り出したい」という夢を抱くように

なった。そのロマンチックで、かつグローバルな思いが、パイロットの礎となり、その精神

は、長い時を経ても確実に受け継がれ、現在も脈々と生き続けている。フリクションボー

ルなど、数々の画期的な筆記具は、「技術を止めるな、これは完成ではない」というリアリ

スティックな信念と、創業者から継承されたロマンの両方に支えられて、開発されたので

ある。

エコだからと言う理由で活字文化がPC・モバイル文化に押され、文字を書く量もめっき

り減ってしまいました。なまじ引っ越しなどして役所や銀行で手続きをしようとすると、何

度も何度も文字を書くので昔では考えられない程に疲れてしまうようになりました。

ノートや手帳に備忘録として字を書いても漢字は忘れるし、字が汚いので読み返しても

???だったり・・・  

漢字変換の利はPCにあり、私のような悪筆の者にはフォントを変えればあらゆる達筆

文字でお手紙などかけると言う点では素晴らしいと思うのですが、『手書き』文化もしっ

かり抵抗している・・・と言うところでしょうか。

もしかしたらパイロットさんは『vs』でなく、それそせれの長所を融合させる・・・なんて

荒技を考えているのかも知れません。

本も電子書籍が席巻するのかと思いきや、やはり本の良さを大事に思う人も大勢いる

と言う事なんでしょう。

私は今のところフリクションペンを使ったことがないですが、この番組をみて、ちょっと試

しに使ってみようかな・・・と思いました。

こんなに進化しているとは全く知りませんでしたからね~ 

将来の飯のタネは新商品の開発にあり。目先の見えた開発でなく、20年、30年かかって

も大きく育つタネはある。『経費削減』とか『管理』の名目で、芽を摘んでまわることで日本

の会社は随分とダメになっちゃったのではないでしょうか。芽の出ない技術もあるのでし

ょうけれど、いい会社と言うのはそれでも技術を育てる努力をしている。大企業と呼ばれ

る会社であっても、将来の飯のタネとしての技術を大切にしているところとそうでないとこ

ろの差がココに来て出て来ているんじゃないでしょうか。技術を大切にしている企業しか

サバイバル出来ない時代が到来しているのではないか・・・と村上龍さんは言いたいの

ではないでしょうかね。

だからパイロットの渡辺さんをゲストに招いて、フリクションペンを一押しにして今回の

番組を作ったんだ  

そんな感じの放送でした。

| | コメント (0)

NHKスペシャル「“核のゴミ”はどこへ~検証・使用済み核燃料~」

全国にある核のゴミ・・・使用済み核燃料の総量は1万7000トンもあるそうです。

本来は青森県にある六ヶ所村の再処理工場で再処理とゴミに分けられて、ゴミは最終

処分場で保管することになっているのですが、肝心のもんじゅも稼働せず、六ヶ所村の

再処理工場もトラブル続きで一度も本格稼働をしたことがない。

全世界でも最終処分場の選定には困っているそうで、番組ではイギリスのカンブリア州

の取り組み (住民投票で3対7で否決) 、スイスの取り組みなどが紹介されておりましたが

両国では『危険性』もしっかりと住民に告知しようと努力しているのが印象的で、スイスの

処分場候補地のそばの牧場主さんが、福島第一の事故を見て、『最終処分場の必要性を

痛感した』と話していたのは驚きでした。

日本ではNUMOと言う機関が公募制で最終候補地を募っています。『交付金』と言うカネで

釣る形態で明らかにイギリスやスイスより不誠実です。情報は非公開とのことですが、過

去15市町村が名乗りを上げたらしい。滋賀県の旧余呉町、対馬が取り上げられておりまし

た。対馬に至っては福島第一事故を見て中断したと言うことです。対馬から六ヶ所村に

600人の人が現地視察に行ったとの事ですが、雇用・島の活性化のために危険を承知

でも導入したかったとのこと。それほどに六ヶ所村の道路や村民の豊かさが羨ましかっ

たそうです。

でも福島第一の事故で初めて放射能の怖さを知ったともお話しされておりました。

日本学術会議では原子力マネー中心の最終処分選考の在り方を考えるよう提言が

なされたそうですが、ではどうするのか?と言うことは決まっていないのだとか。

そもそも論ですが、うまく稼働していない『再処理』ありきの日本の使用済み核燃料の

あり方について番組では突っ込んで報道していました。

実は経産省でも『無理』と過去に提言されており、東電もビジネスとしての魅力がな

いと言っている。既に電気料金の中にリサイクル料が含まれているのですが、経産省

の若手官僚さんが11兆円もかけて出来もしないモノに取り組むのは滑稽だと提言して

います。

ならばなぜ『再処理』が否定されないのか?

それは六ヶ所村に既に集められている使用済み核燃料の存在と、日本原燃の組織維

持のためなんですって。青森県知事が六ヶ所村はゴミ捨て場ではない。万一、再処理

とん挫の場合には各原発に使用済み核燃料を返却する条項があるので、それぞれに

送り返すと公式の会議の場で堂々と語っておりました。

返却されたら各原発は保管の場がなくなり、原発再稼働どころではなくなるそうです。

故に、再処理を辞められない。

また日本原燃も再処理がとん挫するとたちまち金融から融資を止められる。つまり

潰れてしまうそうです。つまり自治体や電力各社に影響が及ぶ・・・。だから再処理を

止められない。

原子力委員会の秘密会議での議論の様子を録音したテープが放送されましたが、

上記を踏まえて、『再処理』を止めることは許されない・・・と話されておりました。

原子力委員会・鈴木委員長代理なる人物が、『再処理が見直されない理由はそれぞ

れの利害関係』と話していましたが、そんな利害関係に左右される判断を原子力委員

会がしてイイのか?福島第一の事故の反省、そして50年間も最終処分場を放置し続け

てきた反省は全く見られませんでした。

再処理にはメリットがないと多くの関係者が考えているのに、原発を動かし続けるため

そして日本原燃等の事業を守るために、『核のリサイクル』が唱えられ続けているこの

異常さ。いつの間にか夢のリサイクル事業だったはずが、原発稼働と原燃の保護の為

に目的が変わってしまっている。

しかも過去からずっと電気料金にリサイクル料を乗っけてるんだから・・・。

リサイクルは無理だと言うのならばその是非も『利害関係』は無視して議論し、諦める

べきは諦め次の対策を立てるべき。穴のあいたバケツに万札を突っ込んでいるみたい

なモノで大いなる無駄と、鈴木委員長代理さんだって半ば認めているのにヒトゴトで

『利害関係』があるから放置しようとするのは無駄遣いされるカネが電気料金に上乗せ

された他人のカネだからでしょう。

なにもカネだけの話ではなくて、安全性の観点からも今のままでイイ訳はない。

福島第一4号炉の使用済み核燃料プールが崩落するとメルトダウンして半径250キロ

・・・首都圏だって避難しなきゃならないと政府は最悪の事故を想定していたんですから

ね。

『利害関係』と『万一の事故』を天秤にかけると、出来もしない核のリサイクルのために

今後数十年・・・つまりはどうにもならなくなって諦めるまでの期間・・・日本国中に原発

があり、各原発から半径250キロ内の住民へのリスクにさらし続けても『利害関係』の

調整を選択しようとする原子力委員の存在はおかしいでしょう。

明らかに任に非ずだ。

最近、NHKスペシャルでは本来報道機関がやるべき告発をよくやっている気がします。

しかしながら本番組は、全く世間が取り上げないのはどうしたことか。

2月13日24時25分~の私が見た本番組は再放送です。

こんな内容は周知の事実なのかな?

