« 鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・蛭子能収さん 静岡県富士市 (後編) | トップページ | 眼鏡・・・ »

芋けんぴ

今日、とあるお宅をご訪問したところ、慶事で里帰りをされていたとのことで『芋けんぴ』

をいただいてきました。

懐かし~い 

子供のころ、ご近所で幼馴染の修君のところでよく食べました。

私が子供だったからか・・・太くて長い芋けんぴでした。

確か三菱鉛筆みたいな太さ&長さだったような気がします。

太いので堅くて、芋けんぴとの格闘はなかなか骨が折れました 

美味しいが故に懸命に食べ、手も砂糖?でネチャネチャになったなぁ~ 

(私にとってはその後、さつま芋でなく、ジャガイモのマックポテトと出会いましたので

ジャガイモの方が食べやすいなぁ~と思ったものです。)

今回いただいたのはとてもお上品な芋けんぴ 

お茶うけにいいですね~ 

甘いものは『これでもか』と言う程の大きさではなくて、ちょっと控えめな方がいい。

甘さも控えめなヤツが『上品な甘さ』って言われますでしょ・・・ 

お医者さんも『甘さは控えて・・・』って言いますしね 

おもてなしの心で、でっかいさつま芋が収穫できるから、でっかい芋けんぴを作って

しまうんでしょうけれど、そこをぎゅっと抑えて、細くて小ぶりな芋けんぴを作ると、

ブームになっちゃうんじゃないの  と思う程に美味しかったです 

ごちそうさまでした 

|

« 鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・蛭子能収さん 静岡県富士市 (後編) | トップページ | 眼鏡・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・蛭子能収さん 静岡県富士市 (後編) | トップページ | 眼鏡・・・ »