« 雪のマナー | トップページ | 柳家小三治さん、三三さんの親子会 in 川口 »

ガイアの夜明け【ローカル路線を救う!驚きの手法】・・・

鉄ちゃんとしてぜひ見たかった番組です。

ローカル線の存続、そして路線バスも『路線バス旅ファン』として昨今の路線減は由々しき

事態だと思っています。

だけど助成金頼みで、累積赤字が累々と積もって行くのも良いことではありません。

助成金で細々と運営されているのでは地域のお荷物になっているのであって、やはり

将来は地域の方に経済波及効果として恩返しが出来るようでなくてはいけません。

『いすみ鉄道』の取り組みはローカル線界では特異な方で、なかなか真似が出来ないの

かも知れませんが、地域で需要が無ければ、やはり遠くから来てもらって…売上を積み

あげなければなりません。

銚子電鉄の『濡れせんべい』などは比較的簡単な方法だったので真似をしたローカル線

もありましたけれど、やっぱり集客をして沿線全体への経済効果も高めていくことで、

地域興しに一役買えるようになるのが一番の恩返しだと思います。

番組でもやっていましたが、ひとたび鉄路が廃線になり、バスで代行されるようになる

と移動手段が大幅に減少し、それは地域の活動の妨げになり、地域は徐々にではあ

りますけれど確実に疲弊、衰退して行きます。

それがバスの便数減に繋がり、バス路線の廃線などになってしまうと、もう取り返しが

つかなくなってしまいます。

鉄道やバス路線を単体で考えるのではなく、地域の中で『集落』をどう考え、育てて

行くのかと言うことをデザインする必要が出てくるのでしょう。

鉄道で考えると、今回の大雪被害で、改めて『雪への対策の大変さ』を思い知りました。

JR北海道の会社ぐるみの隠ぺい体質・・・とばっさり切り捨てるのは簡単かも知れませ

んけれど、元々北海道をひとつの会社としたことが正しかったのかどうかと言う企画者

責任が行政にあったのではないか…と言えはしないかと考えてしまいます。

都市部のお金を地方路線に廻すことで、地方経済や物流体制を維持できると言う事も

あるのだと思います。この大雪で道路の一部が不通になり、首都圏の生鮮品が品薄

になっていると聞きます。1億数千万人の人口が効率的に暮らして行くのに必要な

地域としても、そして農林水産業や工業活動がとしても円滑に廻って行き、生産物が

それぞれの消費地にスムーズに廻らなければなりません。

高度経済成長期から飛躍的に人口や活動量が増えて行く時には、ある程度野放し状

態で『監視』をし、活動の『制限』を設けるだけで、活動は阻害されることはありませんで

したが、人口が縮小するようになると、『制限』ではなく、効率性から切り捨てる地域を

作ってでも残った全体をうまく活かすデザインを考えなければならなくなってしまうのだ

と思います。

夕張市でやっている市全体のダウンサイジングです。

もちろん・・・可能であればダウンサイジングは無い方がよく、ローカル線は補助金を

出してでも残すのがいい。その見極めは大事です。

拡大社会と縮小社会の違いを充分に考えながら、行政を司って貰わないといけない

のでしょう。

私企業としてのローカル線や路線バスの立ち回り方と言うのも大事です。

今回のガイアでは、それぞれの路線の頑張りにスポットを当てて紹介していました。

もちろんそれも大事です。

だけど大雪被害に苦しんだばかりなので、微笑ましくいすみ鉄道の頑張りを眺めた

かったのですが、その向こうまでちょっと考えてしまったのでありました。

|

« 雪のマナー | トップページ | 柳家小三治さん、三三さんの親子会 in 川口 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガイアの夜明け【ローカル路線を救う!驚きの手法】・・・:

« 雪のマナー | トップページ | 柳家小三治さん、三三さんの親子会 in 川口 »