核のリサイクルの問題は早期に決着をつけないとダメで、そこから改めて最終処分場

問題を考え直さなきゃ・・・なんだろうけど。

| | コメント (0)

相棒 season11 #15

『相棒』が変わっても、安心して楽しんで見られるのは脚本がしっかりしていてキャストも

いいからなんでしょうか。

今回の15話は近藤正臣さんがいいお芝居をされていました。存在感がある役者さんで

すね。

偶然、我が町『浦和』が思わぬところで出て来て、右京さんとかいと君が来て居たんだな

ぁと感動してしまいました 

今回の『相棒』は犯人が逮捕されてから40年前の『ささいな喧嘩』に話しが及び、40年と

言う長い月日の間、それぞれが違う形で心が傷ついてことを右京さんが紐解き、ラスト

で先生の終活のお手伝いをすると言うにくい筋書きになっていました。

見終わってスカッとするタイプのドラマではなかったけれど、カミソリ右京さんのほっこり

させてくれるお話しも『相棒』の魅力ですね。

シーズン11はいい役者さんがどんどん出演されてますので、相棒の人気プラス厚みま

で感じる仕立てになってます。

派手な殺人シーンや逮捕の瞬間の争うシーンなんか全然出てきませんが、いい刑事

ドラマだと思います。

今は亡き藤田まことさんの『はぐれ刑事純情派』も藤田さんがお年を召されるにつけ、

どんどんそんなシーンは無くなって行きましたけれど、水谷豊さんももうそこそこのご

年齢。毎日の再放送と見比べると、御髪とシワに時の流れを感じます。

ぜひ頑張って続けて貰いたいドラマです。

| | コメント (0)

撮り鉄・・・青砥駅にて

青砥駅にて。

1

快速・西馬込行き。

2

こっちの方が上手かな。

3

都営の普通・羽田空港行き。

4

京急久里浜行き。

京急・西馬込に行く電車はガンガン来るのですが、京成本線の電車はあまり来ない。

来たと思ったら・・・緊張して、シャッターが早かった・・・ 

5

まだまだだなぁ~  

ホームの先端は鉄道少年がズラリと居たから・・・邪魔出来なかったんですよね~。

動いている電車は撮るのが難しい・・・  連写機能を使ってれば良かったんでしょう

ね。

青砥駅はいろんな電車が来て楽しかったです。もう15年前になるんですが、西船橋に

住んでいたころの京成電車は赤のボロい電車が多かったのですが、随分とイイ電車

が走る様になったんでちょっと感動してしまいました 

| | コメント (0)

無題・・・

今日は市中を車で散策・・・ 

自転車と電車をなるべく利用するようになってから、めっきり自動車の利用が減り、

やもするとバッテリー  が上がってしまいます 

案の定、最初はヒュンヒュン鳴ってましたが、どうにか一発点火でスタートさせました。

久しぶりに町中を走って感じたのは、アベノミクス効果はまだのはずなのに今日は道路

工事が多かった。3月の予算消化に慌てて工事をしているのかな。

今日は道路工事も多かったけれど、電線をいじくっている工事が異常に多かったで

すね。NTTなのか東電なのか・・・どっちでしょう。

慌てて3月に向けて工事するなって言うんですよね 

トンネルの天井が崩落したり、橋が落ちたりしては困るから、ある程度の公共土木工事

は必要なんだろうと思うけれど、決して昔のままがイイ訳ではないですからね~。

なんたって野田さんの時代とお財布は一緒のままなんだから。

効率よく活きたオカネを使って貰わなきゃ・・・ねぇ。

ガソリンはあっという間に10円/ℓ 上昇してしまいましたし、円が安くなっちゃったせい

なのかな?と思う値上げがあったりで、なかなか円安も消費者は喜べない。

そのうち財布も厚くなると政府も学者もいいますけれど、そうなる前の消費税増税な

ら、『これ小判、たった一晩居てくれろ』の世界です。

ちゃんと筋道を立てて・・・増税するならそれらしい説明をして、何より財布が少し厚く

なったと実感できるようにしてから、そのうちの一部を国庫が獲るようにしてもらわない

と行けませんね~。

| | コメント (0)

八重の桜(6)「会津の決意」

京都守護職を受けてしまいました・・・。

固辞して、固辞して・・・仕方なく。

西田敏行さん演じる西郷頼母さんが、額を床にこすりつけるようにして涙しながら、会津の

ために固辞してほしいと主君の松平容保さんに懇願するシーンは私も涙しながら、手を合

わせました。

ただ綾野剛さん演じる松平容保さんもまた家臣に頭を下げて、会津が滅ぼうとも家訓を

守り、幕府を支えなければならぬと家臣に諭すシーンは名演技で、ああやむを得ないの

か・・・とも思いました。

会津の方々は真面目だったが故に、これから憎まれ役になって行くのですね・・・。

一橋慶喜さん、松平春嶽さんに嵌められたのかなぁ。

結局、会津だけが割の合わないことになるんですよね・・・。

辛いなぁ~

| | コメント (0)

Benefic 第9回定期演奏会・・・2013・2・10 かつしかシンフォニーヒルズモーツァルトホール

先輩から招待を受けて 『 Benefic 第9回定期演奏会 』に行ってきました。

場所はかつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホールです 

1

青砥駅から徒歩5分程度のところにこんな立派なホールがあるんですね~。

パンフレットは下の通り・・・。

1_2


2
☝こんな内容でした。 (音楽の素養がないから曲目が分からない  )

俳優さんがお芝居タッチで吹奏楽団の Benefic さんの音楽と絡んで進行されるんです。

2_2

2時間以上のコンサートでしたが笑いがおこる演奏会 

演奏はとてもお上手でしたよ。

第2部の白鳥の湖はお芝居が強めで、第3部の LET'S SWING は演奏が強め。

有名な曲 (あっ、これ聴いたことある~ ) から東京ブキウギや上を向いて歩こう、

トトロの唄などノリノリの演奏でした。

3

ラストでは全演奏者が一列に並んで、なんだか小劇場チック・・・でした。

その上、演奏者が出口にズラリと並んでお見送りまで・・・  

来年は第10回のメモリアルな演奏会。

来年は2月2日(日)なんですって。

こんな楽しい吹奏楽が無料で見られるのは超オススメです 

みなさん社会人さんで趣味で集った音楽仲間だそうですよ。

みなさん輝いていましたわ~。

| | コメント (0)

テレビ60年記念ドラマ メイドインジャパン(3)

