« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

東京・上野ライン・・・

来春の3月14日から東京・上野ラインが開業になり、高崎・宇都宮線の東京駅乗り入れ

が始まるそうです。

全列車が上野から先に行く訳ではなく、常磐線も同様に上野から先、品川駅まで行く

列車が出てくるらしい。

新宿湘南ラインで東急からお客さんを奪取したJRとしては、ライバル私鉄から更なる

乗客を・・・と2匹目のどじょうを狙っているのでしょうが、すぐに遅延や運休が発生する

新宿湘南ラインの反省を活かして欲しいモノです。

それでも一度慣れてしまうと、料金が多少高くても、また遅延が常習化していても・・・

予定を湘南新宿ラインで組んでしまうのも悲しいかな・・・  と言うところかな。

私鉄も頑張ってJRとどんどん競合したらいいんです。

関西圏は結構私鉄同士の乗り入れが増えてます。

関西圏ではJRより私鉄の方がグレードが高いです。JRのメリットは線路が繋がってい

るくらい。速度やサービスで劣っていたJRは新快速のスピードアップを図り、乗り心地

も随分改善した結果、私鉄がJRに客を奪われ始めたので、ネットワークを作って、JR

に対抗しようと頑張っているのでしょう  

古い車両は私鉄もJRも同様に多く走らせていますので、その点は引き分けかな。

東京・上野ラインが出来たら・・・随分と人の流れが変わるんだろうな 

東北の玄関口として栄えた上野駅は衰退しちゃうんでしょうね。

| | コメント (0)

大阪の台所・・・黒門市場 

今回の信心ツアーですが、友人の一級建築士・不動産鑑定士とも会って来ました。

待ち合わせの時間までちょっと時間が有ったので、これまた初めての大阪の台所『黒門

市場』を訪ねました。

P1020838

大阪の秋葉原こと『日本橋』の近くです。読み方はニッポンバシです。

P1020839

アケードにマグロがぶら下がっています。

いい感じですよね。大阪弁の会話がなんとも嬉しい。帰って来たなぁ~の想いです。

P1020841

コロッケや関東煮 (おでん) を買って食べたいなぁ~と想ったのですが、これから友人と

会ってお酒を飲みますから  やっぱり見学で我慢です 

夕方と言う時間帯もあったからでしょうか、韓国や中国の方々がバスツアーで黒門市場

にやって来て、コロッケや関東煮を買い食いしてました。

表情を眺めておりましたら、みなさん御満悦  大阪グルメは美味いから 

最近、ご近所の国との軋轢がいろいろと有りますが、黒門市場で庶民のつきあいが広

がれば喧嘩もなくなるのになぁ~と思います。

大阪のおばちゃんたち、優しいんだから  

言葉はあまり通じなくてもすぐに友達になっちゃいますよ 

中国の方々が食べていた厚揚げと玉子の関東煮・・・、私も食べたかったなぁ 

ちなみにこのあと・・・私は友人君とドイツビールを飲ませるお店で、ソーセージ&ビ

ール・・・でした 

もちろん美味  

大阪はやっぱりいいもんです 

(関東煮は食べたかったなぁ・・・ )

| | コメント (0)

