« 2014 さいたまシティマラソン (今年は沿道から参加) | トップページ | 鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・高橋尚子さん 福島県いわき市 (後編) »

濃いお茶・・・

ペットボトル飲料で日本茶は相変わらず売れているそうです。

私はコーヒーが得意ではないので、紅茶かお茶を飲むことが多いんです。

コーヒーがダメなのは『苦味』のせいで、お茶も『濃いお茶』と『普通のお茶』だと普通のお

茶を好んで飲んでおりました  

日本のメーカーさんは消費者思いなので、私みたいな『苦味』がダメな人向けに、『苦味

控えめ』なんて言うお茶まで登場していますので大したものだと思います。

さて・・・先日、お手洗いを借りにコンビニに入り、魔が差したんでしょうか、ついつい

『濃い目』のお茶の方を買ってしまいました・・・ 

ゴクリと飲んでみると、そんなに苦いわけではなく、むしろ『苦味』が旨みと言いましょうか

500mlペットをゴクゴクと飲みほしてしまったのでありました。

『美味しい  』

それ以来、普通のお茶の方がダメになってしまいました。なんだか物足りないと言います

か、より強い刺激が欲しくなってしまっているんですよ。

試しに普通のお茶を買って飲むと、なんだか薄い薄いお茶に感じられてしまうのです 

私の舌が大人味になっている  なるほど・・・濃いお茶の方が美味しい 

ならば・・・とコーヒーを淹れて飲んだのですが、コーヒーはまだ無理でした 

きっと、ちょっとずつ大人の舌に変化しているのでしょう。

濃いお茶から、苦くないお茶まで・・・きっとメーカーさんは苦味成分を上手に調整して

くれているんでしょうね。

なかなかご家庭では出来ない技をしっかりメーカーさんはやってくれている・・・ 

おもてなしと言ってしまえばそうなんでしょうが、凄いことだなぁ~と感心したのでありま

した 

※無糖の紅茶もしばらく前から売っています。紅茶はミルクかレモン・・・と言う時代から

『無糖』が出て来たと言うのも画期的だと思いますネ  

無糖の紅茶・・・美味しいです。

|

« 2014 さいたまシティマラソン (今年は沿道から参加) | トップページ | 鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・高橋尚子さん 福島県いわき市 (後編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2014 さいたまシティマラソン (今年は沿道から参加) | トップページ | 鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・高橋尚子さん 福島県いわき市 (後編) »