全3回のドラマが終わりました。

不況にあえぐ家電大手、そしてその家電の技術力を支えてきた技術者が大切にされず、

サムスンなどに流出している現状がドラマになっていました。

見終わって、まずは大団円になったことはよしとして、『技術者』の立場だけは割り切れ

ないモノが残ったかな。

タクミの技術者として仕事をした時の研究開発の成果は当然にタクミに帰する事は承知

しているし、高橋克実さん演じる迫田さんのとった行為は許されないとは思います。

ただリストラの名目で現実には切られた技術者はゴマンと居るし、せっかく開発した技術

が日の目を見ないなんてこともいっぱいあるのでしょう。

国や企業の枠を越えて技術者として、『人の役に立ちたいんだ』と言う志は否定するモノ

でない。そもそも経営の責任は棚にあげてしわ寄せが技術者に行くことが正しいのだろう

か?迫田さんは裏切り者として描かれていましたが、リアルな話として、サムスンなど韓

国や中国企業に技術者として渡った方々は裏切り者なのか・・・。

ドラマは3回で終わらなきゃだから仕方ないにしても、日本から流出している技術者さん

たちのことを思うとなんか切ない気分です。

もちろん彼らが迫田さんみたいにモロに技術流出をさせている訳ではないと思いますし、

『メイドインジャパン』みたいに昔開発した技術が今頃になって脚光を浴びるなんてケー

スはまれで、実際はお蔵入りした技術を再生させて・・なんてことなんだと思います。

韓国や中国に行くとダメでライバル企業に行くのは・・・とうなんでしょうね。ヘッドハンティ

ングなんて言葉が少し前に流行りましたよね。

技術に対する正当な対価を支払っていたのかどうか、リストラなんて場合は・・・。

必ずしも『経営』の全てが正しい訳でもないだろうに・・・。

外国に流出した技術者さん達も決して末路がバラ色ではなく、その後の悲哀も報道され

ている通りです。彼らも好き好んで国境を越えたのではなく、元をただせば経営が揺ら

がなければこんな問題なんて生じなかったんだろうと私は思ってしまいます。それほど

にいくつかの家電大手の経営者は出鱈目だと感じています。

これは全3回のドラマだから、最後には中国人技術者さんや工場の人たちが『よりよい

モノを作りましょう』と言う職人魂・技術者魂が国境の壁を越えましたけれど、果たして

・・・リアルな場合はどうなんだろうと思ってしまいました。

本当に『技術』や『安全』、『信用・信頼』を一番の高みにおけるのか。それらが国境の

壁を越えるのか。

それらを大切に考える日本流の考えを軸に書いた脚本で、この部分はリアリティーが薄

かったかなと思ったのですが、他の視聴者はどう思ったのでしょう。

そこが弱いから大団円がスカッとしなかったと私は感じたのですけれど。

技術の流用と不良品が氾濫しているのに最後は工場従業員の『イイものを作りたい』と

言う『徳』で決着させたところに無理があったのかな。迫田さんは懸命に技術者の良心

も育てようと努力し、昼夜を問わず中国の工場の従業員と一緒に仕事をして、ここの

工場はイイものを作ろうと言う心が芽生え、その誇りが育っていた・・・と言うのならば

嬉しいですが。

75分×3回のドラマだからそこら辺は充分に描けなかったのか・・・。

私の評は・・・★★★☆☆ かな。

唐沢さんや國村さん、高橋さんや一徳さんなど俳優さんたちはいい演技をしていたと思

います。

| | コメント (0)

カンブリア宮殿・・・ゲスト 大和製作所 社長 藤井薫さん

全国には4万店のラーメン屋さんがあって毎年3500店が新規出店し、同数のお店が閉店

しているそう。これだけ外食不況と叫ばれるのに閉店するお店と同数の新規出店がある

と言うのは消費者もラーメンが好きだし、当たれば大きいと言う経営者側の『夢』もある

市場がラーメンなんでしょう。

さて、本日のゲストの大和製作所さんですが香川県にある製麺機メーカーで、年商は14億

8000万円。店舗などで使う小型の製麺機の40%のシェアで日本一なんだとか。

主力の製麺機は1台約200万円。この一台で全国のご当地ラーメン30種類の麺が出来て

しまうそうで、『誰でも簡単に・・・』がモットーなんだそうです。

社長の藤井さんについて少し紹介いたしますと、元は川重で戦闘機を作っていたエンジニ

アさん。ただ自分でマシンが作りたくて退社し、香川と言う土地柄、最初はうどんの製麺機

を依頼されて機械作りを始めます。徹底してイイものを作りたい性分の藤井さんは全国の

有名店を食べ歩き、スープを内緒で持ち帰るなどして『より美味しい物』を作る研究をは

じめ、それが高じて『ラーメン学校』を開校するまでになってしまったそうです。

ラーメン学校は7日間で38万5千円の授業料。決して安いお金ではないですが、0.1㌘

単位でレシピを作り、美味しいラーメン店、繁盛するラーメン店の造り方を教えてくれる

のだそう。

ラーメンの繁盛店がこの学校の卒業生からどんどん出来れば、製麺機も売れる訳です。

繁盛・有名店が営業マンになってくれると言う藤井さん。なかなか出来る事じゃないです

ね。藤井さんのラーメンの授業はすべてデジタルで数値化してレシピを確率させる事に

あります。カン任せにしないでいつも同じ最高の味を提供しないとライバルに勝てないと

言う教えなんです。

たくさんの元ダレ、香味油、そして製麺機でもって最高の品を作って行く。

600人の卒業生が居ると紹介されておりました。

新規出店のイロハを紹介しますと・・・

①オープンセレモニーはダメ。

大勢の客が不慣れなお店に押し掛けると、信頼を損なうから。ジワジワと浸透を図れ

ばいい。

②最高の一品しか出してはいけない。

③駅前に店は出すな etc

メニューは絞り込んで、95点以上のものを出せ。ダメな店は60~80点レベルのモノを

多く揃えてしまうが、今はこれでは客は来ない。プロ中のプロになるべし・・・との事で

した。

学校の卒業生で、甲府の売上減少店に藤井さん自ら、テコ入れに現地訪問するシーン

が放映されましたが、店内の指導から味について、スープの塩分濃度なども細かく調べ

て、再度スープは作り直してレシピを置いてくる念の入れよう。もちろんオカネは無料で

アドバイス。1カ月後にはお客さんが再びやってきておりましたから凄いです 

お客さんのニーズや問題点を知る為には・・・?と言う村上龍さんの問いに、不満点を

徹底的に知る努力をすべし、満足度ではなく不満を知ることでお客さんの真意を知る

のが大事・・・とのお話しをされた所で編集後記になってしまいました。

村上さんの編集後記です。

幸福を願わない人はいない。「幸福な人生を」というエールが、卒業式や披露宴会場で

繰り返される。だが、幸福という概念は曖昧であり、どうすれば幸福になれるのかという

定説もない。

藤井さんと話していて、わたしは確信した。自分だけ幸福になろうと願っても無理なのだ。

「他者に関与し、他者の幸福に寄与する」それこそが、自分自身の幸福につながる唯一

の道なのではないか。

人は、絆や愛情だけではサバイバルできない。藤井さんは、現代の伝道師だと思う。「う

どん、ラーメン、そば」という、シンプルな食べものを介して、人生をサバイバルするため

の「糧」が何であるかを示し、伝え続けている。

自社製品を売るために繁盛店を作るお手伝いをする。もちろん600人の卒業生のみん

ながみんな繁盛店になっている訳ではないのでしょうけれど、世の中の人たちが美味し

いラーメン屋さんとして知っているお店の何軒かが大和製作所さんの製麺機を使い、

また学校を卒業していると言うのは凄い事だと思います。

38万5千円が高いかどうか・・・を考えると、大学や専門学校に何年も通った場合と比較

すると費用対効果が分かります。(大学は幅広い知識は吸収できますけどね)

もちろん習ったことをどんどん高めていかなければまた時代に置いていかれるのも激戦

のラーメン業界なんでしょう。次から次にいろんなラーメンが出てきますからね。

そのラーメンに勝ち続けるのは並大抵じゃないでしょう。

ということは大和製作所もどんどん進化し続けている訳で、これは大変な事だと思いま

す。もしかするとラーメンのサイクルを早くしてしまった元凶が大和製作所さんなのかも

知れませんね。

うどんもブームではありますが、ラーメンほどいろんな種類がある訳ではないですから

ね。

まぁ、これだけ大勢の人がこれでもか、これでもかと日々美味しいモノを作ろうと努力し

ているからこその消費者の支持もあるんでしょう。

大和製作所・・・いい会社ですね。

目の付けどころが素晴らしい。

村上龍さんがスタッフミーティングの席上、いい会社だね。年商も14億より多く取ろうなん

て思っていないんじゃないかな・・・と話していましたが、なるほど新規出店のイロハと

一緒で、無理して拡大させちゃダメなんでしょう。閉店の3500の中には入らず、新規の

3500の中には喰い込んでいく。じわじわ広まればそれでいい。広がり過ぎたらタコ足み

たいに卒業生同士がぶつかっちゃうから・・・。

村上さんがラストのコメントで藤井さんを『伝道師』と評していましたが、なるほどその通

りの方でした。

繁盛店を作っても自分は製麺機屋としての分で付き合う。

ラーメン店の経営者には神様みたいに見えている事でしょう。

| | コメント (0)

