« 鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・東山紀之さん 和歌山県湯浅町 (前編) | トップページ | 熱中症にご用心・・・ »

牛久保耳鼻咽喉科にて

暑くて寝苦しい夜に、たんが絡んでなかなか寝付けない。

ウトウトすると眼が覚めてしまうんですよ。呼吸が苦しくなって。

熱帯夜も続きそうなので、具合が悪くなる前にネットで情報を調べまして、与野の牛久保

耳鼻咽喉科に行ってきました。(病名を聞くだけでビビってしまう喉頭の病気かなとも思った

ものですから )

ここは歯医者さんみたいに予約制です。でも私は初診と言う事もあり、ちょっと予約時間よ

りも待ちました。

病院の待合室で待つのって嫌ですね。病院の雰囲気と、怖い病気にかかってしまっている

のではと言う恐怖感が私を飲み込んでしまいます。

大勢居た患者さんがいつのまにか居なくなってしまって私一人になってしまった。。。

なんか嫌だなぁ~と思いながら待っていました。

妄想家の私としてはお人払いをした上で、怖い病名を告げる気か・・・と思ってしまった

のでありました 

でも・・・患者さんがひとり、またひとりとやって来てくれて・・・  

なんとなく初めて会った方々ですが、病人仲間って気持ちが出来て落ち着きました 

予約した時間は過ぎてましたけれど、どうぞ先に診て貰って下さい。。。と言う気分だっ

たのですが・・・『予約のリバーさん、お入りください』  

名前を呼ばれまして、先生の前のイスに座ります。女医さんでした。

  『どうされたの?』

  『7月2日からちょっと風邪気味で、市販の薬を飲んでいて鼻は収まったのですが、喉  

    がダメ。就寝時にたんが気になって寝付けません・・・』 

 ほぼ100点の回答をしました  

  『喉はどのあたりが痛みますか?』

  『鼻と喉の合流地点です』 

ではちょっと診てみましょう。。。

鼻に突っ込むマシンの登場  これが嫌だから耳鼻科は嫌いなのに・・・  

私が痛いのは喉だと思うんだけど・・・。

痛みもなく数秒で終わって、ちょっと鼻の奥を診ますと綿棒を2本、それぞれの鼻の穴

に突っ込まれて『放置』。私の視界に綿棒の触覚が出来ました  イ・タ・イ  

ズボッと抜かれた時に涙が両の眼から一滴こぼれました  

 『喉を診ます』  『口を開けて・・・』

 『・・・ 

見えないのかな・・・

 『ちょっと舌を失礼します』

舌をガーゼで引っ張られました。でも見えないみたい・・・

 『エ~と言ってみてください』

舌を引っ張られたまま・・・

 『エ~』 

おっ、喉かカポッと開きました  先生さすが  舌を引っ張られたままなので心の

中で叫びました。おそらく先生にも通じたと思います  

続いて鼻吸引マシンが再び登場  

怖いなぁ~。痛くしないでね・・・。

スッ ズ・ズ・ズ・・・・

かなり奥まで突っ込みます。まるで鼻の粘膜ごと吸引される勢いです。

 オ・オ・オ・・・ 声が出たのか心の叫びか・・・

粘膜どころか鼻の穴から脳みそを吸引されてる気分です 

時期が時期だけに・・・私の両眼がゲリラ豪雨状態でした  

(個人差があります。あくまで私が感じたままを証言しています。) 

 『喉の炎症ではなくて、鼻の炎症です。抗生物質のお薬を出しておきます。今日は後

 ろの機械で吸引して帰って下さい・・・。』

 『ハイ。ありがどう゛ございま゛じだ 

両の眼からこぼれおちる涙をそのままにして、耳鼻科特有の鼻マシン  へ。

耳鼻科の恐怖はもう終わってますから、これは泣き顔を他の患者さんに見せないように

女医さんが配慮してくれたのかも知れません。

子供の頃のマシンはこの緑の電気が消えるまで鼻に器具を突っ込んでいてください・・・

と言われたのですが、最近のマシンは数秒ごとに…がひとつずつ消えて行くスタイルな

んですね。いい塩梅で消えて行くもんですから、散々泣いた涙の跡もうまい具合に消え

て行きまして・・・。気分がまぎれていいもんです。

ランプが全て消えましたので鼻に突っ込んでいたソフトビニールの先っちょを外してゴミ箱

にシュートをしまして・・・元気な声で  

 『ありがとうございました』・・・とお礼を申しあげまして診察室から出たのでありました。

無事の生還おめでとう・・・  誰からも称えられることもなく・・・お会計を待ったので

ありました 

怖い名前の病気でもなく、鼻の炎症を抑える薬も貰えたし・・・これで今晩から眠れるか

なぁ~と言う安心感  

こんなことなら・・・もっと早く来ておいたら良かった  

あっ、どちみち鼻マシンで泣かされるのか  

あれが無かったら、耳鼻科も怖くないんだけどなぁ~ 

以上・・・私のちょっと長めの耳鼻科体験談でした。

牛久保耳鼻科はイイ先生ですよ。念のため。

鼻マシンはどこの耳鼻科もやりますからね。あれはどこも痛いもんです  

問診から診察、治療、薬の処方までズバッと安心の治療だと思います。

風邪や耳鼻の病気にならないことが一番ですが、万一の時にはまた牛久保耳鼻科を

リピートしようと思っています。

健康第一、みなさまもご用心あれ~ 

近いうちに、病院祈念として私の病院談義も書いてみたいと思います・・・。

乞う、ご期待  

ZARDさんの歌に・・・

『涙の数だけ強くなれるよ・・・』と言うのがありました。

あれはホンマ、真理ですね。。。

 

|

« 鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・東山紀之さん 和歌山県湯浅町 (前編) | トップページ | 熱中症にご用心・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・東山紀之さん 和歌山県湯浅町 (前編) | トップページ | 熱中症にご用心・・・ »