« テレビ未来遺産 震災直後…生死を分ける72時間になすべきこと・・・ | トップページ | 青春の上方落語・・・ »

NHKスペシャル どう使われる 3.3兆円 ~検証・復興計画~

東日本大震災は『広大な土地がそのままでは住めなくなる』災害だった。

本番組は原発事故を切り離して、復興計画の今を問う番組でした。

3.3兆円を使って300超の町を新しく作る・・・。

高台移転や土地のかさ上げ。また防潮堤の建設など、津波に強い町を新たに作ろうと

被災地の各市町村が頑張っている。

ところが震災直後は地元に戻りたいと思っていた被災者さん達の気持ちが変わり、被

災地を離れる、また離れたいと思っている人が増えている・・・。

番組では地元を離れようとする方々にもインタビューをしていました。

若い世代は『待てない』、お年寄りは『家が建てられない』・・・。

元の町に住みたいと希望する住民の声に応えようと、市も努力しているのですが、

復興のスピードに諦めの気持ちが出てしまう。何もないところには住めないですから・・・。

スーパーや診療所など、被災した生活施設の中で、ぜひ地元に戻りたいと考えている所

は皆無。人口が半減した町では商売が叶わない。

スーパーや診療所がない町で果たして暮らしていけるのか・・・。

各市町村は人口流失を抑えたいと考え、震災前と同規模の人口が住める町づくりを

目指し計画を立てているのですが、帰還人口がどんどん減少している。

でも復興計画は改まらない。

復興予算の在り方はこれでいいのか?

予算がついた事業は修正出来ないのだそうです。

半数以下しか住まない町では、スーパーなども開業を躊躇うでしょう。

巨額の税金を投じて新たな町を作り、そこに住む被災者さん達の生活が成り立たない

・・・。

復興計画は各市町村が策定し、国はアドバイザーに徹しているそうです。

莫大な予算が消化されずに基金化していると言う報道もあります。

明日で震災後4年目に入りますが、被災地の今はガレキが撤去されただけ・・・と言う

状況の土地が随分とあるみたいです。

市町村の担当者さんたちはよく頑張っているようですが、それでも住民の声とのかい離

が目立ち始め、住民が離れて行く。

一刻も早く町が完成し、そこで暮らしていけると思ってもらえないと 3.3兆円のカネが

無駄になってしまう。

番組ラストで女川市は人口減少を見越して、事業規模を縮小し、女川駅周辺に効率的

に施設を配した新たな町づくりをしているケースが紹介されました。人口が減っても自

治体として経営できるモデルを創っている女川市の仕事ぶりは素晴らしいと思いました。

南海トラフ地震や首都圏直下型地震等、これから起こるだろう地震への対応も大事で

すが、その後の『復興モデル』も大事です。

女川モデルを良い例として、復興計画の在り方をきちんと創っておかないと『いざ』と言

う時に大きな禍根を残します。

現在の復興計画の修正と、『復興モデル』の策定。

国や都道府県職員や議員にはこの番組を見てもらって、それに取り組んでもらいたいと

思ったのでありました。

|

« テレビ未来遺産 震災直後…生死を分ける72時間になすべきこと・・・ | トップページ | 青春の上方落語・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テレビ未来遺産 震災直後…生死を分ける72時間になすべきこと・・・ | トップページ | 青春の上方落語・・・ »