« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

枯れ・・・

おっさんになりますと、街路樹や花、観葉植物に眼が行くようになりますね。

なんなんでしょう。これって。

お花見なんていうのも飲み会が楽しいから・・・ってのが、いつの間にか純粋に花を

愛でるようになっている。

あっ、お料理もそうですね。

若かりし頃はお皿におてんこ盛りが良かったのに、今はビジュアル重視になっています。

お皿の余白と言うか、盛り付け・・・が大事。もちろんお味は大事な上に・・・です 

これで食欲がその余白だらけのお皿で収まってくれれば一番素敵なんだけど、

満腹感がビジュアルより上に位置づけられてしまっているのが私に残された僅かな

若さなんでしょう 

枯れて行くと言うのかな 

紅葉ってのはまさしく枯れ行く途中の葉の変化なんでしょうけれど、そこに美を見出す

日本の文化もイイ。

枯れて行くことを『味』と言う 

出汁文化 

腐らずに、枯れて行くことを良しとする日本の価値観 

枯れて行かなきゃなんないから『わんこそば』から『蕎麦会席』へと嗜好を上手に移行

させなきゃなぁ~。

ワタクシ、メタボ故に油分が若干多めだから、枯れ難いんだろうなぁ~。

う~ん、困った 

| | コメント (0)

ブラタモリ #32 沖縄・首里 ・・・

『首里はさんごで出来ている』・・・。

首里の高台はサンゴ礁⇒石灰岩化した土地が隆起し、石灰岩が乗っかっていない泥岩

部分が浸食されて丘を作った。

急峻な100mもあろうかと言う壁面の丘は天然の要塞であり、そこに首里城が築かれた。

しかも石灰岩は水を通すけれどその下の泥岩層は水を通さないので地層の境界に水脈

があるので高台にもかかわらず水にも困らなかったのだとか。

これだけでも凄いのに、石灰岩も泥岩も加工しやすい石なので、首里城独特の曲線の

ある城壁をもった美しい城が出来あがった 

う~ん、凄い 

石灰岩で濾過されたキレイな水が豊富に湧いており、その水がなんと泡盛の仕込みに

使われているんですよ 

首里城の城下町で作られた泡盛は那覇の町に売りに行ったのですが、酔っ払いや悪漢

から泡盛を護るための護身術が進化して空手になったんですって 

土壌が町を作り、名産品から文化まで・・・。

これぞブラタモリの醍醐味って処が首里でした。

次回は那覇だそうですが、沖縄の島全体の成り立ちそのものにも興味が湧いています。

ズバッと観光を削いだブラタモリが紹介する沖縄は    

| | コメント (0)

コンビニ・・・

私はコーヒーが苦手です 

苦いですから 

当然ビールも苦手 

苦味は大人になったら判ると言われて育ちました。

もう・・・大概大人なんですけれど、まだ口に合わないみたい。

酸味も嫌いですからポン酢なんかで食べるモノも好みではありません。

ハンバーグとカレーの味覚のまま大人になってしまっておりますが、80歳位になったら

コーヒーが美味しく飲めるようになるのでしょうか 

コーヒーが飲めないのでコンビニに行ってもドーナツは今まで買ったことがありません。

コーヒーなしにドーナツを買ったら口の中の水分をみんなドーナツに持って行かれます

からね~ 

缶コーヒーやケンタッキーはコンビニにひどい目にあったと聞きますが、ミスドはどうな

んでしょう。

なかなかオジサンには入り難い店内ですので視察したことがないのですが、それでも

お手軽さにおいてコンビニが押しているのでしょう。

ミスドには入れないけれど、コンビニなら・・・オッサンでも購入できる 

でもこれは新たな市場を創造してますわな。

これからオッサンがドーナツに撃破されて行くのでしょうか。

私が見た限りにおいては、ドーナツに撃破されているオヤジはあまり見たことがない

ので、コーヒーみたいにドーナツは今のところ炸裂していないのかも知れません。

でも油断大敵 

コンビニはプレミア路線が得意ですから、ドーナツでさえオヤジの嗜好に合う進化を

させて来るかも知れません 

医者からトイレを借りてもスナック類やジュースは控えるように言われている身ですか

らそうそうコンビニの刺客にやられる訳には行かないのです。

レジ横に低カロリーで地味な『おやじホイホイ』的な次に来る商品って何なんでしょう。

苦くなく、酸っぱくなく・・・ 

考えてたら眠れなくなってしまいました・・・ 

コンビニ・・・恐るべし 

| | コメント (0)

