« つるやオープンゴルフトーナメント 2013 ・・・第二日 | トップページ | ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅 第14弾 名古屋~能登半島・・・二日目 »

ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅 第14弾 名古屋~能登半島・・・一日目

ちょっとお出かけしていまして、余裕をもって行動していた訳ですが・・・まさかの渋滞に

ハマってしまって18時30分~の番組開始時刻から遅れること10分  

今回の路線バスの旅は名古屋から能登半島の旅と聞いておりましたけれど、テレビの

電源を入れた時にはコミニティバスで県庁を走っているところ  でした。  

いつもの太川陽介さん・蛭子能収さんに加えて今回のマドンナは森下千里さんです。

恒例の3泊4日で愛知県・名古屋駅から能登半島の最北端・禄剛埼灯台を目指す旅   

始っていた部分は番組HPから転用します  

名鉄バスターミナル⇒市役所・・・かふぇさんぱうろさんでモーニングを食べていたそうで

す。最寄りのバス停・・・と言う事で県庁からバスに乗り、県庁前⇒北部市場東⇒小牧市役

前⇒小牧駅とコミニティバスの連続でした。いきなり超ニッチ路線で、マイクロバスと言う

よりもハイエース?と思ってしまう程の小さなバスにちょっとびっくりで今回のバス旅に

いきなりの暗雲感が漂います。

岐阜方面を目指さなきゃなんですがルートが  あまりのフレンドリーなちっちゃなバス

だったので乗り合わせたおばちゃんの勢いに押され、最短ルート情報をゲットしていた

にも関わらず『市民病院』のバス停を3度もウロウロすることになってしまいました。

とっさの判断って難しいですからね~。

小牧駅⇒岩倉駅⇒尾張一宮駅と順調に路線バスを乗り継ぎます。

あまりに順調に乗り継いだために昼ごはんを食べる時間がなく、カレーを食べたいと

言ってた森下さんのリクエストにお応えして、まさかのバス停まえに有った『すき家』さん

のカレー南蛮牛丼のテイクアウト  蛭子さんはカレー好きだから全然OKです  

蛭子さんの注文は『牛あいがけカレー』でした。もう第14弾ともなりますと、この辺の蛭子

さんチョイスにはガッテン  です。外さない蛭子さん・・・大好き~ 

すき家さんのテイクアウトはバス停で食べて満足・満腹になったご一行、尾張一宮駅前

⇒川島へと向かいます。蛭子さんが森下さんに『今は彼氏が居るの?』と言う質問から

『どんな人がタイプなの?』と尋ねると、森下さんはケロッと『サムライタイプ』と答えます。

蛭子さん真顔で『俺と真逆のタイプだね・・・』  よく分かっていらっしゃる・・・(笑)

1時間半のバス待ちタイムが思いもかけずに発生したため、町の方にどこか観光名所

はないでしょうか?と尋ねたところ、『くすりの博物館』なる施設がありますよと親切に

教えてもらいました。それを聞いた蛭子さん・・・『なんか楽しそうじゃないな』とつぶやき

ます。出た~、蛭子さん節  考えるより先に口に出てしまってる・・・  

奔放な蛭子さんとそれをたしなめる太川さん・・・。これこそ路線バスの旅~  

博物館にあった能トレで遊ぶと結構楽しんじゃうのも蛭子さんの特徴です。

太川さん、現在54歳にして、能トレ年齢は-8歳。蛭子さんは65歳に対して-11歳の結果

にマシンが壊れてるんじゃないの?と思いました  

川島⇒JR岐阜駅まではスイスイと進みました。岐阜駅はとても立派な駅でした。

バスの中で、太川さんは地図と格闘中で岐阜から先のルートを郡上に採るか、美濃に

するかで悩んでいます。退屈する森下さん。おじいちゃん(蛭子さん)、かまって攻撃に

出たのですが 『今日は眠たいから勘弁して・・・』って、蛭子さんはいつもバスで寝てる

くせに・・・と思って聴いていると、明日以降は大丈夫だから  とテキトー発言。

この辺、蛭子さんワールドで面白かったです。

結局、郡上方面はバスが無いことが分かって、美濃ルートを選択し、バスに乗ると、

蛭子さんお得意の運転手さん攻撃に。岐阜駅⇒美濃市駅⇒洞戸栗原車庫とルート

を見つけた所で・・・バス路線がつながらない。

車庫でルートを確認するも時間も遅くなり宿泊先も兼ねて、前回の旅でも使用した

必殺  宿の送迎車を使う作戦に出ようとする太川さん  

バス路線が繋がらないため・・・タラガトンネルと言うトンネルを歩いて向こう側に出て、

そこから先は出たトコ勝負  と言うプランを立てます。

外は雨、暗くなってきてドキドキ感を演出するバックミュージックまで流れます。

どうなるの~ですが、福祉センターまで地域バスで行き、最寄りの高畑温泉に太川

さんが電話します。

『えっ、?お休み・・・』  送迎バス作戦・・・早くも断念  と思ったら、もうひとつ

お近くの神明温泉 湯元 すぎ下さんに電話  『宿泊OK&送迎も◎』

湯元 すぎ下さん、ありがとう  路線バスの峠越えはいつもスリリングすぎるわ~。

第一日目は名古屋⇒板取まで

最後はバタバタして、初日にしてバスルートが無くなるの?とヒヤリとしましたけれど、

まずは順調なスタートなのかな・・・と思いきや、雨の中、雨傘をかぶって露天風呂に

入る太川さんと蛭子さん、揃って『今日は歩かなかったのに辛かった一日だったね』

と一日を振り返っておりました。

名古屋からの一日目は一番バス路線が多そうなのですが、多いからこその難しさ・・・。

そんな第一日なのでありました。

 

|

« つるやオープンゴルフトーナメント 2013 ・・・第二日 | トップページ | ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅 第14弾 名古屋~能登半島・・・二日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

見てました。
丁度GW初日というゆる~い気分の時で、見るには最高のタイミングでした♪
テレ東の旅・グルメ番組はけっこう好きだけど、このシリーズは見逃せません。

蛭子さんは相変わらずのマイペースで、
食事もいつもながら地元特産品なんて眼中になく、
普段食べている物を、特に味わう風でもなく淡々と口に運んでましたねw
蛭子さんにとっての旅行は、景色を楽しむとか関係なく、ただ身体を移動させるだけって感じw

ただ今回のマドンナ役の森下千里ちゃんは、ちょっと若すぎたかな?
この番組の見所の一つは、マドンナ役が蛭子さんをイジルとか、
適当にあしらうトコの可笑しさがあると思うんですが、
それには、30代半ば以上の女性の方が長けている気がします。

投稿: くに | 2013年4月28日 (日) 14時18分

くにさん、コメントありがとうございます。
太川さん・蛭子さんのコンビは円熟してきているので、おっしゃる通り30代半ばで、がんばり屋さんで明るい女性がマドンナとして参加してくれるといいですね~。
今回はちょっと蛭子さんが可哀そうでした (笑)

今回の旅も楽しかったですね。早く次回が見たいです~ (^^) 

投稿: リバー | 2013年4月28日 (日) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つるやオープンゴルフトーナメント 2013 ・・・第二日 | トップページ | ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅 第14弾 名古屋~能登半島・・・二日目 »