今宮戎、そして住吉大社・・・ 高野山から南海沿線信心ツアー

高野山をお参りした後、関空から帰京することにしていたのですが、ちょこっと時間が余っ

たので信心ごとなら一緒に済ませてしまおうと今宮戎を訪れました。

戎さんですから商売繁盛の神様です 

P1020938

有名な割には小さな境内です。

駅から通天閣が見えました。

P1020939

スカイツリーを見慣れている私にとって、雑居ビルと変わらない高さの通天閣は新鮮

です。大阪出身ではありますが、産まれて一度も新世界方面には行ったことがない

ので、二度づけ禁止の串カツでも食べて行こうかな~と想ったのですが・・・ 

帰りの飛行機の時間を勘案し、食よりも今回は信心押しで行こうと・・・ 

新世界を断念し、南海本線にある『住吉大社』をお参りして来ました。

我が実家のそばにも住吉神社はありますが、その総本宮です。

もともとは海の神様で、大漁豊漁、航海安全のお願い事をする神さまですが、『すみよし』

とある様に住まいにもご利益がある神様です。

私にとっての商売繁盛とは、まさに『住み良し』です  

高野山、今宮戎とお参りした私にとってはぜひにも参詣したい神社でした 

P1020941

大社の前には阪堺電車。パンダ柄のかわいい路面電車が走っておりました。

P1020942

住吉大社の鳥居さんです。風情が有ります。平日の夕方ですがお参りする人が大勢

居ました。

P1020943

太鼓橋を渡ってお参拝・・・ですが、なかなか歩きにくい橋ですね。

P1020944

橋の上から池を眺めたのですが亀や鯉は発見できず・・・。

P1020945

住吉大社さんの境内はお社が4つ建っていました。

どんな神さんが住んでおられるのか・・・判らないままにそれぞれお参りして来ました。

P1020946

お社が並んで建っていますね。

P1020947

P1020948

奥は縦列で建っていました。

全部の神様に『住み良し』をお願いして来ました。

P1020950

住吉大社のご神木です。高野山の杉とは違う立派さでした。

信心ごとを全て済ませてなお飛行機の時間まで少しありましたので・・・、最後は粉モノ、

たこ焼きとお好み焼きを食べたのでありました 

P1020953

お姉さんに撮影許可をいただいて・・・  

やっぱり大阪の粉もんは美味しいです 

最後はじゃりん子ちえのお好み焼き屋のおっさん・・・百合根さんに想いを馳せて高野山

信心ツアーを終えたのでありました。

南海沿線・・・なかなかディープでした 

| | コメント (0)

高野山巡り・・・④ 正智院 

今回の旅の目的ですが、我が会社が無事に免許更新となりましたと言うお礼を兼ねて

のお墓参り。

淡路島地区を管轄? (なんと言えばイイのか分からないモノですから ) されている

正智院さんへと歩いて向かったのでありました。

P1020913

到着・・・。心身を正し、深呼吸して門をくぐりました。

お参りに来ましたとお話ししたところ、応接間にお通しいただきまして・・・。

お庭が立派だったので、写真撮影の許可をいただきました。

P1020915

P1020917

文科省登録のお庭だとの事でした。

しばらく待つ間、お茶とお茶菓子をいただいておりました。

静寂とお庭の見事さで心身が清められた気分です。

そうしてお祈りの場へとご案内されたのですが、ここは撮ったら行けないのだろうナと

言う空間でした。

やや薄暗い広間に金の灯篭が天井からいくつも下がっており、周囲には仏壇がいっぱ

いありましてそれぞれにろうそくの炎が灯っています。

お香が立ち込めておりまして、住職さんがつかつかと私の前にやって来て、ろうそくを

灯して下さいとおっしゃいました。

言われるがままろうそくを灯し、祖父の戒名が書いてあるページを広げた帳面を見なが

ら大きな金属の壺を住職が叩いてお経が始まりました。

私・・・メタボですがもちろん正座です 

広い広間に住職の読経の声がビリビリと響きます。

プロの読経は人間の声と言うよりも金管楽器みたいな音でした。

とても早口で語りかけると言うよりも『修行』と言う感じ。

私は祖父にこれまでの商売の報告と、今後の繁栄を祈ろうと思うのですが、ジャンジャ

ン聞こえる読経の声に負けて何度も何度も読経に聞き入ってしまいまして、繰り返し

繰り返し初めから報告を続けました。

昔のレコードで33回転の軍艦マーチを45回転で聞いてる感じの読経が続き、金属の

壺を叩きなさる。

まあにぎやかなことったら・・・。

私の鼻先はお香の匂いです。

薄暗い広間にはろうそくの灯りがチラチラしてます。

トランス状態になりそうな勢いの読経が延々と続いたのでありました。

住職さんに申し訳ないなぁと思い始めた頃に、おんあぼきゃべろしゃ~と聞こえてきま

して何度か繰り返された後で終わったのでありました。

住職さんもしんどいと思いましたが、マンツーマンの私も大変でした  (失礼)

お焼香させていただいて住職さんからのお説法をマンツーマンで聞き、終わった時に

足が痺れて全然立てませんでした  

這いながら広間の入口に置いたカバンの元に行きまして、住職にお礼を言い、正智院

を後にしたのでありました。

神社で祝詞をあげてもらうのとはリズムが違うからでしょうか、適度にダメージを受けつ

つも、厳かな達成感を感じながら高野山の観光スポットを廻ったのでありました。(完)

| | コメント (2)

高野山巡り・・・③ 金剛峯寺~伽藍地区

奥の院からバスで金剛峯寺へと向かいました。

前にもお話ししましたが西洋のお客人は大勢歩いているのですが、私はバスの一日券が

ありますから・・・ 

高野山は標高も高いので涼しいと言うよりやや寒い程でしたので、歩いても良かったん

ですけどね  

P1020879

金剛峯寺の入口です。風情があります。

P1020880

なんか時代劇みたいな門ですね。(叱られるかな )

P1020882

伽藍の配置も重要なんでしょうか。

P1020883

外国の方も写真を撮ってました。ここには色がない枯れた風情がよく似合うと言った

ところです。

P1020887

門・・・再び。。。いい仕事してますねぇ~。

そう言えばここにはお遍路姿の方は居なかったけど、順路じゃないのかなぁ。

金剛峯寺を後にして、次は伽藍地区へ。歩いてすぐの道のりです。

P1020890

小路もいい風情です。

P1020892

ここには珍しく色がありました。

P1020893

こっちは自然の色です 

P1020895

ちょっとお洒落に撮ってみました 

P1020898

お若い修行僧さん?がお祈り中。

P1020900

邪魔にならない様に後ろからもう一枚・・・。お経を唱えておられたと思います。

P1020902

朱塗りの建物。

P1020905

立派な造りです。

P1020909_3

弘法大師さんが暮らしていた建物だそうです。思ったより小さい建築物でした。

ここにはお遍路さんが大勢いました。

P1020910

この松は双葉ではなく法具の形と一緒で3枚葉になっているそうです。

本当かなと枯葉を拾ったら、ちゃんと3枚葉の松葉でした。ご神木です。

P1020911

伽藍地区はお参りと言うより建築物を見学したと言う感じでした。

ここからは歩いて祖父が分骨されている宿坊に向かいます・・・。



| | コメント (0)

高野山巡り・・・② 奥の院 

ケーブルを降りると、①奥の院行きと②大門行きの2ルートのバスが停まっていました。

大門は、昔むかし・・・ここから高野山の修業の場ですよと知らしめるための大きな門を

こしらえて、今もその門が残っています。

P1020926

↑奥の建物が大門です。本当は正面から撮りたかったのですが、バスの時刻の関係

から大門バス停からパチリ  

ここから高野山の集落が始まると言う感じです。

高野山・・・お寺だらけなのですが、ファミマもあればガソリンスタンドもあり、大学まで

あるちょっとした町ですから。

私は、上記のバスのうち、①の奥の院行きのバスに乗り、終点の奥の院を目指しまし

た 

奥の院に到着すると他の乗客に着いて歩きます。

P1020852

奥の院の入り口です。

四国八十八か所の巡礼を終えた方々が大勢お遍路さんの格好をして、杖をつきなが

ら歩いています。コスチュームと巡礼者さん達の念の深さで、他の寺社仏閣を詣でる

のと違った気分を感じます。

保護樹、特別保護樹がごろごろと生えている参道を通るのですが、弘法大師の頃から

の木と言う感じが強烈です。

P1020856

木も凄いのですが、お墓も凄い・・・。

P1020857

松平家とか、豊臣秀吉さん、織田信長さんなんてのも・・・。

P1020858

お骨がある訳じゃなくて、墓標があるだけなんでしょう・・・ね。

ヤクルト・・・とか、日産、福助、UCCコーヒー・・・なんてな企業の碑もありました。

ほうほう  と想いながら、苔むす参道を歩きます。

P1020864

お遍路さんの集団の後を歩きました。

P1020866

道中は標高の影響で、もう紅葉してました 

奥の院の本殿は撮影禁止ですので撮れませんでしたが、なかなかにディープな宗教

ゾーンで、お遍路さんが押しくらまんじゅう状態でした。

お遍路さんはお経を唱えるので、参拝時間が長いんですね。

団体さん達はリーダーさんに合わせて般若心経の大合唱。

私も彼らに混じって、心の中で唱えたのでありました  

法具を置いてある所では、それを触わりながら綱を持って・・・などと言う解説を聞いて

いたのですが、行列していたので私はその列には加わらずに『見学』だけして来ました。

高野山は私みたいにちゃちゃと行くところではなく、四国などのポイントを通過して最後

にやってくる弘法大師さんが作ったオリエンテーリングみたいなところなんだなぁ~と

感じました。今みたいに交通が便利じゃなかった時代にはなかなか参れなかったんだろ

うと思います。そして廻っているうちに自然とお経なんかも覚えたんだろうなぁ~。

お遍路さんの団体はなんとなくツアー感もあって、笑い声なども聞こえましたが、おひと

りのお遍路さんも数多く、何があったんだろう・・・と想いました。

P1020867

祈りの場に真っ赤な紅葉・・・。

P1020865

杉と苔・・・。ここが太閤さんのお墓だったかなぁ~。

P1020877


P1020876

眼から入って来る光景とお経の合唱・・・。そして本殿では修行をされている僧侶さん

達のオーケストラみたいな金属的な読経・・・。普通のお寺さんではなく、『修行の場』

としての宗教施設なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高野山巡り・・・①

高野山に行ってきました。

人生に悩んで・・・などと言う事ではなく、単なる墓参りツアーなのですが、普段なかなか

行けない?行かない?ところなものですから・・・ 

難波から南海高野線に乗って行くのですが、特急の本数はめちゃくちゃ少なくて急行で

橋本まで行って、橋本から極楽橋までは登山電車で登ります。

P1020933

車窓風景が里山から真言密教の聖地に登って行く感が満載です。

P1020934

物凄い勾配をつづら折りで登って行きます。

高野山は和歌山だけにキイキイ車輪を鳴らしながら登って行きます 

到着したのは極楽橋駅  もう下界と隔絶した感があります。

が、まだ極楽橋からケーブルカーで登らないと行けません。

P1020850_2

昭和39年製造のケーブルカーで高野山へとまだ登ります。

P1020931

車内はこんな感じです。

南海電車は総じて古い車両が活躍中で、難波⇒橋本駅の急行も未だに一枚扉の車両

で昭和47年製造と書いてありました。古いモノを大事に使う関西私鉄の中でもとりわけ

古いモノを大切にしている南海電車は素晴らしいと思います。

いかにも高野山に向かうぞ的な気分を盛りたててくれるのでありました。

P1020930

5分ほどで終点、高野山駅に到着します。

駅の標識の下の部分に各駅名と標高が書いてあります。高野山駅は867mの高さで、

橋本駅からは登山列車的な性格を持っていますよ・・・と言う事が記されています。

ただ・・・弘法大師さんが開いたお山はまだここからさらに奥・・・。

高野山駅からバスに乗って行かなきゃ行けないのです。

しかもバス会社さんが高野山詣出の為に作ったバス専用道路を通らないと行けない

みたい。一般車両どころか徒歩でも通してくれない道をバスで運んでもらいます 

もうカーブも尋常じゃなくて、団地の便座みたいなカーブ&登り坂。バスのエンジンが

車体をガラガラガラとビブラートさせながらようよう登って行く感じ。

現代文明を持ってしてもこれだけ難儀な道のりの山によくもまぁこれだけのモノを創った

なぁ~と言う感慨があります。

ちなみにこのバス、一日周遊券を800円ちょっとで買うのがお得。奥の院往復で元が

取れる価格設定です。高野山・・・なかなか広いのでバスで廻るのが便利でした。

公共交通機関を使うとこのルートになるのですが、下界から直接レンタカーで登って来る

ことも出来ますし、駐車場はたっぷりある感じです。

高野山に着いて驚いたのですが、熊野古道、高野山は最近ちょっとしたブームになって

いる様ですが、西洋の方々が『禅』と同様に、真言密教にも興味を持たれているのか

随分多くの西洋人さんが観光に来ていて驚きました。

凄いなぁ~と思ったのは、彼ら、ホテルではなく高野山の宿坊に宿泊し、バスではなくて

歩いて『高野山体験』をしていること。

私はバスでちゃちゃっと高野山を廻ってしまいましたが、見るべき寺社仏閣が有り過ぎ

て・・・ 

私の『雑な』高野山巡りの記、始まります 

| | コメント (0)

線路内立ち入り・・・

昨日は午後から新宿でお仕事だったのですが、ナント、朝9時頃に発生した『痴漢が

線路内に降りて逃走を図った』影響で午後の新宿湘南ラインも遅延しておりまして、

余裕を持って出たにも関わらずギリギリの到着でした。

ダイヤがメチャメチャで、池袋では後から到着の埼京線が先に出発するから新宿に

急ぐ人は乗りかえる様にアナウンスがあり、埼京線ホームに移動したら板橋で電車が

お客さんにぶつかったとの事で、埼京線が遅延するのでやっぱり新宿湘南ラインが

先に出ます・・・ 

最近の首都圏の電車はめちゃめちゃですね。

『線路内立ち入り』、『踏み切り立ち入り』、『異音』がJRばかり・・・しかも京浜東北、高崎、

宇都宮線で頻発するのはなぜなんでしょう・・・  

距離が長すぎるのかな。

なんか埼玉地区ばかりで事故・トラブルがある気がします。

私はあまり電車には乗らないんだけど、たまに乗ると最近は遅延と遭遇ばかりです・・・。

単にツイてないだけかなぁ~。

仕事に差しさわりがなかったのがせめてもの救いかな・・・  

そもそも痴漢はアカンけど、捕まった時には観念せな、轢かれて死んでしまうかも知れ

ないし、痴漢でダイヤを乱すような輩にはしっかりJRも損害賠償請求をして、同様の

輩が出る事を防がなきゃ・・・。

昨日に関しては、朝だけじゃなくて夜もさいたま新都心で線路内立ち入りがありました。

防犯カメラで犯人は特定できそうな気がするんだけど・・・。難しいのかな。

| | コメント (0)

鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・ベッキーさん 愛知県西尾市 (前編)

今週の家族に乾杯のゲストはベッキーさん。

旅の舞台は愛知県西尾市。

ベッキーが旅の舞台に西尾市を選んだのは、今までベッキーが一番好きな食べ物は

タコだったのですが・・・前回ベッキーが出演した際には、タコだから明石が旅の舞台

だったのだそうですが  タコからイカに心変わりをしたので、イカの有名な町と言う

ことで西尾市に白羽の矢が立ったと言う事でした。

さてさて・・・  

西尾市の一色漁港で待ち合わせだったのですが、野良?ちゃんなのか子猫がベッキー

にじゃれついて来て・・・。ベッキーは何かパワーを持ち合わせているんですかね。あんな

ことってあるの  と言う出来事でびっくりでした。

ベッキーが名付け親になった子猫たち、つるちゃん、べーちゃん・・・元気で暮らして欲しい

なぁ~。本当に可愛らしかったです。

漁港のそばの市場に二人して入ったら生後一カ月の赤ちゃんが 

ご両親がイイ人で・・・鶴瓶ちゃんとベッキーにぜひ抱っこしてもらいたいと・・・。

そしたら鶴瓶さん、野良猫を触った手だからちゃんと手を洗ってからと言う気遣いには

流石だなぁ~とベッキーも感心していました。

アレルギーなんかもありますからねぇ~。ホント、立派だなぁ~と思いました・・・ 

市場内にはイカが一杯あったのですが、リサーチをしていたらもうじきイカ漁船が入港

するぞと聞きつけて、港に行くと丁度イカ漁船が居りまして、ヤリイカが大漁で。

大澤さん3代のイカ漁船もこれまた素敵な出会いでした 

息子さんに薦められるままにヤリイカを丸のままガブリ・・・。

鶴瓶さんはイカスミ袋を噛み切ってしまって口から手から墨まみれになっちゃったもの

のベッキーは上手につるりと食べちゃいました 

そしたらもっと大きなヤリイカが出て来て、さすがにそれはイカの先端だけをガブっと

やってましたね  

ベッキーはとても親しみやすくてイイ子だったですね。

鶴瓶さんも安心して、ココでお別れひとり旅。

鶴瓶さんは西尾市で有名なうなぎの養殖池を訪問。

脳梗塞になって引退したおじいちゃんと出会ってお話しを聞いていたら、お子さん、お孫

さんもやって来て、『家族に乾杯』になっちゃいました  その後、ナント一ヵ月半前に

オープンしたと言うご親戚のうなぎ屋さんに行ってうな丼をいただいてました 

なんとも立派なうな丼でしたよ~。うなぎを食べたらお隣のうなぎの選別所を見学。

30歳にしてベテランの仕分け人さんの見事な手さばきを見ながら鶴瓶さんも真似るの

ですが、ツルツルツルツルと・・・  

鶴瓶さん、ギュッと抑えつけてましたが、あんなことしたらうなぎが弱るで~・・・、うなぎ

は数が減っている魚だから大事にしないとね・・・  なんて思ったのでありました。

一方のベッキーは佐久島を訪問・・・  と思いきや、定期船の出航時刻まで間があ

ったので再び市場に戻って・・・子供と鬼ごっこをしたり、冒頭の一カ月の赤ちゃんと再び

出会ったり・・・がありましてから、一路佐久島へ。

ベッキーの天真爛漫が充分に発揮されつつ、壁子先生と出会ったのでありました。

壁子先生・・・とてもイイ先生なんだろうなと想わせる方でした 

鶴瓶さんも、ベッキーさんも出会いを上手に活かすのでなんか前編だけでお腹いっぱい

になる程に出会いが一杯ありました  

西尾市、なんかイイ人が一杯でしたね 

来週のひとり旅もきっと濃いんだろうなと予感させる前編なのでした 

| | コメント (0)

無題・・・

多忙につき、2週間程度、プログをお休みします・・・。   <m(__)m>

| | コメント (0)

うなぎの稚魚・・・

毎朝のサイクリングロードではいろんなモノを見かけます。

ヘビ、イタチ、キジ、ヤンバルクイナみたいな飛べない鳥・・・あれはなんて言う鳥なんだろ

う。

昨日は幅 30cm、深さ 3cmほどの U字溝にうなぎの稚魚らしきモノが泳いでいるのを発見

しました 

うなぎは絶滅危惧だから、取っちゃダメ・・・と想いながらも、先週の台風の大水で U字溝

に迷い込んでしまっている訳で、このまま放置していたら干からびてしまうんだけどなぁ

~と・・・。

きっと簡単に捕まえられるので捕まえて自宅の水槽で飼ってやるべきか、このまま干か

らびるのを見届け、自然のままにしておくのか・・・。

なかなか悩むところです。

と・・・思ったら台風19号がまたやって来るとの報 

うなぎ、上手に逃げだしてくれるかも 

| | コメント (0)

サンライズ出雲・・・

笑神様~で鉄道ビッグ4 が乗っていた数少なくなった寝台特急サンライズ出雲・・・。

251_257

品川で撮ったものですが、まだ成田エクスプレスが古いですね~ 

今までひとりでは寝台特急や夜行に乗ったことはありますが、友人たちと乗ったことは

ないので、一度友人たちとわいわいガヤガヤと乗ってみたいなぁ~と思いました。

出雲も瀬戸も魅力的な町なので、終点まで一晩中ビールを飲んで語り合うのは楽し

いでしょうねぇ~ 

友人たちの子供たちが大きくなってきた事だし、一度大人の旅として・・・ 

この番組をみて行きたくなっちゃった人も増えたかなぁ~。

ただ台風の影響で現在は運行していないのかな・・・。

| | コメント (0)

埼玉養殖魚まつり・・・ 26年11月3日

埼玉は知る人ぞ知る金魚の産地なんです。

有名な養殖池がたくさんあります。

そんな養殖池さんたちが一堂に集まって、加須水産試験場で、錦鯉や金魚 (らんちゅうな

ど) 、メダカなどの展示即売会が春と秋の年2回あり、今年の秋の部が11月3日にありま

す。

009

もちろん一般人の参加もありですよ。

019

なかなかホームセンターやそこらの金魚屋さん、熱帯魚屋さんでは見られない

いい魚が居ますよ。

012

結構大勢の愛好家が集まります。

目の保養にいかがでしょうか 

| | コメント (0)

皆既月食・・・

皆既月食で赤いお月さんがキレイでした。

カメラで撮ろうと思ったのですが、光の量が足りないのか撃沈 

なかなかカメラは難しいです。

おぼろな感じが秋らしくていいですね。

今年の秋は長くていいなぁ~ 

紅葉はキレイなのかなぁ~。

ちょっと今年は紅葉見物にでも出かけてみよう。

皆既月食に誘われて・・・ 

風情があっていいですわ~ 

| | コメント (0)

ドラマ10 聖女(7)「この愛の果て」・・・

家族に乾杯のゲストとして南房総を旅した広末さんに惹かれてついつい7週間見続けて

しまいました。

聖女と言うタイトルだから爽やかな決着を期待していたのですが、なかなかにドロドロで

ございまして・・・。

初めて『モテない自分に感謝』でした 

モテる人は大変なんですね~。

あんな想いをするのなら、モテない方が幸せかもです。

モテないと言っても程度があるかも知れませんけれど・・・ 

広末さん、もうそこそこの年齢なはずだし、浮名も流されておりますが、あまり劣化もさ

れておらずで、広末さんは良かったです。

最終話はドラマをまとめる為の虚構がチラホラと見えてしまって、作品としての出来栄

えは良く分かりませんが・・・ 

キャストは贅沢で、さすがNHKと言う布陣でしたよ。

| | コメント (0)

避難勧告・・・

台風18号では『避難勧告』が134万戸に出されたと言う事です。

950ヘクトパスカルと強いままで首都圏に迫って来た台風でしたので、行政も被害を

食い止めるべく避難勧告がたくさん出ていました。

防災意識の高まりと先日の広島の教訓から、空振りでも避難勧告を出そうと意識さ

れた結果なんでしょう。

いいことだと思います。

エコ、節電・・・行政はいろんな注文を市民にしてます。日本は民度が高いから結構

みなさん守るし、協力しようと言う意識も強い。

かく言う私も、結構真剣に取り組んでいます。

市民の方は意識が高いのに、行政の方が案外やりっぱなし的なところがあったん

でしょうね。

避難勧告で被害が出なかったのはありがたいこと。

オオカミ少年にしない様に、その後のフォローも大事だと思いますし、完璧に出来た

と言うところは少なかったのではと思うので、次は精度を上げていくことが大事なの

でしょう。

地震が来るぞ・・・と言われもおり、天災は避けられないのでしょうが、被害を最小に

する努力はした方がいい。

台風18号の被害は大きかったですけれど、いい実地訓練も出来たのではないでしょ

うか。

| | コメント (0)

鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・夏木マリさん 青森県つがる市 (前編)

今週の家族に乾杯の旅の舞台は、青森県つがる市。

ゲストは夏木マリさん。

夏木さん、パワフルに頑張っているから大好きです。鶴瓶ちゃんと同じ昭和26年生まれ

なんですね~。ちょっとビックリです。お顔のシワもいい味でした  美しく歳を重ねるっ

て素敵です 

さて待ち合わせの場所ですが、『木造駅』・・・。

キラキラアフロで鶴瓶さんが言ってた土偶の駅・・・。こんな強烈な駅、なかなか無いです。

また電車が来たら、土偶の目が光るって・・・ 

旅の舞台を夏木さんが選んだ理由ですが、夏木さんはりんごが大好きで、りんごの木の

オーナー制度と言うのがあるので、ぜひ夏木マリのりんごの木が欲しい・・・と言うことで

した。美しさは健康であることで、健康の元はりんご・・・  りんごは医者いらず・・・と

言う言葉もある通りで、毎朝りんごをかじっておられるのだとか。

そんなお話しをしながら駅のそばを歩いていたら、『神武食堂』さんと言うお店が目に

つき、まだのれんも出ていないお店に二人して飛び込み訪問。

お孫さんも入れると4代が勢揃いのザ・家族に乾杯と言うお店。

おばあちゃんも素敵だったし、ここのご家族を見ていたら、きっと美味しいラーメンなん

だろうなぁ~と思ったら、やっぱりこれぞ中華そばって感じで良かったです。

でもタンタンメンが人気なんですね~。

食べログで見たら凄いお店。津軽百年食堂のモデルになったうちの1軒とありました。

なるほど・・・ガッテンです。

まだノレンも出ていないのに開店前に店内は満席になっておりました。つがるに行った

ら寄りたいお店です~。

さてさて、りんごの木のある風景に早く行こう・・・と車に乗ってりんごの果樹園を見つけ

たものの、果樹園には誰も居なかったので、どこの家の果樹園なんだろうとウロウロす

るも、鶴瓶ちゃんの飛び込み訪問がさく裂したのでありました 

古坂さんと言うりんご農家さんで、車を降りたところのりんご園ではなかったけれど、

7反のりんご園をお持ちだと言う事でした。前歯が抜けてしまっている古坂さんの顔が

なんともいい顔で、奥さんも素敵なの・・・ 

夏木さんがぐいぐいとリンゴの木のオーナー制度のお話しをされたのを快諾されて・・・。

鶴瓶ちゃんが夏木さんの会話に新種の詐欺やんと笑う程の展開でした。

夏木さんのリンゴ好きもよく画面から伝わりましたが、古坂さんの応対も負けず劣らず

・・・。リンゴのオーナー制度は本当にあるらしいのですが、この番組を見ていたら、古

坂さんのりんご園でお願いしたいと思う味がありました。

古坂さんのご人徳です  

日本最古のりんごの木・・・樹齢が136年の木が3本残っているそうで、そこにも古坂さ

んがご案内されて・・・。鶴瓶さん、夏木さんも大喜びでした。

番組の後日訪問・ビデオレターで、鶴瓶ちゃんと夏木さんに会えてとても嬉しかった事

やりんごの実の管理方法、また7反の畑の中で、夏木さんが大好きな『ふじ』の木の中

でも美味しい実のなる木を選びましたよ~と、木に『夏木マリ様』と札が着いていて、

夏木さんに届けるのに恥ずかしいりんごは作れない・・・と顔をくしゃくしゃにして笑う

古坂さんの笑顔を見ていたら・・・今朝の台風の雨みたいな大粒の涙がぽろぽろと

私の目からこぼれてしまって止まらなくなってしまいました。

日本の農家さんは素晴らしい・・・。

40歳にしてりんごを作り始め、自分の代で畑を増やして今は7反のりんご園を持つに

至った古坂さん・・・。

ご自宅も自分たちで建てたとの事でしたが、ご苦労もあったでしょうね。

去年は台風で被害を受けてもうダメかと思ったのですが、今年は豊作で・・・と小野アナ

が話していましたが、今朝の台風18号は大丈夫だったのかな。

とても心配です。

元気な夏木さんがゲストだっただけにまさか今週が泣かせる回だとは思っていなかった

ので油断しました。

家族に乾杯の醍醐味です 

| | コメント (0)