2番手・・・

国勢調査で東京・神奈川・千葉・埼玉の人口が3600万人を越え、日本の人口の1/4以上が

いわゆる『首都圏』に集中し、しかもその集中が加速していることが判ったそうです。

大阪は人口が減少し、政令市としての人口順位において第5位の神戸と6位の福岡の

順位が入れ替わってしまいました。

2番手を維持するのって辛いんですよね。

往々にして2番手が衰退し、下位から突き上げを喰って沈没してしまいがちです。

こんな時こそ優秀なトップを選出し、再興を果たさなければならない。

少なくとも『座して死を待つ』のではなく、変わらなきゃと町の方々が意識を改めた大阪

は立派だったと思うのですが、大阪の今後の行方や如何に。。。

都市としての大阪だけではなく、日本と言う国の単位で見ても日本はアメリカに次ぐ2番手

で、衰退を経験しているんですよね。

そう考えるとアベノミクスでなんとか乗り切ろうと努力している姿ってのも、アベノミクス

が正解なのか不正解なのかは私にはよく判らないけれども『努力する姿勢』は立派で

す。今までは問題を解こうと努力していなかった訳ですのでね。

安倍さんと橋下さんが仲良くなっているのはお互いに足を引っ張る方々を払いながら

なんとかしなきゃと努力している者同士ってことなんじゃないでしょうか。

トップが大事と言うことは家電のシャープの顛末を見ていて改めてそう思いました。

日本や大阪がシャープになったら本当に困ります。

阪神大震災や東日本大震災が発生した時に困ったトップが居た。

困ったトップの時に天変地異が発生するのではなくて、優秀なトップだと危機も乗り越え

るからその危機が目立たないのだと思います。

ぐるっと世界を見渡せば、トップ選びでおかしいなと危惧するトップ選びがちらほら散見

されます。

ただでさえキナ臭い世界情勢、人類ってのはやるもんだなぁ~と感じたいところです。

大阪の、日本の、そして世界の繁栄を祈念しまして・・・

大阪締めで 

『打~ちましょ シャンシャン もひとつせ シャンシャン 祝うて3度 シャシャン

シャン 』 (世界はおろか、日本だってこの意味、リズムは判らないかも  )

| | コメント (0)

木曜時代劇 ちかえもん(7)「賢母喜里潔決断」・・・

うなってしまいました 

最終回に向けて多少の強引さはありましたが、いい盛り上がりを作ってくれて 

来週が楽しみですわ~ 

全8話がもったいない~ 

| | コメント (0)

プロテイン・・・

健康の為  なのかどうか判らないのですが、現在、プロテイン生活を体験中です。

かかりつけ医にもちゃんと相談した上ですので問題はないと思っているのですが 

3食のうちの1食・・・お医者さんとのお話しで晩ご飯をプロテインに変更した生活で

ほぼ1ヶ月が経過しました。

体調に大きな変化はなく、体重もちょっと減っただけ 

もうちょっと減って欲しかったのですが、まだまだ成果はこれからなんでしょう 

来月早々にまたお医者さんに行きますので、血液がどんなふうに代わっているのか等々

楽しみです 

まずは3カ月程度トライして、どんな感想を持ちますか 

もしかたら続かないかなと思い、内緒でプロテイン生活をスタートさせましたが、ようよう

1ヶ月経過しましたのでご報告した次第です 

※晩ご飯がプロテインに代わることで、晩ご飯は 200㌍ になります。無理はダメなので

1食だけにして下さいねとお医者さんからアドバイスされております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドキュメント 銀行 金融再編の20年史-1995-2015 ・・・