春・・・がきた 2

我が管理物件のエントランス横のちょっとしたスペースを工事することになり、住人さんに

その旨を掲示させていただいたところ、ご入居者の方からお電話をいただきました 

『あのスペースにはスズランの球根があり毎年花を咲かせます  

今年ももう芽が出て来ているので、いただいて良いでしょうか』 と。

自販機の下とその周辺から育っており、決してイイ環境ではありません。

ご入居者さんも『ど根性スズラン』と笑っておられました 

今まで地べたに植わっていたものが鉢植えになって育つのかどうか私にはよく分かりませ

んが、根を傷つけないように株を掘り起こしていただいている姿を拝見して、ご入居者さん

に『ありがとうございます』とお礼を申し上げ、思わず合掌してしまいました。

そう言えば去年も咲いていました  きっと何年も咲き続けて来たのでしょう。

庭石を搬出するのに伴う工事なのですが、もしかしたら庭石が置かれた頃に植えられたモ

ノなのかも知れません。

長くお住い頂いているご入居者さんのおウチでこれからも末長く咲き続けてほしいもの

です。

不明を恥じるとともに、ご入居者さんの暖かい心にほっこりした次第です。

| | コメント (0)

春・・・がきた

2月になって暖かな日と寒い日が変わりバンコにやって来てます。

今日、自転車で北浦和界隈を走っておりましたら、日当たりのいいお庭の梅?が

いくつも花をつけておりました  

寒いなぁと思いつつもしっかり春がやって来ているのでしょう・・・。

今朝は寒かったですけれど、日中は少し霞んだ感じと言いますか、陽射しが『春』モード

になっているようで、スカッと遠くまで見渡せる冬の白い光線から、春のやや黄色の光線

に変わった様に感じます。

これって中国から飛んできた大気汚染なのかな?

これからの時期、花粉症の方々はご苦労される季節ですが、やっぱり寒いのはかないま

せんから・・・。

今朝のワイドショーで立川断層の現場・・・と言う映像を見ました。

えっ?これがそうなの・・・  ここ知ってるわ~なんて思いながら拝見しておりました。

1万年に一度大きな地震が計算上発生すると言われていて、既に前回から2万年~1万

3000年程度経過しているので、もうそろそろ危険だ。立川断層でこれから30年内に震源

となる地震が起きる確率は2%だ・・・と言う事でした。

平清盛の時代から今までで900年しか経っていない訳で、今の地震予知のレベルから

すると本来知りたい私が大地震に遭遇する確率・・・なんてきっと分からないんだろうな

あ~と改めて思った次第です。

| | コメント (0)

さなぎ・・・

大雪予報は幸いハズレたようですね。

微妙に暖かかったから雪ではなく雨になったのかも知れません。

朝方、JRでは間引きダイヤを敷いたためにちょっと混乱した様ですが、世間ではそれほど

のご立腹もなく、『積もらなくて良かったね』と言ったところだった気がします。

実はこの『積もらなくて良かったね』と言う受け止める側の対応がいまとても大事なんだと

思うんです。

と言うのも震災以後、今日もソロモン諸島でM8の地震があったようですが、環太平洋で

巨大地震が発生しやすい40年間の周期に入っちゃってるのだそうです。さてそんな時に

大きな地震が起こりそうな地殻の変動を察知したとして、それを公表するのかどうか・・・

にしかるべきポストの人が勇気がなきゃ発表出来ないようではダメだと言う事なんですね。

まずは異常を察知したら国民に発表する。それを国民も粛々と受け止め避難する。もし

何事もなくても『今回は何も起きなくて良かったネ』と思えるようじゃなきゃ。

ハズレたことを責められたら、次から怖くて発表できないからね。それも『民度』なんだと

思うんですよ。

東日本大震災とその前後の不景気が随分と日本人を謙虚で民度の高い国に押し上げ

たと私は感じてます。福島第一の事故にしたって事故を起こした側には問題があるよ

うには思いますが、被害を受けた側は実に冷静に行動している。

正しい情報を隠したり加工されることなく粛々と流し、国民もそれを受け止めて粛々と

行動する。

天災地変や外交問題等々、世の中が騒がしい周期と言うモノがきっとあるのでしょう。

日本国中がそれに過剰に反応することなく、かと言って情報をスルーする訳でもなく。

国としてこう進むべきと言う方向性をしっかりと見据えて行動する。

失われた20年なんて言い方をしますが、実は昆虫で言う『さなぎ』の時間だったんじゃ

ないでしょうかね。20年と言う月日がなければ『さなぎ』は成虫にならなかった・・・。

決して無駄な20年じゃなかった  と私は思いたい。

今回の大雪予報がハズレたことから、私はそんなことを感じた次第です。

バブルが弾けて、みんなが20年踏ん張ったからこそたくさんの命が助かったんだ・・・と

八重の桜風に言うと、後世言われる様な今にしなきゃならぬのです  

もっとも震災やミサイルが飛んで来なければ一番いいのは言うまでもないですけれど。

| | コメント (0)

明日はまた雪が降るそうです・・・

また明日雪が降るそうな。

前回の成人の日なみの積雪になると言いますからちょっと困ったものですね。

前回の雪はあれよあれよと言う間に積もり、溶けるまでに何日もかかりました 

雪かきも大変だったけれど、日課のジョギングも路面が凍結していて数日お休みして

しまいました 

ニュースでは気温が乱高下するから体調管理にご用心って言ってましたけれど、私の

場合は日課のジョギングが連続してお休みになると潤滑油の供給が悪くなるのか、アチ

コチがギーギーなってしまいます。

もう坂道を転がるが如く、どんどん老化が手足の稼働粋が狭くなってしまってます。

子供のころは全然背中で手が組めたのに今では全く届かなくなってしまってます。

気分的には5cm程足りない感・・・と言いますか、もうちょっと感がありますのでどれくらい

足りないのか30cmのものさしで測ってみたところ  えっ、ギリギリ30cm・・・ 

私の持ってた『もうちょっと感』って、なんだったの  (過去の栄光  )

自転車に乗ってても転ぶはずですね  

アチコチの関節が天然のエビ固め状態なんだから・・・ 

本当はジョギングだけじゃなくてストレッチとか筋トレなんかもした方がいいんだろうナ。

関節にシュー っとスプレーするクレ556みたいな薬が出来ると良いんでしょうね。

アンメルツヨコヨコとかインドメタシンなんて薬は効いてるのか効いてないのかイマイチ

実感がないですもんね・・・。

もう結構なお年、つまりはジジイになっちゃっているのであんまり欲どおしい事を望ん

じゃダメなんでしょうが、これから老年に進化して行く中で、出来る事なら起きたっきり

老人に進化して行きたいと思います 

毎日走ってなんとか老化を食い止めようと抗っているのですが、どこまで効果があるか

なんて全然分かりません。だけど走り終えてシャワーを浴びている時だけは18歳の爽

快感が戻って来るんですよね。そこがゴルフなんかと違うところでジョギングはイイ。

ちなみに走り終えた後、風呂の中で背中で手が組めるかやってみたのですが全然

届きませんでした 

まぁ50歳になった頃あたりで、毎日走っている自分と、そうでなかった時の自分で全然

違う結果になっているのだろうと期待して走っているのですが・・・。

もしかして30代から走っていたら背中で手が組めたかなぁ~  悔しい~。

ダンスなんかをやると一番イイのかも知れませんね~。

あ~あ、暗くなってきた・・・。

これも雪が降る前兆かなぁ~ 

よし、明日は雪かきをしまくって・・・手足と腰がクタクタになるまで・・・。

あっ、最近インドメタシンを薬局で買ったのがなぜか思い出しました・・・  

前回の雪かきで調子に乗ってぼんぼんシャベルで雪かきをしてたら作業中はなんでも

なかったのに、終わってしばらくしたら腰がコルセットで固められたみたいな『V』になっ

たまま動かなくなったんだ・・・ 

腰にインドメタシンを塗っても全然効かなかった (と感じた) のにいつの間にか動けるよ

うになってました  

インドメタシンはやっぱり効くなぁ~・・・。

明日は学習したから腰が固まらない様に頑張らないと・・・ネ。

| | コメント (0)

鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・唐沢寿明 栃木県佐野市 (後編)

先週の佐野ラーメンの旅は思わぬ感動巨編でしたが、唐沢さんは佐野を胃袋で掴みたい

・・・番組後半で『食べ物は文化だ』と思っているとお話しされていましたネ。だから家族も

大事なんだけど『食べ物押し』で行くッ 

前編でちらっと紹介されたいもフライから後編が始まりました。

鶴瓶さん曰くソースが美味いとのことでしたが、埼玉で売ってるいもフライと違うのかな?

鶴瓶さんはソースが美味いと製造元の『早川さん』に行き、おばぁちゃん、またお嫁さん

と子供たちに歓迎されていました。ソースを佐野で作っているそうで、関西人の鶴瓶さん

がそう言うんだからきっと美味しいんでしょうね  ソース屋さんからご当地ゆるキャラの

さのまる君 (佐野ラーメンのどんぶりをかぶり、いもフライの剣を差す。なかなか可愛らし

いゆるキャラでした)に出会い、なんとその後、クリケットを広めようと活動されている事務

所?の方と出会います。佐野は知る人ぞ知るクリケットの日本の聖地なんですって・・

・  奇跡に近い出会いがあるから本当にぶっつけの旅なの?と疑われちゃうんでし

ょうねぇ・・・ 

唐沢さんはいもフライ⇒佐野の子供たちと出会って、その後、唐沢山に登りました。

神社は難しい方の『澤』になって唐澤山神社になるって社務所でお話しされていました

けれど、あまり深いお話しにならずに、ラストは『耳うどん』を食べに行かれてました。

創業105年の老舗のうどん屋さんで、最近ご当地グルメとして時々耳にする『ご当地う

どん』ですね~。

真四角のうどんの生地をクルッと耳の形に丸めて茹でるうどんで、ツルツルとは食べれ

ない分、ぐにゅって感じの食感を楽しむのかな?味噌煮込みとかカレー煮込みもあるっ

て事だったので味が染みたワンタンの皮の厚いのん?みたいな感じなのかなぁ~。

イマイチ味が想像できなかったけど、佐野に行くと、ついラーメンを食べようって思って

しまいがちですが、いもフライと耳うどんも知っといた方がいいんでしょうかねぇ~。

お近くですから、佐野にはぜひ行ってみよう・・・、ゴルフの帰りなんかにちょっと寄って

もいいのかもですね~。

前編が濃すぎたから、後半はいろんな紹介すべきもんをギュッと詰め込んだ感じでした。

唐沢さん、ポロッともう行きたくない  と囁いてましたが、もう暗くなる時間まで佐野で

ロケをやってたので・・・『ひとり旅』、大変だったんでしょうね~  

そんな唐沢さんなんてめったに見れるもんじゃない  

いろんな意味で面白い佐野の回でした~。

| | コメント (0)

