« 超入門!落語・・・ | トップページ | 真田丸も来週で終わり・・・ »

たこばば

今日は子供時分のお話しを・・・。

家のそばに駄菓子屋さんがありました。

たこ焼きを焼いているおばあさんのお店ですから、『たこ焼きばあさん』と呼んでました。

10円のヨーグルトやらスーパーボールやら、ザリガニ釣りに使うイカやら・・・。まぁ色んな

モノがあったなぁ。チョコバットと串刺しの鈴カステラ(の薄いヤツ)が好きでした。

小学校に行くようになると、『ええトコ』に住んでいた私も世間に染まり、千里中央⇒千中

(せんちゅう)、天神橋筋6丁目⇒天六 (てんろく)と大阪人が得意とする短縮文化に晒され

て『たこ焼きばあさん』が『たこばば』に代わってしまいました sweat01

ちょっとずつ柄が悪くなっていくんですね sweat01

おばあちゃんも大したもんでした。

カレーの揚げせんのくじ・・・1回10円で給食のプリンの容器で1等が出たら5杯、2等は3杯

3等は2杯、ハズレは1回すくって、緑の紙の袋に入れるんです。

ある日、揚げせんはあるのにくじが終わってしまってですね。

おばぁちゃんが急きょ、紙で何やら文字を書いて、小さく折りたたんで箱に入れて。

これがくじで1回10円 sign01

残りものには福と言います。もう残りやからサービスしてくれそうでしょ happy01

こう言う金銭感覚は親から学習するんですね。私の値切りは中学2年生の頃、近所

のスーパー横のお肉屋さんで、時期は年末。年内最後の営業日の夕方。

残ったトンカツかーやらコロッケを値切る交渉を親付きでされられました sweat01

この時に『お買い物の交渉の楽しさ』を知ったんですよね。。。

脱線しました。

たこばば時代はまだウブでした。

10円をおばあちゃんに渡して小さく折りたたまれた緑の紙を1つ取り、それを広げて

行きますと・・・鉛筆で『スカ』と書いてありました bearing

ハズレならまだ優しさが感じられますが、『スカ』はなんかキツイ sweat01

くじが無くなっておばあちゃん特製のくじになったカレーせんは子供ホイホイみたいに

まぁいつもの何倍も売れまして dollar

こっちも興味津津で10円の粉クリームソーダを水で溶かしてもらって椅子に座って

事のなり行きを眺めて居ました。

とうとうカレーせんは無くなったのですが、くじだけが残る状況になって、ハイ、くじは

終了 sign01 となったのですが、ついに『1等・2等・3等』は出ませんでした sweat01

全部スカ sign03

残った方に当たりがあったのかどうかは今となっては判りません think

あの駄菓子屋さんで、大阪的大人への道を学んだのでした japanesetea 

スカと言うことばの響きが面白くて大阪的だなぁ~と感心することしきりです。

スカは辞書で引いても出てませんでした。

ハズレよりも情け容赦のない語感・響き。

おばあちゃんが慌てて作ったからくじだから『スカ』と思わず書いちゃったのでしょう。

私もそのくじで初めて『スカ』と言う言葉を知りました。

大人になったら『スカ喰ろた』・・・なんて言葉もねぇ。

|

« 超入門!落語・・・ | トップページ | 真田丸も来週で終わり・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 超入門!落語・・・ | トップページ | 真田丸も来週で終わり・・・ »