518xdxbrcml_sx336_bo1204203200_1

1995-2015の銀行史。

私もその期間のうち約10年間ほどこの本にも紹介されている銀行に勤務しておりまし

たので、一息でダダダッと読んでしまいました。

たまたま銀行の本部に居た友人と面談する機会もありましたので、ヒアリングをした

ところ、『へぇ』と言う内容も耳にしました。

20年で銀行は随分変化しました。

銀行員の友人知人は異口同音に銀行は斜陽産業だと言います。

そして日銀のマイナス金利を契機として、更なる再編劇・・・この本で紹介された20年

史以上の再編が生ずるだろうとも話していました。

規模のメリットがないとやって行けない時代になる。

サブタイトルの『再編の20年史』ですが、この20年は序章で、これからが激動の数年間

を迎えるのでしょう。

第5章では『銀行の未来』を論じていますが、既に行員さんが斜陽だと言っているくらい

ですから現状の銀行のままと言う訳には行かないのだと思います。

何もかもがごった煮状態の銀行から、『地域』と言う縛りではなく『役割』と言う縛りでの

銀行に代わって行くのかも知れません。

ただ銀行の『信用創造』機能は無くならない。

楽して儲けるのではなく、ちゃんと汗をかきながら情報を収集して財務分析をする。

それが本業なのだと考える銀行が出てくれば、それほど多くの席はないだろうけれど

数行は生き残れるだろうと思います。

シャープじやないけれど、瞬間・瞬間で最良の決断が出来るトップが経営を摂ってい

ないと行名が消滅する時代に突入します。

きっと利用者さんも変化に気がつくのでしょう。

行数が減ると信用創造総額は減少するのかな。

残った銀行がトータルの額を維持して行ければいいのだけれど。

もっとも商店街やビジネス街の一角をズラリ銀行のお店が建ち並んでいると言うのも

随分ともったいないお話しでしたからね。

| | コメント (0)

マイナス金利・・・

全銀協会長さん、マイナス金利を検討していると語っているそうです。

住専問題の時、公的資金を入れて銀行を救ったのはなぜかって考えて欲しいですわ。

銀行の役割、『余っているお金を集めて足りないところに融資する』・・・。

朝ドラでもそんなお話しをしています 

それが銀行の役割なはず。

ところが今検討していることは、預金してもらう場合にも預金者から手数料を支払って

もらい、お金を貸そうって時にも金利や手数料を支払ってもらおうと考えていますと言う

ことです。

あの住専問題の時に、『この検討』が判っていたら、国が銀行を支援したいと言っても

納税者たる国民が許さなかったんじゃないでしょうかね。

日銀当座預金に金利がついて居たってのだっておかしいのに、その中の僅かな額に対し

てだけマイナス金利が適用されるってだけで、銀行が市中から集めた預金に対してマイ

ナス金利にしてはどうかと考えていると発言しちゃうのは情けない。

もうシャッター閉めなはれ 

預金の規約にマイナス金利なんて謳っていないと思いますので、預金金利はゼロに

して手数料を取ることで実質マイナス金利を実現するんだろうけれど、ならば預金者も

防衛手段として預金を下ろしたらどうなるんだろう。

全銀協会長もアホで、たとえそんなことを検討したとしても、口外するか否かってことは

頭で考えたら判りそうなもんでしょう。

国会議員や大臣も随分と軽い発言をする人が居て話題になっておりますが、全銀協の

会長さんも同様なんでしょう・・・。

税金で助けて貰ったことが無ければまだしも、税金で助けてもらった分際です。

日本の国難には全力をあげて銀行も挑む  全銀協でもそう発破をかけたところ

です位のことが言えないかなぁ~。

| | コメント (0)

鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・間寛平さん 福島県新地町 (後編)

寛平ちゃんと鶴瓶ちゃん。仲良しコンビの新地町の旅。

被災地の方々の笑顔が嬉しかったですね 

『家族に乾杯』の被災地を巡る旅で、ようやく涙なしに通して見られるようになりました。

仮設を卒業して元々暮らしていた町や、仮設住宅のそばなど、今の暮らしに応じて住む

場所は変わる方もいますが、『次の暮らし』の目途が立って本当に良かったナと言う

思いです。

寛平ちゃんが67歳、鶴瓶ちゃんも64歳。

番組で『5年後にまた来るわ』と寛平ちゃんが言ってましたが、次の5年ってのは・・・。

寛平ちゃんも鶴瓶ちゃんも元気で居て欲しいですけれど 

これから1ヶ月間も家族に乾杯はお休みみたいです。

そして3月21日は19時半の放送になるって言ってましたが、『20年スペシャル』だから

90分放送なんでしょうか。今後は30分放送に短縮されるのかな。

『家族に乾杯』は45分番組のままで放送してほしいなぁ~と思うのですが・・・。

白へびはんの柄本祐さんと金沢の旅ってことでしたが、90分放送じゃない感じ・・・

豪華なゲストや『海外』じゃないですから・・・(失礼、柄本さん)。

ブラタモリの桑子さんも変わるって言うから、なんぞNHKも企んでいるのかも・・・。

| | コメント (0)

雨・・・

昨日はしっかりと雨が降りました 

P1020364

この雨が春を呼ぶのでしょうね。

なんでもこの春は日本中で真っ先に首都圏で桜が咲き、西に東に桜前線が波紋の

ように広がって行くのだそうです。

桜前線と言うのは西から東へ、そして北へと登って行くものだと思っていましたが、

不思議なこともあるものです。

首都圏の冬は前半こそ暖かかったけれど、そんなに暖冬って感じじゃなかったのに

なぁ~。

P1030579

もうすぐ春ですねぇ。

P1030574

1ヶ月もしたら桜が咲くって予報です。

P1030592

暖かくなって欲しいけれど・・・

P1030611

最近、月日の流れが早いなぁ~ 

| | コメント (0)

見沼区 中華そば 蛍 さん・・・

年齢とともに『こってり』ラーメンが食べられなくなってしまい、今はアッサリ味へと嗜好が

移っている最中です。

それでも日によっては『こってり』トライをしたくなって、食後に後悔  なんてことも。

後悔しても食べたくなるって意味では『こってり』には麻薬成分が入っているのでしょう

か 

ココ最近、日々慌ただしいので出先で外食をする機会が増え、そうなるとラーメンを食べ

たくなってしまいます。

今回は見沼区の『中華そば蛍』さんを訪問しました。

P1040676

にぼし感が前面に出ている中華そば。

このニボ感にハマったら病みつきになってしまうんでしょうね。

そう言えば、最近の中華そばは①にぼし系、②鶏ドロリ系の2派に分かれてのブーム

みたいです。一時隆盛だったつけ麺はちょっと勢いを失っています。

2派に分かれてはいるものの、両派ともに店内はキレイで、『イイ仕事してまっせ』って

伝わって来まして、食べた側も『美味しゅうございました』って心の中でつぶやく系の

中華そば屋さんが多いのが特徴です 

人気店だから当然なんでしょうが、店員さんの活気も高評価です 

私が食券を買った時には丁度満席でひとり待ちだったのですが、あれよあれよと行列

が伸びてしまいまして、人気ぶりがよく判りました 

スタッフさん5人がテキパキと仕事をされていたのも好印象で、美味しいひとときを過ご

せました。

ごちそうさまです 

| | コメント (0)

木曜時代劇 ちかえもん・・・

大河はなかなか見たいとは思わないのですが、何気に木曜時代劇は面白い 

ここしばらくだと『銀二貫』が良かったのですが、『ちかえもん』がまた面白くて・・・。

私が大阪出身だからなんでしょうか。

俳優さんたちの大阪弁がちょっとイントネーションが違うところが多すぎてガックリ

しちゃうところがあるのですが、それを差し引いてもいいですよね。

近松門左衛門の松尾スズキさんも面白くていいのですが、私は『ちりとてちん』でお馴染み

の万吉役の青木崇高さんが好きですわ 

彼は大阪出身なので当然の如く、大阪弁は完璧です 

青木さんももう35歳なんですね。

彼はいい役者さんになって行くんだろうなぁ 

『ちかえもん』は全8話。もう昨日が第6話ですから・・・もうちょっとで完結しちゃう。

銀二貫も9話だったかな。

木曜時代劇もスカみたいなヤツがあるのでなんとも言えませんが  製作していて

これは面白いなぁ~と思うヤツもあるでしょうに、ちかえもんみたいな時代劇は全15話

みたいなロングシリーズでもいいのになぁ~と思います。

あと二話はしっかり見ないと行けません・・・。

『ちかえもん』、ご覧になっていない方はぜひ一話からNHKのアーカイブでご覧になっ

たらイイですよ。

時代劇、時代劇してませんから、それもまた面白いかなと。

あまちゃんみたいな楽しさも・・・ 

| | コメント (0)