NHKスペシャル 阪神淡路大震災から18年 大都市被災 その時日本は

本放送は1月にあったNHKスペシャルの再放送が昨晩25時20分からありました。

1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災の際、水・食料・燃料から情報通信網に打撃

があった。

現在想定されている南海トラフの地震が発生すると大阪、名古屋と言う2大都市が被害

を受け、5900万人が被災すると言う予測が立っているそうです。

番組では、水・食料についてと情報通信網の2つの側面から、万一の事故の場合にどう

なるのかを『国難プロジェクト』の予測を参考に解説していました。

まず水・食料ですが、被災する人の数が圧倒的に多く、ペットボトルの日本国内の水の

総量を勘案しても1週間で在庫が無くなるそうです。行政でも備蓄を増やすなどの対応は

しているそうですが、とても賄える量ではない。また食料に関しても停電等が予想される

中で、電力が無くてもどれくらいの食料が生産可能なのか?と言うことを流通業・製造業

の各社で検討されていると言う紹介がありました。東日本大震災の際、威力を発揮した

イオンなど流通大手が各市長村等と防災協定を結んでいるとの事でしたが、600以上の

行政との協定があり、被害状況次第ではどこまで効果があるのだろう・・・と言う状況の

ように防災訓練の様子を見ていると感じられましたね。市町村と各社の協定もさるこ

とながら横串で国が統括していないと物資の濃淡等の問題が出るのでは?と素人な

がら思いました。

南海トラフの地震では65の発電所が停止し、1か月以上復旧しないと想定されている

そうです。それは大規模停電が継続して発生する事を意味します。現在万一の防災

グッズとして3日間サバイバル出来る備蓄をと呼びかけているそうですが、東日本大震

災でさえ、3日以内の救助は叶わず、物資も被災地はおろか被災地以外のエリアでも

無くなった現実がありました。

阪神淡路、東日本大震災ともに、物資が届かないことから略奪行為に走ると言う現象は

ほぼ見受けられなかったが、南海トラフで5000万人が被災した場合、物資が届かない

と言う事がすなわちそれぞれの生命に直結する事態になる事も想定され、略奪行為が

起こることもあり得るとの事でした。だからこそ物資を届けることが大切になる・・・と。

 続いて情報通信網ですが、阪神淡路大震災の際、30万回線が不足したそうです。

あの頃から携帯やネットは急激に拡大しており、果たして南海トラフの地震でダウンしな

いのかどうか・・・。東日本大震災では東北と関東を結ぶラインが大きく3つある内の2系

統がダウンし、かろうじて切れなかった日本海側のラインで大規模障害は避けられたそ

うですが、関東⇔大阪も東日本と同様の3系統しかない上に、大阪・名古屋と言う2大都

市が含まれる。東日本大震災同様の2系統がダウンすると量的に1系統では持たない

可能性が大なのだそうです。

情報網がダウンすると金融が大打撃を受け決済業務が滞り、経済が大混乱してしまう。

故にいかにダウンさせないかがカギになる。現在大阪には地下に『とう道』と言う通信網

のトンネルが総延長100キロの距離掘られているそうですが、地盤の亀裂で線が切れな

いようにジョイント部分の改良や、換気口から津波による海水の流入が生じないような

工夫をNTT西日本がやっているとの事でした。これなどは防災・減災のインフラ整備の

お金を使ってもらっていいのかな?などと思いましたネ。

番組では、東京⇔名古屋⇔大阪の大規模通信障害の可能性を今後5年かけて調査

すると言う事でした。

本番組は真面目に視聴するととても怖い内容であり、南海トラフ等一部の地震におい

ては、今までの被災想定を根本的に見直す必要があること、阪神淡路、東日本以外

にも大地震はいくつも発生しましたが、比較できないレベルの被害が生じ、数日間の

孤立どころかもっと長い期間の孤立が充分にあり得ることを淡々と解説しておりました。

明日来るかも知れないし、100年後、200年後に来るかも知れない南海トラフの地震で

すが、東海・近畿から中国・四国に渡る広範囲な地震は近現代では未経験ですからね。

ここまでの事態が『最悪、起こる可能性がある・・・』と言う想定を知れた事は良かったで

す。

 もっとも知ったところで何が出来るのか・・・と言う事が大切で、自分のためだけでなく、

幸い地震に遭遇して生き残った前提ですが、その際には何が必要なのか?と言うこと

を良く考えなきゃいけません。

これから行政でもいろんな情報発信があるのでしょうし、それをしっかりキャッチして、

助かる命は助かる方に持っていかなきゃ・・・なんでしょう。

東日本大震災を経験し、ハザードマップ等も勘案、自分が住んでいる所は万一の時

どうなるんだろう?と言う想像をしていましたけれど、全然それでは足りなかったこと

を知ったと言うだけでも大きな意味のある番組でした。

この番組はあくまで『最悪の想定』と言うことで、実際南海トラフの地震が発生しても

津波の高さを含め、本当にそうなるのかどうかは分かりませんけれどね。

万一に備える事が大事で、その備えは無駄ではないと言う事なんだと思いました。

| | コメント (0)

八重の桜(5)「松陰の遺言」・・・

イントロダクションが終わって時代が動きはじめました。

覚馬さんとうらさんのお腹の中の赤ん坊が亡くなり、吉田松陰さんが亡くなり、大老井伊直

弼さんが亡くなりました。歴史の流れの中では、また地位・役職の差はありますが、みんな

同じ命。命が摘まれるのは悲しいこと。

井伊直弼さんとて時代に命をかけていた・・・。

うらさんが庭で育てていた豆に八重さんが添え木を立ててやり、うらさんがやってた様に

八重さんが弟のいる前で豆に話しかけているところを流産したばかりのうらさんが愛おしく

涙ぐんでいる姿を見て涙してしまいました。

獅子舞同士のけんかに子供が巻き込まれそうになったのを守ろうとする八重さん・・・。

これからの時代の激流の中で、物凄くたくさんの会津の命がいとも簡単に果てて行くこと

との対比なのでしょう・・・。

う~ん、辛いなぁ・・・。

僅かに15年程度の時の流れなんですね・・・。

| | コメント (0)

恵方巻き・・・

今日は節分。大阪出身の私の恵方巻き談義など・・・ 

我が家は十数軒の家が建ち並ぶ袋小路に建っていまして、とてもフレンドリーなストリート

でございました  節分の日は夕方頃から『鬼は外、福は内~』の大声が隣近所から

聞こえてきます。それではウチもそろそろやりますか~と言う訳で『豆まきタイム』が始まり

ます。この季節には袋入りお豆さんにもれなく赤鬼の紙製お面がついてました。

『鬼は外、福は内~』、いつの頃からか鬼の役はちょかな私の役目だった気がします。

散々豆をぶっつけられた後でお面を外して、豆喰いタイムが始まります。年の数だけあ

の豆を食べろと親から言われて、食べておりましたが・・・お菓子好きの子供の味覚をも

ってしてもあの豆はあまり美味しい物でなく。節分の儀式と言うものは実に迷惑なモノで

ありました。

隣近所から『鬼は外~』と言う声が聞こえてくると、仕方がないから今年もやるか~ 

と同調して豆まきをらなきゃならない日が節分だったんですよね~。風神・雷神と赤鬼

は管轄が違うのか雨が降る事もある  節分と言うのは大阪地方で辛い一日だった

んです。

ところが・・・です。私が小学校高学年頃だったと思うのですが、オカンが切ってない巻

き寿司を買ってきて、これを丸かぶりしろと言う。最初はオカンの知識が不足していた

のか『恵方』なんて言葉はなく、単に丸かぶりするだけの儀式でした。

豆まきから『丸かぶり』に移行したんです。ある年から一斉に『鬼は外・・・』の声が聞こ

えなくなりましたのでご近所のお寿司屋さんがオバハン連中に一斉に声をかけたのか

なぁ。ちょうどその頃にご近所に『松寿司さん』が出来たから・・・、そこがお商売上手だっ

たのかも知れません 

巻き寿司のかんぴょうとやや甘めの玉子焼きにピンクのでんぷが大好物でしたので、

節分が大好きになりました  辛い儀式から美味しい儀式に生まれ変わった節分。

ご近所にも迷惑がかからなくなっちゃったんです  袋小路全体で支え合って暮らして

居たのが、お隣の声が聞こえなくなって核家族化してしまう。今にして思えば、そんな変

化の象徴だった気がします。年が経つに従って、『無言で食べて』とか『恵方』なんてもの

がもっともっともらしく肉付けされていき、さも古代からの風習の如き新しいスタイルが出

来あがっていきました。

今思うと、『鬼は外・・・』はご近所迷惑ですし、雀が激減してその代わりに増えたカラス

ではあのお豆を処理出来ませんしね。大阪の風習・文化が進化したんですね~。

あまりに絶妙な文化に仕立てあがったのでそれから25~30年かけて全国に広まった。

広まると同時に、私が今住んでる関東などでは、巻き寿司の丸かぶりから、ロールケー

キの丸かぶりなどかなり劇的な進化を遂げた。巻き寿司までは赤鬼とギリギリ脈絡が感

じられる儀式でしたが、ロールケーキと紅茶のセットになってしまうともはやクリスマスの

親戚で、キリスト教の儀式かなと勘違いする事態になっています 

寿司職人とパティシィエが勢力争いをしているんでしょうね~。きっと 

そのうち、ロールケーキから何号のデコレーションケーキになっちゃうのかなぁ~。

もっともケーキと紅茶を無言で、恵方を向いて食べるなんてきっとイギリス紳士・淑女に

はきっと理解されない風習になるんでしょうけど 

以上、ちょっとした恵方巻き談義でした。

| | コメント (0)

十勝でやや大きな地震がありました・・・ 2013・2・2

最近やや大きな地震が増えていますね。

先ほど十勝で震度5強、マグニチュード6.4の地震がありました (25.2.2.PM11時17分)。

ネットのニュースで速報を見て、やや大きな地震だなと思っていたら3分後にさいたま市

でも揺れを感じました。ゆっさゆっさと言う揺れで『おや?』と思ってペットボトルを見たら

水面が揺れてました。

十勝から地震の揺れはさいたままで3分かかるんですね・・・。

初めて知りました。

ところで最近やや大きめの地震、震度5弱以上の地震が増えてますね。

首都圏だと茨城が震源域のモノが増えていると感じます。

南海トラフが危険だと言ってますが、研究機関の縄張りではなく、正味、日本列島の今を

予知が出来るのであれば、一度しっかり説明してもらった方がいいですよね。

一般人の私だって、最近おかしくない?と感じているんですから。

勝手に震度5の地震なんて起きないでしょうから、地盤にそれなりに歪みと言うのか

力がかかっているのでしょうからねぇ~。

観測網もしっかり出来ているのでデータも取れているでしょうし。

『予知』に対して、疑義が出ているんだからしっかりと正当性を示すためにもしっかり

と説明すればいい。

震度5程度は予知の範疇に非ずと言うのかなぁ~。

個人的にはこれだけ観測網を敷いても、結局、都道府県レベルどころか関東とか近畿

なんて言うレベルでも地域の予知は出来ていないと言う気がするのですが。

時々不安を煽るような記事やレポート、富士山が危ない・・・なんて煽り記事を発表して

それで研究予算を奪取しているように思うんだけどなぁ。

過去20年くらいを振りかえると、大地震と呼ばれる地震がいくつか発生していますが、

一度も特定されていませんもんね。

さも予知できるように発表されていますけど、結局は太平洋岸のほとんどが危険と

ハザードマップに色を塗っていながら、東日本大震災の震源の福島沖を外すみたい

なモノで。

これは危険だとか、危険の可能性が高まって来た、またはそう国民が不安に思って

いるのであれば、『危険度が増している』とか『最近、大き目の地震が増えているけど

偶発的なモノで気にする必要はデータ的には測定されていない』とか、キチンと発表

すべきですよね。だって予算をとってデータの収集を委ねられているんだから。

危険を察知しても警報音が鳴らない報知機ならそんなモノは要らないでしょう。

原発村に比べると、地震村は震災を謙虚に反省しているとは思いますが、それでも

『アラーム』を発するのが怖い・・・と言うのでは職責が果たせていないと思います。

私は最近大き目の地震が増えてきて怖いなと思っている次第です。

| | コメント (0)

