« 鶴瓶の家族に乾杯 綾野剛さんが体当たり取材 秋田県三種町ぶっつけ本番旅 | トップページ | 産業遺産・・・ »

プロペラ・・・

飛行場って何かワクワクしてしまいます airplane

飛行機そのものへの興味もさることながら、変わった形の『働く車』がいっぱい居るので

楽しいんです happy01

さてさて・・・先日の新千歳。

P1050370

ボンバルディア機 sign02 が出発準備中だったんです。

小学校の朝礼台みたいなタラップが可愛いなぁ~と眺めて居たら、全員が乗っちゃっ

たんでしょう。人がこのタラップをどかしましてね run 

P1050371

うわっ~。飛ぶのかな sign02 と思ったら、羽根の下に居たおじさんがこの飛行機の前に

立ちまして eye 

まずは向かって左のプロペラから廻し出しまして、ちゃんと動いているよってパイロット

に合図するんです。そして次は左も廻します。

両方廻っているヨ sign01 って合図したら、今までは扇風機で言う『微風』だったのが、

急に『強風』になりまして、ココの駐機場で器用にくるっと自力で廻ったと思ったら、

働く車の力も借りずに滑走路に向かって行ったのでありました。

この飛行機は飛行場にボーディングブリッジも求めなければ、働く車も求めない。

タラップでさえ人力だから、どんな飛行場でも飛べるんでしょう airplane

凄い飛行機だなぁ~と思いました。

航空公園駅の横に飾られているYS11機の一般公開の際に、一度YS11には乗った

のですが、飛んだ事はないもので、プロペラ機ってのはどんな感覚なんだろう lovely

ちょっと興味がありますよね~ happy02

怖いのかなぁ。

ジェット機の場合は滑走路をノロノロ走る時には心臓がドキドキしますが、一度本気

を出して、ギュッーと G がかかると、もう諦めなきゃ bearing と思う瞬間があるのですが、

あれを感じないまま飛ぶんでしょうか sweat01

かえって怖いままなのかな。

最初に飛行機に乗った時に・・・20歳でした・・・あまりの緊張でお尻から血が出た impact

私ですが、もうジェットには慣れたので、次はプロペラ機にトライして見ようかなと

思った新千歳空港なのでした。

|

« 鶴瓶の家族に乾杯 綾野剛さんが体当たり取材 秋田県三種町ぶっつけ本番旅 | トップページ | 産業遺産・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶴瓶の家族に乾杯 綾野剛さんが体当たり取材 秋田県三種町ぶっつけ本番旅 | トップページ | 産業遺産・・・ »