秀頼公・・・

私は大阪人ですからやはり太閤さんが好きです。

でも秀頼公は・・・。

ただ最近は肖像画にあったふにゃっとして弱々しいイメージとは程遠く、骨格体系から

知識・教養まで、家康さんが怯えるほどに実は堂々として立派な武将だったらしいと

言う事実が判って来ているそうです。

なぜ何百年も経ってからそんなことが判るのか、私にはよく判りませんけれど、勝てば

官軍、負ければ賊軍の謂われの通り、豊臣家の人気が当時は凄かったので徳川さん

がマイナスな情報を流布して廻ったらしいです。

家康さんとの戦も負け戦をしようとした訳ではなく、堂々と挑んだみたいです。

晩年のおかしくなってしまった秀吉さんより実は秀頼さんの方が立派だったみたいな

んです。

秀吉さんがあの時に亡くならず、もう少し寿命があって、しっかり秀頼公に引き継いで

いたら徳川さんの江戸時代なんてなかったのかも・・・ 

秀頼さん、お墓の中で苦笑いをしているんでしょうね。

| | コメント (0)

宝探し・・・

先日、とあるお蕎麦屋さんに行きまして・・・。

P1020382

今まで、いろいろ食べ歩いて来ましたが、お腹が減っていたからってこともあったでし

ょう・・・。行列が出来ていて、千葉や都内からわざわざここのお店に食べに来たんで

すよとお話しされていたこともあったでしょう・・・。

P1020376

こんなに美味しいお蕎麦があるんかな~  と思ったのでありました。

今まで食べて来たお蕎麦ランキングの順位がガラッと変わった気がします 

ご一緒された方からは、私みたいに早食いしちゃったらもったいないとご指摘された

のですが、『いやいや、これだけ美味しいと・・・』 と言う程に無言でツルッといっちゃ

いました 

関東近郊から食べに来るはずですわ・・・。

お蕎麦はいいですね~ 

店名は伏せておきます。ぜひ写真をヒントにお探し下さい 

美味しいですよ~ 

| | コメント (0)

季節・・・

暖冬の今冬、インフルが2月も半ば以降になってから流行しているのだとか。

一方で花粉も飛びはじめたと言うことですからなんだかなぁ~と言う感じ。

P1020073


梅は咲いていますよね~ 

インフルは今年もクリアした気がするのですが 

花粉症はもうぼちぼち発症するかもです 

| | コメント (0)

鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・間寛平さん 福島県新地町 (前編)

福島県新地町の家族に乾杯。

ゲストは間寛平さん。

震災から5年経っているのですが、やはり津波の被害は町ごとさらってしまうので

厳しいなと言う実感が画面から伝わりました。

高台移転は大事なんだろうけれど、なるほど津波の被害を受けなかったお宅は

そこに残る訳で、150軒のお宅の中で被害に遭わなかった40軒のお宅が残る集落

に暮らすと言うのもなかなか厳しいモノがあります。

寛平さんと鶴瓶さん、被災地に笑顔を届けてくれてありがとう 

| | コメント (0)

東京タワー・・・

2016021314420000

東京タワー。

低いけれどやっぱり格好がいい。

P1020939

通天閣はちょっと地味・・・。

| | コメント (0)

拓郎さん・・・

報ステに拓郎さんが登場 

お元気そうで良かったです 

今年の四月で70歳だそうですがライブ2016を計画しているとのこと 

北は埼玉から南は横浜まで・・・。

それで充分ですからぜひ実現してほしいなぁ~。

チケットはまた取れないかも知れませんが 

DVDを出してくれるのであればそれで充分に満足です 

アルバムも出してくれるんだとか 

もう今から楽しみです~ 

| | コメント (0)

幽霊

被災地の「幽霊」卒論が問う慰霊の在り方  (BuzzFeed Japan)

と言う記事を見て眼からウロコの想いです。

石巻のタクシー運転手さんから聞いた幽霊のお話しを卒論としてまとめられた東北学院

大の工藤さんについての記事です。

『東日本大震災でたくさんの人が亡くなったじゃない? この世に未練がある人だっていて当然だもの。(中略)今はもう恐怖心なんてものはないね。また同じように季節外れの冬服を着た人がタクシーを待っていることがあっても乗せるし、普通のお客さんと同じ扱いをするよ』。ドライバーは微笑んで言った・・・