テレビ60年記念ドラマ メイドインジャパン(2)

60周年記念ドラマで『メイドインジャパン』と言うタイトルもあり、2回目の放送 (全3回) も

視聴したのですが・・・今回は『?』と言うか、そんな方に進んじゃうの?と言う展開にな

ってしまいました。

タクミの話しより各家庭だったり、従業員同士のお付き合いだったり・・・。

まぁひとつひとつの家庭を支えるよりどころがタクミなんだ・・・と言う事なのかも知れない

けれど、巨大企業の運命が元同僚の家族のいざこざに左右されるストーリーと言うのも

なぁとちょっとリアリティーに欠ける部分がありますねぇ。

最終回でそれもこれも大団円になれば納得するのかも知れませんが。

今回のドラマでは國村さんとキムラさん演じるご夫婦の会話が個人的には良かったなと

思いました。

スタッフも時間も贅沢な使い方をしているドラマなので、ちょっと第2話はストーリーの運び

方がもったいなくないかな~と思ってしまいました。

| | コメント (0)

やっぱり…銚子電鉄自主再建断念

銚子電鉄が自主再建を断念したと言う報道を見ました。

ぬれせんべいで危機を回避した鉄道だけに残念と言う声が多くあるようです。

震災以降の利用者減が響いたとのことでした。

路線が6キロ程度と短い鉄道で沿線に産業がないことも要因なのでしょう。

私は去年銚子に行った際、銚子電鉄の一日券を購入して銚子ツアーに行きました。

私以外の方もブログに書いておられましたが、銚子電鉄の車掌さん?乗務員さん?の態

度が極めて横柄で不快でした。改札などがなくそのまま銚子電鉄のホームに行けたので

すが切符が無いので不安になります。停まっていた車両に乗務員さんが居たので切符は

どこで買えばいいのでしょう?と尋ねました。そしたら車内で買えますとのことだったので、

その乗務員さんの所に行こうとすると『座って待て』とつっけんどんに言われました。

停まってる電車だし、まだまだ発車時刻でもなし、車内で立つのに怒られることもないです

よね。この乗務員さんは途中の駅までずっとムスッとした態度で切符の販売や改札を

してました。

のど元過ぎればなんとやら・・・なんでしょうかね。

地方の鉄道はなかなか厳しい経営環境なんだと思うのですが、各社、鉄道愛に溢れた

乗務員さんがいろんなサービスをやってます。温もりのあるいかにも手作り的なサービ

スに触れて、応援したくなるところがいっぱいあります。

今回の銚子電鉄自主再建断念の話しを聞いて、やっぱりなと思ったのは私だけではな

いでしょう。

乗務員さん、社員さんの気持ちが変わらなければ、自主再建を断念した事でモチベーシ

ョンはどんどん下がり、公的資金が入っても底なし沼にお金を放り込む事になるのでは

ないでしょうか。

鉄路は無くなると地域がどんどん廃れる元になると私は思っています。だから廃線は

極力避けた方がいいと思っています。

但し、だからと言って地域におんぶに抱っこのモラルハザードが起こってしまっては地域

に負担だけを押し付けることになる。

乗務員さんの態度はささやかなことなのかも知れませんが、ガッカリさせることのない

様にぜひ改めて貰いたいと思うし、社長さんが税理士さんに変わったとの事ですが、

帳簿ばかり見ないで、肝心要の銚子電鉄の質をしっかりと改めて貰いたい。

おんぶに抱っこではダメですよ。

ファンだからこそ・・・ぜひ頑張ってもらいたいと言うエールの意味も込めて、銚子電鉄

の自主再建断念のお話しについてココに書かせていただきました。

| | コメント (0)

浦和駅、池袋駅で・・・

昨日、新宿御苑に行って来たのですが、まずは浦和駅をご紹介しましょう~ 

Photo

私が居るのは高崎・宇都宮線ホームですが、お隣の新宿湘南ライン用の浦和駅もほぼ

完成と言うところ。3月24日からの運用ですが、運行掲示板も表示されていました。

若干の工事が残っているのでしょう・・・列車が来るたびにホイッスルが鳴って工事のおじ

さん達に注意を促しておりました。

続いて池袋駅の様子です・・・。

2

こっちはホームドアがほぼ完成していました。

Photo_2

出来てはいるけどまだ運用されていないので、警備員さんがホームに立って利用者の

注意を促しておりました。

ホームドアで事故は激減するのでしょう。

命は大切だから・・・やっぱり有った方がいいんでしょうねぇ。

先日、ジョギングに行こうと表に出たら、変なところで電車が停まっておりまして、北浦和

駅のそばまで行くと、京浜東北線の北行きの電車は停止線の2輌分手前で、南行きはラ

スト1両がホームからはみ出して停まっており、電車に乗ってるお客さんは諦めてジッと座

っておられました。宇都宮線も停まっていたからてっきり地震があったんだ・・・ 

私が気がつかなかったんだろうな~と思ってビビリながらジョギングを済ませてPCで何が

あったのか調べたところ、地元の北浦和駅で人身事故があったとの報に接しました。

事故の程度だとかは分かりませんでしたが、最近、たしかに増えている気がします。

特に京浜東北線はよく事故で停まっています。

事故の頻度からすると防止策は採った方がいいんでしょうね。

個人的には・・・関東は列車が10輌とか15輌と長いので、ホームにめちゃくちゃ早い速度

で進入してくるでしょ。あれはどんなもんだろう。もっとゆっくり走ってもいいんじゃないの

~と思うんですけど。

急ぐ人にはあの速度は必要なんでしょうけれど、もともとの速度が遅ければ、そのダイヤ

に合わせて人は行動する訳で・・・。

ウチの前を深夜にも関わらず、轟音と震動で迷惑をまき散らしながら貨物列車が走って

るんですが・・・特に深夜1時15~17分ごろ走る貨物~  合法的な暴走族か~とウト

ウトしかかった時間帯だけに腹が立ちますが、もう少し穏やかに走ればいいのにね~。

在来線なら60キロ位で走れば充分な気がしますけどね~。

あれ?いつの間にかボヤキ節になってますね~。

池袋駅のホームドアと湘南新宿ライン浦和駅ほぼ完成の写真を紹介したかっただけな

のに・・・ 

| | コメント (0)

カンブリア宮殿・・・studio-L 代表 コミニティデザイナー 山崎 亮さん

2013年1月31日放送のカンブリア宮殿のゲストはスタジオL の代表で、コミニティデザイナ

ーの山崎 亮さん。コミニティデザイナーなる仕事が分かりにくいですよね。

山崎さんがご自身の職歴から分かりやすいお話しをされていましたので、ちょっと紹介し

ておきます。

山崎さんは元々公園等の設計、ハコモノの設計のお仕事をされていました。1973年生まれ

とのことなので今年40歳。バブル崩壊以降に世に出た人ですね。それ故と言う事もないの

でしょうけれど、ハコモノを設計してもハコモノ自体が飽和状態にあるのでは?それなら、

ハコモノをもっと活用するプランナー?デザイナー?になろうと言うことで、コミニティーデ

ザイナーになったと言うことです。お分かりいただけましたか?

具体的なお仕事で言うと、『地域再生の請負人』と紹介されておりました。

が、彼がああしなさい、こうしなさいと言うのではなくて、その土地に入って自ら地元と溶け

込み、地元の人とお話しする中で、何をしたらいいのかを考えてもらうのを業としている。

決してお仕着せのデザインをする訳ではないんです。

具体的なケースとして、『家島』の『のりっこ』と言う海苔のつくだにやコミニティバスの

活動、鹿児島の旧三越のビルの活用のお話し(現・マルヤガーデンズ)、隠岐諸島の

海士町(あまちょう)の活動などが紹介されました。

スタジオLさんについても紹介しておきますと、スタッフが21名で年商が8000万円。

どうやってお金儲けをしてるの?と言うのが福山市のケースとして紹介されてました。

福山市は現在地方都市にありがちな福山駅前の衰退が目立ってきている。市として

もなんとか衰退を食い止めようと何十億もかけて駅前駐車場を整備したり、補助や助

成制度を設けてテコ入れをしようと努力しているのですが、どうにも効果が表れない。

そこでスタジオLさんに500万円の予算で、活性化の起爆剤になって欲しい・・・と依頼

する訳です。そこで山崎さん流の活動を展開し、地元の方が主役になるように仕向け

てイベントを打つ。単発では効果が薄いのでこの実績を行政が評価して、次年度は更

に予算を振り分けてくれる事を望んでいますとのことでした。少しずつ福山市独自のプ

ラン、デザインが膨らむのでしょう。骨格が出来あがって肉がついてくると徐々にスタジ

オLさんはフェードアウトしていく・・・と言う塩梅ですね。

主役は地域であり、地域の人々  です。

それぞれの地域でいろんな方々に集まってもらう際の面白技術が紹介されました 

公の業務だから老若男女、偉いさんや声の大きい人、話が長い人・・・いろんな意見や

プランが出ます。番組で紹介されたケースは最初はグループ討議からでした。本来的

には地位や声の大きさで地域の意見が歪まないことが大切なので、7.5センチの付箋

にすべての意見を書き出すんですって。そうしたらどれもが1つの意見として表現され

るからって。そしてホワイトボードにどんどんと付箋を貼りだしていくと地域の声が把握

しやすいと山崎さんは話してました。

朝まで生テレビもそうやると、単に討論を楽しむ番組からキチンとした提言が出てくるの

かなぁ~。閑話休題・・・。

今、スタジオLさんは三重県の伊賀に事務所を作ったそうです。大阪からも名古屋から

も車で90分。決して交通の便は良くないし、どちらかと言うと伊賀そのものが衰退してい

る町です。なぜにそんなところに事務所を構えたのかと言えば、元々が地方のコミニ

ティの仕事をしてるのだから、便利ではないところに事務所を構え、伊賀の町でも地域

と溶け込む事で学びの場としたいと言う事でした。

そして学生さんや若者がスタジオLさんにコミニティーについて学びたい・・・と大勢の

人が集まってくるそうです。小池栄子さんが曰く、学生さんの中には三重に部屋を借り

て、スタジオLさんを学びの場としている人もいるとの事でした。

番組で紹介された伊賀での活動は農家のおじいちゃん、おばあちゃんとの餅つきでし

た。餅をついて団らんの場で和気あいあいと食事する。お年寄りも若者とお話しする

ことで楽しみが出来るし、若者だってお年寄りと触れ合う事で伊賀の風習に接してコミ

ニティーに参加する喜びがある  親戚みたいなもんだっておじいちゃんが言ってま

したが、実はコミニティーの一員になることって楽しいんですよね。

過疎、高齢化、限界集落って話題がどんどん出てくる時代になってしまってますが、

人口減少社会ではある程度仕方がないんですよね・・・。

さて、それを甘んじて受け入れるのか、それとも・・・。

そのひとつの提案として、山崎さんの活動があるんでしょうね。

恒例の村上龍さんの編集後記です。

「世間」は消失しつつあるが、それに代わるコミュニティは育っていない。宗教的規範が

機能している国だったら、人々は教会やモスクに集まり孤独から逃れられる。山崎さん

の活動を知って、自分はシリアスな変化に気づいていなかったと思った。疲弊した地方

の現実、人口減少による全国的な過疎化への想像力が足りなかった。コミュニティの復

元は、単なるヒューマニズムではない。生産性の急落を防ぐという経済イシューなのだ。

そして、山崎さんの活動は、「ひょっとしたらすべてが手遅れかも知れない」という、ニヒ

リズムとの闘いでもある。

世間は消失しつつあるが、コミニティーは育っていない・・・。確かにそうなんですよね。

先日のガイアの夜明けで破綻しかかっている泉佐野市と破綻した夕張市の活動を紹介

していましたが、夕張で面白い話題が紹介されてました。

夕張は旧炭鉱住宅が市営住宅として利用されているのですが、空室が目立ち、一棟に

数人しか住んでない建物がうんとあるそうです。夕張の人口減少には歯止めがかかり

ません。そこでコンパクトシティと言ってより便利なところに集まって住んで貰おうと新た

な町づくりをやっている。お金はかかるけれど、実は多くの建物を維持するメンテよりも

安く済む訳ですよ。住みなれた所を離れるのは嫌だと言うお年寄りも大勢いるのでまず

はと一棟建ててみた。引越してきたお年寄りは喜んでいました。だって寂しくないんだか

ら。昨日はどこ、今日は、明日は・・・とそれぞれのお宅に集まって毎日お茶のみ噺に花

を咲かせているんだから。ここに引っ越してきて寿命が10年は伸びたよ~と笑うおばぁ

ちゃんの笑顔がありました。

人は本能的にはコミニティーの中で暮らしたい生き物なんだと思うんです。

孤独がいい、ひとりがいい・・・単身世帯が増えていると言いますが、決して望んでそう

ありたいと言う意見が大勢を占めるのではなく、仕方なく、やむを得ず・・・と言う事なん

だろうと思います。この震災で一人でいる事が辛くなって・・・と言う震災婚も随分とあっ

たそうです。

人が減るとコミニティーが疎になるのは真理ですが、つながり方の工夫次第では、従来

にない繋がり方ができ、新たなコミニティーが出来るのではないか?

山崎さんが携わった仕事の中には新たなお祭りが出来たものもあると言います。

お祭りだってイイし、自治会だって開き方、活動次第では充分に面白いコミニティーに

なりますよね。マンションの自治会や管理組合なんかもそうですね。何も居住区域に

縛られずに趣味などだっていい。言ってしまえば『仲間』と一緒にツルんでいる時って

幸せなんですよね  

旅先でだって地元の人と触れ合えば旅の楽しさは何倍にもなりますよ。

スタジオLで学んだ若者たちがいろんな地域に根を張って活動するようになれば、きっ

と楽しい未来になるだろうなぁ~。

若者や学生さんたちが伊賀でコミニティーを学ぼうとしている姿にも好感が持てました。

バブル世代には全く無かった発想です。ガンダムで言うニュータイプって実はああいう

人だったりして・・・。民族としての日本人がおかしくなりかけている時に現れた若者で

すもんね~。いいなぁ~。羨ましいなぁ~  

もちろんジジイの私にだって・・・なんですよね~。

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »