« 湯たんぽ・・・ | トップページ | お遍路・・・ »

歴史秘話ヒストリア 四国八十八か所霊場 1200年の物語 

先日、高野山をお参りしたものですから、つい 歴史秘話ヒストリア「四国八十八か所霊場

 1200年の物語」を見てしまいました。

路線バスの旅の松田悟志さんが出演していたのもグッドでした 

特番以外、レギュラーの『路線バス』が最近全然放映されないですからね。

特番も面白いですが、30分のレギュラーをしっかり放送してほしいなぁ~。

いきなり脱線してしまいました。

四国八十八か所はずっと今のままだと思っていたのですが、戦争で随分ダメージを受け

ていたのは知りませんでした。

今のまま・・・八十八か所があった訳ではなく、修行の場、弘法大師さんと一緒に四国

巡礼の旅は江戸時代以降、信仰・修行の場として栄えたものが太平洋戦争で巡礼どこ

ろではなくなり、札所のお寺さんも焼失してしまったところもあったのだとか。

四国の方々の努力で、今のお遍路さんたちが復活したのだと聞いて、ウルウルしてし

まいました。

高野山に行きますと、お遍路さんの傘をかぶって杖をつきながら歩く人たちが大勢居ま

す。それぞれお遍路に出ようと思い立つ理由があるのでしょう。

お遍路をされて乗り越えた方、未だ悩みの中にある方、いろいろなのだとは思いますが

四国のお遍路がきっと多くの方々を救って来たのだろうなと・・・。

弘法大師さんが四国遍路を開いて今年が1200年目なんですって。

1200年間、ずっと修行の場として・・・と考えると凄い。

どう生きるのかを考える宗教としての仏教。

鎮魂や自分を見つめ直す等々・・・。

今なお、修行の場として四国遍路に惹かれるのはなんなのだろう。

葬式の場としての宗教ではなく、どう生きるのかを考える仏教と言うのがもっと見直され

てもいいのかも知れません。

お遍路・・・いつかはやってみたいと思いました。

|

« 湯たんぽ・・・ | トップページ | お遍路・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 湯たんぽ・・・ | トップページ | お遍路・・・ »