『お父さんとお母さんに会いにきたんだろうな~って思っている。私だけの秘密だよ』。その表情はどこか悲しげで、でもそれでいて、確かに嬉しそうだった・・・

幽霊現象に遭遇した各タクシー会社の記録では、無賃乗車があった扱いになるという。客を確かに乗せたが、代金は支払われなかったという扱いだ。

工藤さんは、タクシー運転手への聞き取りを重ねる中で、こんな経験をした。
「私が『幽霊』というと、そんな風に言うなと怒る方がいました。きっと、『幽霊』という言葉に興味本位だと思われる響きがあったからでしょう。怪奇現象とか、心霊写真とか恐怖を楽しむような言葉だと思われてしまった。『亡くなられた方』とか『(亡くなった方の)魂』というと、お話してもらえました」

運転手から、こう問われたこともある。

「きみは大事な人を亡くしたことがあるかい? 人は亡くなると、眠っているように見えるんだ。あのとき、こうすれば良かったと後悔する。亡くなっても、会いに来てくれたら嬉しいんじゃないかな」

なるほどなと思います。幽霊と言うと円山応挙さんの幽霊画や講談などで『怖いもの』

と言うイメージがありますが、決して怖いものではない・・・。

魂がたまたま見えただけで、決して敬遠すべきものではなく、運転手さんも連れてい

ってあげたいと言う心遣い。

タクシー会社もそれを忌み嫌わない。

地域が大きく傷つき、今は時の流れとともに癒されている。

何度か私も被災地を訪れましたし、またこれからも訪問すると思いますが、もし万一

出会ったのならば同じ気持ちで接したいと思います。

いい記事だなと思いました。

| | コメント (0)

麺堂稲葉クキスタイル 久喜支店さん

用事があって久喜まで行って来まして 

せっかく久喜まで来たのであれば、いつか行きたいと思っていた麺堂クキスタイル 久喜

支店さんを訪問して来ました。

駐車場が近くにないと困るなと思っていたら隣地に大きな駐車場があり、無事駐車でき

たのは嬉しい誤算。

随分と歩かなきゃならないと思っていたものですから 

お昼時だったので表にはズラリ行列があり、食券を店内で買って名前を名乗ってから

並ぶスタイルなので行列はあっても待ち時間はさほどなく・・・。(行列があったのでお店

の外観は撮れませんでした)

着席したら間もなく着丼 

P1040627

こってり醬油の味玉乗せ  (鶏そば)

あっさりを注文すると透き通ったスープだったみたいですが、お腹が減っていたので

ついつい『こってり』を・・・ 

スープは予想以上にこってりで、もはやドロドロ 

鶏の味が美味しいのですが、麺も太めでスープに負けていないんですよ 

これは美味い 

あまりにスープと麺がマッチしているから、味玉は蛇足でした。

数年前に『つけ麺』ブームがありましたが、最近はこうしたポタージュみたいなスープが

流行っているのかなぁ~。

ポタージュ系は嫌いじゃないですが、クキスタイルさんみたいに麺がしっかりしていない

とスープに負けてしまいます。

かと言って、時々うどんみたいな麺も見かけますが、剛であればいいと言うものでもなく

絶妙な加減が大事ですよね。

クキスタイルさんの行列にはなるほど納得です 

個人的には『醬油系』でガツンと来るラーメンが一番の好みみたいです 

ひとくち麺をすすって・・・『やられた~  』と感じてしまいました。

久喜と言えば『もっけい』さんだと思っていたのですが、久喜もラーメン激戦区ですね。

| | コメント (0)

口伝

日銀のマイナス金利・・・。

そんなことをしてもあまり効果はないんだろうなと思います。

だって銀行の姿勢が変わらないんだから。

『信用不安』、『金融庁検査』、『銀行の保険等の窓販解禁』等々、融資以外で儲ける

仕組みを徹底し過ぎたために銀行の本来の役割である『お金を廻す』役割を果たす

力がめっきり弱くなってしまっているんだと思います。

こんな時代なんだからガラリと『金融庁』の役割を変えたらいいのに・・・。

多少のリスクは許容しますよと 

それでも当面は暴れ馬  にはならないと思うんだけどなぁ~。

それほどに銀行は元気がなくなっちゃった 

ココで方向転換しないと、バブルの後始末をした行員さんがこれから減ってしまうので

口伝の徒弟制が崩壊してしまうんじゃないかな。

あの経験が活かせなくなったら随分ともったいない噺だと思います。

| | コメント (0)

鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・加藤茶さん 愛知県豊橋市 (後編)

豊橋市の後編。

ブラジルの方々が多く住んでおられるとのことで加藤さんはブラジル人のご家族や

お店を訪問。

一方の鶴瓶さんは本陣跡やら商家さんを訪問されておりました。

古い物や文化を大切にしながら、ブラジル人の方々の文化ともしっかり融合している

豊橋の懐の深さにちょっと感動しました。

前編では加藤さんの健康状態ばかりが気になってしまいましたが、後編ではお元気

になった加藤さんの豊橋の旅を楽しめました 

ラストのサンバさん達に最後は圧倒されちゃいました 

ブラジルの方々の陽気な性格、豊橋の方々も負けず劣らず陽気だから 

今回の『乾杯』はいろんなことを考えてしまいました 

| | コメント (0)

ブラタモリ #30 道後温泉

道後温泉 

観光地としては素晴らしい所なのでしょうが、ブラタモリ的にはちょっと地味だったかな。

小田原や松山の『お~ッ』感が凄かっただけに小じんまりした第30回でした。

ロケが短時間の制約があったのかも知れません。

四国八十八か所巡りの石手寺さん。

水曜どうでしょうでお名前だけは知っていましたがあんなに立派なお寺さんだったんです

ね。それが一番のびっくりでした 

次回は群馬県沼田市とのことですが、またまた地味な回になっちゃいそうで 

大丈夫かな~。

沼田。

| | コメント (0)

シャープ

『シャープ』を護れって、大阪の知事さんが購買をお願いしてたように思うのですが、

なんだかおかしな方向になってしまいました。

シャープがおかしくなってからも随分とシャープの製品を購入していたのになぁ。

なんだか裏切られた気分ですわ。

残念・・・ 

| | コメント (0)

埼玉スイーツ・・・

『マツコの知らない世界』、埼玉スイーツでアカシエさんが紹介されたからなんでしょうか。

昨日前を通ったらお客さんがお店の外まで溢れていました 

P1040335

アカシエさんの喫茶店の方で食べたマカデミアンナッツのパフェ 

美味しかったですが、埼玉有数なのかどうかは私のバカ舌ではわからない 

ただ男性一人では入り難い感じはします 

だからショップで箱に詰めてもらうようになるんだけど、あれだけ混雑してしまうと・・・。

うどんやお蕎麦屋さんの大将に聞くと、テレビの取材があるとお客さんが行列してし

まうと麺を打つのが大変になるので腱鞘炎になってしまって身体がボロボロになるっ

て言ってましたが、パティシィエさんは大丈夫なんでしょうか・・・ 

見た目はめちゃめちゃキレイだから作る量に限りはあるんでしょうけれど・・・。

私はてっきり・・・十万石饅頭なんかが紹介されると思っていたんだけどなぁ~。

| | コメント (0)

節分・・・

節分で『恵方巻き』はさせていただきました。

恵方を向いて無言で巻き寿司を丸かぶりしたのできっと願い事は叶うのでしょう 

私が子供だった昭和50年代・・・。

そこは大阪の新興住宅地の袋小路で、第二次ベビーブーマー世代ですから、上下3年

で10人以上の子供がおりました。

この時期は、アチコチで『鬼は外、福は内・・・』と、鬼のお面つきの豆を買って来て、

豆まきをやったものですが首都圏ではそんな声は全然聞こえてきませんね。

豆まきも地域性があって、首都圏では流行っていないのかなぁ~。

昨今では大声を出したらご近所迷惑になってしまうので、お手軽な恵方巻きにシフトし

てしまったのか 

恵方巻きは大阪でも船場の一部でやられていた風習で、それをお寿司屋さんの組合が

もっともらしいルールを作って流行らせたってことでしたが、本当のところはどうなんで

しょう。

船場の商人さん達だと、丸かぶりより豆まきの方が威勢が良くていいですよね。

それに『丸かぶり』ってちょっとゲンが悪いし・・・ 

誰が名づけたのか『恵方巻き』ってのは素晴らしいネーミングセンスですわ。

静か&ネーミングで、すっかり豆まき⇒恵方巻きに節分の行事が変わってしまったと

言う感じですもん。

 『鬼は外、福は内、パラパラパラパラ 豆どうぞ 鬼はこっそり逃げて行く』って

童謡も今は幼稚園や保育園では流れないのかも知れません。

節分の豆まきのあとで、歳の数だけ豆を食べるってのもやってましたが、子供の口に

は豆は合わないし。

喉につっかえて豆なんて10粒もよう食べませんわ。

ハトは偉いなぁ~と思ったもんです 

ハト繋がりと言いますか、つい先日、近所で信号待ち  をしていたら、メジロが

サザンカの花にとまって蜜を吸っていました。

メジロは野鳥として都心で頑張っているんだなぁ~と感心したのでありました 

さいたまは都心じゃないのかな 

いやいやもう鬼が出ないんだから充分に都心ですよね~ 

| | コメント (0)

恵方巻き・・・

スーパーに行きましたら今日は節分、恵方巻きがズラリ 

大阪の風習ですが、すっかり関東にも定着してしまいました 

今年の恵方は南南東って書いてました。

切らんで丸ままですから、お寿司屋さんは大喜びのイベントです 

私が子供の頃、我が町豊中では認知されたように思います。

ただ当時は地元のお寿司屋さんだけが扱っていました。

それが関東に進出すると、大手のスーパーなんかが眼をつけて海鮮やトンカツなど

まぁいろいろ・・・ 

純粋な巻き寿司もいいですが、やっぱりバリエーションがねえ 

無言で一本食べきらなアカンって言うのは大変ですわ。

| | コメント (0)

定期健診・・・

先日の定期診療のお話し・・・ 

私の検診値を見ながら・・・

 お正月しちゃいましたね。体重増に伴い、ちょっとデータが悪いですよ。

 ハイ。随分心当たりがございます。

 心当たり通りに数値が動くのはイイことで、改善すればすぐに値も良くなりますヨ。

 プロテインをトライしようと思っているのですがどうでしょうか。

 あまり無理した量を飲むのは良くないですが、少量であればいいと思いますよ。

  夜にジョギングしているのであれば夜をプロテインにしたら大幅に値は改善される

   のではないでしょうか。

  ちょっと面白いですね。それでは早々に準備してスタートします。来月の検診が楽し

  みです・・・。

いろいろ調べて商品を注文しました 

明日か明後日には到着します。

120日間、トライしてみます。

さあさあ、どうなりますか 

定期健診でお医者さんとお話し出来るのでいろんな質問が出来るのはとてもありがた

いことだと思います 

| | コメント (0)

鶴瓶の家族に乾杯 ゲスト・加藤茶さん 愛知県豊橋市 (前編)

加藤さん、お元気になって良かった 

今回はアウドドア屋さんのご家族がめちゃめちゃ素敵だったんだけど、加藤さんにどうして

も眼が行ってしまって・・・ 

1年半ぶりの登場で、今は72歳だってことでしたが、前回よりはるかに元気になってました。

前回の放送の後、入院したってことで、前回放送を見て『おかしい』と思ったって加藤さん

がお話ししてました。案外、お年寄り(失礼)って身近に居る方々は異変に気付かないって

ことなのかな。

会話も今回の『乾杯』でお話し出来ている内容であれば全然問題なし 

来週はもう少し落ち着いて見られるかな 

個人的にはアウトドア屋さんのお嬢さんがお話ししていた『三河言葉』が大好きです。

ちょうどこのお正月、私も鈴鹿で親族の集まりに参加したのですが、伊勢弁のリズムに

魅了されてしまいまして 

三河言葉と伊勢弁は微妙に違うのだと思いますが、言葉の末尾がなんとも言えず好き

なんです。大阪、関西の言葉とはまた違うんですよね。

でも大阪弁同様に、抑揚のキツさはあるんですよ 

アウトドアの弟さんは標準語でしたが、お嬢さんはついついテンパッて普段の三河言葉

が炸裂していてこれぞ『家族に乾杯』だ  と思いました 

改装1周記念の前日にアウトドア屋さんを、そして鶴瓶さんは結婚式の前撮り写真を

撮影している正にその時に遭遇するなんて・・・『本当にぶっつけ旅』  と思わせる

運の良さです 

お店の商売繁盛と、あの新婚さんのご多幸を全国の人が祈念していると思います。

いやいや、久々の家族に乾杯でしたが、今日はちょっと泣いたです。

何より加藤さん、元気で良かった。

まだ72才だったら老けこむ年齢じゃないんだから・・・ 

(お笑いの人は『反射力』をついつい見られるから、加齢ってのは正直辛いんだろうな。)

後編も頑張ってね 

| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »