« 地震・・・ | トップページ | 鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・室井滋さん 高知県南国市 (後編) »

ブラタモリ「#7 はるばる函館へ」

函館・・・と言うよりも、青函連絡船から青函トンネル、北海道新幹線への変遷の巻き。

面白かった 

まだ『ナッチャン』と言う高速船が航行していた頃、私も青森から函館まで船で  渡り

帰路はスーパー白鳥で青函トンネルを走りました 

高速船と言ってもフェリーで、双胴の船底を持ち、水しぶきをあげて走る物凄い船でした。

Yjimage11


Yjimage7

瀬戸内海を航行する船や東京湾フェリーしか乗ったことがありませんから、これだけ

パワフルな船に圧倒されたものですが、津軽海峡の潮流が激しいからこそのハイパ

ワーだったのですね。

もっともこれだけ凄い船ではあっても、青函トンネルを走る列車には快適性、速達性

でもかないません。フェリーと言うニーズはあるのでしょうが、莫大な燃料を消費する

この船は廃止されてしまいました。(ナッチャンが廃止になるとの報を聞いて、廃止に

なる前に当時あった函館・青森周遊券を利用して、寝台特急『あけぼの』で青森まで

行って、ナッチャンで・・・と言う旅をしたのでした。)

Photo

(寝台特急・あけぼの。青森駅にて)

今はあけぼのも走っていませんネ。

北海道の豪雪に立ち向かうべく、北海道新幹線があんな凄い仕組みで走ることになっ

ているのも驚いたなぁ 

また一度、函館に行ってみるかと思ったブラタモリなのでありました。

来週の函館市内の放送も楽しみです。

(はるばる函館へと言いながら、函館の紹介は無く、函館に至るルートの変遷のみで

終わってしまうブラタモリのマニアックぶりがいいですね~)

|

« 地震・・・ | トップページ | 鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・室井滋さん 高知県南国市 (後編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地震・・・ | トップページ | 鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・室井滋さん 高知県南国市 (後編) »