« 吉田拓郎さん LIVE 2014 | トップページ | グリーンティー・・・ »

鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・高橋克実さん 山形県大石田町 (後編)

先週に引き続き、山形県大石田町の旅。ゲストは高橋克実さん。

蕎麦が大好きな高橋さんが大石田町を旅の舞台に選んだのは、大石田町がお蕎麦の

産地で、美味しいお蕎麦が食べたいと言うものでした。

大石田町は『蕎麦街道』と言われる程に美味しいお蕎麦屋さんがずらりと並ぶ町なんです

ね・・・。

さてさて・・・鶴瓶さんの旅から行きましょう。

前編で出会った戦国時代のおじいさん・・・高橋慶治さんの農具を片づけに鶴瓶さんも

ご同行・・・。農産物販売所に着くとお子さん、お孫さんも居りまして、『家族に乾杯』って

感じになって来たなぁ~なんて。

そしたら・・・なんと知る人ぞ知る幻のお酒『14代』と言うお酒を作っている造り酒屋さんが

眼の前にありまして、慶治さんの息子さんがずんずん造り酒屋さんに・・・ 

縁と言うのは凄いモノで、ロケ当日に社長さんで、14代目がいらっしゃって、この方が

ほんとうに穏やかで素敵な方でした。

戦国時代の慶治おじいちゃん、なんと14代でお酒を造っておられたんですね。

慶治さんも社長さんも・・・こんな方が造るから美味しいお酒が出来るんでしょう。

慶治さんの息子さんを厚かましいとボロクソに言ってた鶴瓶さんですが、息子さんに

感謝でした 

その後、鶴瓶さんは寒河江市まで行って東京で行きつけのお店が寒河江市のお蕎麦

に感銘を受けたとの事で、寒河江市まで足を伸ばして『吉亭』さんに行きました。

肉そばと鶴瓶さんが言ってたのは『鳥そば』で冷たい汁のお蕎麦でした。

見るからに美味しそうで、女将さんのおしんこも  

盛り沢山の旅だったから、ちょっとしか放映されなくてちょっと残念でした・・・。

一方の高橋さんですが、前編に続いて役場のそっくりさん・小林さんに案内してもらう

形で、茄子の漬物、『ぺそら漬け』のコンテスト優勝者・西村さん宅をご訪問。

茄子の紫がすっかり抜けてしまったぺそら漬けなのでありました。(美味しそうでしたよ)

西村さんのお宅の次は、移動中に見かけた『いかの塩から』の看板を見つけて飛び込み

訪問。なかなかのお魚屋さん?でした。

そのお店の前の『のぼるくん』のお店にも高橋さんが飛び込んだのですが、戸田昇さん

の八百屋さんで、戸田さんの夢が『家族に乾杯』に出演することで 

そして小野アナのファンとの事でした 

小野さんのファンってマニアックってことでしたが、私も小野さん大好きです  

役場の小林さんの畑に行った時間が午後3時ちょっと前で、この地区のお蕎麦屋さんは

午後3時には終わっちゃうと・・・。夜の部はほとんどのお店が営業していないのだそうで

慌ててお店を探したのですが・・・もう開いているのは駅蕎麦で・・・。

ところが駅蕎麦も午後3時には閉っちゃって、呆然とする高橋さん。

地元のおじいちゃんが、『もう閉ったよ。3時までだ。ところで家族に乾杯の今日のゲスト

は誰だったの?』と高橋克実さんに尋ねたところでちゃんちゃん  と言う旅でした。

蕎麦を食べる為に大石田町にやってきたのに、お蕎麦が食べられず、しかもスタッフに

間違われた高橋さん。いい落ちがつきました 

高橋さんはお忙しい俳優さんだからなかなか次の出演は難しいかも知れませんが、ぜひ

次を期待したいと思いました。

今回の旅はとても良かった 

これで年内の家族に乾杯は終わりなんですって。

次回は来年・・・。

今年の締めにはいい旅だったと思います。

|

« 吉田拓郎さん LIVE 2014 | トップページ | グリーンティー・・・ »

鶴瓶の家族に乾杯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吉田拓郎さん LIVE 2014 | トップページ | グリーンティー・・・ »