« いいとも・・・3月で終了ですか | トップページ | 阪急阪神ホテルズ・・・ »

台風・・・

気象庁のホームページを見たら台風の解説がありました。

台風とは

 

 熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼びますが,このうち北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し,なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット,風力8)以上のものを「台風」と呼びます。

 

 台風は上空の風に流されて動き,また地球の自転の影響で北へ向かう性質を持っています。そのため,通常東風が吹いている低緯度では台風は西へ流されながら次第に北上し,上空で強い西風(偏西風)が吹いている中・高緯度に来ると台風は速い速度で北東へ進みます。

 

 台風は暖かい海面から供給された水蒸気が凝結して雲粒になるときに放出される熱をエネルギーとして発達します。しかし,移動する際に海面や地上との摩擦により絶えずエネルギーを失っており,仮にエネルギーの供給がなくなれば2~3日で消滅してしまいます。また,日本付近に接近すると上空に寒気が流れ込むようになり,次第に台風本来の性質を失って「温帯低気圧」に変わります。あるいは,熱エネルギーの供給が少なくなり衰えて「熱帯低気圧」に変わることもあります。上陸した台風が急速に衰えるのは水蒸気の供給が絶たれ,さらに陸地の摩擦によりエネルギーが失われるからです。

なんとなく・・・私の理解が間違っていたみたい  

水蒸気が上昇し、暴風雨としてガンガン降ってしまうからパワーが無くなってしまうのだ

と思っていたのですが、雲粒になる時に放出されるエネルギーをパワーの源とし、勢力

が弱まるのは『移動の時の摩擦』のせいだったなんて。

海より陸の方が摩擦が大きくてかつ、水蒸気の供給もなくなるので上陸した方が台風が

弱まる・・・なんて言うのも『へぇ~』と言う気分です。

天に昇った水分ばかりを考えていたのですが、『エネルギー』として台風を考えるべき

だったなんて。

ガンガンに風力発電のプロペラを設置したら摩擦が大きくなって、台風は弱まり易くな

るんですね。発電が出来て台風の被害も少なくなる・・・一石二鳥だ。

洋上発電なんて、台風も知らないだろうからびっくりするでしょうね。

勢力拡大するはずの洋上で、まさかエネルギーが失われるなんて  

ダブル台風だとか、27号も直撃か?と心配していたのですが、どうやら少し太平洋側に

進路を変えてるみたいなのでやれやれと思っている次第です。

もっとも予報円はまだまだ大きくて、そのどこを通るのかって言うのは分からないと言い

ますから予断は禁物。警戒は大切で、もう災害は出さないようにしたいもの。

秋がもう少し自己主張して、『今年の台風はこれで終わり』と宣言してもらいたいもので

す 

もうすぐ11月。なんかそんな気分が全然しないのは私だけなんでょうか・・・ネ 

|

« いいとも・・・3月で終了ですか | トップページ | 阪急阪神ホテルズ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いいとも・・・3月で終了ですか | トップページ | 阪急阪神ホテルズ・・・ »