« 鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・野際陽子さん 山形県鶴岡市 (後編) | トップページ | コーヒー牛乳・・・ »

春日部がゲリラ豪雨で水没・・・

さいたま市とお近くの街、春日部がゲリラ豪雨で水没してしまったと言うニュースを見まし

た。

市役所周辺の道路が冠水してしまったようです。

ゲリラ豪雨の原因はヒートアイランドの熱波が上空の冷たい空気とぶつかって積乱雲が発

生し、集中的な豪雨になる・・・と言う事の様です。都市が熱くなると猛烈な熱波が発生して

しまうんですね。

それぞれ現行法規に従って建築をしている訳ですが、どうも『都市化』の弊害までは、残念

ながら現行法規は追いついていないのでしょう。

昔の排水量から下水道網が設計されているのですが、ヒートアイランドによるゲリラ豪雨

なんて想定していないので、排水がフルになってしまう・・・  

言わば首都圏で暮らしている方々の生活がゲリラ豪雨に熱波を供給し、ロシアンルーレッ

ト的にどこかの街がゲリラ豪雨の被害を甘んじて享受している。。。

ヒートアイランドを抑制する町づくりや、建築などと言う大きな都市像に基づいたルール作

りがなされずに、下水道網がゲリラ豪雨に追いつかないから慌てて、地下に巨大な貯水槽

を作ったりスーパー堤防にお金をかけると言うイタチごっこを繰り返す・・・。

なかなか科学的には難しいのかも知れませんが、日本では『温暖化』の前にヒートアイ

ランド現象を抑制させる町づくりが大切なんじゃないでしょうかね。

首都圏平均気温はヒートアイランドで3度上昇しているそうですが、産業に負荷をかけず

に、例えば海風・川風を使って空気を循環させたり、高層ビルの建て方の見直しで風を

止めない工夫をする。コンクリートの熱を下げる工夫や、地下水の汲み上げ抑制で、今

度は地下水が溢れているそうなので地下水を利用した熱処理なども期待できるのでは

ないでしょうか。緑化などもヒートアイランドに貢献するのであればどんどんやればいい。

3度気温が下がれば電気使用量も随分減る様にも思います。

家庭電力使用が減り、産業に電力が廻せれば『エネルギー問題』の立場も随分と変わ

るのではないでしょうか。

春日部のゲリラ豪雨の一端は私の日常生活にあると思うと、なんだか困った気持ちに

なります。エアコンを使ってないので我が家の熱気が外に出ている訳ではないですが、

やはりロシアンルーレットに参加しちゃっている気はします  

スーパー堤防だとか、地下貯水槽なんて設備にはお金が出ますが、都市化のルール

の見直しなんて地味な所にはオカネが絡まないからヒートアイランドは隅に追いやられ

てしまうのでしょうか。

『みんなで広場に打ち水を・・・』なんて小手先のお話しではなく、これは大変な問題とし

て毅然と取り組まなきゃダメなんじゃないのかな。

公害とは違うのかも知れませんが、首都圏の暮らしの在り方がヒートアイランドの原因

ならば時間をかけて正す努力をしなければ大きな問題になってしまう。

公害と一緒で、キレイな海や川を取り戻すのに時間がかかった様に、ヒートアイランド

もまた一軒一軒のご家庭レベルで見直すことも出てくるのだろうから早く取り組んで、

20年30年と時間をかけながら、1度、また1度と平均気温を下げて行く努力をしなきゃ

ダメなんでしょう。

『どこかの街のゲリラ豪雨』・・・と言うとピンと来ないところがありますが、春日部市街

がゲリラ豪雨・・・なんて言いますと、このままじゃダメだよなと思います。

太平洋高気圧の影響での、東北や九州・山口県の水害と、ゲリラ豪雨は全然成因が

違うようです。同じ『水害』ではあるんですけどね。

ゲリラ豪雨被害はそもそも無くせるモノなのだから、まずは無くす努力をしたい。

そう思ったのでありました  

落雷の被害なんかもいっしよですね。

ウチは損保代理店なのですが、火災保険で言いますと、火災そのものの事故率は年々

減っているのですが、自然災害、特に水害の事故率がどんどん上昇しています。

ゲリラ豪雨なんて野放しにしてたら・・・当然ですよね。

家の塀を高くしてもゲリラ豪雨は防げない。

都市化を正すしかないのだと思います。

損保の保険事故は、九州や山口、東北タイプの水害が主なんでしょうけれど。

|

« 鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・野際陽子さん 山形県鶴岡市 (後編) | トップページ | コーヒー牛乳・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・野際陽子さん 山形県鶴岡市 (後編) | トップページ | コーヒー牛乳・・・ »