« ブーランジェリーラリュさん | トップページ | 26日までブログをお休みします・・・ »

鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・糸井重里さん 岡山県笠岡市 (後編)

先週に続いて岡山県笠岡市の旅。

鶴瓶さんは高島に渡っています。

與太郎 (よたろう) と言う東京落語にはお馴染みの地名があると言う事で、與太郎を

目指します。島の場合はロケ車がないから歩きなんですね  

途中、『この坂を登れば幸せが待っている』という看板に鼓舞されながらの峠越え。

ようようついた所が正栄さんの和風ペンションでした 

ご主人は漁に出ているとり事で、鶴瓶さんと妹尾町恵さん、ご主人が帰って来るまで

海を眺めてのトークタイム  

でもなかなかご主人が戻らずに・・・来た道を引き返しておりましたら、3輪バイクでご

主人が爆走して戻って来られたのでありました。

ならば・・・とせっかく下って来た峠道をまた昇り始める鶴瓶さん。

妹尾さんご夫妻、とても面白いご夫婦でした。

妹尾さんのお宅を後にして、さっきの看板がある所が『成瀬さん』と言う島に I ターン

でやって来た方だと聞いて訪問したのですが・・・あいにくお子さん方が風邪で発熱中。

そこからは島民80人に会うべく・・・いろいろ努力した鶴瓶さんでありましたが、『家族』

の表現が高島では難しかった感の旅になっちゃいました。

一方の糸井さんは、北木島で『北木ノースデザインプロジェクト』会場設営中の現場を

目指して金風呂地区を歩きます。翌日がお祭りとあって、ただでさえ少ない島民が

ギュッと一か所に集まっていたんですね。

第1回のイベントだそうですが、なんせ翌日がお祭りとあってはこの放送まで待てま

せん。ならば  とツイッターで拡散希望と言うヤツで集客のお手伝い  

無事イベントは盛大に開催されつつ終わったとのことでした。とある方が糸井さんの

ツイッターを見てお祭りに参加。感動してブログにしっかりレポートをされたとの事で

した。

おばちゃん達が言うには、島の主産業だった御影石の加工が衰退し、島外からたくさ

んのお客さんを呼びこまないと、いずれ船の便が減ってしまう。だからいろんな手で

頑張っているんだ…と言う事でした。立派だなぁ~と感心しました。

その後、糸井さんは島の小学校、そして本土に渡って魚屋さんを見ようとされたので

すが、なにぶん時間も遅くなりまして・・・ 

東本町商店街の生き字引、お菓子屋さんのおじいさんから近隣の事をいろいろと

教えて貰ったのでありました。

お孫さんの初奈さんが、緊張しつつも一生懸命にお話ししている姿が良かったです。

小野アナウンサー曰く、大好きなトトロに出てくるお父さんが眼の前に居たんだから

緊張してたんですって  

そうか、糸井さんは樋口加奈子さんの夫であり、トトロのめいちゃんのお父さんだった

んだなぁ~と改めて思ったのでありました 

|

« ブーランジェリーラリュさん | トップページ | 26日までブログをお休みします・・・ »

鶴瓶の家族に乾杯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブーランジェリーラリュさん | トップページ | 26日までブログをお休みします・・・ »