« ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅 第14弾 名古屋~能登半島・・・二日目 | トップページ | ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅 第14弾 名古屋~能登半島・・・最終日 »

ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅 第14弾 名古屋~能登半島・・・三日目

路線バスの旅、第3日目は朝9時30分。神岡営業所からのスタートです。

森下さんが昨晩の蛭子さんの発言『ゴールに向かって突き進むだけ・・・』と言う様な発言

を蛭子さんがしていたのを驚き、さすがにイイことを言うな~と感動したと言う旨の発言を

したところ、蛭子さん、悪びれることもなく 『カメラが向いてない時が本来の自分の姿だ』

と豪語してました  少年・蛭子さん  素晴らしい 

神岡営業所⇒富山駅へと進み、富山駅の案内所で3人がこの先のルートを尋ねましたら、

なんと『路線バスのファンです』と、案内係のおばさんから思いがけない嬉しい声がかかり

ました。もう第14弾だもん。案内所の方々も次こそはウチに・・・  なんて思っている人

も多いのでしょう  太川さん・蛭子さんコンビは浸透してますよね~ 

富山駅⇒高岡駅⇒氷見営業所とバス旅は進みます。

このバスの中で太川さんの事務所あてに届いた6歳の子供さんの路線バスの旅へのファ

ンレターが紹介されました。前回の旅のラスト・新潟で、3人組がまさしくご近所を通った

事が嬉しかったとのファンレターです。

前回のバス旅は我が埼玉県を一日目は通りました。近くを通ると6歳の少年じゃないけ

れど親近感が湧きますよ  6歳の子供の気持ちが分かるわ~と思ってましたけれど

演者の太川さん、蛭子さんもご理解いただいている様で・・・  だからこその人気番組

なのでしょう  

氷見営業所から氷見中央には徒歩で移動し、氷見中央⇒脇⇒七尾駅前に移動。

もう旅の疲れでバスの中で爆睡する蛭子さんと森下さん。太川さんはルートの選定の

為、ずっと真剣に地図とにらめっこです。これまたよくあるバス旅の名物シーン。

キャラが出ていて面白い  

七尾駅前⇒高浜⇒富来駅へと進んだ頃には時計は19時を指していました。

そうなると・・・宿泊ポイント。旅館・民宿は嫌いな蛭子さん。さて・・・ 

シーサイドヴィラ渤海さんと言うホテルを発見。3名の宿泊も◎になり、3日目が終了した

のでありました。

3日目は神岡~富来まで。

なんだか楽勝っぽい展開ですゾ  

割烹・満升さんで、名物の海鮮丼を太川さん、森下さんが食べ、蛭子さんは牛丼(玉子

とじ牛丼つまりは他人丼)を食べていたのでありました。

|

« ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅 第14弾 名古屋~能登半島・・・二日目 | トップページ | ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅 第14弾 名古屋~能登半島・・・最終日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅 第14弾 名古屋~能登半島・・・二日目 | トップページ | ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅 第14弾 名古屋~能登半島・・・最終日 »