台風・・・

一日雨でした 

台風  はこれからやって来ると言うのに、災害が発生しないことを祈ります。

大阪で育った私としては、首都圏の台風は西日本と比較すると風速も弱いし、とても駆

け足で太平洋に抜けていく・・・。

大阪出身の私に言わせれば、首都圏は地震は怖いけれど、台風はあまり怖さを感じな

い町だと思います。

友人から届いたメールだと台風の備えとしてなのか、スーパーはこの雨としては異常に

混んでいましたよ・・・と言う事でした。

防災意識のなせる技ですね。

明日は無事、通過して行った台風に感謝して非常食をみんなで食べる日になればいい

と思う今日この頃でございます。

| | コメント (0)

今朝の自転車・・・

今朝の自転車、自然界もやっぱり暑いと感じたのでしょうか。

なんとなんとヘビが2匹も自転車道を横断しておりまして、しまい目にはイタチ?テン?

が自転車と並走したのでありました。

自然が豊かと言えばそうなんでしょうが、自転車道で1時間走っただけでこれだけの

動物度・・・  

ヘビは後続の自転車も大騒ぎでした  

自転車のプロ  は高速にも関わらず上手に交わしていましたね。

道中でパンクの処置をされている方もありました。

今日はイロイロだったです。

台風が来そうなので、みんな今日に集中していたのでしょうか。

随分、自転車のプロが大勢居た気がします。

| | コメント (0)

うどん さわいちさん・・・

さいたま市内のうどんの名店『さわいち』さんにて久しぶりにうどんを食べました。

武蔵野うどんなので肉汁…にしたかったのですが、まだ20食限定のセットが大丈夫

と言う事だったので、野菜天丼と盛りうどんのセットにしちゃいました。

1412336149999

光の関係で、『光るうどん 』になっちゃいました 

あまりに美味しくて、きっと胃の中でも光っていたと思います 

| | コメント (0)

爽・梨味

アイスクリーム『爽』の梨味が美味しいですね。

01_product31


私はもともと梨が大好きなのですが、このアイスの味は梨そのもの・・・。

果肉10%入っているらしいですが、梨の果肉はすりつぶし過ぎなのかあまり感じません。

どうせ入れるなら、ちょっとゴロゴロ感を出して果肉感が感じられたらなおのこと美味しい

と思いますよ。

梨は味がシンプルなのか、最近は梨ジュースも上手に味を再現しています。

昔の梨ジュースは薬みたいな味だったのですが、今は、梨のみずみずしさをギュッと

絞った感があります。

でも果汁は10%ほどのものしかないから、果汁100%は難しいのか、それとも作り易い

味なんでしょうなぁ~。

和菓子や洋菓子でも西洋梨は使われるけど、日本の梨はあまり使われてないでしょ。

最近の・・・と言う事なんでしょうかね。

梨のアイスと言えば、去年のガリガリ君が秀逸で、今年も見かけたような気がします。

去年の『当たり』の棒があるから、今年こそ交換しようと思っていたのに、夏はまた終わ

ってしまった・・・。夏のバカ・・・ 

いやいや『爽』の梨味ですよ 

本当に美味しいのでぜひ食べてみてください。

このアイスは『氷菓』ですので、シャリシャリのシャーベットです。

ラクトアイスの梨味って言うのも有ったら食べてみたいなぁ~ 

あまり美味しくないのかな。

| | コメント (0)

痩せない・・・

朝は自転車で40キロ、夜はウォーキングで8キロ運動をしているのですが、全然痩せま

せん・・・  

痩せない・・・と言うのは、きっと歳を取ってきて代謝が悪くなっているのかな。

後は食事の制限か・・・  

自転車はプロみたいにはスピードは出ないモノの、荒川自転車道を真剣に漕ぐと結構

足がぷるぷるになります。なんだか産まれたての子牛みたいにヨレヨレな自分が結構

面白い・・・ 

調子に乗って遠出をしたら、今朝の来客でしくじってしまいました 

ヘロヘロだったものですから・・・。

調子にのっちゃ・・・ダメですね~ 

でも・・・なぜ痩せないのかなぁ~・・・ 

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »